2013年11月30日

ディアゴスティーニ 週刊ランボルギーニカウンタックLP500S 8

一晩経ったら外は一面雪景色。
もう外でガスブロは無理かな?



週刊ランボルギーニカウンタックLP500S第8号。第9号と共に25日には届いてたんだけど、十四年式やらCz75やらの記事が続いたもので、後回しにw。


第8号は、エアクリーナーとキャブレター。


パーツ。エアクリーナーは中身無し。ま、当然かw。
1/4スケールになれば中身も造りそうだけど、全長1mオーバー、総額100万オーバーとかになりそうw。


実車の写真との比較。キャブレターのボルト配色の手抜きっぷりが、袋の上からでも確認出来る。


なぜか金色に塗られてたボルトをシルバーで塗装し、金色に塗るべきボルトをエナメルのリーフゴールドで塗装した。
中国の工場の職人が不足してるのか?以前、食玩とかのミニフィギュアでやってた職人芸が、この度は全く見受けられない。
・・・まあ、切り捨てばっかりやってたら、そりゃ職人育たんわw。


組み立て説明書の注意事項。ビスを締めすぎたらこうなりますよって。
んじゃ、もっと厚く成型出来なかったのかな?ってツッコミたいw。どうせ組んだら見えない部分なんだし(なので、裏側手抜き)


いつも通り、バリと塗装擦れありw。
なんらかの不具合あるのは毎回ウチの個体だけか?こういう当たりは歓迎したく無いんだけどw。
当然、バリは切除して、擦れた部分共に塗装しました。


第8号までのパーツ組んだエンジン。
単体で見ると、スターウォーズに出てくる宇宙船みたいw。


 
エアクリーナーの文字印刷は細かく、ちゃんと読めるレベル。


キャブレターのザラザラ塗装、粗すぎないか?スケール考えたら、もっと細かくても良い気がするんだけど・・・。
その、粗すぎる艶消し塗装のおかげで、せっかくのモールドが隠れ気味。
  


2013年11月29日

本日の購入物

25kmほど離れたK模型に久々に訪れて、使うモノを色々補給。
本当は、別なモノを探してたんだけど、それは置いてなかったので、後で電気屋とかで探さないと。
久しぶりの青空だったので、AZ-1で出動。今年は今日で乗り納め。


各種塗料と、プラリペア粉末黒と、小さなイモネジ。
地元のホームセンターには、M2とM2.6のイモネジが置いてないので、多めに購入。
M3の短いイモネジも。


早速、WE M&Pコンパクトのフロントサイト固定用ネジ穴をM2.6に拡張し、買ってきたM2.6のイモネジで固定(見えないけどw)
以前のM2ではフロントサイト自身にネジ切れなかったのでグラついてたが、今回のM2.6ではグラ付き無し。
他の機種でM2の自作ネジ使ってるのも、イモネジに替える予定。
  


Posted by Timm_MK2  at 19:08Comments(0)日常

2013年11月28日

KSC Cz75 2nd SYSTEM7 破損対策その2

対策は前回の記事でやってるので、今回は仕上げの話。



十分固まった、瞬接+プラリペア粉末の盛り付けを綺麗に均す。
詳しいやり方は載せません。各自、創意工夫してやってみて下さい。カスタムというのは、完成目指して作業してる途中が一番楽しいんですからw(プラモの組み立てと同じ)


ノズルシリンダー当てがって、前後に動かしてみて引っ掛かりが無いか確認。
この、一つ一つ確認するという行為が一番大事。確認せずに一気に進めちゃうと、不具合あった場合にどこが悪いのか分からなくなるので。


組み立てる前に、作動部分に潤滑剤を塗る。
使用する油脂は、プラスチックを侵さないのが最低条件。チャンバーやOリング等のゴムパーツにはシリコングリスやシリコンスプレー。大きく動かす部分(スライドのレール)や金属同士が当たる部分(ハンマー近辺)には、セラミックグリス。
他にもチタングリスという優秀なグリスがあるが、切らしてるのでw。


以前試しに買ってみた、キャロムショットのウェポンクイック。これは良い物だw
主に気密アップの効果が高い。シリンダーのOリングとか、マガジンのパッキンとか。
まあ、結構な値段するし、通販以外では入手不可なので、切らしてからは使ってないけどw。


