2015年12月18日

LS モーゼル・ミリタリーM96

やっと念願のLSモーゼルを入手しました。
組み立て済みで、本体と外箱のみ。カートも無し。4.9Kスタートで他入札なし。
本体は、前のオーナーがかなり弄った形跡が。
本当は、ショルダーストックホルスター付のが欲しいのだが、超が付くレア物なのでなかなか出品されないのと、未組み立てだと軽く15K超えちゃうので・・・。



LSモーゼル・ミリタリーM96(実銃はマウザーC96なんだけど、製品名がそうなってるので)
LSのプラモデルキットの中では最初期の製品にも関わらず、現在でも通用するほどの完成度を誇る。変なデフォルメ等は一切無くプロポーションは破綻してない。当時の設計の優秀さが伺える。
まあ、材質がスプリング以外は全て樹脂なので、強度やらロッキングシステムのオミット(機構は再現されてるが、厳密にはロックされてない)やら、不満点はある。



けど、それらを差し引いても余りある素晴らしさ。
マルシンでモデルガン化やガスガン化したのは後のM712なので、C96はMGCの金属モデルガンとLSのプラモデルキットしかない。
この、シンプルで古臭い所がC96の魅力。使い勝手を向上させたM712は、C96の魅力には遠く及ばないと感じてます(あくまで個人的な感想)



マガジン空の状態でボルトを引くとフォロアーにぶち当たってボルトストップ。



ファイアリングピンも再現。
ここまで見て気が付いたかと思いますが、ハンマー・ファイアリングピン共にオリジナルじゃありません。
オリジナルはどちらも黒い樹脂。



タンジェントサイトもしっかり動く。
こちらもガタ防止か、左右にワッシャー入ってる(でもガタ多いしスプリングも貧弱)



ハンマーは金属、ファイアリングピンは細長いボルトをナットで留めている。



セフティレバーも金属。
ハンマーやセフティレバーは、マルシンあたりから移植したんだろうか・・・?



銃身は貫通してます。まあ、銃刀法が適用されないプラモデルキットだからこそ出来る芸当ですが。



チャンバーに入ってるモノ、最初カートかと思ったが違うようだ。
金属の短いパイプ状の物が入ってる。



ファイアリングピンはライブ。エキストラクターも動く。
前のオーナーは発火モデルとして使用してた可能性も。マガジンスプリングが錆だらけだったのと、チャンバーの火薬汚れっぽい物の存在から推測。
一応、左右はしっかり接着されてるが、接着跡はがっつり残ってる。綺麗に仕上げる事に関しては興味が無かったみたいで。



レッドナインのマーク。LSのこのキット自体、付属カートが9mmパラのタイプだったので、あながち間違いじゃない。
グリップはリアルウッドだが、9のマークの出来に比べて溝がお粗末。
溝無しのを掘ったのか、それとも前のオーナーが木材から切り出したのか・・・。



裏の仕上げはきっちりしてて、フレームの形状にフィット。・・・微妙にサイズが違うっぽいが。
マルシン用の木製グリップかな?



分解方法は実銃通り。
まずはマガジンボトム外してスプリングやフォロアーを取り出す。



スプリングは錆だらけで、銃内部にはオイルっ気無し。
一応、シリコン吹いて拭き取っておいた。



矢印の部分押し上げてロックを解除すると、中身がごそっと取り出せる。



ロッキングがオミットされてるってのは、ロッキングブロックとシャーシが当たって無いから。
ロッキングブロックの内側に肉盛りして、ショートリコイルした時にロッキングブロックが下がるようにすると、リアルなロッキングシステムに出来る。強度は保障しませんが。



シアスプリングを受けるシャーシの出っ張り、最初に分解した時に折れ掛かってて、瞬接でくっ付けた後組んだら完全に折れたorz。



なので、プラ板貼り付けて代わりにテンション掛かるように。シアの近くのプラ板は、スプリングの形状の関係でシャーシに擦ってたので、溝掘ったらシアから逃げまくるように。で、薄いプラ板貼ってしっかり掛かるようにしました。



ロッキングの形状もしっかり再現されてる。

LSのプラモデルキットは実銃の構造を理解するのに最適な製品。書物を何百と読み漁るよりも、このキット一つ組むだけで構造が完璧に理解出来る。もう金型は無くなってるかもしれないが、こういう製品がまた出てくれたら心から嬉しく思う。

