2013年12月05日

動画 南部十四年式、WE M&Pコンパクト、VFC Walther PPQ

YouTubeにアップしました。











3機種連続w。どれも、本日撮影したのばっかりです。以前撮ったのは、データ壊れちゃったので(昨日の記事)
光に替えたからか、アップロードが異常に早い。200MBちょいでも、説明文入力してる間にアップロード終わってるw。
十四年式は720pで、WE M&PとVFC PPQは1080p。M&PとPPQには広告も入れて見ました。まあ、広告収入どれだけあるか分かりませんがw。
十四年式アップして、関連動画見て始めて知った、6mm版がマルシンから2011年頃に出てた事。ああ、そういえばGun雑誌で見かけたような気が・・・しないでもないw。
でも、その動画観て笑いました。BB弾が排莢されてるw。ウチのはそういう事は無く、ちゃんと作動してます(動画観れば分かるかと)

MASADAは明日撮影予定だけど、明日から雪模様なので上手く撮れるかどうか・・・。窓からの自然光で撮ってるので、あまり空が暗いと上手く撮れないので。
  


2013年11月04日

WE M&PコンパクトGBB SVxBK ツートーンカラー その4

それでは、VFC M&Pコンパクトとの徹底比較を。ちょっと長いですw。


刻印は、VFCのは金型刻印っぽいが無駄に太くなくてくっきりしてる。
スライドのあちこちの角は、VFCはシャープでWEは丸っこい。


右側の刻印も同様。
レーザーでの注意書きは、VFCが「」って感じなのに対し、WEは「レーザー」という感じで(どんな表現やねんw)かなり細い。
また、スライドとフレームの隙間は、VFCのはちょっと気になるレベルだが、WEはほとんど隙間無い。


グリップテクスチャーの凹凸は、VFC(右)の方が大きめ。また、VFCはマルイのグロックのように全体的にテカテカしてて、WEは艶消しクリアー吹き付けたかのような適度な艶消し感が。
S&Wのマーキングは、WE(左)の方がくっきりしてる。


マガジンのフィンガーチャンネル形状も違う。また、左のVFCの方がS&Wマークがくっきりしてる。
ガスの入れ難さはどっちも同じw(WEは国内向け注入バルブが別売りされてるので、WEの方が有利か?)


マガジン比較。右のWEの方の刻印は13発まで表示。


マガジン右側の刻印は、どっちも12発。


マガジンスプリングは、VFCの方がピッチが粗いが、スプリングカットした後だしw。
BB弾は、VFCはちょっと下げるだけでフォロアーの溝から入れられるのに対し、WEはリップからプチプチと込めるしかないw。
装弾数は、VFCが15発で、WEは16発。但し、WEは16発入れると余裕無いw。
機構が違う為、マガジンの互換性無し。


リコイルスプリングガイドは、VFCの方が長い。ガイドの構造も違ってて、VFCは前方で留めてるので、取り出してもスプリングが飛び出さないが、WEは飛び出す。おそらく、VFCの方が実銃に近いんじゃないかと。
リコイルスプリングは、VFCは別なのに交換済み。WEのは、この時点では交換して無くてオリジナル。


セレーションの角も、VFCはシャープでWEは丸い。なので、WE滑りやすいw。


ブローバック機構の、ノズルシリンダー比較。左はWE XDMコンパクトで、真ん中がWE M&P 9c。
WEのはおそらく同じパーツ。G18C機構のVFCとはストロークが全く違う。


ハンマーメカ。左がXDMコンパクト。
コッキングインジケーター用にハンマーの出っ張りがあるが、それ以外はWE M&Pと全く同じ機構。
ただ、取り出して組み替え検証してないので、完全互換かどうかは分かりませんw。


再び組み上げて。
スライド後部下側の形状が違う。VFCは切り欠きあり、WE無し。VFCの方が実銃に近いようだ(左の切り欠きは、実銃ではエジェクター用)
バックストラップはどちらもSサイズ。同じSサイズのバックストラップ付けても、WEの方がバックストラップ下側がちょっと膨らんでる為、ちょっとだけ太く感じる。VFCは、Sサイズ付けるとグリップ全体がぺったりして、携帯性アップする。
逆に、MサイズはVFCの方が幅ある。そしてLサイズは人差し指と親指の付け根が当たる部分の厚さがWEの方が薄く、VFCのLサイズ装着よりも握り易い。
バックストラップの相互互換性無し。取り付け部分のサイズが違う。


