2016年10月02日

WE P90 & Hogwards G42 リコイルスプリング交換

ストライクアームズから、VFC SR25用マガジンと同時購入した物。

WE P90(T.A.2015) GBB シリーズ対応 HFC134a/152aガス用 リコイルスプリング Ver.1/ノーマル(青色)2本1組
WE P90(T.A.2015) GBB シリーズ対応 ハイスピードバッファスプリング
Hogwards/StarkArms G42 GBB用 カスタムリコイルスプリング バランス型
WE P90(T.A.2015) GBB用 マガジンコネクトバルブ Oリングセット

全て純正パーツではなく、ストライクアームズオリジナル商品。
国内ガス(HFC134a/152a)に最適な、国産スプリング。

まずは、WE P90から。



空撃ちでチェックする為、P90用マガジンからフォロアーアッセンブリ取り出し。
このマガジンには空撃ちモードがあるが、同社のM4系マガジンと違い、ロックが甘く撃ってる最中に解除されるので、それならフォロアー毎取り外してしまえと。
ノーマル状態でのフルオートサイクルの確認の為だが、気温25~27℃で快調作動。サイクルカウンターは持ってないので、感覚頼りになるので正確とは言えないけど・・・。



ボルトアッセンブリ取り出し。
分解方法は過去記事で。



ガイド後端のネジ外して後ろのパーツ外すと、リコイルスプリングが取り出せる。



スプリング比較。黒っぽい方が、WE純正スプリング。
下のストライクアームズ製のは、線径がほんの僅か、細い。
このスプリング、ソフトとノーマルとハードの3種類あり、無難なノーマルをチョイス。



早速スプリング組んだが、2本の内1本が、途中で引っ掛かる。
チェックしてみたら、途中で折れ曲がってた。
この折れた部分をラジオペンチで修整し、元通りに組み付け。



ハイスピードバッファスプリングも同時組み込み。



組み込んで作動テスト。
コッキングの引きは確実に軽くなってる。最後の部分で固いスプリング(ハイスピードバッファ)に当たるので、そこでワンクッション置いてる感じ。
空撃ちでは、セミのリコイルが重さはそのままでガツンとしたのが無くなった感じ。ガツンがスプリングで吸収されてる。
フルは、サイクルが若干アップ。リコイルスプリング自体は純正よりも柔らかいので、ハイスピードバッファが無ければ、フルオートサイクルが若干落ちてたはず(試して無い)。そして、フルのリコイルが弱くなった感触。
フルでのコントロールはアップしてるかも?
フォロアー戻してBB弾込めて試射。弾が無くなるとボルトストップ。と言っても、後退しきったホールドオープンじゃなく、戻る時に手前で止まる感じなので、あまり後退しなくても機能するんだけど・・・。

WEのP90は優秀なので、気温高ければ、純正のままでも問題無く作動する。それでも、やはりスプリングは高品質な国産に替えた方が安心感はある。
Oリングは、今回はパス。こちらは、ガス漏れの兆候出始めたら交換する予定。






次は、Hogwards G42用 カスタムリコイルスプリング。
ヒートブルーのガイドセットも欲しかったけど、売り切れてたので、スプリングのみ。



リコイルスプリングを外す為に、後端の金属パーツを外す。
スプリング前進させて、ドライバーで抉って外す(力技)
ガイドが樹脂だから出来る芸当。



スプリング比較。
それぞれ、下の黒っぽい方が純正。
大径の方は、バネレートはほぼ同じ。
小径で長い方、純正に比べてピッチが細かくバネレートも低い。



組み込み。
ガイド後端の金属パーツは、分解時同様にスプリングを手前に圧縮させてガイド後端に掛からないようにし、金属パーツを押し込む。



引く力は大分軽くなった。作動も良好。
かといって、マガジンが冷えた状態(15℃くらい)だと、さすがにまともにブローバックしなかったが。



このリコイルスプリングガイドにレーザーサイトが組み込まれてるのも、海外には存在する。
送料ひっくるめると、約3万になるので、ちょっと買えそうに無いけど・・・(レーザーサイトごときに3万出すくらいなら、ガスブロハンドガン買った方が・・・。まあ、性能考えたら高くないのかも知れないが)
  


