2017年09月18日

高木型 弐〇壱九年式 爆水拳銃 通常版 ポリスチレン製 ウォーターガン 塗装

 
デッカードブラスター型水鉄砲の塗装が完了しました。



本体塗装はステンレスシルバー下地に、スモークベースで調合した塗料上塗り。
部分的にシルバー残したり、艶消し黒混ぜた塗料塗ったりして質感変えてます。



塗装前にグリップ分離。
部分的にがっちり接着されてて、特に強く接着されてた矢印の部分は破損したので修復。
グリップ後ろ側はダボで嵌められてただけなので、ダボ残して綺麗に取れた。



左グリップは所々接着剤(おそらく瞬接系)が塗られてて、ダボ全て破損しながら分離。
グリップ自体は破損・割れ無く分離出来た。
グリップ分離後は、左右貼り合わせ部分に瞬接盛り付けて水漏れ防止対策を。
完全に乾くまで数日間放置(というか、手がけてる暇無かった)
金属やすりやペーパーやすりで合わせ目消して、全体をペーパーで磨き上げてから塗装。



インジケーターは、シルバー下地にエナメルのクリアー塗料上塗り。



一部シルバー残してるのは、画像検索でこういう仕上げ行ってる方のを見て、別パーツ感あって良いんじゃないかと採用。
モデルガンだと、レバー部分も本体と同じ色合いになってたし。



側面のインジケーターは金型の関係で分厚く、先端のみ塗装した。



マズルは無塗装。
マズルキャップも透明感残しておいた。



グリップはそのまま。接着せず、簡単に外れるようにしている。



水タンク部分は塗装せず、残り水量が分かるように。
こちらのグリップはダボが全滅してるので、薄い両面テープで固定してる。



塗装しただけなので、重さは変わらず。



水をほぼ満タンにした状態。約120g入る。



若干スペースあるが、銃口下に向けると先端から水が流れ出すので。
この状態でグリップからの水漏れ無し。


実際に外に向かって撃ってみたが、射程は最大5mといった感じ。しかも、トリガー重め。ゆっくり引くとほとんど飛ばず、一気に引く必要ある。ある意味、指の力がそのまま飛距離になる感覚。
最初の1~2発はあまり飛ばないが、それ以降の圧掛かる状態だと5mほど飛ぶ。ただ、射線が左にずれてる・・・。針挿して向き変えたけど。
トリガーの構造上、ピストンをストレートに押す事が出来ず、それがトリガー重めな原因なんじゃないかと。
幸い(?)、トリガー二つあるので、右で後ろ、左で前トリガー同時に引くと、しっかり飛ばせる。
燃費はかなり良く、200発撃ってもちょっとだけ残ってた。指がかなり疲れたけど・・・。
水鉄砲の遊び方としては、2人以上で撃ちあうのが定石だが、片手だとトリガー重く、子供向けとは言えない。
トリガー破損確率も上がるし。
なので、この銃は対戦遊び用よりも、観賞目的が多いような気もする。普通の水鉄砲よりも、造形が優れてるので。
まあ、ネタ銃としては面白いかも。特に塗装した物は一見水鉄砲には見えないし、そこでいきなり水発射したらウケると思うので(親しい知人限定。見知らぬ他人に発射すると、無害な水でもトラブルの原因になります。場合によっては軽犯罪法に触れる事も)
  


Posted by Timm_MK2  at 12:26Comments(4)その他

2017年09月12日

VFC Avalon Leopard CQB AEG (Red) フォアグリップ 続き

ヴァーサタイル・タクティカル・サポート(VTS)の役目を、完全に勘違いしてました。
フォアグリップの前に付けてガードの役目するものと思ってましたね。

フォアグリップのみ付けて左手で握ると、親指が安定しない。そこで、付属のキーモッドレイルを左側面に付けたら、良い感じに固定出来る。で、考えて、あれ?ココにVTS付けたら良いんじゃね?と。そういえば、アマゾンレビューでもこの位置にVTS付けてたっけ。



フォアグリップを指4本で覆うように握り込んで



親指でVTSを押さえ付ける感じ。こうすると、銃のフロントがもの凄く安定する。フルオート時の強烈なリコイルを制御出来るようになります。
・・・まあ、スタンダート電動なので、ほとんど意味ないけど。次世代や、ガスブロならかなり効果ありそう。



ついでなので、反対側にもレイル取り付け。今の所、こちら側に付けるアクセサリーの予定無し。



という訳で、今度こそ完成形に。
横の出っ張り量増えたけど、蓋を無理やり閉じる感じでケースになんとか収まる。
内部スポンジへの負担が大きいので、長期保存時にはVTS外した方が良さそう。
まあ、お気に入りなので、暫くはケースから出して手元に置いときますけどね。