樹脂使ったトイガンに絶対使ってはいけないのが、石油類。こちらはメカボ洗浄には最適だが、ABS樹脂使ってるトイガンの脱脂に使ったらNGw。あと、同じ石油系のCRC-556も、絶対使ってはいけない潤滑剤。
・・・まあ、この趣味やってる人には常識過ぎて、何言ってるのこの人?って思われてそうだけどw。


さて、ブリーチの組み付け。ノズルをセットしたら、リターンスプリングを組む。その際、ネジロックを少量塗って、スプリングが外れるのを防止する。
一度スライドに組んじゃえば、外れる心配無いのだが、私がコイツを中古で購入して初めてブリーチをバラした時、片方のスプリングが外れたままになってたので(前回の記事の最初の方にリンク有り)


忘れてはいけないのが、ダミーファイアリングピン。KSC製品のほとんどに付いてるコイツは、他メーカーではモールドで済ませてるのに、ちゃんと前後に動く。これが、私がKSCを気に入ってる最大の理由。なので、今回の騒動がきちんと良い方向に収束されたのは、心から嬉しい


ブリーチ固定スクリューには、少量のネジロックを塗って、あまり強く締め付けずにある程度で止めておく。ガタ付かなければOK。


ブリーチ組む前に忘れてはいけないのが、リアサイト。逆向きでも組めるので、向き間違えないようにw。

・・・ブリーチ組んでからリアサイト付け忘れたの気付いて、再びバラしたのは内緒w。


組んだ状態でノズルシリンダーを前後に動かし、ちゃんとスプリングの張力のみで戻るのを確認する。
途中で引っ掛かるようなら、再びバラして引っ掛かりを削る必要ある。


リアシャーシの亀裂に貼り付けた0.3mm厚のアルミ板、スライド組んで大丈夫かハラハラしてたが・・・。


全く問題なく動いた。アルミ板への引っ掛かりは皆無。
ハンマーの倒れ過ぎは対策済みなので、最大に倒してもフレームバックストラップのテール部分には接触しない。
勿論、スライドに対しても余裕あるので、後退の邪魔にはならない。
この対策しないとフレームが割れるので、こちらの記事参考に対策しといた方が良いかと。


マガジン挿して空撃ち。室温そのままだったのでマガジンに触るとヒンヤリしてたけど、勢いよくブローバックしてしっかりスライドストップ掛かった。この作動性だけは、海外製GBBには真似出来ない(いくら最近のは出来良くても、同じマガジン温度だと、ゆっくりブローバックになるw)
ちなみにガスは、パソコン用エアーダスターのHFC152aが100%のモノ。DMEとか入ってたらダメ。

あと、ガスコンロのガスはガスガン用として使えないの?って質問見かけるが、ゴム製品を侵すので絶対使ってはいけない。
同じ可燃性ガスでも152aとは比較にならないくらい燃え易いし、室内で撃ってたらガス中毒及びガス爆発の危険性大。まあ、常識的に考えて、本来の用途以外のに使ったらダメって事くらい分かりそうなものだけどw(ガスコンロ、ガスバーナーが本来の用途)。

んじゃ、パソコン用エアーダスターをトイガンに使うのは本来の用途なの?ってツッコミ入りそうなので先に言っておくとw。エアダスターは、ガスの圧力で小さなゴミ・埃を飛ばします。飛ばすのがゴミかBB弾かの違いなので、問題無いんじゃないかとw。それに、トイガン用ガスにも、152aは結構使われてますし、成分は全く同じなので(シリコンスプレーやシリコングリス、トイガンメーカーで出してるのとホームセンターで売ってるのが中身一緒なのと同様w)。




 (クリック拡大)
気分が良くなったので、大きめの画像で。
ちなみに、この2枚は版権フリーです。商業用途以外なら、好き勝手に使って構いませんのでw。
(本当は、高級一眼レフで撮ったのを提供したかったけど、デジカメまで予算回らないのでw)

