2016年04月15日

東京マルイ BBエアーリボルバー パイソン.357マグナム 分解・実射

ヨーク&シリンダーは、トリガー斜め上にあるネジを緩めると外せる。多くのモデルガン・ガスガンと同じ。
グリップは、後方の細いネジを外してから



左右の合わせ目に爪とかを挿し込んでちょっとずつ開けていき、グリップ左側を外す。
右側はフレームとネジ留めされてるので、この状態では外れない。



グリップには金属製のウェイトが。また、グリップで隠れるバックストラップの溝も再現されてる。
シリンダーはバックストラップ内に収まってるので、オーバーサイズ以外の細身のグリップにも出来そう。



コッキングした状態。



3本のネジを外すと、サイドプレート取り外せる。



アップで。
トリガーとハンマーにはかなりの負荷が掛かるが、樹脂製なので耐久性が心配。

ここまでバラすと、組む時にシリンダーハンドの組み付けが少々困難になる。なので、なるべくバラさない方が良いかと。
ハンドのスプリングは細くて、万一飛び出したら発見が著しく困難になるので。
内部には必要十分なグリスが塗られてるので、分解する意味はほとんど無い(単に知的好奇心満たしたかっただけ)



実射。
すでにあちこちでレポートされてるが、0.12gだとホップが強すぎるとか。
試しに銀ダン付属の0.12gを込めて撃ってみたら、遥か彼方に上昇。室内5mですら、狙った位置より上に着弾する。
0.2gでは、ふわっとした弾道で、15mくらい飛んでドロップするのもあれば、5mも飛ばない場合も。
抜弾抵抗の所為かと思い、油っ気無しのBB弾保持Oリングに軽くシリコンオイル塗って見た。ついでにガスルートにも。


G&G 0.2gバイオBB弾使っての初速は

23
28
30
29
27
8
(m/s)

最後のは、28m/sではなく8m/sです。ほとんど弾ポロレベル。
30m/sのあたりだと、20mほどフラットに飛んでドロップ。0.2gの方が合ってるのかも?
ただ、カートの個体差なのか、結構バラつきある。6発中1~2発が、弾ポロ。
まともに飛んだ場合は結構命中精度高く、室内5mでヤクルトの空容器に命中出来る。
弾ポロさえしなければ良いのだが、やはりこの価格帯(定価:4980円)では、そこまで求めるのは酷なのかも?
外観良い(PLとゲート跡に目を瞑って)だけに、ちょっと残念。
まあ、パワーが無いという事はそれだけ安全に遊べるという事でもあるし、室内でパチパチ撃って遊ぶ分には問題無いかも。的から外れても、周りに被害及ばないので(ガラスが割れたりとか)

0.12gだとホップ強すぎだし、0.2gだと目視しながら避けられる(20mほど距離ある場合)ので、サバゲーの屋外戦はきついかな?




おまけ

左は、かなり前に購入した、組み立てキットのエアコキリボルバー。
トリガーとハンマーは金属製だが、コッキングがめちゃめちゃ固い。マルイパイソンの比じゃない。
その割にパワーは無くてほとんど飛ばない。なので、組み立て途中で放棄してた物。
ぶっちゃけ、コイツの事もあり、エアコキリボルバーには懐疑的だったが、今回マルイのを購入して、少しはエアコキリボルバーに対する印象が良くなりました。
でもやっぱり、ガスガンの方が良いかも?
  


2016年04月14日

東京マルイ BBエアーリボルバー パイソン.357マグナム(4インチ・ステンレスモデル)

模型店で見かけて衝動買い。
すでにあちこちでレビューされてて、事前情報はある程度あったのだが、手持ちが丁度間に合ったのでつい。
パッケージはご覧の通り。左右の蓋はシールで封がされてる。



横から取り出し。
梱包材は発砲スチロールで、いつものマルイって感じ。
取説は操作説明が主で、パーツリストは無し。まあ、10歳以上用だし。



カートのディスプレイが綺麗。
この辺りのデザインはセンスが良い。



プラ製カートは色分け塗装されてて、結構綺麗。
また、ヘッドスタンプも再現されてる。



刻印。エジェクターロッドは金属製。



右は、いつものマルイ刻印。10歳以上用シールは、がっつり貼られてる。



マニュアルセフティ。後ろに下げてセフティON。あまり固くは無いが、溝が浅いのでONOFFし辛い。



ステンレスモデルはシルバー塗装。反射率は低めで、サテンシルバー調。
ただ、バレル周りはもうちょっと反射率高い。
トリガーとハンマーは成型色で、無塗装。ラバーグリップを模したグリップも成型色。
カートのきつさは個体差があるようで、ウチのは自重で5発は落下する。残り1発はエジェクターロッド押すと落ちる。



ハンマーをコッキングしてグリップ内部のピストンを下げる。
コッキング及びトリガーの引きはちょっと重めで、大人の男性なら楽に引けるが、女性や小学校高学年にはちょっときついかも。



ハンマーをコッキングすると、フレームの放出口が少し前進し、カートを押して気密性高める。



カート込みで398gと軽め。
真鍮製カートとか、どこかで出して欲しいですね。この樹脂カートは、塗装剥げし易いようなので。



塗装は全体的には綺麗なのだが、部分的にこのような不具合もある。
これはおそらく、塗料が固まった粒が付着して、落ちて塗装が剥がれたかと。



ゲート跡の処理やPLのバリも多め。ライフリングモールドも無し。
インナーバレルはアルミ製。



全体の雰囲気は良い。



10歳以上用のシール剥がしたら、塗装も剥げたorz。
まあ、PL処理ついでに、その内仕上げ直したいと考えてるけど。



こうして見ると、エアコキには見えないですね。
ぱっと見た感じは良いので、価格以上の満足感がある。また、軽いので、コスプレや、サバゲのバックアップ用に最適。
特に、スライドタイプと違い片手でコッキング出来るので、エアコキハンドガン戦とかでは2挺同時に使えるというメリットも(6発しか撃てないけど)




次回、分解と実射。