2016年09月24日

VFC SR25 KAC MK11 MOD0 GBB Rifle DX 動画


動画、アップしました。室内なのでちょっと暗め&この日は室温もあまり上がらなかったので(25℃)、リコイルは普通でした。
撮影した部屋は、夏場の昼は40℃軽く超えるので、少しの時間でも汗がダラダラ。サウナ室状態です。ガスブロのリコイルは最大になりますけどね。ただ、30分以上居れないですが・・・(熱中症の症状が出て来る)。
いつもなら三脚に固定しますが、今回のは大きめなので、フレームに収める為に右手持ち。なので、画面がブレまくりで、見辛いです。あと、操作や分解は全て左手のみで行ってるので、スムースとも言えない・・・。精度が高くてきつい部分が無いので、分解・組み立ては楽でしたが。




あと、国内ショップからスペアマガジン購入。海外で買うよりほんのちょっと高いのみだったし、海外ショップでも売り切れてるとこ多いので・・・。
購入ショップは、ストライクアームズ。あるガスブロのリコイルスプリングも同時購入。
そちらは後ほど。
  


Posted by Timm_MK2  at 19:07Comments(5)動画VFC SR25 GBB

2016年08月12日

ナインボール ドルフィンFS コンバージョンキット 動画



動画、特にスロー撮影だと、レリーズレバーの動きが良く分かるかと。ブローバックのリコイル自体は、KSCのM93R(ABS システム7)よりは強く感じますね。
撮影した部屋は室温35℃でしたが、28℃程度の部屋から移動して間もなく撮影したので、あまりマガジン熱されてなかったみたいで・・・。マガジンが体温超える程度まで温まってれば、かなり勢いよくブローバックするんですけどね(音も大きい)
元々フルオート前提で設計されてないからか、冷えてストローク短くなって、弾切れでもホールドオープンしませんし。
30連タイプのマガジンでも、それは変わらないみたいで・・・。WEと違って、マルイではM9系の50連マガジン作って無いのが残念(WEの50連マガジンのマガジンガスケットを交換と言う手もある)



バリーバートン付属の30連マガジン装着。1200g超えます。
重い方がフルオート射撃時に安定するし、フルオートとロングマガジンの組み合わせは萌えます。
軽くてリコイル強いと、全く制御出来ないので(マルイのG18C、ノーマルABSスライド)。


今後、フルオートを使い続けて懸念されるのが、レリーズレバーとセレクターレバーの耐久性。
消耗パーツの別売とかは、ライラクスで考えてるんだろうか・・・?こういうコンバージョンキットというのは、基本パーツ単体で売ったりしないけど、日本製という事で期待してしまうんだけど・・・(まあ、いざとなったら自作するし)
  


Posted by Timm_MK2  at 19:33Comments(0)動画ドルフィンFS

2016年07月15日

WE M712 GBB + マルシンABS樹脂フレーム その7


やっと編集終わってアップ出来ました。
屋外での撮影場所と時間は、ZB26電動ガンと同じです。



(クリック拡大)
トリガー、ハンマー、セフティレバーの塗装落としてブルーイング処理。
トリガーとセフティレバーは簡単に外せるが、ハンマーはシャーシ分解しないと無理。



という訳で、分解。
ネジ3本外して左右に分割するが、このネジはネジロックでがっちり固められてるので、ドライバーをしっかり押し付けながら回さないと溝をなめてしまうので注意。



フルオートシアは、シャーシ分割しなくても、ハンマーを最後までダウンさせると取り外す事が出来る。
ファイアリングピン(バルブノッカー)がかなり長くて変則的な構造してるのと、シアの逃げの為に細くなってる部分があるので、折れる可能性も・・・。P90のように、このM712用のスチールパーツも出して貰いたいですね。
ファイアリングピン(バルブノッカー)一式と、フルオートシアがちょっと脆弱な感じするので。



(クリック拡大)
ミニモデルガンのM1932と(過去記事)。
写真だとイマイチ分かりにくいが、トリガー・ハンマー・セフティレバーは黒塗装落としてブルーイングされてます。
実は、スロー動画はこの処理行った後に撮影。というのも、最初に撮ったのは黒背景で、スロー撮影だと暗くなり過ぎたので、白背景で撮り直し。



とりあえず、WE M712 GBBのレポは終了。写真枚数が100枚近くなるとか、意外と長編レポになっちゃいました。
ここまで読んで頂き、お疲れ様でした(^ω^)ノ。
  


Posted by Timm_MK2  at 21:40Comments(0)動画WE M712 GBB

2016年07月14日

ZB26 AEG 動画


動画アップしました。
音は動画だとカメラ近い事もあって五月蠅く感じますが、実際は結構静かです。
マガジンが上にあるので、多弾数タイプでも最後まで撃ち切る事が出来ますね(弾の無駄が無い)。

場所柄、ちょっと弾道が見えにくくなってます。開けた場所だと、人が通る可能性あるもので・・・。
初速は遅めでも、安定した弾道描いてるのが、ちょっとは確認出来るかと。
まあ、ゲームとかで使う訳じゃなく、単なるコレクションなので動けばそれで良いんですけどね。

