2017年08月30日

GHK RPK GBB スチールハンマー組み込み

前回のAKM同様、ハンマーをスチール製に交換する。ハンマーはAKMに使用したのと同じ物。
まずは、レシーバー内のハンマー左側にあるEリング外す。
以前、ファイアリングピン交換した時にも外してるしAKMでも終えた後なので、手慣れてきた。



スチールハンマー組み込み後、ファイアリングピンスプリングをトリガー前方にあるシアに組み付ける。
場所柄、指が入り難いので、精密ドライバーの中でも特に細いマイナスドライバーでネジ穴まで引っ張り出し、片手でスプリング押さえながらもう片方の手でネジ回していく。



スチールハンマーは、今回入念に研磨。AKMの時は時間無かったもので・・・。
ボルト底面と接する部分は特別入念に磨き上げ、ブルー液で染め上げて表面にオイル塗りつける。



内部パーツ図。
ここまでパーツ交換したのは、12-5、12-1-3、12-6の3点。
12-6は以前ProWinのアルミ削り出しのに交換。12-5は今回スチール製のに交換。12-1-3は以前ヘパイストスのスチール削り出しのに交換。
12-1-2が実質シアな訳だが、ハンマーの頭の広い部分、下側押さえるので、あまり強い負荷は掛かって無い。トリガーも軽いし。
それでも、出来ればスチールパーツに換えたい所。12-1-1のトリガー、RPKは最初からスチールパーツが組まれてる(キャスティング)。トリガーだけじゃなく、トリガーに付随するパーツ(12-1-2、12-1-3)もスチール製のを純正で組んでて欲しかったですね。
まあ、ファイアリングピンだけは、亜鉛のままだと折れやすいようなので、スチール製のに交換する事をお勧めします(以前も言ってたような・・・?)



チャンバーパッキン、AKMと同じ。魔ホップパッキンは使えそうにないか・・・。




安心して撃てるようになったRPK。AKMとRPKが主に撃ちまくってる銃なので。
HTS-14とAK74は、あまり撃たずに観賞用途が多いので今回はパス。まあ、その内スチールパーツに換えたいとは思ってますが。



フルオートサイクル測定。
このRPKはボルト前方のピストンロッドがスチール製(AKMはアルミ)でボルト全体重量が重く、リコイルスプリングもそれに比例して強めになってる。AKMより引きが重め。
それでも、意外と発射サイクルは早かった。733.5発/分。



ちなみにAKMは701.2発/分。AKMの方がボルトもリコイルスプリングも軽いのに・・・。
それでも実銃の600発/分よりはかなり早め。まあ、実銃はレートリデューサーで発射サイクル下げてるみたいだし。
  


Posted by Timm_MK2  at 18:10GHK RPK GBB

2015年12月03日

GHK RPK GBB パーツ交換 続き

ミリタリーショップ プラウダで購入した物が本日到着。
WE等の海外製ガスブロ用マガジンの134a対応ガスチャージバルブと、RPK用アジャストリアサイト。
134a対応チャージバルブはヤフクでもたまに買ったりしてるが、今回はリアサイト購入のついでにと。
海外製ガスブロはこの先も増えるし、まだまだ交換してないのが多いので。



DYNAMIC STAR  RPKアジャストリアサイト。
RPK用リアサイト、実銃用はいつヤフオクに流れるか不明だしどこまで上がるかも不明(今までチェックした事無かった)
なので、トイガン用でも良いかなっと。たまたま国内ショップに在庫あったし。



同梱されてた広告。
こういう店に行くと時間忘れていつまでも眺めていそう・・・。
以前、京都は通過しただけだったので、今度近くまで行く機会あったら立ち寄ってみたい。



早速取り付けようとしたが、途中までしか入らない。
スプリング外して無理やり押し込んでやっと。
純正パーツの取り付けも結構きつい。



最近購入したデジタルノギスで測定(Yahoo!ショッピングで849円)
こちら純正品の軸の幅。



アジャストリアサイトの軸の幅。
0.1mm近く差がある。樹脂なら弾力で無理やり入るが硬い金属同士で隙間無いと、0.05mmの差であっても入らない場合も。
純正近い値まで削る。



なんとか組み付け成功。裏にも数字が刻印されてる。
これ、磁石くっ付く硬い材質だから良いが、亜鉛ダイキャストで無理に嵌めようとするとポッキリ逝く可能性大。



RPKらしくなりました。



全て磁石くっ付く材質。
安っぽさは無くクリック感も良い。



外で撃ちまくる日が楽しみです。



時間軸は前後するが・・・。数日前に行ったバットプレートの上下交換。
ミリブロでGHK RPKのレビューされてる方の記事見て、バットプレートのクリーニングツール入れる位置が間違ってる事に気が付きました。
実銃写真ではあまりこの位置を撮ったのが無いけど、LCTの電動の写真見たらこの位置に。LCTのは、バッテリー入れる関係で下にしてるらしい。
GHKでは、LCTから提供されたのをそのまま使ってるようで。なので、リアサイトも電動のまま(同じ電動でも、RPK74はアジャストリアサイトが付いてる)

もしかすると、近い内にRPK74 GBBも出すのでは・・・?