Posted by Timm_MK2  at 22:18Comments(0)WE P90 GBB

2016年04月20日

WE T.A2015(P90) GBB 内部パーツ交換

海外ショップから購入。今回は、台湾のエアーソフトガンショップ(OnlinShop AST)。勿論、新規注文。
実は、GHK AUG GBBの在庫を探しててヒットしたショップで、ついでにWE P90の内部パーツも注文。
しかし、GHK AUG GBBは日本の規制値を上回るパワーが出てるので日本には出荷出来ないとの連絡が。
だが、すでに支払いは完了してしまってる。そこで、差額分追加注文するか返金するか、どちらにするか尋ねてきて、返金を選択。PayPalから返金の連絡来て、その後パーツが発送されました。
香港のショップだと返金に応じないのが普通だったが、台湾は柔軟な対応して下さいますね。

ちなみに、これらのパーツは国内ショップでも入手出来るが、これだけ揃えると1万超えます。パーツ自体は細かいけど、スチール削り出しなので。



まずは、一番楽そうなボルトストップ交換から。
ボディからアッパーレシーバー取り出し、ネジ外すだけ。



左は樹脂製の純正パーツ。
右はRA-TECHのスチールパーツ。スプリングは純正のを使用。



組み込みは問題無し。動きも固くない。



お次は、本体タンクのガスルート。マガジンのガスを本体タンクに導く部分。
事前に空撃ちとかして、内部のガスを出しておく必要ある。



バルブのOリングを付属(2個同梱)のに交換。1個はスペア。



こちら、ステンレス削り出し。純正は亜鉛ダイキャスト。
組み付けてからマガジン挿してガス漏れチェック。ちょっとだけシューシュー音が・・・。
とりあえず放置して次。



ハンマーメカアッセンブリ。
バラすにはネジ3本外す。下2本よりも上のネジが長いので、組み付け時に間違えないよう、写真撮っておく。



ファイアリングピンロック(バルブノッカーロック)のスプリングは手前に引き出しておくと、勝手にバラける事なくなる。
ファイアリングピンは、リターンスプリングのテンションで飛び出そうとするので、押さえながらバラして、スプリングをそっと外しておく。



純正のファイアリングピンロック。これもメモ用。



それぞれ、純正の亜鉛ダイキャストから、RA-TECHのスチール削り出しのに交換する。
スプリングは純正のを使用。



フルオートシア取り出し。スプリングテンション掛かってるので、ゆっくり外す。



純正のスプリングとピンを使うので、取り外す。
ハンマーで叩かなくても、素手で押し出すだけで外せた。



RA-TECHのスチール削り出しのフルオートシアと、上部の小さな部品。純正からスプリングと固定用ピンを移植して組み上げるのだが、ピンが入らない。



ドリルでグリグリ。



ピンポンチを当ててスチールハンマーでガシガシ叩いて組み付け。
組み付け後に確認したが、作動に支障は無し。



あとは、順番に組み付けていく。



樹脂ボックスに組んで、作動確認。



本体に組み付けて、空撃ちして作動確認。全く問題無し。



マガジンにガス追加チャージし、BB弾20発ほど込めて試射。
3発くらいセミオート、残りフルオート。全く問題無く作動し、最終弾発射後はボルトストップ。本体タンクからのガス漏れの気配も無くなった。
壊れ易そうなパーツをスチール製の耐久度高いパーツに替えた事で、安心して撃てるようになりました。

このP90、室内で空撃ちしても十分面白いが、リコイル堪能しながら外に向かって綺麗な弾道描いて撃ちまくるのが一番楽しい。早く外でバリバリ撃ちまくりたいですね。

ちなみに、この日天気は良かったが室温21℃。その状態でもストレスなくブローバックしてました。
  


Posted by Timm_MK2  at 21:24Comments(10)WE P90 GBB

2016年04月10日

WE T.A2015(P90) GBB その4

3面のレイル取り外し。
左右のショートレイルは右のネジが左まで貫通してるので、右のみ回す。
上面のは3ヶ所で固定。レシーバーが樹脂なので、国産ハンドガンの樹脂フレームに埋め込まれてるグリップスクリュー用のと同じタイプのが埋め込まれてる。



