2017年02月23日

RedFire(ZETA-LAB) モシンナガン M1891 ガスボルトアクションライフル 動画



コッキングが軽くてストローク短いので、ご覧のような速射が可能。
まあ、狙い定めて無いけど。
今回、試験的にボイスロイド導入。無音でテキスト表示させるだけだと味気ないので。
字幕読み上げるんじゃなく、字幕と同じテキストのwavファイル作って挿入してるので、結構手間掛かってます。
BB弾込めるシーンは省略。撮ったんだけど、手袋しててスムースに入れられなかったのと、ピントや構図がイマイチだったので。




樹脂製スパイクバヨネット装着。
全長160cmオーバーと、一般女性の身長に匹敵する長さに。



バヨネットは突き刺すのに特化した形状で、横に薙ぎ払って切る事には向かない。
槍として使う場合、ストレートなストック形状は手にフィットする。



取り付け部分アップで。



SVDドラグノフと。
ドラグノフも良く槍と言われるが、それ以上に槍っぽく見えるのがモシンナガン。
ちなみに、ちょっと角度変えたのをハイパー道楽さんとこのトイガン・フォトコンテスト2017に投稿してます。
長物のサイズに合う背景が無いので、部屋のカーペットそのままなのが残念ですが・・・。


モシンナガンはスコープ付けた場合、真上に跳ね上がるコッキングハンドルがぶつかる。
なので、狙撃タイプのコッキングハンドルはKar98kのように90度曲がってる。
こっちはスコープ載せれそうにないが、ガスなのでスコープで狙うほど弾道安定してないし。



リアルさを求めてガスタイプ購入したが・・・。まあ、すでに色んなとこで紹介されてて、コッキングストローク短いのは分かってたはずなんだけど。
それでも、エアコキと比べて引きの軽さやトリガーの軽さで、ポイント高い。
まあ、慣れれば、このショートストロークのコッキングも楽しいし(動画のように、どれだけ素早くコッキング出来るか、とか)
木製ストックが綺麗なので、眺めてるだけで満足感ある。Kar98kやM1903は艶消し状なので、雰囲気は良いけど綺麗さや所有満足度という点では劣る。まあ、仕上げ直しすれば良いだけの話なんだけど・・・。色々手を広げてると、一つの銃に対してあんまり手間掛けられないってのもあって、以前ほど執着しなくなったってのも。

お気に入りだけど、今の時期はボルト内のガスタンクいちいち温めないといけないし、ボルト部分は簡単に外せないので温めにくい。夏場になれば、もっと弄る機会が増えるかも?
  


Posted by Timm_MK2  at 17:29Comments(0)動画ZETA LAB モシンナガン

2016年09月24日

VFC SR25 KAC MK11 MOD0 GBB Rifle DX 動画


動画、アップしました。室内なのでちょっと暗め&この日は室温もあまり上がらなかったので(25℃)、リコイルは普通でした。
撮影した部屋は、夏場の昼は40℃軽く超えるので、少しの時間でも汗がダラダラ。サウナ室状態です。ガスブロのリコイルは最大になりますけどね。ただ、30分以上居れないですが・・・(熱中症の症状が出て来る)。
いつもなら三脚に固定しますが、今回のは大きめなので、フレームに収める為に右手持ち。なので、画面がブレまくりで、見辛いです。あと、操作や分解は全て左手のみで行ってるので、スムースとも言えない・・・。精度が高くてきつい部分が無いので、分解・組み立ては楽でしたが。




あと、国内ショップからスペアマガジン購入。海外で買うよりほんのちょっと高いのみだったし、海外ショップでも売り切れてるとこ多いので・・・。
購入ショップは、ストライクアームズ。あるガスブロのリコイルスプリングも同時購入。
そちらは後ほど。
  