その内、外見仕上げ直す予定ですが、いつになるやら・・・。
  


Posted by Timm_MK2  at 19:33Comments(6)プラモデルモデルガン

2014年04月15日

ガンプラ パーフェクトグレード・Zガンダム with PGガンダムMK-Ⅱ

ZにMK-Ⅱを乗せてみた。
が、アンバランス過ぎてこれじゃ絶対飛べないw。



重量オーバーw。
Z「お、重い・・・」



横に並んでツーショット。
このMK-Ⅱは、腕の関節は固めで良いけど、足首が弱すぎてすぐコケるので、絶妙なバランスで立たせてるw。



ビームライフルのエネルギーパックは互換性あり。




以下、格納庫での整備風景。







ここからは、大きめ画像で。
クリックで拡大。



アップにすると、大スケールならではの巨大感が強調されますねー。
いつか、1/1のを見てみたいものです(1/1のRX-78の次は、是非Zを。MS形態とWR形態2つ同時でw)



さて、話は変わって今期アニメ。
1~2話まで視聴した感想。

・ブレイドアンドソウル
今年の5月からサービス開始する、隣の国が作ったMMORPGが原作。
偏見無しで見れば、アクションシ-ンはかなり良い。クイーンズブレイドからエロやギャグを抑えた感じ?

・キャプテン・アース
複数の組織があってイマイチ設定が分かり難い。
ロボットの合体シーンは異様なくらい凝ってる。
毎回宇宙に行くのに種子島からロケットで発射。金掛かり過ぎるんじゃ・・・。

・極黒のブリュンヒルデ
原作者はエルフェンリートの人。グロあり微エロあり。どこまで再現出来るか・・・。

・ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース
今期一押し。相変わらず、無駄に熱いセリフがビシバシとw。

・彼女がフラグをおられたら
ラノベ原作でありがちな、説明省いてる感が・・・。展開もキャラのテンションもちょっと強引な気も(主人公は流されるタイプ)。
個人的には、「俺がお嬢様学校に庶民サンプルとして拉致られた件」の方をアニメ化して欲しかった。

・健全ロボ ダイミダラー
ハイスクールDxDに80年代ロボットアニメを加えたような感じ。
下らない事に全力投球してる姿勢は評価出来るw。

・魔法科高校の劣等生
いわゆる「俺つえー!」な主人公。力を隠したいのに周り(主に妹)がそれをさせてくれないw。
まあ、偉そうな連中に一泡吹かせるのは、見てて爽快感が。

・星刻の竜騎士
コミック版はそこそこ面白かったし、結構忠実に作られてる。
今後の戦闘シーンに期待。

・selector infected WIXOSS
カードバトル物。キャラは可愛い。ただ、今後鬱展開になりそうな予感が・・・。

・悪魔のリドル
ミリタリー要素あり。主人公(女)がタンカ切ったシーンはかなり良かった。
こちらも期待度高め。

・ブレイクブレイド
リアル系ロボット物。2010年~2011年に全6作の劇場アニメとして作られてる。それのリニューアル版か?
細かい部分まで丁寧に作画された、ロボット作品としてはかなり秀逸。

・ブラック・ブレット
幼女が「俺つえー!」してるアニメw。
作画はかなり丁寧。グロシーンあり。

・ソウルイーターノット!
以前アニメ化されたソウルイーターとは、設定同じだけでほぼ別作品。
ちょっと百合っぽいw。

・ノーゲーム・ノーライフ
こちらも主人公が「俺つえー!」系。肉弾戦じゃなく頭脳戦で。
但し、妹と組んでる事が前提w。
極度の引き籠り&ネットゲーマーという事で、共感してる人が沢山居るかもw。

・棺姫のチャイカ
幼女がアンチマテリアルライフルを使って魔法発動。棺がすごく邪魔w。
原作はかなりダークな部分があり、どこまで再現出来るか・・・。

・エスカ&ロジーのアトリエ ~黄昏の空の錬金術士~
素材を集めて壺に入れてかき混ぜると、完成品が出来る錬金術の話。
いや、アップルタルトは無理があるだろうw。

・ご注文はうさぎですか?
こちらもグロックっぽい銃を使うヒロインが。
キャラを愛でるアニメ?百合要素ありw。
ウサギがおっさん声でしゃべったのは吹いたw。

・龍ヶ嬢七々々の埋蔵金
微エロ。あんな地縛霊なら大歓迎w。
今後は、超科学っぽいアイテムが出て来る!?

・シドニアの騎士
人物までフルCG。設定はマクロスフロンティアっぽい。
こちらもロボット物。

・デート・ア・ライブⅡ
1話見た感想。十香、めんどくせーw。
ちょっとテンポ悪いけど、今後キャラ増えると変わってくるかも?

