2015年02月26日

WE ブローニング・ハイパワー モデルガン化 比較

コピー元のタナカ製ブローニング・ハイパワーと(タナカのハイパワーの詳細は本館記事で)。タナカのハイパワーは中華民国仕様。
大凡の形状及び寸法はほぼ同じと言ってもいいくらいだが、ブローバックエンジンの一部が違うので、上下交換してもブローバックしない。



まず、マガジンのバルブ周りが違う。
右のタナカのはWAのマグナブローバックそのものなので、マガジンにバルブロック機構がある。
左のWEは下がるパーツこそあるものの、単なる飾りでバルブロック機構は無い。

※マガジンの互換性について
画像の通り、バルブロックシステムが違うので互換性は無い。
と思ってたが、寸法は全くと言って良いほど同じで、お互いマガジン交換してしっかりロック出来た。
その状態で空撃ちしてみたら

WEハイパワーとタナカマガジン→しっかりブローバックしてスライドストップ掛かった。
WEのバルブノッカーロックの動きがタナカのバルブロックレリーズと同じで、ハンマーコッキングされるとマガジンのバルブロックプレートを押し下げる。こちらは相性良い。

タナカハイパワーとWEマガジン→全くブローバックしない。相性悪い。まあ、タナカのマガジンからバルブロックプレート外して撃っても同じ結果になりそうだけどw(要はそういう事)


スライド内部比較。
一見、同じに見えるが、まずリコイルスプリングの強さが違う。タナカは国産GBBらしく、かなり弱め。WEは海外製らしく、かなり強め。
ホップシステムは全く同じ(WEのはオミットしてあります)
ブリーチ内部がシリンダーでノズルの後部がピストンなのは同じだが、フローティングバルブの仕組みがWAのBB弾切り替え式に対してWEは負圧式。フローティングバルブのスプリングの向きが逆。
ブリーチ固定方法は全く同じで、ブリーチが落ちないようにエキストラクターで押さえて、エキストラクターをイモネジで固定。ただ、WEの方は最初からエキストラクター欠品してた(なので自作)



トリガーとシアを繋ぐシーソー状のパーツ(シアーレバー)、左のタナカは亜鉛ダイキャストで右のWEはスチールプレス。
どちらが耐久性高いかは、自ずと分かるかと。




フロントのトリガーメカは構造・材質的にもほとんど同じ(左WE)




リアシャーシ比較。左がWE。
右のタナカのはマグナブローバックなので、バルブロックはマガジン側にあり、ハンマーが起きる事によってバルブロックレリーズ(ハンマー左にあるスチールプレス)を起こし、シーソーの原理でマガジンのバルブロックプレートを押し下げる。
WEの同位置にあるレバー状のパーツはバルブノッカーをロックし、ハンマーがフルコックされる事でロックが解除される。
このロックパーツのおかげでシアの掛かる部分が半分になり、シアの負担が増えてるのがWEの欠点とも言える。タナカは左右2ヶ所でハンマーと噛み合ってるが、ハンマースプリングが強めな為、シアを押す力もその分増し、シアーレバーに対する負荷が高くなってる。トリガー重いのもその所為(実銃がこういう構造だから仕方ない)



バルブノッカーは、右のWEは短いスプリング。ハンマーダウン時にマガジン挿しても上手く逃げれるようにしたんだろうけど、国内ガスだとバルブ押されてガスが逃げる。また、ハーフコックでマガジン挿すと、タナカはノッカーに全く当たらないのに対し、WEはちょっとハンマー押される。



右側の刻印比較。タナカのアウターバレルは塗装してます。



タナカのアウターバレルには、スライドやフレームに打たれたシリアル番号が無い。その代わり「CAL 9m/mP」の文字が。




タナカのはABS樹脂でかなり軽い。グリップの隙間に釣り用鉛入れてもこの程度の重さ(マガジン込み)


