2017年09月18日

高木型 弐〇壱九年式 爆水拳銃 通常版 ポリスチレン製 ウォーターガン 塗装

 
デッカードブラスター型水鉄砲の塗装が完了しました。



本体塗装はステンレスシルバー下地に、スモークベースで調合した塗料上塗り。
部分的にシルバー残したり、艶消し黒混ぜた塗料塗ったりして質感変えてます。



塗装前にグリップ分離。
部分的にがっちり接着されてて、特に強く接着されてた矢印の部分は破損したので修復。
グリップ後ろ側はダボで嵌められてただけなので、ダボ残して綺麗に取れた。



左グリップは所々接着剤(おそらく瞬接系)が塗られてて、ダボ全て破損しながら分離。
グリップ自体は破損・割れ無く分離出来た。
グリップ分離後は、左右貼り合わせ部分に瞬接盛り付けて水漏れ防止対策を。
完全に乾くまで数日間放置(というか、手がけてる暇無かった)
金属やすりやペーパーやすりで合わせ目消して、全体をペーパーで磨き上げてから塗装。



インジケーターは、シルバー下地にエナメルのクリアー塗料上塗り。



一部シルバー残してるのは、画像検索でこういう仕上げ行ってる方のを見て、別パーツ感あって良いんじゃないかと採用。
モデルガンだと、レバー部分も本体と同じ色合いになってたし。



側面のインジケーターは金型の関係で分厚く、先端のみ塗装した。



マズルは無塗装。
マズルキャップも透明感残しておいた。



グリップはそのまま。接着せず、簡単に外れるようにしている。



水タンク部分は塗装せず、残り水量が分かるように。
こちらのグリップはダボが全滅してるので、薄い両面テープで固定してる。



塗装しただけなので、重さは変わらず。



水をほぼ満タンにした状態。約120g入る。



若干スペースあるが、銃口下に向けると先端から水が流れ出すので。
この状態でグリップからの水漏れ無し。


実際に外に向かって撃ってみたが、射程は最大5mといった感じ。しかも、トリガー重め。ゆっくり引くとほとんど飛ばず、一気に引く必要ある。ある意味、指の力がそのまま飛距離になる感覚。
最初の1~2発はあまり飛ばないが、それ以降の圧掛かる状態だと5mほど飛ぶ。ただ、射線が左にずれてる・・・。針挿して向き変えたけど。
トリガーの構造上、ピストンをストレートに押す事が出来ず、それがトリガー重めな原因なんじゃないかと。
幸い(?)、トリガー二つあるので、右で後ろ、左で前トリガー同時に引くと、しっかり飛ばせる。
燃費はかなり良く、200発撃ってもちょっとだけ残ってた。指がかなり疲れたけど・・・。
水鉄砲の遊び方としては、2人以上で撃ちあうのが定石だが、片手だとトリガー重く、子供向けとは言えない。
トリガー破損確率も上がるし。
なので、この銃は対戦遊び用よりも、観賞目的が多いような気もする。普通の水鉄砲よりも、造形が優れてるので。
まあ、ネタ銃としては面白いかも。特に塗装した物は一見水鉄砲には見えないし、そこでいきなり水発射したらウケると思うので(親しい知人限定。見知らぬ他人に発射すると、無害な水でもトラブルの原因になります。場合によっては軽犯罪法に触れる事も)
  


Posted by Timm_MK2  at 12:26その他

2017年08月04日

(株)アルゴ舎 Fullcock 高木型 弐〇壱九年式 爆水拳銃 通常版

久しぶりの更新です。ちょっと色々考える事がありまして、今後ブログを続けるべきか決めかねてました。
一応、9月発売のCyberGun SCAR-H GBBR(Mk17 JPversion)のレビューまでは行う予定です。




Fullcock 高木型 弐〇壱九年式 爆水拳銃 通常版 ポリスチレン製 ウォーターガン

ネットの予約段階で定価販売のは速攻売り切れ、残ったのは定価の倍以上のばっかりという、異常な人気出たウォーターガン。ようするに水鉄砲。まあ、転売屋がかなりの数を買い占めた所為ってのもありそうだけど・・・。
ネット通販は高いので、発売された後に一縷の望み託してK模型店に行ってみました。あればラッキー程度で。
で、ラッキーな事に1個だけ置かれてたクリアシルバー発見。クリアブラックは無いのかと残念な気持ちになったが、ちょっと隠れた位置に置かれてて、パッケージに一部破損有りとマジックで書かれてた。暫し悩んだ後、両方購入。シルバーは定価(1200円)で、ブラックは若干値引き(1090円)。どちらも税別。



