2016年11月29日

Stark-Arms S19 スライドとフレームの隙間修整

マルイから、やっとG19発売決定のアナウンスが。
そこで、手持ちのG19はと・・・StarkArms(VFC)のがあった(WEのはカスタムモデルなので別)
Starkのは、外観はとても良いんだけど、スライドとフレームの隙間が大きめで、他が良いだけにそこが余計に目立つ。
ネットで感想書き込んでる人達の主な不満点も、そこに集中してる。
中には、修正した人も居るけど、工作がちょっと大変&作動性落ちたりとか。
そこで、私なりの修正方法試してみました。




ご覧の通り、フロント側の隙間が大きい。
マルイ(G18Cとか)やWEは、ここまで隙間大きくない。



フロントシャーシ外すべく、ピンを抜いて行く。リアシャーシは事前に外しておいた。

ピンは、WEやマルイと違ってリアル構造というか、他メーカーのようにピンのギザギザで留めてる訳ではない。ピンに溝が掘られてて、そこにスプリングとかが噛んで抜け防止になってる。
トリガーの上のピンは、マルイだと省略されてるが、こちらライブ。トリガーバースプリングが掛かってるので、トリガーバーを上に上げてテンション掛からないようにし、ピンポンチで押し出す(ハンマーで叩かなくても、手で押すだけでOK)
スライドストップスプリングは、ピンのこちら側。組み立て時に間違えないよう、覚えておく。



トリガーピンは、スライドストップの軸も兼ねてて、ピンの溝にスライドストップが噛んでて抜け防止になってる。
そのままピンポンチとハンマーで力ずくで叩き出すと変形するので、スライドストップを前後に動かしながら、トリガーピンをゆっくり抜いて行く。



マルイ(&WE)と違ってリアル構造なので、分解は勿論、組み立ても手間掛かる。



フロントシャーシは3ピース構造。マルイはこれら一体成型。
前にあるシルバーのレールパーツ、僅かに磁石がくっ付いたので、ステンレス鋼板のプレスかも?
上のパーツは、隙間からシルバー目立ってたので、以前黒染めしておいた物。



上下のガタを少なくする為には、フロントレールを下げる必要ある。



フレームに対して若干浮いてる気がする。



フロントレール入る部分を電動ミニルーターでガリガリ削る。



このくらい下げてみた。



レールが下がってもシャーシ自体の位置は変わらないので、レールが上昇しないよう、削った分をシャーシのレールが当たる部分に貼り付けておく。
今回、0.3mmプラ板だけだと微妙にガタついてたので、アルミテープ(0.095mm)追加。



スライドロック用スプリングも、ガタつかないよう0.3mmプラ板貼り付け。



仮組みして、スライド通るか確認。
ネジやピンはしっかり組んでおく。
ちなみに、このようにネジとピンの組み合わせの場合、ネジは最初強く締めつけずに緩めておく。
で、ピンを入れてから、ネジをしっかり締め付けるようにする。先にネジ締めると、ピン位置が僅かにずれたりするので。
まあ、樹脂にネジ込んでるので、あまり強く締め付けないよう加減する必要あるけど。



バレルとか外してスライドのみで仮組みしてみた。
特に引っ掛かる部分は無く、スムースに動かせる。



本組み。
シャーシに対して、レールはこの程度下がってる。加工前は、高さほぼ同じ。



スライド組んで確認。加工前と違って上方向へのガタはほとんど無い。



隙間が無くなるだけで、雰囲気がガラリと変わった。
隙間あった時は玩具っぽかったが、こちらは本物っぽい雰囲気が滲み出てる(気がする)



鋳物スライドなので削り出しほどの精度は無いが(DX版は削り出しスライド)、こうしてみると十分満足出来るレベル。



作動も、加工前とあまり変わらない。
勿論、VFCのグロックシリーズはマルイよりは作動性落ちる。でも、それはノーマルマガジンの場合で、ロングマガジンだと別物のような作動性になる。ただ、肝心の手持ちのロングマガジンは、底からのガス漏れ直らなくてジャンク行きになってるという・・・。その内別なの買わないと(Starkのロングマガジンは流通在庫無いけど)