Posted by Timm_MK2  at 19:07Comments(5)動画VFC SR25 GBB

2016年08月12日

ナインボール ドルフィンFS コンバージョンキット 動画



動画、特にスロー撮影だと、レリーズレバーの動きが良く分かるかと。ブローバックのリコイル自体は、KSCのM93R(ABS システム7)よりは強く感じますね。
撮影した部屋は室温35℃でしたが、28℃程度の部屋から移動して間もなく撮影したので、あまりマガジン熱されてなかったみたいで・・・。マガジンが体温超える程度まで温まってれば、かなり勢いよくブローバックするんですけどね(音も大きい)
元々フルオート前提で設計されてないからか、冷えてストローク短くなって、弾切れでもホールドオープンしませんし。
30連タイプのマガジンでも、それは変わらないみたいで・・・。WEと違って、マルイではM9系の50連マガジン作って無いのが残念(WEの50連マガジンのマガジンガスケットを交換と言う手もある)



バリーバートン付属の30連マガジン装着。1200g超えます。
重い方がフルオート射撃時に安定するし、フルオートとロングマガジンの組み合わせは萌えます。
軽くてリコイル強いと、全く制御出来ないので(マルイのG18C、ノーマルABSスライド)。


今後、フルオートを使い続けて懸念されるのが、レリーズレバーとセレクターレバーの耐久性。
消耗パーツの別売とかは、ライラクスで考えてるんだろうか・・・?こういうコンバージョンキットというのは、基本パーツ単体で売ったりしないけど、日本製という事で期待してしまうんだけど・・・(まあ、いざとなったら自作するし)
  


Posted by Timm_MK2  at 19:33Comments(0)動画ドルフィンFS

2016年07月15日

WE M712 GBB + マルシンABS樹脂フレーム その7


やっと編集終わってアップ出来ました。
屋外での撮影場所と時間は、ZB26電動ガンと同じです。



(クリック拡大)
トリガー、ハンマー、セフティレバーの塗装落としてブルーイング処理。
トリガーとセフティレバーは簡単に外せるが、ハンマーはシャーシ分解しないと無理。



という訳で、分解。
ネジ3本外して左右に分割するが、このネジはネジロックでがっちり固められてるので、ドライバーをしっかり押し付けながら回さないと溝をなめてしまうので注意。



フルオートシアは、シャーシ分割しなくても、ハンマーを最後までダウンさせると取り外す事が出来る。
ファイアリングピン(バルブノッカー)がかなり長くて変則的な構造してるのと、シアの逃げの為に細くなってる部分があるので、折れる可能性も・・・。P90のように、このM712用のスチールパーツも出して貰いたいですね。
ファイアリングピン(バルブノッカー)一式と、フルオートシアがちょっと脆弱な感じするので。



(クリック拡大)
ミニモデルガンのM1932と(過去記事)。
写真だとイマイチ分かりにくいが、トリガー・ハンマー・セフティレバーは黒塗装落としてブルーイングされてます。
実は、スロー動画はこの処理行った後に撮影。というのも、最初に撮ったのは黒背景で、スロー撮影だと暗くなり過ぎたので、白背景で撮り直し。



とりあえず、WE M712 GBBのレポは終了。写真枚数が100枚近くなるとか、意外と長編レポになっちゃいました。
ここまで読んで頂き、お疲れ様でした(^ω^)ノ。
  


Posted by Timm_MK2  at 21:40Comments(0)動画WE M712 GBB

2016年07月14日

ZB26 AEG 動画


動画アップしました。
音は動画だとカメラ近い事もあって五月蠅く感じますが、実際は結構静かです。
マガジンが上にあるので、多弾数タイプでも最後まで撃ち切る事が出来ますね(弾の無駄が無い)。

場所柄、ちょっと弾道が見えにくくなってます。開けた場所だと、人が通る可能性あるもので・・・。
初速は遅めでも、安定した弾道描いてるのが、ちょっとは確認出来るかと。
まあ、ゲームとかで使う訳じゃなく、単なるコレクションなので動けばそれで良いんですけどね。

こういう大物は、国内だと軽く10万超えますし(KTWの九六式は、30万超え)、安く買えるのは海外製品のメリットですね。細かい造りはチープさがあったりしますけど。
  


Posted by Timm_MK2  at 20:24Comments(2)動画