2016年12月30日

TANAKA S&W M629 Performance Center NATO GREEN 続き

前回で一旦記事締めたつもりだったが、あちこち気になる点を修正してみたので、追加記事を。



トリガーの表側(指の腹が当たる部分)は綺麗にPL処理されてるが、裏側汚い・・・。
ちなみに、ストッパーはゴム製。



トリガー裏側のPL処理する為には、トリガー取り出す必要ある。
で、取り出しが面倒と言うか、ハンマーとリバウンドブロックが邪魔してるので、それらを外さないと、トリガー取り出せない(厳密には、リバウンドブロックが邪魔。しかし、ハンマー外さずにリバウンドブロック外すのはやり難い)



サイドプレート用のナット埋め込み部分にヒビが・・・。



トリガー裏側のPL処理してブルーイング。
形状の関係でやりにくいので、ストッパーから下のみ。



サイドプレートの、塗装時に巻き込んだと思われるゴミ。削れないのでこのまま(金属素地が出てしまう)



ホップの出っ張り量は多め。0.25gでもホップ強すぎに感じた。0.29g必要か?(マルゼンのGM弾とか)
シリンダー回転渋い理由の一つに、シリンダーギャップ・Oリングとの接触が。



最初、このシリンダーギャップは上に隙間あった。下が出っ張ってたというか、斜めに組まれてた感じ。
今は組み直して隙間ゼロ。



シリンダーのラチェット部分がかなり強く擦れてる。何度も回して、今はスムースに回転する。



ハンマー落ちる直前で、シリンダーストップがカチッと掛かるように。
それでも、アンブレラマグナムほどのスムースさは無いけど。



バックストラップのラインとグリップのラインのずれ。
下にあるグリップ取り付けネジ、強く締め付けるとラインのずれは大きくなるので、あまりきつく締めれない。



フロントサイトのレッドランプは、軽く外れる。屋外で撃つ時は紛失に注意しないと。



バレルウェイト外すと804gと、思ったよりは軽くならない。
それでも、フロント軽くなった実感はある。安定性落ちるが、素早いエイミングには向いてるかも(サバゲーやシューティングマッチ等)


さて、前回の記事のコメントで、表面は塗装じゃないと指摘されましたが、バレル側面は艶消し効果か、塗装されたかのように表面波打ってる。フレームに付けた状態でペーパー掛けしても、平面にはならない。
そこで、アウターバレル外してみる事に。



パーツリストではフレームと一体になってるアウターバレル、外す方法がある。
まず、フロントサイトを指で押し込んでずらし、下に見えてるイモネジ緩める。



あとは、引っ張り出すだけ。
サイズの合うスパナがあれば、インナーバレル周りも分解出来る。



バレル側面を平面出しする為、ガラスの板に400番のペーパーやすり敷いてゴシゴシと。
あれ?塗装の粉がペーパーやすりに付着してる。表面過ぎれば、後は白っぽい樹脂の粉に。



左はあんまりヒケ強く無かったが、右は厳しい。
あまり削ると幅自体が狭くなりそう・・・。



(クリック拡大)
塗装かどうかの検証。ラッカーシンナー含ませた綿棒で擦ってみると、しっかり塗料が溶け出した。
ラチェット当たる部分を擦ってみたのだが、塗料残ってる部分が確認出来るかと。
塗料落ちた部分は、若干透明感出てる。

結論:表面は塗装されてます
素材色と塗料の色合いが近いので、削っても塗装されてないと感じたのかも知れない。
最近のマルイ製品も、黒いABS樹脂に黒い艶消し塗装されてるので、それと同じ(旧型M92Fのフレームは未塗装)
まあ、素材色のみでこの不透明感出すのは無理があるし、表面の艶消し具合も金型のみだと難しいので(金型のみだと、もっと艶がある)



さて、ヒケが消えるまでペーパーに擦った結果、端の文字が消えかかってる。



でも、平滑度はご覧の通り。しっかり平面になってる。



マズル付近の表面凹凸気になってたので、ついでに処理。



右側は諦めた。あまりにもヒケがきつすぎて・・・。
完全に平らになるまで削ると、フレームの幅より小さくなりそうだし、なにより刻印が消えてしまう・・・。



塗料と素材色は完璧に同じにはならないというか、素材のみだと光を若干透過するので(樹脂は元々無色透明、それに顔料混ぜて着色してる)。ペーパーで削った部分が、白っぽくなってるのが分かるかと。

まあ、この辺は後で塗装し直すとして。刻印彫り直さないと埋まりそうだけど。
某有名カスタマーさんのように、針で彫れる技術を体得すべきだろうか?(手を機械化しないと無理そう)