バットプレート外してみた。
可動蓋からちょっと上の方に穴開いてる。



可動蓋を180度回頭させて取り付け。当然、上の方にも穴開いてて、可動蓋開けると丁度アクセス出来る。



ネジ2本外して、ぐるりと回して再び取り付けるだけなので、簡単。



AKMも下寄りに付いてるが



AKMはそのままで大丈夫のようだ。



可動蓋が逆に付かない構造になってるし。



お次はProWinのファイアリングピン。昨日の記事の続きみたいなもの。
バルブが押されるのはピンが出っ張ってる所為かと思い、更に引っ込むように内側削ってみた。
が、これは意味無し。組まれた状態を観察すると、ハンマーコッキング状態でこの部分はかなり浮いてる。



改めて純正品と比較。
左のProWin、ハンマーの内側に入る部分が純正よりもかなり長い(これでも少し削った)
この所為であまり引っ込まず、純正マガジンのバルブが押されてたようです。
この長過ぎる部分を削る必要ある。



しかし、削るにしても限度がある。ハンマーピンが通る部分がかなり後ろまで開いてるので。
ギリギリまで削り込んだ結果



なんとか純正マガジン挿せるように。
このProWinのファイアリングピンは、RPKに組み付け。ProWinマガジン使う機会が多いので。



RPKから外したヘパイストスのファイアリングピンは、AKMに組み付け。
が、組んだらハンマーダウン状態での動きが渋い。
再び取り出してチェックしたら、溶接跡が邪魔してた。
この部分をルーターで削り落として



ハンマーコッキング状態でネジロックが当たって動きを阻害してたので、ネジロック取り除いて更にハンマー側も角を削った。
ネジロック塗らなくても組めるようになったってのも。

AKMはシアも純正の亜鉛のままだが、滑らかに加工したからか、セミオート時ほとんど抵抗なくするりと噛み込む。
RPKはスチールシアにハンマーぶつかる時に若干抵抗ある。まあ、フルオートだとスチールシアは遊んでるので、別に良いか。



(クリック拡大)
RPKはほぼ理想形に、AKMもかなり良い感じになりました。
マウントレイルが無いので、アクセサリー付ける必要(買わなきゃいけないという強迫観念)無いし。この状態で満足出来るのがAK系の強みですね。まあ、最新のAKはアクセサリーてんこ盛りになってますが・・・。



少し前の話。RPK弄っててちょっと手が滑って、親指の爪で削れてしまったハンドガードorz。
樹脂なら爪で削れる事は無いけど、柔らかいリアルウッドだから仕方ない。
逆に、レシーバーやトップカバーは、鉄が当たって浅く傷付いてもブルー液さっと塗るだけで目立たなくなる。
こういう相反する要素があるのもAKの魅力の一つなのかも・・・?
ちなみに、AKMも立てかけてたのが倒れてハンドガードに傷が。今は常に箱に入れたままにしてます。
  


Posted by Timm_MK2  at 20:53GHK RPK GBB

2015年12月01日

GHK RPK GBB パーツ交換

RPKに木製グリップ付けたくてヤフオク見てたら、AK用・実物木製グリップ【ロシア】っての発見。入札したが、終了近くなって高値更新。さすがに6K以上は出せないので諦め。その時には、国内ショップでRA-TECHのGHK AK用木製グリップの在庫あるのを確認してたし、2個買える値段突っ込むのもイヤだったので。




本日、M.I.Uエアーソフトより到着。
グリップは2個欲しかったが、1個しか無かったorz。
このショップ、1万円以上のお買い上げで送料無料なので、ヘパイストス製の内部パーツと純正のOリング、そして安物ミニドットを購入。
ミニドットはHTS-14用にと。コイツは後ほど。

