2017年05月29日

リトルアーモリー LM001 陸自偵察オートバイ KLX250

リトルアーモリーシリーズ初のバイクモデル、しかも塗装済み完成品。
1/12スケールなので、figmaにも合ってる。
購入価格は送料含めて約6K。1/12のバイクプラモと比べて高めだが、完成品としては格安。



パッケージ裏。



中の台紙はジャンプ台のペーパークラフトが印刷されてる。
リアタイヤ固定用の台座も付属。



全景。
全面塗装こそされてないが、艶を抑えた渋い雰囲気。金型の加工技術によるものか。
マーキングはプラモの転写シールとは違い、タンポ印刷っぽい。



パーツの組み立てはかなり良い。ゲート跡が残ってたり接着剤がはみ出してたりとかは、見受けられない。
クリアーパーツ(ウィンカー等)も綺麗に組まれてる。

1/12バイクの完成品ではスカイネットのもあるが、出来がかなり違う。
こちらは、バイクプラモに極めて近い。



プラモとの違いは、所々の軸に金属軸使って強度を確保してる点。
サイドスタンドもネジ留めされてる。プラスネジのヘッドが丸見えなので、リアル感は落ちるが。



(クリック拡大)
スカイネットのZⅠと。
KLXは250としてはかなり大柄だが、これはオフロードバイク全般に言えるので。
出来は、全体的にコストダウン図ってるZⅠと比べて、KLXはかなり手間が掛かってる。



スピードメーターケーブル及びブレーキホースも再現。
ディスクローターも色分けされてる。



サイドのプレートは文字が認識できるレベル。



MADE IN CHINAの文字は、マフラー内側に。



エンジン周りも、1/12バイクプラモ並みの出来栄え。細かな塗装もされてる。
ただ、こういう細かい塗装は職人頼りなので、一部塗装はみ出しあったり。
工場の塗装担当者の熟練度が問われる部分。



スピードメーターは昔と違って今はデジタル。ただ、無表示の状態なので、ここは電源入れた状態を再現して欲しかった。



チェーンとリアスプロケットは一体だが、チェーン部分は別塗装されてる。
スイングアームは可動式で



押すとここまで沈む。軸も金属使用。リアショックのスプリングが圧縮されてるのが分かる。
一般的な1/12バイクプラモでも、スイングアーム可動するのは少ない。
ただ、リンク機構はディテールのみで、可動はしない(スイングアーム一体)



未世搭乗。大柄な車体に対して未世は小柄なので、地面に足が全く付かない。



また、このキャラはスカート形状や装備の関係もあり、バイク搭乗には不向き。
なんとかそれっぽく乗せてるが、腰が浮いた状態だし。



この間買った、リトルアーモリーの64式狙撃銃。自衛隊の武器はこれしか無かったので、急遽組み立て。



バイクで移動する、アクティブスナイパー。



(クリック拡大)
64式狙撃銃は無塗装。パーツ組んだだけ。
未世に対して、かなり大柄な銃。ディテールはかなり良く、銃身とハンドガードは別パーツという凝りよう。
普通は銃身とハンドガードは一体成型なので。
バイポッドは畳んだ状態と展開した状態の2種類。こちら畳んだ状態。
バットプレートも、閉じた状態と展開した状態の2種類あって、こちらは閉じた状態。
リアストックはチークパッド無し、機関部もスコープ無しのがあるので、通常の64式小銃に組み替える事も出来る。
まあ、機関部は簡単に分離できない(スナップフィット式)なので、選択式になるけど。




後半は64式狙撃銃の説明になっちゃったけど・・・。



KLX250はかなり出来が良く、観賞にも十分耐える。普通のバイクプラモと比べても遜色ない。
自分でプラモを1から組む手間考えたら、かなり格安と言える。
金属軸使う事で、figmaや1/12ドールと絡めても破損しにくい。
ただ、リトルアーモリーという性質上、ミリタリー以外のは出にくいでしょうね。
陸自仕様じゃない、市販タイプのKLX250も来月発売予定だが、これは陸自仕様のと金型同じと言うメリットがある訳だし。
バイク以外にも、車両とか出して欲しいですね。1/12の装甲車とか、かなりの金額になりそうですが・・・。
  


Posted by Timm_MK2  at 07:06Comments(0)figure

2017年05月25日

1/6 ウィンチェスターM1887

1/6スケールのウィンチェスターM1887ショットガン。
昨年(2016年)7月に国内ショップのトイザキュートで予約開始し、4種類の内の2種類を予約。直後に入金。
夏から秋にかけて発売予定だったのがずるずると延びまくり、今年(2017年)5月下旬にやっと出荷開始。
約1年待たされました・・・。