簡易パッケージの裏面。
当然、Made in China。
パッケージ自体は日本仕様だが、オレンジのマズルキャップ付属してる点からも、海外にもかなり出荷してる感じが(アメリカだと、銃の形した玩具は、銃口を赤あるいはオレンジに塗って、一見して実銃と区別出来るようにしないといけない。主に所有者の安全の為に)
オレンジキャップの取り付けは、特に明記されてないが、マズルキャップに接着するらしい。日本だと必要無いが。



破損個所。割れてて、接着した跡がある。
アマゾンレビューでも、最初からクラック入ってたとか、擦り傷あったとか、個体差が激しい。
クリアシルバーは問題無かった。
水のタンクはグリップ部分のみで、それより上は単なる飾り。なので、ここ割れてても水漏れの心配は無い。



クリアオレンジのグリップにも、接着剤が付着して拭き取ったかのような跡が。
赤いキャップは注入口の蓋。



見た目はかなり良い。デッカードブラスターの雰囲気がとても良く再現されてる。



ちなみに限定品の豪華版は、通常版に塗装した物。材質や構造が違う訳では無い。
まあ、豪華版は、通常版よりも更に早く売り切れてしまったようだけど。
今流通してるのはボッタクリ価格なので、通常版買って自分で塗装した方が良い。



クリア素材なので、このくらい透けてる。
水の導管の配置も良く分かる。



刻印は再現度高く、全体の造形も素晴らしい。



目立つ場所にあるMADE IN CHINAがちょっと萎える。



マズルには、小さな射出口が。



この製品の最大のウィークポイントは、このトリガー。どっちを引いてもOKだが、真っ直ぐ後ろに引く必要ある。
トイガンのトリガーのように回転方向に力加えるとポッキリ逝く。主に後ろのトリガーが。
肉抜きか、根元には穴が開いてるが、貫通こそしてないもののかなり深い。でも、その肉抜き穴の真下で折れる事が多い。
また、個体差でトリガーにクラック入ってるのもあるとか。抜き打ち検査で作動確認して、検査官が力の向き間違えたのかも?あるいは、組み立て途中で(中国の工場での組み立て担当は、素人が多い)
このトリガー、ガバのように真っ直ぐ後ろに引く。それも出来るだけ根元に指当てて。
公式にも告知されてるので、この製品持ってる人は使用する前に読むように。
まあ、両手で持って、右手の指は後ろ、左手の指は前に掛けて、同時に引くようにすれば、破損免れる確率上がるんじゃないかと。



中身空でウェイトも入って無いので、軽い。
グリップに水満タンにすればもうちょっと重くなるだろうけど、100gも入るかな・・・?
水タンクはグリップ左右接着によるものなので、水漏れする個体もあるとか。
ウチのはまだ試して無い。水入れたら塗装するのに完全乾燥させなきゃいけないし。
左右貼り合わせ部分の完全シーリング、及びグリップ以外の全塗装行ってから、水入れて試射してみようと思ってます。
冬になる前に・・・。


アマゾン、発売前に比べて安くなりました。といっても定価よりは高いけど。
以下のは送料込みなので、定価+送料と考えたら、まあ妥当なのかも。複数注文した場合、かえって割高になるけど。


  


Posted by Timm_MK2  at 20:19その他

2017年05月07日

屋外プリンキング 2017年春

毎年恒例の、仲間内での屋外プリンキング、本日開催。場所は、とある河川敷。
日程は2週間前に決定してたが、前日になってR氏が家庭の都合上により不参加表明。
この日に参加すべく仕事頑張ってたn氏は、急な仕事入り、不参加。
結局、D氏と私の2人のみで開催する事に。

前日は強い雨が降ってて今朝も少し降ってたが、その後晴れて午後は日差しが強い。
ただ、日差し強い所為で車の中は暑くても、外の気温は20℃下回ってた。



簡易ターゲット設置。今までは、適当に遠くに向かって撃ってたが、やはりターゲットあった方が盛り上がると思い、ダ〇ソーで板とシートピン購入して作成。板に穴開けて、ピンの先端上にしてターゲットの空き缶挿すだけ。
材料費200円(+税)
長物に合わせて目測20mちょいあたりに設置したが、午後から風が強くなった事もあって、弾道乱れまくって当たらない。