・マンガ家さんとアシスタントさんと
15分枠アニメ。
作者の願望をそのまま具現化したかのような内容。
ただ、SAOのキリト君の全身全霊を込めた演技は一見の価値ありかもw。
余談だが、足須さんの使ってる椅子、私が今使ってる椅子と全く同じw。

・犬神さんと猫山さん
5分枠。
桜trickからエロ成分抜いた百合アニメw。

・魔法少女大戦
同じく5分枠。
まさか全国全て登場させる訳ないと思うけど・・・。青森は出る予定あるのかな~?(そこだけ気になるw)


こうして纏めてみると、めちゃ多いw。
アニメ自体の出来は「これは酷いっ!」てのがなく、どれも及第点以上。
さて、今期は最後まで視聴するのはどれどれかな~?
  


Posted by Timm_MK2  at 06:17Comments(2)プラモデル

2014年04月14日

ガンプラ パーフェクトグレード・Zガンダム ウェイブライダー形態

※サムネイルをクリックすると拡大表示されます。


Zガンダムの最大の特徴、ウェイブライダー形態。
宇宙からの単独大気圏突入及びそのまま滑空が出来る。
さすがパーフェクトの名を冠するだけあって、プロポーションは抜群!
なので、大きなサイズで無駄に多い枚数を記載してますw。

アニメ設定とは若干違うが、実際に存在したらこうなりますよ、という設計者の意図が見え隠れしてて説得力がある(個人的な感想w)


ボディの薄さと脚部のボリュームのコントラストが素晴らしい。
サイドアーマーはMGだともうちょっと下向いてるが、あっちは固定されてないし。



正面から。
ボディの薄さが良く分かるかと。



側面から。
ビームライフルは取り付け部分の関係もあって、どうしても下向きになる。



リヤビュー。
バーニアやスラスターが集中してる。
翼の質量によるのか、MGと比べて先端が下がってる。



斜め後ろ、俯瞰視点で。



上面。



底面。
各部はがっちり組み合わされてるので、取り回ししててもバラける心配は無い。



全長:ビームライフル先端からテールスタビライザー後端まで、約430mm。
最大幅は約345mm。



ビームガン展開。



ビームガン発射のアニメーションGIF。
ブラウザで再生出来ない場合は、HDDに保存してからQuickTime Player等の対応プレーヤーで再生してみて下さい(携帯で再生出来ない場合は・・・諦めて下さいw)。
GIFアニメーション制作には、AnimateGIFという海外製ソフトを使用しました(言語は英語のみ)。
ビームの色は、最初もっと明るいピンク色。QuickTimeで再生したら、白っぽくなったので、ちょっと濃くしました。ブラウザだとちゃんと表示されるようだけど、ウチのPCはIE起動させてもエラーですぐ閉じるので・・・。

撮影時、カメラは三脚固定、モデルもなるべく動かさないようにしたつもりでも、サイドカバー開けた時に僅かに動いたみたいです(´д`;)。



ウィング小は、実際の航空機に似せて部分的に尖らせてる。
まあ、接着したから出来る芸当であって、分解前提だとこうは出来ない。



ダイキャスト製のランディングギアを装着しての重さは、約834g。



MGとの比較。
MGは、かなり昔買った、旧タイプのMGZガンダム。現行版とはプロポーションが微妙に違うし、耐久度も低い(一部破損してる)
PGZには無い、ハイパーメガランチャー付属。
無塗装でデカールも貼って無い(なんせ、かなり昔組んだ物なのでw)。テールスタビライザーのは、デカールではなくメーカープリント。



大きさ比較。




PGZの上に載せてみた。まるで親子亀w。



更に孫亀追加w。
私が持ってる中で、変形出来る最小のZ(差し替え変形)



MS形態で立たせてみた。
諸事情により、右手首とビームライフルは無しw。



変形ギミック付いてる割には、悪く無い出来(大きさの割には)



枚数多いので、PGMK-Ⅱとのツーショット及び各部アップは次回で。
MS形態時と違ってポーズ変えられないのに、あまりにも格好良いので無駄に多く写真撮っちゃいましたのでw。
  


Posted by Timm_MK2  at 19:18Comments(4)プラモデル

2014年04月13日

ガンプラ パーフェクトグレード・Zガンダム MSからWRへ

付属のトランスフォーメーションマニュアル。
ただ、この写真説明は分かり難い部分もある。
また、WRからMS形態へのやり方は載って無い。あくまでMSからWRへ。
逆順でやれば良いだけの話だが、ちょっとしたコツもあるので、それも交えて。
なので、今回写真枚数がかなり多めですw。