スライドとフレームの隙間が気になる人は、記事を参考に試してみるのも良いかも。
ただ、ミニルーターが無いと厳しいので、最低限、それだけは買わないと(ミニルーターあれば色んな加工が捗ります)
  


Posted by Timm_MK2  at 18:41Stark-Arms S19

2014年02月24日

StarkArms S19 蓄光サイト化

以前、S19の前後サイト交換した記事載せたが、この「CRUSADER  StarkGLOCK用ナイトサイトセット Steel」、ナイトとは名ばかりで夜間全く認識出来ない。まあ、トリチウム風サイトの形状のみ再現しただけで、発光ギミック無い訳だが・・・。
なんとか発光させたいと思いつつ、ずっと放置状態だった訳でw。



で、たまたまダ○ソーで見かけた蓄光シール、数種類あった中から自由に切り取れるコイツをチョイス。光に当てる時間長いほど長時間発光するそうで。
付属のドットに貼り付ける場合、ほとんど隙間無いので、コイツは使わずに



太さ2mmの透明ソフトプラ棒を使用。
サイトの穴の径は丁度2mmなので、蓄光シールの厚さ分、プラ棒を削って細くする。



粘着部分は蓄光の反対側なので棒にくっ付ける訳にはいかず、光る方を内側にして丸めてからドットの穴に入れる。
あ、右の穴はテスト用に先に組んでみた。ちゃんと発光する事が確認出来たので、左側も同様に。



透明ソフトプラ棒を突っ込む。



カッターで切り取り、面一になるように整形。



ライトを10秒ほど当てて発光確認。ただ、先に組んだ右側と比べて光が弱い。蓄光シールの面積が少なかったようなので



ドリルで抉って取り出してから、再び組み付け。今度は同じくらいの強さで光った。
接着してないしプラ棒自体柔らかい材質なので、失敗しても何度もやり直し出来る。



フロントも同様に。
逆行でもはっきり見えるので、僅かに発光してるのが分かるかと。

日中に光蓄えたら夜光るかと思って、午後窓際に放置。夕方確認したら、光弱い・・・。まあ、曇り空だったし擦りガラス越しってのもw。ま、シールに直接当たってる訳じゃ無く透明プラ棒介してなので、かなり強烈な光が必要っぽい。



日が沈んでから、トイガン用フラッシュライトを10秒ほど当てて撮影。マルイのグロック用純正蓄光サイトよりくっきりしてる気が。あ、左のは、蓄光シールの余った破片ですw。

これで、やっと名前通りのナイトサイトの完成w。透明プラ棒と蓄光シールで他の銃のサイトも簡単に夜間仕様に出来ますので、お試しあれ!
  


Posted by Timm_MK2  at 19:07Stark-Arms S19

2014年01月03日

パーツ交換 WE M&Pコンパクト セミ/フル版 及び StarkArms S19

まずは、WE M&Pコンパクト セミ/フル版から。
ハンマースプリングを「LayLax NINE BALL XDM-40 スムース スプリングセット」と交換する。
ライラクスのスプリングセットは、強弱2種類のハンマースプリングと、弱めのシア用スプリングが入ってる。
上がWE純正、下2本がライラクス。
左の白いのは線径も太く、WE純正と変わらない固さ。
右のは線径細く、かなり弱い。



シアスプリング。上がWE純正、下がライラクス。ライラクスのは線径細く、トリガープル軽減に役立つ。



ライラクスのハンマースプリング弱と、シアスプリングをセット。
シアスプリングを弱めのに替えるメリットとして、フルオート版はトリガーバーとリンクする出っ張りが細い為、負担軽減して破損防止に役立つ(特に下側)。デメリットとしては、トリガープルが軽くなる為、暴発し易くなる。
ただ、ガバ系と違ってシアの掛かりは浅く無いので、暴発の危険性は大して高くならない(例:KSCのガバ系→M945とかは、トリガーがかなりフェザータッチ)