タナカのハイパワーの弱点として、以下の項目が挙げられる。

スライドのガタ多め→トリガー引くとスライドちょっと持ち上がる(WEの方が上下のガタ少ない)
ハンマースプリング強め→弱くするとバルブロックしない(トリガー軽く出来ない)
スライド内のシーソーパーツが亜鉛ダイキャスト製→折れやすい(WEはスチールプレス)

マガジン温めすぎるとガスルートパッキン飛び出す→バルブ押されてもブローバックしないので内部ガス全放出
ベレッタタイプだと、そのまま空中に消える



(クリック拡大)
WEのリコイルスプリングとハンマースプリングは2~3巻カット
WEはマルイよりも若干弱めなくらいまでハンマースプリング弱体化させたが、マガジンかなり温めてもしっかりバルブ叩けてブローバックする。タナカのを同じくらい弱めると、バルブがロックされないのかほんのちょっとしかブローバックしない。なので、

タナカ→リコイルスプリング弱め、ハンマースプリング強め
WE→リコイルスプリング強め→ハンマースプリング弱め

このような結果に。

あと、ブッシングの違いというか、WEの改良点。
WEのは、ブッシングの内側、バレルと擦れる部分に細いOリングが入っててバレルとのフィッティングが向上してる。



(クリック拡大)
昔は銃に対するイメージはやっぱり黒で、金色モデルガンに対してあんまり良い印象無かった。なので、プラスチックの黒いモデルガンが出たらそっちに移ってしまった訳だが・・・。
今は金色もいいもんだな~っとw。
特にハイパワーの金属モデルガンは52年規制で完全消滅してしまったので、こうやって手にする事が出来るのは嬉しい。
昔と比べて出来も良くなってるし。
もっとも、出来が良いのはコピー元の国産ガスガンの出来が良いからであって、海外メーカーが一から設計した訳じゃない。そう考えると、嬉しい反面、ちょっと複雑。

タナカのハイパワーはパーツが壊れやすい欠点があるそうで・・・。あと、バレルのロッキングラグが1本しか無いのも不満(実銃はガバ同様、2本ある)。KSCがハイパワー作ってくれたら良いんだけど。内部パーツを焼結金属にして耐久性アップして、ロッキングラグは2本で。
マルイは、今後古い銃の製品化はしなさそうなので・・・。実射性能考えたらマルイにも作って貰いたいですが。



マガジンかなり温めると、このようにバキンバキンと動きます。
タナカだと今の時期でこの動作は無理(マガジン温めるとガスルートパッキン飛び出すので)
スライド重いので、ブローバックの迫力もかなりあり、金属モデルガンでありながら火薬を使わないお手軽ブローバックが楽しめます。
  


Posted by Timm_MK2  at 13:08モデルガン動画

2015年02月25日

WE ブローニング・ハイパワー モデルガン化

WEのガスブローバック、ブローニング・ハイパワーを合法化処理してみました。
フルメタルハンドガンの海外製GBBを合法化するのは、ある個人サイト(yonyonで検索)が有名ですが、大体そちらと同じ事してます。
自分なりにアレンジ加えてますが。
ぶっちゃけ、国内の金属製モデルガン(金メッキ)を目指しました。メッキと比べて反射率は低めですが・・・。

ブラックの刻印版をベースに下地シルバー(スライド側面のみ地色のまま)、調合したクリアーを上塗り。
スライドストップのみ、地色にジルコニアスプレー。



アウターバレルはそのまま。
トリガーとハンマーは、薄くブルーイングしてケースハードンっぽく。



リアサイトはシルバー塗装後に無色クリアー。
フロントサイトは一部PL残ってたので、磨いて地色出してクリアー塗装。



アウターバレルにはスチール材をインサート。はっきりくっきり見えるので、これを実銃と勘違いする人は皆無かとw。
WEでは通常、マズルにネジ切ってあるが、こちらには無し。ライフリングモールドも綺麗。