こういう大物は、国内だと軽く10万超えますし(KTWの九六式は、30万超え)、安く買えるのは海外製品のメリットですね。細かい造りはチープさがあったりしますけど。
  


Posted by Timm_MK2  at 20:24Comments(2)動画

2016年03月15日

WE Double Barrel(ダブルバレル) G18C GBB その4


シルバースライドはリコイルスプリングカット、ブラックスライドはそのままですが、あまり作動性変わらないですね。時期的な事もあり、マガジンある程度温めてから撃ってます。



片方のフレームを削って握り易くしてみました。
彫刻刀でガシガシ削った後、粗めのペーパーやすりで滑らかに。ペーパー掛けた部分は白化するので、艶消し黒を吹き付け。



元のと比べて、かなり抉れてるのが分かるかと。



ただ、削り過ぎると穴開きます。それを塞いだ跡も残ってます。



シルバースライドでの動画撮影中のトラブルについて。
最初に空撃ちでの動画撮影時、フルオートで止まる現象が。マガジン温めて空撃ち時、トリガー引きっ放しで2~3点バーストしてストップ、再びトリガー絞るとセレクターがフルにも関わらずセミオート。
で、ある程度撃ってマガジン冷えてくると、ちゃんとフルで撃てる。
どうやら、ブローバックの衝撃で勝手にトリガーバーが下降してるみたいで。
シルバースライドの方は何度もバラし、その度にスライド勢いよく前進させて分解してる。トリガーバーとブリーチ後端ががっつりぶつかってるみたいで


ブリーチの一部が変形してた。



戻したら折れた。というか最初から折るつもりだったが。



まあ、歯欠けみたいで格好悪くなったけど。分解は引っ掛かりが無くなった分、楽にはなった。



トリガーバーがフルでも勝手に下がる現象、最初はトリガーバーが変形してスライドに当たって下がってるのかと思って、削ったりちょっとだけ外側に曲げたりしたが、症状変わらず。
どうも、シアからトリガーバーが滑り落ちやすくなってるのが原因っぽいので



右シアの、トリガーバーが当たる部分を削って落ちにくくした。
この程度の削り具合なら、トリガー引くとしっかりシアが後退してハンマー落ちる。
まあ、もしも加工失敗した場合は、左シアと交換という手もあるし。
アップした動画は、この加工を行った後撮影してます。

もし、この銃でフルオートが効かなくなった(セレクターがフルでもセミになる)という方は、これと同じようにシアの一部を削ってみると良いかも。削り過ぎるとハンマー落ちなくなるので、ちょっとだけ。



このダブルバレルグロックは、実銃では存在しないがトイガンならではの楽しさがある。
特に、ただでさえフルオート射撃が楽しいG18Cがダブルで作動してるんだから、楽しくない訳がない!
これを製品化したWEには、ほんと感謝してます。
長物GBBもそうだけど、エアソフトガン界では台湾製品が一歩リードしてきてる感じがしますね。
こういう変態銃は、かつてのマルシンなら出したかも知れないが、今の状態だと無理っぽい。マルイに期待かな?
トイガン用アレンジして、是非国産でも製品化して貰いたいですね。


※実銃での、ダブルバレルグロックの可能性についての、素人考察

問題点は2ヶ所。マガジンとトリガーセフティ。
ダブルカアラムできちんと送り込めるか、そしてちゃんと弾込め出来るのか。
実銃はエアソフトガンと違い、カートリッジ方式。このカートリッジのチャンバーへの装填がスムースに行われるかが、オートマチックハンドガンのキモ。マガジンリップの形状がちょっと違うだけで装填不良起こした例や、カートリッジの種類によってもジャム起こした例もある。また、グロック用マガジンはポリマー製で、フルロードするとちょっと膨らむ性質がある。
勿論、M1911のようにマガジン2本使う訳にはいかず、新規で幅広のマガジンボディを造り中央部を仕切る形になるが。

トリガーセフティに関して。このWE製でもある通り、左トリガーをそのまま引けない。かといってセフティ無くすると安全上の問題が出て来る。トリガーをそのまま2個使用するんじゃなく、専用トリガーを製作して、片方のトリガーセフティ引くともう片方も連動して動く仕様にするのが良いんじゃないかと。
そうなると、M&Pのような2ピーストリガーの方が向いてる気がする。

あと、実銃のグロックはエアソフトガンと違いストライカー方式で、トリガー引いた時少し後退させる、半ダブルアクションのような方式。ストライカー2本だとその分トリガープルが増大し、精密射撃や連射が厳しい。かといってストライカースプリングを弱めにすると、暴発の危険性大。トリガーシステムも見直す必要性ありそう。

まあ、グロック自体、M1911のようなパテント切れでどのメーカーも自由に作れるって代物じゃないので、グロック社がダブルバレルを出すか、グロック社と契約もしくは自社で開発したポリマーオートをベースに作製するしか無さそうですが。

実銃でダブルバレルのフルオートハンドガン撃てたら面白そうですけどね。
  


Posted by Timm_MK2  at 19:13Comments(0)動画WE ダブルバレル G18C