バレルに錘追加する余裕あったので、鉛板巻き付け。



896gにアップ。フロントヘビーになって、射撃時の安定性が増しました。
個人的には、軽いよりは重い方が好み。



(クリック拡大)
以上、ちょっと弄ってみたM629パフォーマンスセンターNATOグリーンでした。


今年の記事はこれで終了です。
それでは皆さん、良いお年を。




予約注文したSCAR-H GBBは、やはり年内無理だったか・・・。
  


Posted by Timm_MK2  at 20:08Comments(6)国産ガスガン

2016年12月28日

TANAKA S&W M629 Performance Center NATO GREEN

ある方からの戴き物。
タナカのガスリボルバー、M629パフォーマンスセンターNATO GREENです。
表面は塗装仕上げ。金属パーツは黒染め(サイドプレートは塗装)
ホーグタイプのラバーグリップ標準装備。



OD色のリボルバーは見慣れて無いので、ある意味新鮮?
フロントサイトのレッドランプは樹脂製で嵌め込まれてるだけなので、紛失に注意しないと。



パッケージ写真はシルバーモデルのM629そのままで、シールで区別されてる。
取説はM29と共通で、このモデル専用のパーツリストは無し。
また、パーツリストにはハンマーブロックが記載されてるが、タナカのガスリボルバーにはハンマーブロックは最初から組まれてない。
ラバーグリップはバックストラップの形状と微妙に合わず、若干はみ出してる。なので、このようにグリップ周りにビニールシート噛ませないと、発砲スチロールの削りカスが付着する。



マズル。インナーバレルはぎりぎりまで延びてる。



スチール製バレルウェイト。



ホーグタイプのラバーグリップ。刻印も再現されてるけど、本物じゃ無いんだろうか・・・?(タナカのHPにも、ホーグタイプと記載されてる)
サイドプレートは金属製だが、本体と同じ塗装されてるので、材質の違いは感じられない。
ノンフルートシリンダーはスタームルガーの機種に多いので、S&Wで見るのは新鮮な気も。



スィングアウト。ガス注入や弾込めはこの状態で。入れにくい場合は、ヨークごとシリンダー外すと、入れ易くなる。
本体塗装は艶消し状でほとんど反射しない。
パフォーマンスセンターの刻印は凹みタイプ。
スィングアウト状態ではトリガー引けないが、サムピースちょっと引くと動く。更にサムピースを後ろに下げてロックさせると、セフティが掛かり、トリガー引けなくなる。実銃には無い、タナカのガスリボルバー独特の構造。



塗装被膜はかなり頑丈で、度重なるスィングアウト・イン繰り返しても剥がれは見受けられない。おそらく、被膜の厚さ自体も通常より厚めにしてるんじゃないかと。
その弊害か、シリンダーの回転がとにかく渋い。おかげでD/A時のトリガーが重い事・・・。同社のM29系は、もっと軽く回るというのに。



渋さを少しでも和らげる為、Oリング組み直しやら摺動部へのグリスアップやら摺合せやらして、なんとかスムースに回転するように。ただ、S&Wリボルバーの利点とも言えるD/A時のハンマーダウン直前でのシリンダーストップの掛かり、こちらはハンマーダウンと同時。この後ちょっとでも引くとハンマー落ちるが、この時点でまだシリンダーストップ掛かって無い(掛かる位置まで回って無い)。ハンドが摩耗してる事も考えられるが、譲ってくれた人の話によると、新品購入後はほとんど撃ってなかったそうで。個体差か?



重さは、まずまず。
バレルに組まれてるウェイトのおかげで、前後バランスが絶妙に良い。



初速測定。0.2gBB弾使用。
気温が低いので、シリンダーをストーブの熱風で温めておいた。夏場の猛暑に限りなく近い環境。
まずはS/Aで。92.22m/s



D/A。88.23m/s。
ちなみに、ハンマースプリングのアジャストスクリューは最大まで締め込んで、僅かに緩めてる。打撃力はほぼMAX。
このアジャストスクリューを緩めると打撃力下がるので簡単にパワーダウン出来るが、緩めすぎるとS/Aでまともに飛んでもD/Aでほとんど飛ばなかったりするので、ある程度の強さは必要。