実際に組んでみて空撃ちしてみる。ハンマースプリングをかなり弱くしたおかげで、引きが凄く軽い。また、トリガープルもそんなに軽くなっておらず、暴発の危険性もスプリング交換前と変わらない。
ただ、ハンマースプリング掛かる部分を削ってテンション下げてるので、普通に交換したのよりも打撃力弱い(おそらく、マルイのXDMより弱い)。マガジン冷えてても最近のマルイ並みにビシバシ作動する代わりに、マガジンちょっと温まってると、内部圧にハンマー負ける。特にショートマガジンで顕著。
マガジン挿したまま手で暫く握ってるとマガジンにも熱が伝わり、やんわり温かくなる。その状態で撃つと、パスッといった感じで全然ブローバックしない。しても、ほんのちょっと後退するだけ。
ノーマルマガジンだと、同じ温度でもちゃんとブローバックする。フルオートも余裕。
まあ、この時期ならこれで良いかも?なんせ室温10℃未満で放置しておいても、ちゃんとブローバックするんだからw。但し、ここまで動き良いのはリコイルスプリングを替えたおかげでもあるので、ノーマルのリコイルスプリングを使ってる場合はこの限りではない。
今の時期はこのままで、気温の上がる夏場はスプリング替えれば良いし。
ただ、ハンマースプリング交換ははっきりいって面倒くさい。ハンマーユニット全部バラさないといけないのでw。




お次はStarkArms(VFC)のS19(G19)。
CRUSADER StarkGLOCK用コンペティションマグキャッチ Steel
左のがそれ。右のはWE純正。どちらもマガジンキャッチ自体は全く同じ。ただ、クルセイダーのは、スチール製の追加パーツがある。



クルセイダーのマガジンキャッチ先端にはネジを締め込む穴がある。が、ネジ山切られてない。
そのままでも無理やりネジ込めるが、M3のタップ使って最初だけでもネジ切って置いた方が楽。
ココにスチール製の追加パーツを付ける。
万一、このマガジンキャッチが摩耗した場合は、追加パーツを純正に付けても同じになるw。



前後サイトを交換する為、元のサイトを外す。どちらも樹脂製。
リアサイトは横にスライドすれば外れるが、フロントサイトは差し込んで樹脂の弾力で保持してるのかと思いきや、実は接着されてた。下からピンポンチとハンマーで叩き出す。



フロントサイトは穴に嵌めた後、下から付属のネジで留める。ヘッドが薄いので、バレルには接触しない。



取り付け穴に接着剤が残ってると綺麗に入らなかったり少し曲がって付いたりするので、目でしっかり確認しながら固定する。一応、ネジ山にはネジロック剤塗っておいた。



リアサイトは、横からスライド・・・あとちょっとの所できつくて進まない。仕方ないので、プラハンマーで横から叩く。傾斜きついので、ハンマーで叩き難いけどなんとか。



VFC M&P9cの前後サイト同様、付属の樹脂パーツを埋め込むが、そのままだと光らないので後回し。
蓄光塗料か蓄光素材を買ってきてから改めて取り付けるので、暫くはこのまま。



スチール製の前後サイトで、格好良さが2割ほどアップした気がするw。
コンベティションマグキャッチは、親指短い私の右手でも押しやすく、かなりタクティコゥな雰囲気に。
ただ、左手で握ると人差し指と中指の間に収まるが、ちょっと触れた状態なので気になる。あと、不意に押されて勝手にマガジン落下する事もw。左で撃たないようにしないとw。


パーツをグレードアップすると、銃に対する愛着高まりますねー(^ワ^)/。



※このブログ書いてる現在の、StarkArmsのS19の在庫。
M.I.U AIRSOFTでは、ODとTANが売り切れでBKのみ在庫在り。
プラウダでは、黒以外の在庫在り。
  


2013年08月16日

ガスブロ動画

本日午後、某フィールドでのプリンキング(&ダベリング)に私を含めて3名参加(一人は遅刻w)。
で、ついでにいつもと違う射撃シーンをと、撮影開始。
マガジン1本しか無いのでリハ無しで撮影w。ちょっとNGあったりw。
KRISS VECTORとMP5Kの撮影時、大粒の雨が降り始め。MP5Kは錆びやすいパーツが多いので、特に心配にw。
少し様子見してたら小降りになってきたので、サブマシンガン2挺の撮り直し。撮り終わってから、本格的に降ってきました。MP5Kはもっと詳しく撮りたかったし、KRISS VECTORとMP5Kの2挺撃ちも撮りたかったけど、諦め。まあ、分厚い雲のせいでダッシュボードの温度上がらなくて、マガジン熱しきれなかったってのも(蒸し暑かっただけw)。