スライドの長さ、チャンバーから先はVFCの方がちょっと長い。チャンバーまではどっちもほとんど同じ。


スライドフェイスも微妙に違う。また、VFCのアウターバレル&リコイルスプリングガイドとスライドはほぼ面一なのに対し、WEはバレル出っ張ってる。
アウターバレルの長さは、実はWEの方がほんのちょっと長い(スライド短い事もあって、このように出っ張ってる)


ホールドオープン状態。
フレーム先端からスライド先端までの長さは、WEが33mm、VFCが36mm。


ホールドオープン状態で、WEはチャンバー後端が見えてて、VFCは奥に隠れてる。


VFCは、エキストラクターが可動。


WEのエキストラクターは前後に固定ダボがあって、全く動かない。
ちなみに、VFCのエキストラクターはそのままで、WEは塗装剥いでブルーイングしてある。

(形状の)リアルさという点では断然VFCだがWEの方が派手w。それに、こういう遊び心があるのがWEというメーカー。こんなカラーリングのM&Pは実銃には無いのでw(最新の無刻印版のような、セフティレバー使ったフルオート切り替えギミックも面白い)


さて、VFCとの比較はこれくらいにして。


マルイG26との比較。こちら、スライドとアウターバレルを塗装したモノ。
カラーリングはどっちも似たような構成。


シルバースライドにゴールドアウターバレルは、かなり前に私がやってたので、WEの真似した訳ではないw(本館参照)。


まあ、スライドはサテンシルバーっぽくして艶抑えてるし、バレルのゴールドも少し薄いけどw。

G26は古い機種なので、ブローバックの勢いは現行機種と比べて弱め。あまり撃たなくなったけど、今でもお気に入りです(ハンマースプリングを、VFC M&Pコンパクトと交換したら更に作動悪くなったので、純正パーツ取り寄せないとw)


奇しくもM&Pコンパクトが2機種。で、フルサイズは持って無いと・・・w。フルサイズは、マルイから出るの待ってる状態なので、早く出して欲しいw。
  


Posted by Timm_MK2  at 20:15Comments(0)WE M&Pコンパクト

2013年11月04日

WE M&PコンパクトGBB SVxBK ツートーンカラー その3

いつの間にか30万ヒット超えてました(゚Д゚)。
いつもご訪問、ありがとうございますm(_ _)m。



インナーバレル先端は、ペーパーで均してからアルミブラックで染めてあるので、この状態だと目立たない。

実射だが、ブローバックエンジンがDXMとほぼ同じなのでVFCのマルイG18C機構よりはパワーがある。でも、リコイルスプリングが強過ぎるせいか、VFCのとマガジン温度同じでも勢い弱い。


強過ぎるリコイルスプリングをなんとかすべく、手持ちのを色々組んでみた。
VFCの元のスプリングがぴったりで、WEよりも若干弱い。でも、スプリング交換したVFCよりも引きがかなり重いので、そのスプリングをカット。
そしたら、見違えるような作動性に。


燃費と初速を測るべく、マガジンにガスチャージ。ちょっと入り過ぎた気もw(約10gチャージ)


使用するBB弾は、G&G 0.2gバイオBB弾。未開封で1年近く放置してたら袋が膨らんできてたので、速攻開封w。
BB弾はマガジンに16発入るが、16発目はリップぎりぎり。15発くらいまでにしといた方が無難かも。

最大初速測るべく、マガジンを人肌+α程度まで温める(手で触ってちょっと熱く感じる程度)
その状態でまず、2発外に撃って見た。案の定、生ガス吹きながら作動w。その次から初速測定開始。
最初は、67m/s
以降、2発目から11発目まで66m/sと、全く同じ数値が続く。
12発目で65m/s
残り2発は弾道見る為に測定無し。
ホップは最弱にしてたが、それでも25mあたりから上昇していく弾道。BB弾との相性もあるのか?