Hephaestus スチール CNC ファイアリングピン GHK AKシリーズ用
Hephaestus スチールシア GHK AKシリーズ用

この2つは以前にもAKM用にと買ってたが、RPK用に追加購入。
で、グリップ交換ついでにやってみようかと。



まずはハンマー外す。
内側からEリング外すとピンが抜ける。
ファイアリングピンのリターンスプリングは、予めトリガーから外しておく。



上がGHK純正のファイアリングピン。所謂バルブノッカーだが、海外ではファイアリングピンと呼称する場合が多い。国内では大抵バルブノッカーと呼んでる。
GHKのは亜鉛ダイキャストなので、折れやすさに定評がある。まあ、ウチのAKMはまだ折れて無いけど。
折れる前に交換してしまえ、という訳で、スチール削り出し(+分厚い塗装)のヘパイストスのファイアリングピンに交換。
リターンスプリングが引っ掛かる部分、純正は簡単に外れない形状だが、ヘパイストスのはするりと外れる。
組んでる最中に外れると面倒なので、ネジロック塗って乾くまで放置。



お次はトリガーに組まれてるシア。セミオート時、トリガー引いた状態でハンマーをキャッチする部分。ここもハンマーが勢いよくぶつかる部分なので、亜鉛ダイキャストだと心許ない。
ハンマー同様Eリング外してピン抜くが、位置的にEリングがちょっと外しにくい。長い柄のマイナスドライバーでこじってなんとか。
ピン抜くと左右のスプリング外れるが、前もって向きを記憶しておく必要ある。



上:純正シア。
下:ヘパイストスのシア。磁石くっ付く。ファイアリングピン同様、分厚い塗装が。



分厚い塗装の所為で、スプリングが入らない。4mmドリルで抉るとなんとか入る。



スプリングは片側ずつ、左(写真だと下)から順番に挿していく感じで組んでいく。
左のスプリングはシア(トリガー前方にある、トリガー離した時にハンマーをキャッチする部分)用、右のスプリングはトリガーリターン用。



ファイアリングピンのネジロックが乾いたので、組み込み開始。
先にトリガーにスプリング組んでおく。この方が楽に組めるので。



右のフルオートシア起こしながら、ハンマー組み込み。
ピン挿してEリングで固定して完了。



ボルト等を組む前に、作動確認とグリスアップ。



今回交換したパーツは3点。
近日中に、もう1点到着予定。
グリップは、取り付けスクリューのヘッドが入らなかったので、2015年02月17日のHTS-14の記事同様に、グラインダーで削って一回り小さくしてから組み付け。



内部パーツ組み込み時に、AKMのと比較して確認しながら組み付け。
その時に気が付いたのが、AKMのレシーバーにあるシリアルナンバーが、RPKにはないという事。
パッケージに何も書かれてないのと関係あるんだろうか・・・?



実銃パーツこそ無いものの(ヤフオクに実物RPKストックが出品されてたが、写真の見た目がGHK RPKのストックと全く変わらないのでパス。ちなみに落札価格はグリップの方が高かったw)、色々手を加えて好みに仕上がってきたRPK。次のパーツ到着で、ひとまず完成します。
  


Posted by Timm_MK2  at 21:28GHK RPK GBB

2015年11月28日

GHK RPK GBB その7

(クリック拡大)
PCの壁紙サイズよりは小さいですが・・・。
HTS-14とマガジン交換して。
RPKがスナイパーっぽく、HTS-14がPDWっぽく見えますね。
当然、どちらも快調作動(マガジン温めた状態で)



(クリック拡大)
それぞれの専用マガジン挿して。
HTS-14がかなりコンパクトに見えますが、レシーバーサイズは同じ。



(クリック拡大)
AK系の頂点、SVDドラグノフと。
といってもシステム概要が同じなだけで(内部機構的な点)、まるっきり別物だしパーツ互換性も無いんですが・・・。

RPKは重いボルトが快速ブローバックするのでかなりリコイル重いですが、やはりWEのドラグノフには及ばない。
まあ、暴力的なリコイルですし。
でも、RPKはフルで撃てるので、その点に置いてはドラグノフよりも撃ってて面白い。

初速は測ってませんが、0.2gBB弾で軽くホップ掛けて外に撃った感触だと、BB弾の速度はあまり速くない。
目測で70~80m/sといった感じ。マガジンは十分温めた状態で。弾道は、ホップ弱めにした事もあるけど、すーっと飛んでそのまま下降する感じ。変なドロップとかはなく、素直な弾道。
あ、一度チャンバーバラしてみたけど、チャンバーパッキンは内側も油まみれ。インナーバレルも結構汚れてた。それぞれ拭き取ってから組んだので、分解前ならまともにホップ効かなかった可能性も。
クッションラバーはWEのようなゴムの円柱状で、ちょっと硬め。1mmドリルで中抉って少し柔らかくしてある。
HTS-14の時にも記事にしたが、チャンバーパッキンはマルイ電動用と同じ。ただ、別メーカーのに替えるとノズルとの気密が悪くなり、初速が大幅に低下する。純正のまま使うのが良さそうだ。
マガジン温度が十分なら(30℃以上)、フルも快調。海外製が作動悪いってのはもう過去の話になりつつあるような気も・・・。


ミリブロの使用容量が500MB中400MBオーバー。来年1年で容量一杯になる可能性も。
新しいIDで新規作成すべきかな・・・?
  


