2015年03月14日

WE Cheetah M84FS GBB トリガーバー調整

マルイのサムライエッジ「バリー・バートンモデルVer.2」が出荷されるまでネタが無い・・・。予定では今月下旬あたりらしいが。
という訳で、小ネタ。WE M84の気になった部分を調整。




トリガーバーのD/A用の部分削ってハンマーダウン状態でも掛かるようにしたのは良いが、D/A時のハンマーストロークが少ない所為で、初弾の初速とブローバックが若干弱い。また、ハーフコックからじゃないとバルブ叩けないが、その状態でのトリガーの遊びの量が多いのも気になる。



こんな感じで、ハンマーのトリガーバー引っ掛かる位置が違う為、トリガーの遊びが多くなってる。
直すには、トリガーバーを新品に交換する以外に無いのが通常だが



ドリルで穴開けて、真鍮釘(1.6mm)を打込み&接着して整形してみました。



ハンマーダウン状態では上がらなくなったが、ハーフコックではしっかり上がり、その状態でのトリガーの遊びもかなり少なくなりました。
S/Aからセフティ掛けてデコッキングするとハーフコックの位置で止まるし、これで良いんじゃないかと(つまり、元の状態)
ただ、その真鍮釘打ち込んで幅を増やすと、ある不具合が発生する。
S/A時にトリガーバーが上昇しない。



このように、ハンマー後端とシアの隙間、ココを通るサイズにする必要ある。



スライドが後退すると当然トリガーバーが押し下げられるので、再び上昇してシアに掛かるには、トリガーバーがきちんと上昇する必要ある。最初、適当に削ってD/AがOKだったので組んだら、スライド引いて戻した時にトリガー引いても無反応。トリガーバーが上昇してなかった。
あまり削り過ぎるとせっかく増やした分が無くなってしまうので、ちょっとずつ慎重に削ってギリギリ上昇するように。



調整完了後、D/A時のハンマーストロークはここまで増えました。
おかげで、初弾D/A時でのブローバックがS/A時と変わらないレベルに。
かなりドカッ!と来ます。



大分良い感じに仕上がってきました。



スライドの刻印は暫く先になりそうなので、まずはスペアマガジンの入手が先かな?



ついでに(?)、KSC Vz61のマガジンのガス注入バルブを弄ってみました。
この20連マグ、以前コメント欄で教えて貰ってロングマガジンとバルブ交換。ロングマガジンは入り易くなったが、代わりにこのマガジンは入り難くなった(最初から生ガス噴き出す)
そこで、オラガバニストさんの2014年07月31日の記事の通り、バルブを削ってみた。
・・・なぜか下側の金色のパーツを削ってしまったけど(インナーバルブのストロークが増える方向で)
結果、噴き出しが無くなり、普通に入るように。
ああ、勘違いで反対側削っちゃったけど、結果的には良かったみたいでw。

コメント欄で書かれてたように、交換するだけで噴き出しが直る場合もあるので、これはあくまで直らなかった場合のみ行うという事で。また、削る部分をどちらにするかってもあるので、私のはあくまで一例として捉えて下さい。必ず噴き出しが直るという事ではありませんので。
  


Posted by Timm_MK2  at 18:29Comments(6)WE M84

2015年03月08日

WE Cheetah M84FS GBB(Silver) その3

WEの最近のシルバーメッキの質感は素晴らしく、リアルな金属感がある。
マルシンのステンレスメッキをちょっと黒っぽくしたような感じ。
セレーションのエッジも立ってるし、エキストラクターは別パーツ(磨いて黒染め)
リアサイトも金属製で別パーツだが、こちらは塗装。



アウターバレルはスライドとは違う質感で、円周に沿ってヘアラインも入ってる。
まるで削り出した鉄のような(おそらく亜鉛ダイキャスト。スライドはアルミダイキャストだから質感違うのかも)
ちなみに、ブラックモデルだといずれも黒塗装。



フロントサイトは金属製で黒染めの別パーツで、前方から挿し込まれてる。
マズルのネジはWEって感じ。
スライドのマズル付近、ちょっとバリ残っててアウターバレル下に傷付いてたので、ペーパーで入念に磨いて滑らかに(その後グリス塗り)



WEマーキングのグリップ。ちょっと萎える。



マガジン。
WAと比べて前後・左右共に大きく、上下はほぼ同じ。
装弾数は16発。17発入るが、それだとスライド閉鎖状態でマガジンキャッチ掛からない。
リップは樹脂で、フォロアー下げてリップから1発ずつ込める。フォロアースリットは広がってる部分が無く、途中から込める事は出来ない。
あ、注入バルブは国内ガス対応に交換済みでガス入り易いが、吹き戻しが無いのでオーバーチャージされる事も。
当然、生ガス吹きながらブローバックする。
放出バルブは上方向を拡張済み。