番号は、チャンバー部分がレーザー刻印で他は打刻。



ちなみに、元の黒塗装はそのまま(スライドの一部は落としてる)で下地シルバー塗りました。塗装落とすのが面倒なのでw。
金属に塗装しても剥げやすい(特に亜鉛は喰い付き悪い)ので、元の塗装に上塗りしたってのも理由の一つ。
地色出してピカピカになるまで磨き上げてクリアー上塗りすれば、金メッキも表現できます。但し、爪で擦ると剥げる。一度、スライドストップを綺麗な金メッキ調にしたけど、擦ったら剥げたので、地色のままにしようかと。この方が見栄えが良いし。



この程度の反射率。
スライド側面は地色磨いたので少し反射率高いが、ヘタに擦ると剥げるので慎重に扱わないと。



マガジンも空撃ち仕様。フォロアーとスプリング抜いてる。
最近、室内で空撃ちでブローバック楽しむばっかりなので、あれ?これならBB弾発射機能無くしても良いんじゃね?と思い、モデルガン化しようと決定w。
このハイパワーはタナカのハイパワーのコピーで、インナーチャンバーも全く同じ。遠距離での実射性能は無いに等しいので、室内で撃つしか楽しめない。もっとも、上下メタルなのでそのまま組めないけど。
タナカとはブローバックエンジンが異なるので、そのままニコイチは出来ない。シャーシ抜き取ってフレームのみ交換とかだと可能かもしれないが、確かめる前にこれやっちゃったのでw。



インナーバレル外してガイド兼インサートを挿し込んでます。



アウターバレルには、矢印で示した部分にスチール材(M8ボルト)をがっちり接着してあります。
ブローバックギミックは残しておきたかったので、アウターとインナーは別にする必要ある。
最初、バレルのほとんどにインサート材入れようと思ってたが、インナーチャンバーにガイド部分(元のインナーバレルに相当)が全く無いと、組み込みや作動は良くても分解出来なくなる。中で曲がって引っ掛かるらしく、ガイド無い状態で一度組んだら分解にえらく苦労したので。ある程度のガイド部分は必要かと。
インナーチャンバーに挿し込んでるガイドは、外径9mmのアルミパイプにM8のボルトを入れてガチガチに接着した物。ノズル先端が当たって閉鎖不良起こさないように加工してます。
ちなみにインサート材の接着には瞬接+金属粉を使用。この組み合わせは超強力な接着力があり、メッキされた金属にもがっちりくっ付く(ドライバーにくっ付いたのを取るのに金属ヤスリ必要)。なので、インサート材を無理に取ろうとすると、アウターバレル自体が壊れる恐れあり。



ノズルも塞いで銃口方向へのガスをカット。フローティングバルブは前進位置で接着。こうする事で燃費も良くなる。



樹脂製グリップの隙間に鉛追加&バレル内のインサート材の重さもあって、かなりの重量増。
ちなみに、海外のショップでのデータによると、元の重さは805gとなってます。



(クリック拡大)
マルシンの金属製モデルガン、ルガーP.08と。



さすがに22金メッキの輝きには及ばない・・・。



(クリック拡大)
壁紙サイズで。



次回は、タナカのハイパワーとの比較。
  


Posted by Timm_MK2  at 19:10モデルガン

2015年02月24日

Hephaestus HTS-14 GBB バーチカルフォアグリップ他

HTS-14専用バーチカルフォアグリップ、やっと入手出来ました。



ヤフオク落札品。他に競る相手無くて、スタート時の価格で落札出来ました。
海外のショップだと$40なので、それよりは安く入手出来てラッキーでした。



重さ比較。
先端重量が113gアップ。



交換は、まずこのキャップを外し



同じ位置に同じ組み方でフォアグリップ付けるだけ。
アルミ削り出しで精度は高く、グリップは別パーツでネジ留めされてる。
グリップもアルミなので、握ると冷たい(今の時期)