ラベルアップ。
001と004を入手。



001はシルバーのロングタイプ。



004はブラッククローム調のショートタイプ。



1/6のショットシェルはどちらも1発のみ付属。



001の全景。
左側面にレーザー刻印。
シルバーメッキの金属ボディとリアルウッドのストック及びハンドガード。
一般的な1/6アクションフィギュア用の銃器(ほとんど樹脂)と違って素材がリアルな為、質感が桁違い。



右面は刻印無し。



レバーアクション。
メカのディテールも中々良い。




内部のショットシェルは機関部にくっ付いてる。
装填・排莢機能は無し。



バットプレートは、ちゃんとマイクロビスでネジ留めされてる。
プラスネジなのが残念。



重さは約22g。



004はショートタイプのM1887。
ちなみに、002はシルバーのショートタイプで、003はコイツと同じ色合いのロングタイプ。



こっち面、表面荒れてた。元のダイキャストボディがボコボコなのかも。



レバーアクションは001同様。
まあ、表面処理違うだけで中身同じだし。



こっちのショットシェルは少し変形見られた。
まあ、こういう所は中国製だな~っと。



ショートタイプの重さは約18g。



グリップ部分のレーザー刻印。
撮り忘れて、後で追加撮影したのでちょっと暗め。



1/6アクションフィギュアに持たせて。
銃器がリアルだと、画像がぐっと映えますね。



構えて。



(クリック拡大)
大きめ画像で。




レバーアクション。



ショートタイプ持たせて。



片手撃ち。



以上、1/6ウィンチェスターM1887でした。
メタルボディとリアルウッドの質感は高く、アクションフィギュア用アクセサリーの枠を超えてて、ミニチュアガンと言っても過言じゃないレベル。しかも、意外と安かったりする(海外ショップだと$25くらい)。細かく刻印が入ってるのもポイント高い。
オールドガンの金属と木の組み合わせはすごく好みなので、こういうのをもっと製品化して貰いたいですね。ちょっと前までリアルウッド使ったKar98kとかもあったらしいが、現在在庫切れで入荷予定無し。こういうのは一度生産されたらそれっきりなので、発売されたら確実に入手したい所です。
  


Posted by Timm_MK2  at 22:11Comments(2)1/6

2017年05月21日

Hephaestus HTS-14 GBB 再販

画像は海外ショップより拝借。

HephaestusのHTS-14 GBB が再販されるようです。現在予約受付中。
2017バージョンで、以前と違って専用ショートマガジンが付属。

その海外ショップの商品ページはコチラ


海外ショップでの販売価格は前回と同じ(と言っても、コチラ私が購入したショップとは違うけど)
前回買い逃した人は、この機会に入手してみてはいかがでしょう?
おそらく、近日中に国内ショップでも扱い始めるはず。
  
タグ :HTS-14予約


Posted by Timm_MK2  at 04:51Comments(0)海外製GBB

2017年05月19日

山火事防止巡回とジャックナイフ

今の時期は、地元の消防団で山火事防止巡回を行ってる。地元で管理してる山の林道をぐるっと巡回する。
で、私の出番で、今年は自転車使用。いつもは車使うのだが、以前MOVEで走ってた時に車体破損した事と、部分的に轍が深い所もあってTantoだと厳しいので。去年は自転車間に合わなかったので、歩いて巡回した(2時間以上かかってる)。

自転車で巡回し始め、急な長い下り坂に差し掛かり、ブレーキ掛けながら走ってた。言うまでもないが、自転車にはエンジンブレーキが無いので、減速は前後ブレーキのみ。
バイクと違い、自転車のブレーキはリアがメインでフロントは強く掛けてはいけないのだが・・・。



(画像はイメージです)
フロントがロックしたと思ったら急に地面が回転し、一瞬の後に地面に背中から落ちてた。
前転した直後、地面に落ちるまでの間は一瞬だったが、スローモーションのように感じられた。

フロントホイール中心に車体が前転するジャックナイフは、急な下り坂で自転車が陥りやすい事故の一つ。
フロントブレーキが効きすぎてホイールがロックし、そのまま前のめりに転ぶ、勢い強いと空中で回転する。
自転車乗ってて初めての経験。昔、通学用チャリでそういう経験は無かったし、バイクでジャックナイフ起きた事も無かった。
背中から落ちたが、無意識に受け身取ってたらしく、どこも痛くない。自転車もノーダメージ(ハンドルが1回転してた程度)。林道だけど、長年の風化で砂利は土に隠れてしまってたし。
まあ、後になってから左肩に痛み感じたが、すぐ収まった。



地面に落ちる前に浮き上がった後輪と空が見えてた。
こんな感じに。



長い坂。コケた場所はここでは無いのだが、コケた時はデジカメ持ってなかったもので。



自転車だと、車で入り難い場所でも気軽に入って行ける。
車だとUターンする広さが必要だが、自転車には必要無い。
勿論、バイクの方が楽なのだが、ガソリン切れた時がきついのと、泥濘きつい場所でも自転車なら担いで行けるので。