私は1stよりも2ndの方がデザイン好み。工業的に完成度高くなってるのと、ブローニング・ハイパワーに形状似てるという点でw。


海外製スライドAssy+旧型フレームAssy。
今回、コチラは弄って無い。ABSスライドよりも頑丈&スライドスピード遅いという事で、バッファーゴムは貼り付けて無い。ただ、ハンマー対策のみ以前やってある。




追加
一通り写真加工や記事の文章書き終えてから気が付いたんだけど・・・。ノズルシリンダーを最後まで引っ張り出すと、引っ掛かって止まる。ちょっと押し戻すとスプリングの反力で戻るけど、最終弾撃った後のホールドオープンでノズルシリンダー出っ張ったまま・・・。海外製スライドの方は引っ掛からないので、再び取り出して確認。
プラリペア盛り付けた部分の削りが足りない感じ&ノズルシリンダーの切除部分も少し残ってる気がしたので、これらを更に削り込む。ノズルシリンダーの方は削り過ぎると穴開く可能性あるので、平らじゃなく上にアールが残る程度で。
大分スムースになったが、最後まで引っ張った時に引っ掛かるのは変わらない。良く見たら、スライドへの固定アーム(ブリーチ前側の、ノズルの左右)が内側に曲がってて、それがノズルシリンダー引っ張り出した時に強く当たって抵抗になってたみたいで。

亜鉛なので、無理に外に曲げるとあっさり折れる可能性が。なので、主に強く接触する先端内側を、金属やすりで削ってペーパーで均し、コンパウンドで仕上げる。
組んでみたら、大分スムースになったけど、やはり最後まで引っ張り出すと止まる。ただ、ほんのちょっと触れるだけで戻るので、止まらなくなるまで摺合せを手動で行ってみた。ノズルシリンダーの前後動を手動で何百回と(1000回超えた辺りから、ちょっとハイな気分にw)
結果、引っ掛からずに戻るようになり、最終弾ホールドオープンでもちゃんとノズル引っ込む。作動も更にスムースになり、やっと本調子になりましたw。

他国内メーカーのは、スライドを左右に広げてブリーチの固定部分を外してるが、KSCは逆。スライドそのままでブリーチの固定部分を広げてる。やはり、元々金属スライドを前提とした設計なのかも?
数万発耐久テストというのは、まさか上下メタルの話じゃ・・・ないよね?信じてますよ、KSCさんw。
  


Posted by Timm_MK2  at 12:12Comments(8)KSC Cz75 2nd

2013年11月27日

KSC Cz75 2nd SYSTEM7 破損対策その1

1stのスライドの破損対策について、自分なりの考えでコメントに返信したが、やはり実践して記事にするのが一番。
1stは持って無いが、2ndのスライドにもヒビ入り始めたという話も聞こえてきたので、手持ちの2ndを使って破損対策。
構造は全く同じなので、1stの方にも適用出来るかと。


まずは分解。スライドからのブリーチ取り外しは、過去の記事で書いてるので省略w。


問題の、SYSTEM7から追加されたノズルのガイド用の溝。


丁寧に脱脂し、接着剤が喰い付きやすいよう、溝の部分はペーパーやすりで荒らしておく。
この溝をプラリペアで埋めるのがベストなのだが


リキッドが空になってたw。この液体、揮発性が異常に高く、一度開封するとしっかり閉めたつもりでも、徐々に減っていく。まあ、使い始めてから数年経ってるしw。


充填用の粉末は十分残ってるので


溝に瞬間接着剤を流し込み、綿棒の芯で掬ったプラリペアの粉末を盛り付ける。
ただ、この方法だと、完全硬化までえらく時間掛かる。プラリペアのリキッド液ならすぐ固まるが、瞬接使った場合、最低24時間は放置しないとやすり掛け出来ない。爪で突いてみて、プニプニしてるようならまだという事でw。
・・・まあ、瞬接が、100均の安物使ってる所為ってのもあるかもw。ロックタイト等の高価な瞬接使えば、もっと時間短縮&がっちり接着される可能性も・・・(未確認)