一応金属製だが、かなり軽め。色は塗装。



裏側の目立たない部分をペーパーで磨いて塗装落とし、それぞれ処理液塗って見た。
結果から察するに、このレイルはアルミダイキャスト製。
削り出しのようなシャープさは無いが、歪みとかは無しで20mmアクセサリーも問題無く付けれる。



フラシュハイダーは、下のイモネジ外して右回転させると取り外せる。ターレットリングはちょっときつめ。
ハイダー自体軽い材質で、こちらもアルミダイキャスト。
レシーバーと一体のバレル(?)にはM14逆ネジが刻まれてるが、このネジも成型っぽい。



WE SCAR-L用のフラッシュハイダーは問題無く付けれた(M14逆ネジ仕様)
先端緩めで、奥に入れるに従ってきつくなっていく。



M14逆ネジ仕様のサプレッサー。なぜかネジ山合わない。



ターレットリング外して奥まで入れてもガタガタ。
ちなみに、このサプレッサーは他のM14逆ネジ仕様のバレル(主にアルミ)には問題無く装着できる。そちらはガタも無いし、撃っても内部に当たらずにちゃんと飛ぶ。
このWE P90は、サプレッサーを選ぶようだ。



元のフラッシュハイダー組み付け。
ちょっとネジを強めに締め込んだら、内側が盛り上がってきた。
このネジ、単なる回転防止だが、ターレットリングで押さえるだけでも効果はある。ただ、ブローバックの振動で緩む可能性もあるので、イモネジでも固定してるのかも。イモネジはあまり強く締め付けれないが、緩くしておくと振動で動いて抜ける恐れがあるので、ネジロックとか塗って緩まるのを防止しといた方が良いかと。


P90のトイガン、マルイを始め電動ではかなり出回ってるが、やはりガスブロで作動するという事の意味は大きい。開発にかなりの期間要した理由も納得。所々詰めの甘い所はあるが、さすがWEと言わざるを得ない。
私の所持するトイガン、いつの間にかWE製品が一番多くなってるようだが、銃の好みもあるがこういうやる気のあるメーカーは好きなもので。
出来れば、日本抜けに樹脂フレームのハンドガンをもっと出して貰いたいものです(P38や、今後発売予定のM712とか。ダブルバレル1911も)
  


Posted by Timm_MK2  at 18:48Comments(0)WE P90 GBB

2016年04月08日

WE T.A2015(P90) GBB その3

アッパーレシーバー。インナーバレルがコッキングプレート(?)&リターンスプリングのガイドを兼ねてる。
アウターバレルは存在せず、レシーバーがインナーバレルを固定してる。
レシーバー自体は樹脂製。



チャンバーを留めてるネジ2本外すと、チャンバーとインナーバレルが取り出せる。



インナーバレル引き抜いた後だと、コッキングプレートも取り外せる。
左右の摘まみを外し後退させると矢印の部分で引っ掛かるので、少々浮かして中のプレートが当たるまで下げると、取り外せる。



アッパーレシーバー分解完了。
レイルとフラッシュハイダーに関しては後ほど。



チャンバー分解。
ホップ調整ドラムを上に引き抜いて2本のネジ外す。
ホップのクッションラバーは長さが足りず、組まれてた時に左右どちらかに偏ってる事も(この個体は右に偏ってた)



チャンバーを左右にバラす。
この時、BB弾保持用の小さなパーツがバラけるので、紛失注意!