この日持参したブツ。M82A1 AEG、G28 GBBR、M1903とM1カービンとガバはエアコキ。
風が強い事もあり、M1903でもなかなか当たらない。天気が良い割に気温が低めな事もあり、G28はイマイチ本調子じゃない。
それでも、スコープ越しに撃つと、映像ブレまくるけど。
M82A1は、撃ちながらホップ調整したが、ずっと構えてるのはきついので早々に終了。やはり、通常のライフルのような持ち方は、M82A1には不向きなようだ。



弾込めてる時に気が付いた、HK417GBB用マガジンケースのクラック。もう一つの方はクラック無し。
まあ、ココが割れるのは、HK417用マガジンでは当たり前のようだし。
割れ入ってても、給弾や作動には影響なし。

風の所為であまりにも当たらないし、仕舞にはターゲット倒れる始末。
大きめの石を持ってきて重石にし、10mくらいの距離まで近づけて設置。
それでもターゲットが小さい(190g缶)ので、しっかり狙わないと当たらない。
距離が近い事もあり、予備にと持参したマルイP226ガスブロに変更。マガジン温めながら撃って、何発か当たるように。
D氏は、映画の影響もあってお気に入りのKSC P226を持参。隣でパスパス撃ってたが、高確率で缶に当たってた。



シートピンを段ボールの下から挿して台の板を固定。重石もあるので、強風にも倒れる事は無くなった。
で、このように4つのターゲット(シートピンは4本入り)に向かって撃ってたが、なぜかターゲットの間を素通りする事が多い。特に左から1番目と2番目の間を。
そして、狙ってる訳じゃないのに、なぜか3番目(茶色の缶)に弾が集中する。まあ、風が左斜め後方から吹いてる所為でもあるけど。
おかげで、3番目の缶のみ、特にボコボコに。


16時過ぎると、陽は高くても気温が下がってくる。風が強いので、特に肌寒く感じる。17時あたりまでおしゃべりして、今回は終了。
次回は、9月あたりを予定。7~8月は気温高過ぎるのと雨が降りやすい(青森は、6月あまり降らずに7~8月多めに降る)、そして私の場合日曜日に仕事入る事が多いので。
9月だと、それほど風は強く無いし、気温もそこそこ高いので、ガスブロメインで行う予定。
それまでに、マルイの新製品ガスブロハンドガンが出れば良いけど・・・(V10特に希望)
  


Posted by Timm_MK2  at 21:33その他

2017年03月01日

サムライエッジ アルバート.W.モデル 01 予約開始



やっとバイオ・サムライエッジシリーズのウェスカーモデルが出ますね。
アクセサリーも色々付いてくるみたいで。
すでにあちこちのショップで予約開始。
ちょっと調べた感じでは、Wowma!のフォースター&楽天のスカイスターが安め。



G19やV10は夏頃かな?
  
タグ :予約


Posted by Timm_MK2  at 06:06その他

2016年12月29日

3Dプリンター 1/3グリップ

S&W M629 パフォーマンスセンター NATO GREENに同梱されてた、1/3スケールのベレッタM84用グリップ。
M629を譲って下さった方が最近3Dプリンターを購入されて、試しに作成してみたとの事。材質は、PLA。
積層ピッチは0.05mm。最高品質でも、緩やかな曲面には段差が見える。
文字は綺麗に仕上がってる。



裏面。この部分は台座というか、サポート部分。



意外と簡単に分離出来ました。



とりあえず仮組み。
と言っても固定用のダボは無いので、載せてるだけ。
形状は、無加工でもぴったり合ってる。



ただ、やはり樹脂を熱して積層してる関係か、少々反りが見受けられる。



こっちも大分隙間が。
まあ、底面を平らに造形してるので、バックストラップとの隙間はどうしようもない。



取り付け部分、薄くなるよう削ってみた。



後ろは元の厚みが足りない。



この樹脂は削るのがちょっと困難。ジュラコンのように粘りがあり、表面は硬めで、目の細かいヤスリだと全く削れない。
で、ルーター使ったら、刃が当たる部分溶けて軸に纏わりつく。熱には弱いみたいで。
仕方ないので粗めのヤスリや粗めのペーパーヤスリでゴリゴリと。途中から、空洞見えてきた。
3Dプリンターで出力した物は、削るのには向いてないようで。


私が3Dプリンター購入した時の参考になりました。
なんとか来年中には購入したいと思ってますので。


ちなみに、その方が購入した3Dプリンターはこちら↓。


  


Posted by Timm_MK2  at 18:48その他