山を1周する場合、下りがあれば当然登りもある。日陰だと地面が湿気ってたり、場所によってはぬかるんでたり。
そういう所では、降りて押す。



この自転車は前3速、後ろ7速の計21段変速だが、後ろの1段に入り難い。シフト1にしても2のギヤのまま。
これは、以前急いでた時にハンディーポンプがチェーンに絡まったまま漕ぎ出した影響もあるのかも(ポンプのホース回転部分は千切れたけど、後で直した)
一応、シフトを前に思いっ切り回しながらだと、1速には入るけど



スーパーローでもこのくらいの坂でやっと。少し走ると立ち漕ぎしないときついレベル。
写真だと大したことないように感じられるかも知れないが、舗装路と違って地面がスリップするし、アップダウンも激しい。
また、坂自体も数十メートルとかじゃなく、数百メートル単位。いくらフロントロー、リア1速に入れても、座ったまま長時間漕げるレベルじゃない。

山道自転車で走ると大量のカロリー消費する。ダイエット目指してる方は、自転車での山道走破を試してみてはいかが?
慣れないと翌日筋肉痛で動けなくなるけど。



本格的に自転車で山道走ったのは今回が初めてだったが、さすがに体力落ちてきてる。
10代の頃は片道10kmを毎日自転車通学してたし(冬期間を除く)、結構遠くまで自転車走らせてたりしたが、基本ロードタイプなので山道は走った事無い。
20代の頃にこういう自転車あったら、どこまで走っていけたのに・・・。まあ、20代の頃は、バイクに乗ってたんですけどね。
  
タグ :自転車林道


Posted by Timm_MK2  at 21:47Comments(0)日常

2017年05月15日

UMAREX/VFC G28 DMR GBBR DX Limited 高倍率スコープ購入

UFC 8-32×50 SF イルミネーション スコープ TAN

期間限定のTポイントの期限が迫ってた事と、そのポイントが1000円近くあるので、消えるのは勿体ないとYahoo!ショッピングで物色。以前から目を付けてたG28用TANカラーの高倍率スコープを注文。
送料が1000円掛かったが、予算の都合上コレ1点のみ。



今までG28に付けてたリューポルド MARK4 4-12x40との比較。
新しいスコープは、とにかくでかい。



で、G28から外したスコープはSR25に付けようとしたが、スコープ付属のマウントリングは低めでリアサイトに当たる。



そこで、色々とスコープ交換。
M82A1に付けてたリューポルド M1タイプ 3.5-10x40をSR25に、
リューポルド MARK4タイプ 4-12x40をMSR338に、
MSR338に付けてた6-24x50をM82A1に。
マウントが低めのM1タイプはMSR338でも問題無いし、M82A1には大口径スコープが似合うので。
SR25はとりあえずといった感じ。その内、コイツにも対物50mmのスコープ付ける予定。



さて、今回購入したスコープをG28に装着。
チューブ径は30mmだが、スペーサー使わず、1mm厚のゴム板2枚貼り付けて対応。
この方がマウントリングの合わせ目がぴったりしてるので。



レンズキャップ開けるとドットサイトの邪魔になるので



90度回転させて取り付け。



対物50mmのスコープは迫力十分!



スコープは今まで購入した中で一番の大きさ。
でも、G28には似合ってる。カラーも合ってるし。



ただ、安物レプリカ(といっても他と比べると高め)なので、細かい部分の仕上げはイマイチ。
塗装剥げも所々に見られる。



ココも。



電池蓋のOリング切れてはみ出してたり。
あと、接眼レンズの調整もガタ多め。
ズームリングの回転はきつくなくスムーズ。
ただ、8-32倍という、トイガン用途に全く向かない高倍率で、室内だとまずピント合わない。
また、8倍側だと視界が狭く、像も魚眼レンズのように周囲歪んでる。
10倍以上にしてやっと視界が広くなる。
つまり、お座敷では役に立たない、単なる飾り。
まあ、室内だとドットサイトで足りるけど。



(クリック拡大)
対物50mmスコープ載せた同士で。

M82A1の方はチューブ径1インチなので、G28側と比べて貧弱に見える。
まあ、購入価格も半額以下だったけど・・・。
G28のスコープ、もうちょっと倍率低くても良かったのだが、対物50mmでTANカラーだとこれしか選択肢無かったってのが。
まあ、安物ではあるけど、見た目は良い。飾って眺める分には最高。
レンズキャップの色が合ってないけど、コレに合うサイズのが見つかるだろうか・・・。
ちなみに、このレンズキャップはM82A1のスコープには付けられなかった。接眼側は大きく、対物側は小さめだったので。
  


Posted by Timm_MK2  at 19:14Comments(2)光学サイトUMAREX G28 DMR