Posted by Timm_MK2  at 20:44GHK RPK GBB

2015年11月27日

GHK RPK GBB その6

40連タイプの長いマガジン装着したRPK。
やっと本来のデザインに。



前回の記事で説明した通り、外装はCYMAの電動用45連型110rdsロングマガジン(45連というのはAK74に使われてる5.45x39mm弾の場合で、しかもそれは樹脂外装のマガジン。RPK-74等に使われてる。メタル外装のこの形状のマガジンは7.62x39mmの40連マガジンで、AKMやRPKに使われてる)
中身はProWinのAKM用マガジン。通常の30連タイプだが、BB弾は68発入る。
この中身を移植するに当たり、外装をかなり削り込んでる。ピン穴開け直したり



後ろを電動工具で切断。



ただ、切り取り過ぎたので、後からプラ板接着して塗装。



若干隙間開いてるが、ピン用の穴開けた後に気が付いたので、直せない。
まあ、マガジン挿しちゃえば見えなくなるので、別に良いかと。



前方の固定用フックパーツの取り付けも少し苦労した。
というのも、左のCYMAは右のProWinよりも貼り合わせ部分が多いので、その分右が厚くなってる。



純正マガジンとの比較。



本体の寸法はほぼ同じだが、部分的に形状が異なってる。
後ろのリブも、上のProWinは最も長く、真ん中のGHKはスポット溶接跡が多く、下のCYMAはProWinのようにあっさりしててGHK並にリブが短い。



ボトムパーツは当然CYMAのを使う。ProWinのはサイズが微妙に違ってて挿せなかった。
真ん中のストップパーツ、CYMAのは中身と一体成型なので移植出来ない。穴開いたままってのも格好悪いので、ProWinのを裏から両面テープで貼り付け。



中身は30連のサイズなので、かなりスペースある。
もっとも、ココにホッカイロ等入れると冬場でもマガジン温かいまま使えるというメリットも(パッキンが熱で劣化しないよう、アルミ部分に直接触れないように工夫する必要あるけど)



ガス入った状態だが、ProWinの中身はアルミなので軽い。



ProWinのガワのみの重さ。



CYMAのガワのみの重さ。
約11gの重量増加。



(クリック拡大)
40連タイプのロングマガジン挿してバイポッドで自立。



(クリック拡大)
中々安定してる。

・・・が、撮影後にバイポッドがちゃんと開いてない事に気が付いた。銃身に対して90度になってないのが分かるかと。



(クリック拡大)
ちゃんとバイポッド展開して自立させたら・・・。片足浮いてる。
でも、銃を水平まで持ち上げると、バイポッドは2脚とも接地し、マガジンも接地しない。
長いバイポッドがちゃんと役目を果たしてる。



(クリック拡大)
ノーマルマガジン挿したAKMと。



(クリック拡大)
AKMにも当然、40連タイプマガジン挿せる。
作動も問題無し。

元のProWinのマガジンと固定位置が変わらないので、作動性は変わらない。気分の問題で、満足度は高い。
ProWinマガジン自体価格が高めなので、この電動用マガジンも含めると10K前後の出費になるが、それだけの価値はあるかも?なんせ、ガス用40連タイプマガジンは、現時点でどこからも出て無いのだから。

・・・使い勝手を考えたら、ProWinマガジンそのまま使った方が良いけど。ガワ変えただけで装弾数変わらないので。



さて、残った電動用マガジンの中身だが


未使用のまま放置。



ガス用のガワ(ProWin)にそのまま入るが、長いので途中で止まる。



ボトムプレート外すと最後まで入る・・・かと思ったら、トップの幅が合わなかった。
まあ、ProWin側をちょっと広げるか、電動用の当たってる部分を削る(樹脂なのですぐ)と入る。後は、固定用フックの穴開けるだけ。
私は電動のAK持ってないので、この中身は不要。
欲しい人居たら、送料負担のみで差し上げますので(希望者は左のメールアドレスから。一応、先着1名様)
  


Posted by Timm_MK2  at 22:36GHK RPK GBB