再びD/Aで。ちょっと上がってる。このチャンバーの抜弾抵抗が低かったのかも。
タナカのペガサスシステムは、各シリンダー毎にチャンバーパッキンが存在するが、それぞれ抜弾抵抗が違うと初速も変わってくる。全くオイルっ気が無いと抵抗きつく、初速も大幅に下がるので、ほんのちょっとだけオイル付ける必要ある(綿棒にシリコンスプレー吹いて、それでチャンバーパッキン内側を軽く撫でる感じで)
遠距離弾道は、0.2gだと遥か彼方に上昇する。固定ホップなので、気温が高めな場合は0.25gあたりが良さそうだ。



同じM29ベースのアンブレラマグナムと。
ノーマルのM29は、実は持ってないという・・・(モデルガンならある)
アウターバレル長が同じくらいだが、アンブレラマグナムはマグナポートの手前までしかインナーバレルが来てない。
なので、初速は同サイズのと比べて低め。
このアンブレラマグナムには最初ローパワーのハンマースプリングが組まれてて、今は同梱の通常タイプのに交換してる。試しにM629PCにローパワーのを組んで見たら、テンション最大でも30m/s台の初速に。しかもD/Aでは弾出ない(打撃力不足)



メッキが美しいアンブレラマグナム。シリンダーの回転も超スムースで、D/A時にハンマー落ちるちょっと手前でシリンダーストップがカチッと掛かる。まさしく、S&Wリボルバーの醍醐味。
ただ、メッキ被膜は弱めで、ロッキングプランジャーが擦れる部分はメッキが剥がれてる(本館記事参照)。



縦構図でアンブレラマグナムと。



以上、タナカM629パフォーマンスセンター NATO GREENでした。
貰い物だけど、結構お気に入りです。


不満点は、グリップくらいかな?
ラバーグリップは、実銃なら衝撃吸収や滑り止め効果があって良いのかも知れないが、トイガンだと感触がイマイチ。
かといって茶色の木製グリップは、この銃には似合わない気がする。
黒檀の、黒い木製グリップとかあったら、付けてみたい(自作するしか無いかも・・・)
  


Posted by Timm_MK2  at 12:38Comments(10)国産ガスガン

2013年08月13日

Wildey.45 Winchester Magnum 固定ガスガン

ヤフオク落札品。今時、なかなか入手出来ないので、強気入札でなんとか落札w。

まともにトイガン化されたウィルディ45ウィンチェスターマグナムは、この千代田製作所の固定ガスガンが最初で最後だった記憶がw。世界最初の.44マグナムオートとして超有名なオートマグ。但し、有名度とは裏腹に商業的には決して成功したとは言えず。2番手として更に強力な.45ウィンチェスターマグナム・ガスオペレーションシステムを引っ提げて登場したウィルディも、やはり作動の面で苦労してあまり奮わなかった。
そういう意味では、最も成功したマグナムオートがデザートイーグルと言えるかも。トイガン化された数も最も多い。
オートマグも、結構トイガン化されたのが出回ってるので(モデルガン、固定ガス、GBB、エアコキ)、固定ガスガン一つしか出なかったウィルディはかなり不遇のモデルと言えるw。


時代を感じさせるパッケージw。


本体、取説、BB弾。ガス缶もセットだったらしいが、今の時代フロン12なんて使えないしw。


あちこちにエングレーブが施された初期型をモデルアップ。
後のモデルではコスト削減の為か、エングレーブ無しになってる(YouTubeの動画は無しのが多い。エングレーブはコレクターズアイテムなのでw)
実銃と比べてグリップが極端に細いのが、チヨダのガスガンの特徴。左右貼り合わせのモナカ構造の為、あちこちにネジが。
サムセフティは下げるとON。


反対側。
スライドは動かないので、エジェクションポートも無し。
右側の文字刻印は、トイガンオリジナルがあちこちに。


スライドストップが上がったままで、なぜか下げれない。まあ、トリガー引くだけだし、セフティは別にあるので。


マガジンキャッチは底で押さえるタイプ。


いわゆる、割りばしマガジン。フォロアーを下まで下げてロックしてからBB弾入れる。
ガスタンクは本体に。ガス入れは、マガジンの有無に関わらず入れる事が出来る。


意外と重い、826g。


大きさ比較。グリップが抉れてるとはいえ、左右の幅もあるのでガバよりはかなり太く感じる。


マルイのオートマグ(元エアコキをガスガン化)と。
ウィルディは、ガバとオートマグを足して一回り大きくしたようなデザインだというのが良く分かるかとw。

ちなみに、パワーは10禁用か!?ってなくらい、低いw。0.2gで撃ってみたら、5m先の的まで届かなかったw。
まあ、観賞用として入手したので、どうでも良いけどw(昔のフロン12ならそこそこ飛んだかも知れないが、入手不可だし使う気も全く無いw)
  


Posted by Timm_MK2  at 18:37Comments(10)国産ガスガン

2013年04月12日

過去の作品

アンモ部屋さんで、マルシンのスタームルガーMk1を記事にしてたので、連動してウチのMk1カスタムをお送りします。原型留めてないけどw。


AMT BABY AUTOMAG。詳しくは、本館のカスタムレポートで。


オートマグ系は、この角度が迫力あって良いかも。


後方、射手視点より。


右側面から。


バレルは、22LR用としてはオーバースペック!?