WAのベレッタマークのグリップも無加工で装着出来る。
ただ、WEほど錘貼り付け出来なかったので、ちょっと軽くなる。
この重さは、ガスを生ガス吹かない程度まで入れた状態。



やはり、ベレッタマークだと見た目が全然違う。各部の形状もシャープで、少し前のWEとは大違い、
スライドに刻印あったら、もっと素晴らしい物になりそう。



WEグリップよりは軽くなるが、バランス的にこっちの方が良い感じ。
なにより、このマークがあるってだけでテンション上がる。


スライドの質感に近づけるべく塗装した結果。
反射率は、まあこの程度。



分解は、普通に行える。
何度も(何百回も)擦り合わせして、作動も滑らかになってる。



ブリーチがスライドレールの一部を賄ってるのは、マルイではよくある方式。



可変ホップダイヤル。



バルブノッカー。リターンスプリングが組まれてる。
ハンマーのファイアリングピン打撃痕がリアル。



トリガーバーのすぐ内側にバルブノッカーロックがあり、スライドの同じ部分で下げられる仕組み。



セフティ上げてONにするとデコッキング。仕組みはWAとほぼ同じ。



付属の六角レンチはコイツ用か?右セフティはイモネジで留められてる(WAはロールピン)
ハンマーのセレーションはWAよりも細かい。



ほぼ同じサイズのPX4サブコンパクトと。
全高は同じだが全長はPX4の方が短い。でも、PX4の方が大きく感じる。M84はかなりスリム。



同じ樹脂フレーム同士で。
まあ、ソードカトラスの方はそんなに苦労してないけど。



縦構図で。

WEのM84FS、もしマルイで出したらこうなりますよってくらい、マルイテイストに溢れてる。
いや、実際マルイで出して貰いたいですけどね。




気温は22℃くらいで、空撃ちはその気温のまま行ってる。マガジン特に温めてない。
それでもご覧の通りの作動性。
BB弾発射してる所では、マガジンちょっと温めてる。でも、国産GBBと同じ程度で、海外製を動かす時ほど強く温めてない。
リコイルスプリング、ハンマースプリング(WA)共に少々カットしてある。特にリコイルスプリングのカットは効果的で、純正のままだとこれほどの作動性は発揮されない(マガジン強めに温めれば別)
リコイルスプリング、後ろ側をカットしたが、スプリング圧縮時の捻じれに抵抗ありそうだったので


樹脂ワッシャーを追加。いや、金属ワッシャーは削らないと丁度良いサイズに出来なかったもので。



ハンマーストラットをWAのに替えたからか、バルブノッカーに当たる直前でハンマースプリングから解放されて、ハンマーは慣性でバルブノッカー叩く。
画像の上がハーフコックで、下が完全にハンマーダウンした状態。
それぞれ線で示した部分がストラットのハンマースプリングが当たる位置。
ハンマーダウンするとスプリングから解放されて慣性力のみでバルブを叩く。
WAの場合はハンマーが前に倒れる量がもっと多く、こちらWEはノッカーに当たるのであんまり倒れない。
リアシャーシはWAに近い形状してるが、WE純正ではもっと下でハンマースプリング受けてるので、これは正規の状態じゃないと言える。最後までスプリングテンション掛かってるのが、WE方式。
WAのフレームにはハウジングの関係でWEのリコイルスプリングが組めないので、WA方式になったが、S/Aなら十分な慣性力があるがD/Aでは不十分。ちょっとしかブローバックしなかったりする。

そこで


シャーシの、スプリング受ける部分を削って、ストラットに最後までスプリングのテンションが掛かるようにした。
その結果、室温20℃に長時間放置(つまり室温とマガジン温度同じ)でも、強烈なブローバック。マルイのG18Cと変わらない作動性に。海外製GBB(WE含む)は、この温度だと調整してもそんなにブローバック強く無いので(未調整だとホールドオープンすらしない)、国産並みになったと言える。勿論、D/Aでも問題無し。バルブノッカーロックの関係で、必ずハーフコックからD/Aしないといけないし、ハンマーを完全にダウンするとバルブノッカーがロックされるので、一度スライド引いて、セフティ掛けるかハーフコックまでゆっくり戻してからじゃないとD/Aで撃てないが。

ちなみに動画は、この加工行う前に撮影。動画でもD/Aスタートで空撃ちしてるが、右手に持ち替えてるのが分かるだろうか?実は左手でD/Aで撃つと、ちょっとしかブローバックしない。右手だと上手くタイミング合うみたいで、しっかりブローバックする。BB弾発射時は左手で撮影したので、S/Aでスタートしてる。