リコイルはコンパクトモデルにしては強く、VFCのM&Pコンパクトを軽く上回るリコイル。
でもまあ、WE XDMコンパクトにはちょっと及ばない感じ(スライド重量違うので)


16発撃って約5g消費。ちょっと燃費悪い気がするが、最初の5発まではBB弾と一緒に生ガス吹いてたので、正確とは言えないw。


フロントサイトの穴にネジ仕込んで固定。2mmタップだとフロントサイトの穴にネジ切れなくて、スライドの穴のみにネジ切ってる。ネジロック剤塗ってから取り付け。
手持ちで2.6mmのイモネジ切らしてたのでとりあえず2mmで固定してあるが(イモネジじゃなく、普通のプラス頭のM2ネジの頭切ったモノ)、その内M2.6のを取り付けてがっちり固定したいw。


実は、最初からあちこちに小さな擦り傷が付いてる。刻印彫る為に固定した時に付いたものかも?


チャンバートップはスライド内側と擦れてるけど、意外と傷付かない(グリス塗ってる)
しかし、スライドブリーチ上部とガツガツ当たるチャンバー後部は、メッキが捲れてきてるorz。



次回ラストは、VFCのM&Pコンパクトとの徹底比較。
  


Posted by Timm_MK2  at 12:11Comments(0)WE M&Pコンパクト

2013年11月03日

WE M&PコンパクトGBB SVxBK ツートーンカラー その2

まずは通常分解から。
マガジン抜き、スライド最後まで引いた状態でテイクダウンレバーを90度回す。
すると、前方にスライドAssy抜き取れる。


バックストラップの交換は、マガジン抜いてフレームツールを左に90度回す。
VFCのM&Pと違い、下にしか溝無いので左90度一択(VFCは右90度でも抜ける)
最初から付いてるのはMサイズ。他にSとLが付いて来るのはVFCと同じ。


マガジンスプリング下のパーツを押し上げてロック解除すると、ボトムのフィンガーチャンネルが取り外せる。
VFCと違ってあんまり固くない。


リコイルスプリングはピッチが粗く、かなり強力。
インナーバレル&チャンバーは、するりと抜ける。


チャンバー左右留めてるネジにはネジロック剤がべったり塗られてるので、緩めるのに一苦労w。


チャンバーパッキンは同社MASADAと同じ。ただ、ホップ用出っ張りにちょっと欠けが見られる。不良品?
インナーの切削部分は仕上げが粗いので、やすりやペーパーで均しておく。


ハンマーメカの取り出し。
ネジの他にピンで固定されてる。VFCのは構造上、ピンが無かったが、こっちはちゃんとピンで固定されてる。
抜く向きに注意。反対側には抜けないので(無理すれば可w)


ハンマーメカは、グリップセフティが無いXDMと言った感じで構造全く同じ。


で、強過ぎるハンマースプリングのテンション下げるべく、スプリング当たる部分を削る(XDMも同様の措置行ってる
まあ、これでもスプリング強過ぎる気がするので、その内マルイからG18C純正ハンマースプリング購入しないとw。


HOPレバーの、チャンバーパッキンと当たる部分の真ん中をちょっと削ってみた。どんだけ効果あるか不明だけどw。


PX4サブコンパクトにしたのと同じ加工をこちらにも。
せっかくのゴールドが台無しだがw、組めば隠れる部分なので。
まあ、ココ削ったからといってロッキングが深くなるかというと、変わらない気もしますがw。


次回、実射及び作動改良編。
  


Posted by Timm_MK2  at 18:37Comments(4)WE M&Pコンパクト

2013年11月03日

WE M&PコンパクトGBB SVxBK ツートーンカラー その1

これもヤフオク落札品。実は、WE MASADAの前に落札してたんだけど、土日挟んだのと出品者(個人)からの発送がちょっと遅くなってMASADAよりも後に到着。なので、こういう順番にw。
先週の金曜日、ふと思い立って、「WE M&P」で検索してたまたま発見。発見時は、8Kスタートで9.5K、しかも残り3時間。12K即決だったので即決しちゃいましたw。
内容物はコレだけ。取説も無し。