パワーはかなり落としてあります。ハンマースプリング弱くしたのでトリガーも軽くなってる。
かなり久しぶりに引っ張り出したのでガスは抜けきってたけど、再び充填したらちゃんと発射出来ました。
固定ガスガンは構造がシンプルなので、ガスブロほど気を遣わなくても良いですねー。
たまにはシンプルな固定ガスガン撃つのも良いかも(高いケーキばっかりじゃ飽きるので、たまには安いお菓子を食べたくなる心境w)。
現在、Mk1のガスブロは存在しないけど、もしガスブロが出たら再びこのようにカスタムしてみたいですねー。



話は変わって、今期のアニメ感想。
正直、これは観たい!って思えるのが少ない。ミリタリー枠も無いし。
まあ、個人的に突出してると思えるのが

・はたらく魔王さま
・翠星のガルガンティア

この二つ。魔王さまは、よくある魔王x勇者みたいな基本構成だけど、展開が面白い。魔王さま、高スペック過ぎw。
ガルガンティアは、第1話のAパートがガンバスターっぽい超未来の出だしで、Bパートいきなり現代文明に場面転換。こちらも、シナリオ担当がまどマギの人なので、楽しみ。

他には、ロボット戦闘では定評のあるサンライズから、革命機ヴァルヴレイブという作品が。ロボットの動きは良いんだけど、ここ数年の作品見る限り後半のシナリオには全く期待出来そうに無い・・・。まあ、プラモ販促アニメだから仕方ないかw。
ラノベ原作アニメもいくつか出てるが、やはり俺の青春ラブコメ~(長いので省略w)は、主人公が自分の高校時代にあまりにも似てて見るのが辛いw。しかも、決定的に違うのが、私は女子と知り合う機会が皆無だった事orz。この主人公、リア充すぎるだろ!まあ、こういうラノベのラブコメは作者の願望がそのまま反映されてるのが多いので・・・。
まあ、リア充といえば、前期のはがないNEXTの主人公が、傍目にはリア充そのものだって事がw。1期より2期の方がずっと面白いという珍しい作品だったけどw。
  


Posted by Timm_MK2  at 12:58Comments(4)国産ガスガン

2013年01月11日

ヘビィな銃

題名はダジャレですw。



コルト社の蛇の名を冠した銃、パイソンとアナコンダ。左はタナカ、右はマルシン。
今年は蛇年なので、年賀画像用に真っ先に思い付いたのがこいつら。
でも、アマノジャクな私はイングラムM11を使おうとして、あれ?MGCのモデルガンは蛇のじゃないや、とかマルゼンのはロングマガジンが見当たらない、とか色々あって、結局NAAのバックルの蛇使おうかとw。


でもまあ、Gun1+1/6〓OTHER SIDE〓さんとこで記事にしてたので、ウチも便乗してw。
ウチにあるのはこの2挺だけ。昔、マルイからガスリボルバーでキングコブラが出る話あったが、いつの間にか自然消滅してた。現在、キングコブラのトイガンは、KSCのモデルガンのみ。
・・・タナカで、キングコブラのガスガン出す予定ないのかな~?


8インチのパイソン。結構銃身が長い。マルイの造るモデルガンシリーズにも8インチのパイソンあるが、あっちはパイソンハンターという名前で刻印も違う。また、グリップもラバータイプ。


マルシンのアナコンダ。初の8mmBB弾のリボルバー。ステンレスメッキなので、見た目はかなり良い。ただ、軽いのとガスルート破損しやすいってのがネック。


メッキモデルの醍醐味、スイングアウト時のサイドプレートへの反射。単なるABSやHWではこうはならない。


1/6持ってなかったので、1/12のパイソンとw。

実はこの記事、NAAデリンジャーの前日に投稿するつもりだったが、最後の1/12との写真撮り忘れて翌日撮影w。なので、順番が前後する事に(´・ω・`)。
  


Posted by Timm_MK2  at 19:35Comments(2)国産ガスガン