アウターバレル(?)に対してかなり長さがあるので



銃口はフォアグリップ先端から57mmほど奥に引っ込んでる。



インナーバレルをタニオコバのツイストバレルに変更。
中華電動の雷槌から移植。雷槌には現在、HTS-14のインナーを取り付けてある。
そっちはフラッシュハイダーぎりぎりだけど。



元のインナーに対して若干短いので、インナー先端は奥に。

付属の純正マガジン温めて初速測定。

G&G 0.2gバイオBB弾

78~80m/s


SⅡS 0.25gセミバイオBB弾

72~77m/s


0.25g撃つ前に再び温めたけど、0.2gの時より温度高かったようで、若干パワー上がってる。

インナー短くなった分、初速は落ちてるが特に問題無いレベル。
0.25gでの弾道は安定性が増したように思える。



大分充実してきたウチのHTS-14。特にフォアグリップ持つと、腰だめでの安定感が抜群!
後はマウントと光学サイトかな?マウントは海外ショップじゃないと在庫無いので、少し後になりますが。
  


Posted by Timm_MK2  at 19:19Hephaestus HTS-14

2015年02月22日

Gun & Girl


※注意!フィギュア画像です。
興味ない人やフィギュアに嫌悪感を抱く人はスクロールしないように。


















警告しましたよ。









それでは、どうぞ。


(クリック拡大)
女の子と銃の組み合わせ、結構ミリブロでも見かけるが、ウチではモデルがいないw。
という訳で、妖精さんに登場して貰いました。


以下、サムネイル画像はクリックすると拡大表示されます。解像度はかなり大きめ。



スケールは1/6なんだけど、妖精という事を考慮したら1/1としても違和感無さそう(人間大のサイズなら単なるコスプレ少女になりそうだしw)



やはり、樹脂やアルミの銃よりも、鉄と木を組み合わせた銃の方がマッチしますね。



 
HTS-14と。



透明素材に彩色してるので、光が透けて見える。



ハンドガンなら、アンティーク調のが合いそう。
ルガーP.08と。



妖精さんをアップで。
この子、表情が凄く良いもので(*´∀`*)。


ちょいエロな妖精さんでしたが、こういうフィギュアメインの回は今回限りの予定ですw。
これ、アマゾンで見かけて買おうかどうしようかずっと悩み、発売後も悩んでました。
でも、この業界の格言に「買わずに後悔するよりも買って後悔しろ!」というのがありまして・・・。
まあ、買って後悔はしてないけど、どちらかというとココにアップした事の方が後悔してるかもw。
勢いというのは恐ろしい・・・。

  


Posted by Timm_MK2  at 17:33その他

2015年02月20日

GHK AKM GBB 各種調整

HTS-14に施した方法をAKMにもフィールドバックすべく、まずはインナー取り出し。

・・・取り出せませんでした。後ろに引っ掛かって。

アウター外すのは面倒だし、チャンバーパッキンは交換する必要無いし、クッションラバーのみ、中抜きと更に下面をフラットに加工。中抜き程度だと、まだホップ強めに感じたので。



ボルトの内部、シリンダー部分はHTS-14同様仕上げ悪いので



アルミパイプにペーパーヤスリ貼り付けてゴシゴシと研磨。



コンパウンドやピカール等の研磨剤で鏡面仕上げに。
これやると気密アップ及び作動の滑らかさに繋がるので、同社の現行版AKシリーズ持ってる人はやった方が良いかと。



ノズルガイドスクリュー、こちらはHTS-14と違って緩めだったし、実際取り外す際に緩んで飛び出してたので、ネジロック塗ってしっかり固定しといた。



フィーディングランプの上側はHTS-14同様、削ってダイヤルが回しやすいように加工。

ホップのクッションラバーを削った所為でホップの掛かりは悪くなったが(白いライン真上でノンホップ状態)、マガジンある程度温めてホップダイヤルを3/4ほど回すと、0.25gですーっと遠くまで安定して飛ぶように。
雪融け後の外でのプリンキングが楽しみ。
  


Posted by Timm_MK2  at 11:58GHK AKM GBB