インナーのホップ用切り欠きの処理は、いつものWEクォリティ。刃物で削ってそのままな切り口に、内部下が傷だらけ。



傷や尖った切り口は、ペーパーやすりやピカール(金属用研磨剤)で入念に磨き上げ。
インナー先端も処理がずさんだったので、同様に磨き上げ。
ホップ用切り欠きは、若干前方に広げてみた。



チャンバーを左右に割った時に、BB弾保持用パーツの前側が外れて向きが分からなくなった(分解前に写真撮るのを忘れてた)
が、そこはネット検索。「WE P90 分解」でググッて見たら、チャンバーまでバラしてる方のブログを発見(ミリブロ)。その写真を参考に組み立て。
パーツリストのイラストだと、パーツ小さすぎて向きまでは判別出来なかったので。



クッションラバーは固いので鬼ホップの原因にも。なので、1mmドリルで中をくり抜き、柔らかくしてみた。
また、左右に逃げないようにチャンバーに0.5mmプラ板貼り付けて幅を狭めた。



ここから、BB弾込めて実射。
マガジンには6mmBB弾が51発入る。シースルーなので、残弾確認もしやすい。



ガスルートずれないように、慎重にドッキング。
コッキングハンドル引いて初弾をチャージ。そのまま外に向かって撃ち、弾道確認。ホップダイヤルは、最弱から1/3ほど回す。
気温は22~25℃。セレクターはセミ。
初弾は普通に撃てたが、2発目出ず、3発目は2発同時発射。それ以降はちゃんと1発ずつ撃てた。51発チャージは無理があったのかも?今後は少なめにチャージするようにしよう。
リコイルはそこそこあり、電動と違ってタイムラグも無し。撃ってる感触がしっかり伝って来る。



途中でマガジン外してみた。この状態でチャンバーにBB弾入ってるが、現代のガスガンはマガジン無いと撃てない(昔のガスタンク内臓やBV式除く)。こいつはマガジンセフティ付いてるので発射出来ないが、マガジンで押されるパーツを手で押すと、普通に撃てたりする。ブローバックも問題無い。内臓タンクにガスが入ってる限り、いくらでも撃てる。但し、チャンバー1発分しか発射出来ないので、意味ないけど。
用途としては、サバゲーしてて、マガジン外して撃てないと思い込ませて1発だけ発射してヒットを狙う・・・とか。その前に撃たれるか。

セミでしっかり1発ずつ撃てたので、チャンバーのBB弾保持も問題無い。ホップは若干弱めだったが、マルイに近い、安定した弾道。
少し銃を休めてガスタンクの冷えを回復。気温(24℃)とほぼ同じくらいになってから、初速測定。
SⅡS 0.2gBB弾使用しての初速は

77
75
75
76
72
72
74
75
76
73
75
71
(m/s)

インナーバレルは約250mmだが、長物GBBにしては若干低めな数値。だが、弾道は遠くまですーっと飛んで行き緩く下降。
この初速だと、サバゲーでは弾見ながら避けられる場合もあるが、お座敷派には初速はあまり関係ない(規制値超えなければOK)
弾道も素直で命中精度も高そうだし、プリンキングする分には問題無し。



内蔵ガスタンクは、一部露出してる。ここにホッカイロとか貼り付けとけば、気温低くても問題無く使えそうな気も。
内蔵ガスタンクのみで何発撃てるか検証してみた。
セミで、50発連続発射(マガジン外してるので空撃ちのみ)。タンク冷えたので、回復させながら撃ってたら、77発目で勢いが弱まり、79発目でガス欠。内蔵ガスタンクのみで、かなり撃てる。



今度は、ガスタンクにどれくらいチャージされてるか確認。
マガジンにガス注入。こちら、約20gくらい入れた状態。振ると、内部の液化ガスがチャプチャプ音を立てる。



バルブ押されないよう、ハンマーコッキング後にマガジンを本体に挿し込み。
少し放置してから取り外し。5gくらい本体に移った。
この状態で本体ガスのみで空撃ちしたら、33発目で弱くなり、35発目で空。最初に検証した時はマガジン挿した状態で何度も撃ってたので、負圧効果もあって内部タンクに十分ガス入ってたが、今回は自然に流れたのみなので、少なかったようだ。
まあ、マガジン外して撃つ事なんて、そうそう無いと思うけど。