この銃、ピストンヘッドがアルミな所為か、フルオート時には結構震動する。
で、空撃ちで感触楽しんでたら、イモネジがポロッと。
どうやら、このマガジンキャッチのイモネジらしく、緩く入れてフルオートで撃つと、ちょっとずつ緩んで飛び出して来る。
知らずに外で撃ってたら、イモネジ行方不明になる所だった・・・。ネジロック付けて、しっかり締めておきました。
フルオート時の震動はそこそこあるので、ネジ類はしっかり締めておく必要ありますね。
  


Posted by Timm_MK2  at 18:51Comments(0)Avalon Leopard AEG

2017年09月11日

VFC Avalon Leopard CQB AEG (Red) (DX/Japan Version) フォアグリップ

フォアグリップ無いと不便なので、アマゾンで安いの物色して注文。

FAB DEFENSE型PTKエルゴノミクスVTSアングルフォアグリップ



ヴァーサタイル・タクティカル・サポート(VTS)と、エルゴノミック・ポインティング・グリップ(PTK)。
共に樹脂製で、バリ多め。
固定スクリューヘッドは六角レンチ対応で、それ用の六角レンチも付属する。



Avalon LeopardはCQBタイプ選んだのでハンドガードが短めで、VTSは付きそうにない。



銃に付属のキーモッドレイルは短めで、3穴分しか無い。
最初、この位置に付けたが、フォアグリップもうちょっと下げたかったので



一穴ずらしてこの位置に。



フォアグリップ装着。
レイル自体が短いので無理やり挿し込んでもそんなにきつくないが、アマゾンレビューだとフルレイルはかなりきついらしい。なにせ、このフォアグリップの内側はバリまみれなので・・・。



ぎりぎり蓋が開けれる位置。これより後退させると、蓋の摘まみに触れられないので。
内部は空洞で、小さめのボタン電池程度なら入る。2032とかの大きめのは入らなさそう・・・。



アングルタイプなので、付けたままでもケースに収納出来る。
これがナイツタイプのような直立タイプだと、外さないと入らない。



(クリック拡大)
という訳で、大きめ画像で。
かなり構えやすくなりました。
近々行う予定の屋外プリンキングで、使い心地を他の人にも聞いてみる予定です。



  


Posted by Timm_MK2  at 19:49Comments(0)Avalon Leopard AEG

2017年09月10日

CAW ボーチャード・ピストル 追加画像

(クリック拡大)
ブルーイングした金属パーツを、ピカール(金属用コンパウンド)で磨いて艶アップ。
カバープレートも一旦取り外してピカールで研磨。
研磨したら、ブルーイングもかなり良い感じに仕上がりました。
ブルーイングが浅かったり、コンパウンドで強く擦り過ぎると下地が出るので、そこは力加減調整しながら全体が均一になるように磨いてみた。
で、前回ラストとほぼ同じ構図で撮り直し。画像サイズも前回より大きめ。



(クリック拡大)
壁紙サイズで。
  


Posted by Timm_MK2  at 12:21Comments(0)モデルガン

2017年09月09日

CAW ボーチャード・ピストル(HW樹脂製ダミーカート・モデルガン)

ヤフオク落札品で、送料合わせて約40K。

ボーチャード・ピストルのモデルガンは、ハードフォードとCAWの2社からリリースされてて、CAWの方がリアルさが上という事で、発売前から購入予定でした。が、色々あって先延ばしにしてたら、直販店での取り扱いも無くなってる始末。おそらく、今は生産休止中ではないかと。こりゃアカンと、国内ショップ探すも在庫切れが多く、残ってる所もちょっと割高。ヤフオクに、定価よりちょっと安いのがたまたま1点だけ出品されてたので、思い切って入札。そのまま他入札無しで落札出来ました。

すでに色んなブログで紹介されてるので、ウチでは簡単に記事にします。ブルーイングもごく一部のみ。



前のオーナーはほとんど弄って無いらしく、ずっと箱に仕舞ったまま保管してたとの事。
カートの袋も未開封。



取説には、詳しい分解手順がイラスト付きで載せてある。
赤い紙片も付属し、そちらには特に注意する点が記載されてた。
そして、このボーチャード・ピストルに対するCAW社長の熱い思いが綴られた文章もあり、否が応にも心が熱くなってきます。



組み立ても本郷社長自ら行ってるそうで(当時はともかく、今は社長じゃないのかな・・・?)