箱にも何にも書かれてない。横にパワーチェックシート貼られてるだけ。


パワーチェックシートの製品名は、WE M&P SV TAN。スライドシルバーにフレームTANカラーというのが元らしい。
しかし、銃身長の割に初速高くないか?TOPガスでも使ったんだろうか・・・?まあ、0.98J未満だから、法的には問題無さそうだけどw。


スライドシルバー、アウターバレルゴールド、フレーム黒という組み合わせは、実は存在しない。eHobbyAsiaのPistol&GBB→WEのコーナー見ても、フレームTANならあるが黒の組み合わせは無し。
箱にも書かれてた通り、元はフレームTANだったのを、出品者がフレーム交換してツートーンカラーで出したっぽい(聞いてないので詳細不明w)。ちなみに、同じ出品者から出品されてたフルサイズのM&P刻印版は、シルバースライド、ゴールドアウターバレル、TANカラーフレームでした。


ゴールドのチャンバーがふつくしい・・・。
TANフレームの新品を海外で買うと、148ドル。ヤフオクに出品されてた同じモデルは18.8K即決。まあ、海外から買った場合、送料がハンドガンでも3K以上するので、ヤフオクのは適正価格とも言える。
シルバーのスライドにゴールドのアウターバレル、そしてフル刻印にかなり惹かれたが、フレームがTANなので上下のコントラストに乏しく、イマイチ購入に踏み切れなかった。もし入手したら、別にBK買ってツートーンにしようと思ってたら、たまたまヤフオクで理想的なのを見つけたので渡りに船とばかりw。予算厳しいのにw(実はこの時すでにWE MASADAに入札してて、高値更新されたらMASADAは来年にしようと思ってた)
ちなみに、海外のショップでは刻印版はHK3Pというブランド名になってる。WEブランドのは無刻印。まあ、この辺は大人の事情ってのがあるんでしょうw。
そのWE M&P最新版は、フルオート機能付き。スライドストップの後ろにレバーが追加されてるのが特徴。WE M&PのメカはXDMを踏襲してるので、フルオート機能は無いはず。しかもフレームにあるレバーで切り替えるという事で非常に興味が湧く。まあ、その内に入手したいと思ってますがw(VFCのM&PはG18Cのメカなので、スライドブリーチ後部に切り替えギミックが)


同社ACR MASADAと。
セレーションはメッキ被膜もあってかちょっと角が丸い。刻印は、シャープでしっかり深く彫られてる。レーザーではこの深さは出来ないし彫られた部分は結構荒いので、CNCフライス盤使った刻印か?グリップ下のS&Wエンブレムは金型によるもの。


右側の刻印も左側同様、シャープでくっきりしてる。光の加減で見えにくいが、注意書きもレーザーで刻印されてる。
MASADAと一緒の写真は、後で撮影したもので、エキストラクターの塗装落としてブルーイングしてある。バックストラップのサイズもSに替えてある。


アウターバレルは全体がゴールド。市販のカスタムパーツは真鍮削り出しだが、こちらはメッキ。18金や22金とかじゃなく、真鍮メッキっぽい。インナー先端の仕上げはちょっと荒く、しかも微妙にセンターからずれてるw。MASADAは仕上げ良かったのに・・・orz。


チャンバーも角が丸い。VFCと違って、チャンバーとスライド噛み合ってる。但し、かなり浅くw。
フロントサイトはちゃんと固定されておらず、穴は開いてるけどピンが打ちこまれてない。で、左右に動くw。動くだけで外れないのは幸いかもw。ドットには、蓄光塗料が盛り付けられてる。


リアサイトのドットにも蓄光塗料が。光当てて暗闇で視認して見たが、ちょっと明るさ足りない感じが。
まあ、VFCのダミーと違ってちゃんと発光するので、良しとしますかw。


マガジン含めた重さ:590g。


ガス無しのマガジンの重さ:180g。
空撃ち用フォロアーストッパーは付属しないので、マルイから拝借するかスライドストップ押さえながらじゃないと空撃ち出来ない。また、BB弾もリップからじゃないと入れられない。


次回、分解編。
  


Posted by Timm_MK2  at 07:17Comments(4)WE M&Pコンパクト