次回は、レイルやフラッシュハイダーについて。
  


Posted by Timm_MK2  at 19:20Comments(0)WE P90 GBB

2016年04月06日

WE T.A2015(P90) GBB その2

マガジンキャッチと左右固定してるネジ全て外すと、モナカ構造を開ける。



内部ガスタンクは嵌め込まれてるだけなので、開けた後は簡単に取り出せる。
内部ガスタンクには放出バルブがあり、普段はブロックされてて、マガジンが嵌め込まれてない状態では、ハンマーがダウンしてもバルブが叩かれない。
マガジンを嵌め込むと(1枚目の写真の矢印)



ハンマーブロック(?)が下がって、バルブにファイアリングピン(バルブノッカー)が届くようになる。
空撃ち(マガジン抜いてハンマーダウン)するとハンマーブロックをガシガシ叩く事になるので、なるべく控えた方が良いかも。ハンマーブロック・ファイアリングピン共に亜鉛ダイキャストなので。



ハンマー機構は、同社M14GBBと同じ。
セミオート時は矢印の部分でキャッチするが



フルオート時はトリガーストロークが増えて、キャッチする部分が下がる。
なので、トリガー引いてる間中、ボルト前進する度にハンマーが落ちる仕組み。



ネジ3本外すと、中身が取り出せる。ハンマーメカボックスは樹脂製。



シアピンはスチール製。かなり負荷が掛かる部分なので、亜鉛だと持たないのかも。
内部パーツのほとんどは、亜鉛ダイキャスト。



ハンマースプリングがえらく固いので、長くて弱いのに交換してみた。
・・・が、あまりにも打撃力弱くなり過ぎたので



元のスプリングを2巻カット。
こちら、海外ショップから直接購入した物なのでこのようにカットしたが、国内正規代理店経由のジャパン仕様だと、ハンマースプリングも海外仕様に比べて弱めのが使われてる可能性もあるので、カットする必要無いかと。



セレクターはご覧の通り、トリガーストロークを制限するだけの物。グリスは過剰に塗られてる。
セフティポジション(S)だと全く動かず、セミ(1)は半分のストローク、フル(A)は長いストローク。
上手くトリガーコントロール出来れば、フルのポジションのままセミでも撃てる・・・かも。



セレクター用のプランジャーや、トリガーリターン用のプランジャー。
ハンマーユニットのトリガーバーにもリターン用のスプリングあるので、トリガー自体は重めになってる。
セレクターのプランジャーは、ちょっとずれるとセレクターの穴に深く入り込むので、左右合わせた時に隙間開くようなら、確認してみると良いかも。



マガジンには、空撃ちモードが搭載されてる。
通常モードはロックパーツが前進した状態(1)で、BB弾無くなるとフォロアーと同時にボルトストップを押す部分(2)も出て来る。



フォロアー押し下げて(1)、ロックパーツを下げる(2)と空撃ちモード。
空撃ちしてて、セミでは問題無いが、フルで撃つとたまにロックが外れてボルトストップ掛かったりする。ロックの固さは、他のマガジンに比べて甘め。



マガジン内のBB弾が無くなるとボルトストップの前側が押されて後ろが競り上がり、ボルトが後退→前進した時に途中で止まる。
後退しきって止まるんじゃなく、前進して閉鎖する直前に止まるので、結構衝撃来るんじゃないかと。
樹脂パーツなので、破損が心配(RA-TECHからスチール製のパーツが出てます)
注意事項として、マガジン挿す時、ガスルートをしっかり合わせる事。格好付けて実銃のように乱暴に嵌め込むと、破損する可能性大。
ちなみに、本体側のガスルートは亜鉛ダイキャストだが、パーツメーカーからステンレス製のも出てる。



トリガーにプラ板貼り付けて遊びを少なくした結果、セミでのトリガーのキレが劇的に向上。
セミで撃つのが楽しいです。



マガジン込みの重さ:2238g。
マガジンには少量のガスが入った状態(振っても内部から液の音しないが、普通に撃てる)



大きさ比較。
ストック折り畳んだKAC PDWと同じ大きさ。マガジン込みだと、上下幅はP90が圧倒的にコンパクト(しかも装弾数50発)



次回、アッパーレシーバー(バレルアッセンブリ)の分解及びBB弾込めての実射(ここまで空撃ちのみ)
  


Posted by Timm_MK2  at 20:28Comments(0)WE P90 GBB