ちなみに、この写真撮ったのはフライングアーマーへのウェザリング塗装前なので、前回より先に撮影してますw。



頭部アンテナを閉じ、胸カバーを半分ほど上げたら腹部を内側に、頭部を下げてロックする。



胸カバーを完全に上げる。



股関節ロックパーツを外す。



腰と脚を繋いでるプレート状のパーツ、上にスイングすると同時に外側に回転、同時に股関節も回す。
ここが結構複雑で分かり難い。



このような状態にしてから。



プレートパーツを挿し込んでロック。



リアスカートから爪を引っ張り出し、脚に挿し込む。
フロントアーマーを畳む。



余談だが、プレートパーツと腰を繋いでるポリキャップは小さめで、動かしてる最中はちょっと不安。
ここはかなり負荷掛かる部分で、旧MGはこの部分があっさり折れた。



肩バーニア収納して、腕を内側に折り畳む。



シールドの取り付けアームを展開する。
回転させる部分が多いので、かなり紛らわしいw。
コックピット内部は回転させ、クリアーパーツが出て来るようにする。
シールド取り付け時は、このクリアーパーツをシールドの発光ユニットに挿し込む。



左右の腕のシールド取り付け部分にアームを挿し込み、コックピットもシールドの凹みに挿し込む。



次は最大の難関、フライングアーマーの展開。
まずは、テールスタビライザーから外す。



可変アームの展開。
結構しっかり嵌ってるので、折らないように慎重に。



可変アームはそのままで、フライングアーマーを180度回す。



ウィングを引き出す。



ウィング大のジョイント固定は、まずこのように引っ張り出して



中のジョイントを押し上げ、ウィング大の先端を内側に押し込む。すると、ジョイントはカバーと面一になる。
この時、先端の金具がちょっと出て来るので、そのまま引っ張り出す。



可変アームの背中側のポリキャップを90度回転させながら、フライングアーマーを下(MS時だと正面)まで回す。



シールドに挿し込むパーツを起こす。
また、シールドの蓋も外しておく。



フライングアーマーの内部空間に腕が収まるよう、押し込む。



可変アームを折り畳む。



シールドに挿し込んでロックする。



ちょっと話は逸れて、MS形態時に戻す時のコツ。
ウィング大の折り畳みは、一旦外側にジョイント出してから、中のジョイントを下に折る。



また、ある程度畳むとテールスタビライザーへ挿し込む爪が出て来るので、この爪を完全に起こしてから最後まで収納する。
爪を起こさないで無理に収納すると、爪が変形する恐れあり。



さて、再び戻って。
サイドアーマーを180度回転させてロックパーツを起こす。



サイドアーマーのロックパーツを胸カバーに挿し込む。



それぞれのカバーを外し、ランディングギアを取り付ける。
ランディングギアは亜鉛ダイキャスト一体成型で、かなり強度ある。
スキッド部分はプラ。金型形状の関係で穴開いてたので、塞いでから塗装してある。



脚部の変形。
足首にはスプリングギミックが入ってるが、押し込んでロックは出来ない。
マニュアルの写真では引っ込んでるように見えるが、その部分の説明は無し。
MGでは、足首引っ込めるとバーニアカバーも動くギミックだったが、こちらは膝を逆に曲げるとバーニアカバーが連動して動く仕組み。



ビームライフルを変形(縮める)
ジョイント起こす。



テールスタビライザーを後ろに伸ばし、ビームライフル据えつけて完成。
あちこちでがっちり固定されてるので、MGのような不安定感は皆無。



次回は、WR形態で色んな角度から。
そして、MGとの比較。
  


Posted by Timm_MK2  at 07:37Comments(2)プラモデル

2014年04月12日

ガンプラ パーフェクトグレード・Zガンダム 完成

2月にブログにアップし始めて約2ヶ月、やっと完成しました。
思い起こせば、色々感慨深いものがw。



フライングアーマーのボリュームが結構あるので、全体的にかなりの重量感。
フライングアーマーのウェザリングは弱めで行ってます。



フライングアーマーは、テールスタビライザーにしっかり固定されてるので、安定感抜群。
可変アームも結構がっしりしてる。
各パーツが大きい分肉厚もあるので、MGよりも全体の強度が高い。



側面から。



反対側。



肘関節が緩く、曲げた状態でビームライフルを水平に構えられない。
肩を90度近く曲げてやっとこのように。



サイドアーマーからビームサーベル取り出し。



盾を構えてビームサーベルでの攻撃体勢。
膝や股関節等の脚部の関節はきつめで、しっかり保持出来る。



脚部は結構強度あるので、動かしてても不安感無い。
ただ、シールド取り付け部は変形ギミックのせいで複雑になってて、取り付け角度に制限がw。



グレネードランチャー発射体勢。
シールドは当然、右腕にも付けれる。



PGMK-Ⅱ付属の作業員を配置。
巨大感が強調される。



メンテ中。



作業台や命綱無い状態で、こんな高所作業はしたくないw。



脚部メンテ中。


次回、WR(ウェイブライダー)形態への変形手順。
  


Posted by Timm_MK2  at 20:00Comments(6)プラモデル