来月あと1回くらいは集まってプリンキングしたい。今度こそ、晴れると良いけど・・・。

  


Posted by Timm_MK2  at 22:00VFC MP5KStark-Arms S19KWA KRISS VECTORVFC M&P 9c

2013年07月12日

VFC G19及びM&P9C ハンマースプリング

StarkArms S19=VFC G19なので、ここではG19でw。

さて、VFC M&P9Cの記事をネットであちこち見てたら、かなり気合入った記事が。
ミリブロ内ではかなり有名な「オラガバニスト」さんで、かなり弄った記事が載ってたので(左のカテゴリ欄:上から7番目)、その中のハンマースプリングに関する記事を参考にウチの2挺も弄ってみました。


こちら、M&P9Cのハンマーメカ。といっても、G19も全く同じw。マルイのハンマースプリングを組むと足の部分がかなり浮き上がるので、矢印のように曲げてました。ただ、このスプリングの下を受ける部分、マルイのよりも出てるようで、だからマルイのスプリング組んでもマルイG18Cより固く感じてたのかな~っと。


オラガバニストさんとこでは広く削ってたけど、私は金属用ノコでスプリング入る溝を掘る程度にガリガリと。


パーツ組んだ状態。これで、かなりテンション下がったので、コッキング時の引っ掛かりも軽くなったはず。


他にも、ハンマーローラーの出っ張りを削って滑らかに。三角の頂点部分は、後ろに緩くカーブするように。削り過ぎるとフルオートシアまでコッキングされなくなるので、慎重に。
三角の後ろ部分は、コッキング時に後ろに擦れてたみたいなので、削って低くしてみた。
ちなみに、削った写真は昨日の夜にG19のを加工。削る前の写真は、今朝早くに加工し始めたM&P9C。どっちも同じ加工したので、M&P9Cの加工後は省略(全く同じだしw)


ハンマーコッキング状態からスライド引くと、更にフルオートシアまでコッキングする時にかなりの抵抗あったが、今回の加工で大分軽くなった。まあ、それでもマルイG18Cよりはちょっとだけ重いけどw。
ハンマースプリングのテンション下がったので作動はかなり良くなったが、夏場の高温時にバルブ叩き切れるか心配。まあ、車のダッシュボードに長時間放置して、マガジン触ると火傷するレベルまで上げなければ大丈夫かとw。
海外製は国産と比べてスライド重い(&動きも渋い)ので、リコイルスプリングはあまり弱く出来ないが、国内ガスのみ使うなら、ハンマースプリングは国産と同等レベルまで弱くしても大丈夫かと。作動はかなり改善されるので、もしハンマースプリングが入手出来なくても、このようにテンション下げる加工するだけでも効果あるのでお勧めです(この方法を見つけたあじゃさんに感謝)


閑話休題
今期のアニメで気になったのが、「ステラ女学院高等科C3部」。サバゲーの部活を題材にしたアニメって初なのでは?で、製作協力に東京マルイの名前がw。まあ、サバゲーと言ったら電動メインだし、マルイが関わるのは当然か。
銃の描き込みは、うぽって!には及んでないのが残念。あと、電動なのにリコイルあったり(次世代電動か?)、発射されてるBB弾がオレンジだったり。おそらく10禁用という設定なのかも知れないが(0.12gはオレンジ色)、ハンドガンは普通に18禁用だし、10禁用電動で出て無い機種ばっかり使ってる気がするんですがw。原作知らないけど、そこまで細かく言及されてるのかな?
でもまあ、このアニメで世間のサバゲー(含む銃趣味)に対する風当たりがちょっとでも和らげば良いんですけどねw。

他には、少年サンデーで連載されてる「銀の匙」。北海道の農業高校が舞台だけど、ウチも農家なのでかなり共感出来る部分がw(高校は工業でしたがw)
  


Posted by Timm_MK2  at 12:46Stark-Arms S19VFC M&P 9c