一部、仕上げ直ししてます。
HW樹脂なのでヒケはほとんど見受けられないが、バレルやレシーバーの一部にほんの僅か、ヒケが見られる。
基本、マットブラックで、金属パーツも同様の処理されてて、一体感がある。リアルウッドのグリップ内側には金属ウェイト入り。マガジンボトムもリアルウッド。
本体はHW樹脂なので、磨いてブルーイングして、実銃そっくりに仕上げてる職人さんもあちこちに。



リアヘビーでアンバランスに見えるが、握ってみると意外と手にフィットする。
西洋剣の柄の部分のような握り心地(南部十四年式は日本刀の柄のような感じだし)
また、写真で見ると大柄に感じるが、手に取って見ると意外と小さい。グリップの上が前後に長いので、携帯性は皆無だけど。



左右のカバープレートは取り外せるらしいが、回転させただけでそのまま磨いてブルーイング。なので、ブルーイングが不均一。トグルロックも付けたまま磨いてブルーイング。
リコイルスプリングを収納してる部分は亜鉛ダイキャスト。右はそこそこ良いが、左面が湯皺が多い。この製品、HW樹脂やスチールパーツの仕上げは良いが、亜鉛ダイキャストはイマイチな部分もある。



フォントの形状まで実銃そっくりという拘りよう。チャンバー上面は軽く磨いてブルーイング。



PLがばっちり残ってたフロントサイト。固定ピンは右から押すと簡単に抜けるので、取り外して磨いてブルーイング。



全体的にPLは綺麗に処理されてるが、1のラインと、2の部分に残ってた。
1は角なので目立たないし、2の部分のみ、ペーパーで削ってブルーイング。



他にも、トリガーガード内側にPLばっちり残ってる。
こちらもペーパーで削ってブルーイング。
あと、サイドにあるトリガーカバーと、トリガーも磨いてブルーイング。トリガーはストローフィニッシュ調に。



グリップが直立してるせいか、マガジン抜くと自立出来る。



ボーチャードを改良発展させたルガーP.08と。
P.08のコンパクトさとバランスの良さが良く分かる。



ほぼ同じ大きさのP.08 8インチと。
ボーチャードのレシーバー部分、特に括れてる所のコンパクトさが良く分かるかと。
後ろのリコイルスプリング収納部分が無ければ、ボーチャードはP.08よりもスリムで小さい。



銃身長は、P.08の8インチよりもちょっとだけ短い。



トグルジョイントは形状が近いだけじゃなく、長さも近い。
といっても、互換性は無いけど。
P.08がフレームに当ててリンク跳ね上げるのに対し、ボーチャードはショートリコイルでロックが解除された後にリンクが上がる。これは、それぞれのジョイントのピン位置の違いによるもので、P.08の方が合理的。



(クリック拡大)
実銃とニコイチ出来るのを目標に造り上げられた、究極のモデルガン。その拘りは、パーツ形状のみならず、分解しないと見えないナンバー刻印や、強度必要なパーツにスチールパーツを使った点にも見られる。
ダミーカートモデルガンという事で、銃口にガス抜く必要性無いからか、銃身は完全閉鎖されてる。樹脂製モデルガンは閉鎖義務は無いのだが(せいぜいインサート入れる程度)重さを稼ぐ意味もあるのかも。金属製モデルガンの銃身に入れられてるような、金属棒がしっかり埋め込まれてる。
実銃は美術品扱いで、弾込めて撃つなんて事は、まともなオーナーならまずしない。せいぜい、眺めたりトグル作動させたりする程度(いや、作動すらさせてない場合が多いかも)。そんな貴重なモデルを、惜しみなく分解・計測して、超リアルなモデルガンを入手しやすい価格で提供して下さった本郷社長には、頭が下がる思いです。4万前後の価格は確かに安いとは言えないけど、内容を知り、実際に手に取って見れば、安すぎて申し訳ない気分になります。儲けあるのかな・・・?
ともあれ、歴史に名を残す名モデルガンである事は間違い無く、本郷社長には感謝の気持ちで一杯です。
同社のダミーカート式モデルガンはどれも出来が良いので、その内十四年式やパパ南部も入手したいと思ってます。


しかし、このボーチャード手にしてると、コレのガスブロが出たらどんなに良いか、と考えてしまいますね。さすがにモデルガンをベースに改造するのは不可能に近いので(ほとんど作り直す必要ある)、多少のデフォルメあっても良いので、CAWでガスブロ出して欲しいですね。ただ、ブローバックエンジンがタナカのP.08と同じだとすると、WAも絡んでくるので、実質不可能とも言える・・・かも。海外メーカーで、なんちゃってボーチャードっぽいガスブロを出す可能性も無くも無い・・・かも?(コピー天国の中国製とか)
  


Posted by Timm_MK2  at 20:21Comments(2)モデルガン