WEはバルブノッカーがあるので、ハンマーはWAほど深く落ちない。まあ、WAもリバウンド機構(ハーフコックから先はハンマースプリング掛かって無いので、勝手に戻る)があるので、普段はハーフコック位置だけど。



セフティレバー外す際の注意事項として、ハンマーはコッキング状態で行う事。こうしないとセフティの軸が引っ掛かって抜けて来ない。これはWAのも同じ。
セフティレバー抜き取る際に、プランジャーがスプリングの力で飛び出すので注意。


実射
最大値を探るべく、マガジンを直射日光下に暫く放置。
・・・熱くなりすぎた。
更に日陰に放置(気温22℃)し、ほぼ人肌の温度になったあたりで測定開始。
G&G 0.2gバイオBB弾使っての初速は

69~66m/s(14発計測)

ホップは弄って無く、0.2gバイオでちょっと弱めだが、20mほどフラットに飛んで緩やかに落ちる感じ。弾道は安定してて、マルイと比べても遜色ないレベル。ちなみにホップパッキンもそのまま。



ガス入れて203gからスタート。もっと入るが、生ガス吹きまくりだったので、吹かなくなるまで空撃ちした結果の重さ。
で、1マグ16発撃った後は、202g。ただ、この秤が1g単位でしか表示されないのと、たまに201gと表示されたりしたので、実質201.5gで、1.5gの消費か。マルイのグロックとかと変わらない燃費。

このWE M84FS、ノーマルでTOPガス使うとかなり強烈らしく、スライド破損するって話も。まあ、スライド・フレーム共に金属だから起こりうる事態で、私のように樹脂フレームにするとクッションの役割果たすので、スライドの割れは心配無さそう(あと、TOPガスも使う気ないし)

このWE M84FS、外観良し、作動良好で弾道も素直とくれば、気に入らない訳がない。
その内外でも撃ってみたいと思う(その時に動画撮影も)
  


Posted by Timm_MK2  at 18:17Comments(0)WE M84

2015年03月07日

WE Cheetah M84FS GBB(Silver) その2

WAのHW樹脂フレームをひたすら削り込む。



こちら、削り込み終えてパーツを仮組みした状態。削り始めてからここまで丸2日費やしてる。
WAとWEは外形こそ瓜二つだが、内部やレールのサイズが大幅に違う。
マガジンの前後左右幅が違いWEの方が太いのでマガジン全く入らない、フレームのレールはスライドのレールに入らない、WEのリアシャーシも入らない等・・・。
フロントレールはフレームと一体成型なので、削る以外の選択肢は無い。



「WA」「ASGK」の凹文字はプラリペアで埋めて均した。
表面の黒塗装落とすのとHW樹脂の素材出すのにペーパー掛けしたが、トリガーガード右根元にある細かい刻印を消さないように慎重に行った。
表面磨いた後はドライバーの軸で均して滑らかにし、ブルーイング。その後塗装。HWにペーパー掛けたままだとかなり分厚く塗らないと表面ザラザラなままなので。



スライドレール比較。
WAと比べて右のWEはレールの左右幅は同じでも上下幅が極端に薄い。おそらくブリーチ厚くしてピストン径を大きくする為かと(マルイのガバと同じ手法)
あと、WEではKSCのようなダミーファイアリングピンが再現されてる。



上がWA。下のWEはブリーチ左右のレールまでブリーチと一体成型。
WEはシリンダーが大きいのが分かるかと。その分ノズルのマガジンガスケットを受ける部分も下がってるので



レールの真ん中が凹んでる。



WEのリアシャーシ移植した際、後ろの形状が違う為フレームのレールと隙間空く。なので、プラ板で埋めてある。
フロントレール、そのままだとスライドは勿論バレルも組めないので、かなり削り込んだ。



バレルを組むとご覧の通り、スライドとフレームに段差が出来る。外観そっくりでも寸法は微妙に違うらしい。



アウターバレルは金属製。更に重さ増やすべく、インナーにギリギリまで鉛板貼り付けた。



WEのハウジングは、同社M92シリーズ同様フレーム一体成型なので、WAのハウジングに合わせるべく、ハンマーストラットも交換。ハンマーの互換性は当然無い。バルブノッカーの構造が丸っきり違うから。



フレーム外装パーツも全てWEのを移植したが、トリガーだけは一部の形状や厚みの違いもあり、WAのをそのまま使用。但し、表面磨いてブルーイング(PLも未処理なので)



WEのフレーム、ハンマースプリング受ける部分も合わせて126gと軽い。材質はおそらくアルミダイキャスト。ハウジングは一体成型。



WAのHWフレーム、ハウジングとハンマースプリング受ける部分を合わせて138gと、WEよりも重い(ハウジングは亜鉛ダイキャスト)