スライドの破損対策、これで3ヶ所に。スライドストップ当たる部分へのアルミ片接着は、現在までに取れる気配無し。あと、空撃ち多いので摩耗もほとんど無いw。接着面を荒らしておけば、ABSとアルミは結構親和性高いようだ。
1mmゴム板貼り付けた部分は、フロントのインナーシャーシにガツガツ当たる部分。ただ、この方法だとスライドストロークが減るので、コメント欄での「とも」さんが対策されたのを載せておきます。

「S-5Oリングをスライドのリコイルガイドが入る穴の最奥に入れました。
これが無いと、スライドが最後部まで後退した際、リコイルガイド先端がスライドのリコイルガイドの入る穴の最奥にぶち当たってるのを確認済みで、Oリングを入れた後手動でスライドを最後部まで引いた際にリコイルガイド先端がOリングに当たってるのも確認しましたので、バッファーとしての効果はあると思います。
S-5OリングというのはOリングの規格の一つで、東急ハンズ等でも入手は可能だと思います。」


さて、お次はノズルシリンダー。


リターンスプリングを外す。


上部の余計な出っ張りをカッターで切除。


やすりやペーパーで均して、コンパウンドで仕上げる。


最後に、フレームのリアシャーシの割れ。最新版の1stでは肉盛りされてるので、割れる危険性はかなり減ってる。


脱脂→ペーパーで荒らして


ダ○ソーで購入した、0.3mm厚のアルミ板を瞬接で貼り付け。接着面は、粘着剤を完全除去&ペーパーで荒らしてがっちり接着させる。


長くなったので、続きは次回。
  


Posted by Timm_MK2  at 15:23Comments(4)KSC Cz75 2nd

2013年11月26日

マルシン 南部十四年式 後期型 8mmBB カスタム記 その5

グリップは安物感全開の木グリだったので、少しでもマシに見えるよう、カラーニスのウォルナットを薄めてエアブラシ塗装。いや、木製品には筆塗りが基本なんだけど、筆塗り得意じゃないのでw。
元のメーカー塗装にそのまま吹き付けたので、色合いがイマイチ。まあ、その内本体塗装したら、マシに見えるかも?


本体塗装するには、マガジン脱落防止スプリング外した方が良いのだが、完全に加締められてるので、ピンポンチで叩いた程度ではびくともしない。コッキングピースも、前期型のに替えたいし・・・。


マガジン込みの重さは608g。元の8mmノーマル状態での重さは測って無い。


シートリコイルは、約2.5mm。これ以上下げると、給弾出来ない。
まともにショートリコイルさせる場合、チャンバーやノズルその他、色々と新規設計しないと不可能。個人レベルではお手上げw。


銃口からは、6mm用インナーバレルが覗く。
やはり、トイガンはこのようにインナーバレルが見える方が安心感あるw。


さて、実射。
気温低いので、ストーブの熱風でマガジンを温める。手で触って温かいと感じる程度に。
ホップを完全にオフにすると銃口から弾ポロリするので、ある程度締め込んでおいてる。
SⅡSの0.2gセミバイオBB弾使っての初速は

65
68
66
68
65
63
68
58
64
66(m/s)

以前、M712カービンを6mm化した時は、初速高過ぎてインナーをかなりカットしたが、こちらは結構低い。
まあ、原因の一つとしては、チャンバーとノズルの密着不良が挙げられるが。カッターで削って整形してるのでw。
マルシンの6mmBB用のチャンバーパッキンを取り寄せて組み込めば解決しそうだが、そっちだと給弾不良起こす可能性も・・・。なんせ、南部十四年式の6mmBBバージョンは、メーカーでは作ってないので(M712カービンは、ショートリコイルしない構造なので給弾不良出なかった)

ボルトが軽い事もあって、リコイルも軽い。が、キビキビと小気味よく動き、弾道もそれなりに遠くまで飛んで行く。
8mmBBの時は外に撃てなかった(バイオBB弾が無い為)ので弾道チェックも初速測定も行ってなかった(ウチの弾速計は実銃用)。まあ、別にサバゲーやシューティングマッチで使う訳じゃなく、単なるコレクションなので、まともに動けば十分w。


ラストは、いつもの懐中時計とw。


その内動画撮ります。動画じゃないと、ショートリコイルギミックの動きが伝わりにくいのでw。