WEの純正グリップは裏打ち全く無しのペラッペラ。鉛板をこれでもかと貼り付けたらかなりの重さに。



WAのグリップもウェイト無し。隙間少ないのであまり錘を追加出来ず。



こちら、塗装完了した後の写真。フレームにプラ板貼り付けて段差少なくしてから塗装。



元のWAに付いてたマガジンセフティは、今回オミット。実際、ガスガンだとマガジンセフティは邪魔。
フレームがWAでトリガーバーがWEとはいえ形状そっくりなので、マガジンセフティ付けようと思えば可能。WEマガジンにもそれっぽい突起があるし。



ハンマーが完全にダウンされた状態でD/Aが効かないのがWEの欠点。なので、ハンマーに掛かるようにトリガーバー削ってみたが・・・。WAはハンマーのリバウンド機能で勝手にハーフコックの位置に戻り、WEも実はハーフコックの位置からだとD/Aが効く。なので、これは余計な事しでかしちゃったんだけど・・・。



ハンマーが完全にダウンした状態でもトリガーバーがハンマーに掛かるようになったが、なんか外側に逃げる。



そこで、右セフティレバー内側(トリガーバー押さえ)に0.5mmプラ板貼り付け。



スライド無しだと引けたが、スライド組むと全くD/A引っ掛からない。で、スライドの矢印の部分が出っ張ってトリガーバーに当たってたので



削る。それでもトリガーバー下がってたので



トリガーバーも削る。
ただ、一つ上の写真の矢印の部分、滑らかに削ったおかげでスライド閉鎖時にノッカーロックが押されず、ハンマーダウンした後は一度スライド引かないとバルブ叩けなくなった。KSCのリアルライブと同じ。



トリガーの戻りが悪いので、より強いスプリングのWEのを移植。トリガーが中で斜めになるのを防ぐ為にフレーム内側にプラ板追加も。
結論からいうと、ハンマー側も削ってしまったので、D/Aはイマイチになってしまった。トリガーバーとハンマーの下部(D/A用の出っ張り)は、削らない方が無難なようだ。



マガジンキャッチ、フレーム内部のスプリングを受ける部分の形状が違うので、そのままだとWE用は組めない。少しルーターで削って拡張してある(でもちょっと組みにくい)



グリップに限界まで錘を追加したので、かなりのずっしり感。



WAのM84Fは現在バラしたまま。WEのフレームに組むには、WAのリアシャーシを大幅に削る必要ある。レールの高さが違うが、まあ組める。
このWA M84Fはかなり古い機種で(本館記事)、購入した後に新型がリニューアル販売された。コイツはブローバックも最新のに比べて弱いしホップは無いに等しい。なので、撃たずに飾っておくだけだったので、今回思い切って大手術(当時、地元の模型店で定価で買ったんだけど・・・)




次回は、各部のクローズアップ及び実射。
  


Posted by Timm_MK2  at 19:10Comments(4)WE M84

2015年03月06日

WE Cheetah M84FS GBB(Silver) その1

海外通販で購入。実はパッケージや取説にはM84FSという文字は一切使われてなく、「CHEETAH(小92)」書かれてる。商品の型式番号は「WE-GBB-M84-SV」で、ショップでの商品名が「WE M84FS GBB」あるいは「WE M84 GBB」と表記されてる。

形状からWAのコピーと思われるが、ブローバックエンジンはおそらくマルイのコピー。
例によって取り寄せた後にハーフメタル化てみました。



中身。いつも通り、すでにハーフメタル化終えた後。
銃本体とマガジン、六角レンチと取説。六角レンチは右セフティを外す為のモノかと。



取説を大きめの画像で。
英語。中国語、他の国の言語等あるが、例によって日本語は無し。
パーツリストは中国語オンリー。



元のフレームと。
このWEのメッキ、ブラッククローム調でかなり見た目が良い。その色調に近づけるべく、樹脂フレームを塗装しました。いつものシルバーよりも更に黒っぽく。



左のフレーム刻印はほとんど同じ?かと思いきや、下のWEフレームはMOD.8 Fとなってる。「4」が抜けてる。

ここまでの説明で気付いたかと思いますが、現在組まれてるフレームはWAのHW樹脂製。
コピー元なので外寸法こそかなり近いが、組み込みにはかなり苦労した。マルイのM92Fのように簡単にはいかない。
その苦労話とWA M84Fとの比較は次回。


WEのブローニング・ハイパワーのように、BB弾発射機能無くして金色のモデルガンにした方が遥かに楽なんだけど、こいつはマルイのホップシステムだし、やはり遠くの的に向かって撃ってみたいってのも。まあ、そのおかげで無駄に苦労しましたがw。
  


Posted by Timm_MK2  at 19:29Comments(4)WE M84