2016年05月31日

Blackcat Mini Model Gun M1935

M1935。通称、ブローニング・ハイパワー。
こちらは、約1/2スケールのミニチュア・モデルガン。
購入価格は$14.6。



ケース。



取説やスペアパーツ無し。



表面のメッキはブラッククローム調。金属製ピストル型ライターによくある色合い。
表面は綺麗なんだけど、傷が付きやすいのか、ごく細かい筋がいくつか見受けられる。ニッケルメッキほどの硬度は無いのかも。
例によって刻印は無し。スパーハンマーと固定リアサイトのタイプ。エキストラクターも外付けタイプ。
セフティやグリップはミリタリータイプなので、MKⅢとミリタリーの合いの子なのか?



ホールドオープン。バレルはニッケルメッキで、黒っぽい本体とのコントラストが美しい。



エジェクションポートから初弾が見えるが、同社DEのようなカートエジェクション機能は無い。



真鍮削り出しのカートリッジは1発のみ付属。



ハンマーコッキング状態。ファイアリングピンモールドが無駄に出っ張ってる。
また、エキストラクターモールド(タナカのガスブロだと、ブリーチ押さえ)の凹みもある。
セフティは動くが、単なる飾り。



マズル。スライド先端のPL処理残念。



重さ。マガジンと、マガジン内のカートリッジ込み。



手で持った状態。ブローニング・ハイパワーは元々がトリガーガード小さめなので、1/2だとトリガーに指の先端掛けるのがやっと。
無駄に長いファイアリングピンのおかげで、ハンマーダウン状態でもハーフコックに見える。



スライドストップ抜いて通常分解。
スライド引いた状態でセフティで固定出来るのも、実物通り。



リコイルスプリングは、バレルに巻き付けられてる。



スライド先端と噛み合う、フレームの内側のレールも再現されてる。



メカニズムは、実物とは全く違う。同社M92Fのトリガーバーを内側に配置した感じ。



(クリック拡大)
内部メカはアレだが・・・。外観は、それなりに良い出来。
アップ写真だと、海外の、あまり精巧な造りじゃないリアルサイズのモデルガンだと言っても通用しそう。



(クリック拡大)
WEのブローニング・ハイパワーと。ミニチュアモデルの表面がメッキなので、タナカの黒いABS樹脂モデルよりもこっちの方が並べて映えると思いまして。
  


Posted by Timm_MK2  at 18:44Comments(2)ミニチュアモデルガン

2016年05月31日

カップ麺 カップ焼きそば編 その10

久々のカップ麺レビュー。いや、それまでに新製品買ったりしてたけど、レビューしてる暇無かったorz。

サッポロ一番みそラーメンと言えば、昔は袋ラーメンで結構お世話になってた。
その焼きそばバージョンという事で購入してみました。




小袋は、液体のたれと、スパイス。
かやくは、麺の下に入ってる。



熱湯注いで2分なので、時間超過に注意。
2分半放置したら、ちょっとふにゃっとした仕上がりに・・・。

かやくの量自体は、他の100~130円台のカップ焼きそばと同レベル。
味は、味噌の甘さと七味の辛さがハーモニーを醸し出してる感じで、美味い。
通常のソース味とはまた違った味わいがある。麺がちょっと柔らか気味だったので、もうちょっと早めに湯切り行えば良かったかも。
焼肉風味という事は、焼肉の味噌だれ風味という意味合いだろうか?確かに、同社のみそラーメンとはちょっと味付けが違う気がする。
・・・最近、袋ラーメンのサッポロ一番食べて無かったので、過去の記憶から比較してますが。
十分に美味いし、ソース味に飽きたらチョイスするのも一興かも?


同時に塩ラーメン味も購入してるので、後ほどに。
  


Posted by Timm_MK2  at 06:58Comments(0)日常

2016年05月30日

Blackcat Mini Model Gun M92F

ミニモデルガンのM92F。バックはマルシンのモデルガン。



ケース。
購入価格は$13.99。



取説やスペアパーツ無しの本体のみ。



表面は鏡のようなピカピカのニッケルメッキ。刻印無しでスライドのセフティ一体成型。
トリガー・ハンマー・スライドストップ等のパーツはストローフィニッシュ調。
刻印は無いが、グリップのベレッタマークはきちんと再現されてる。



ホールドオープン。チャンバー部分が後ろに延長されてる。



マズル。9mmとしてはちょっと口径が大きめ。勿論、途中で塞がってる。



ハンマーコッキング。トリガーを引くとハンマーダウンするが、D/A機能は無い。



トリガーストロークはこの程度。



手で持った状態。



重さ。マガジンと、マガジン内のカートリッジ込み。



真鍮削り出しのカートリッジは1発のみ付属。



テイクダウンラッチを回しただけではスライドAssy取り出せない。



抜き取ると、テイクダウン出来る。



バレルやリコイルスプリングガイドは、取り出し方分からないのでそのまま。
1/1のように、そのまま下に抜き出す事は出来ない。



メカニズム。S/Aのみ。



ハンマーとシア。シアの上側にトリガーバーが連結されてて、トリガー引くとシアの上側が前方に動いてハンマーをリリースする。



形状やメカニズムが最もリアルと評判の、マルシンM92Fモデルガン。
全体がシルバーメッキのM92Fは持ってないので、コイツを比較用に。



(クリック拡大)
大きい順に、1/2、1/3、1/6、1/12。
1/12以外はスライド動く。


まあ、価格なりな出来栄えですね。外観だけは及第点かと。
  


Posted by Timm_MK2  at 18:53Comments(2)ミニチュアモデルガン

2016年05月29日

Blackcat Mini Model Gun M500

S&W M500。
現在、世界最強のハンドガンで、撃つ方にも相当の覚悟が必要になる(主にリコイル的な意味で)。長銃身モデルでさえ、連発するのが厳しいので、このような短銃身モデルは推して知るべし。
まあ、その内実物撃って見たいとは思ってますが。



1/1トイガンはタナカからリリースされてるが、私は持ってない。
ミニモデルガンでも、単体で撮る分には、十分迫力が伝わって来る。



ケース外観。
販売価格は$29.5。



中身。



取説と付属品。
銃身は2種類付属。長銃身のフロントサイトは後付け。



スペアパーツ。樹脂製フロントサイトは長銃身用だが、元のが1個に、更にスペアとして2個同梱。



全体像は最初に載せてるので、各部ピックアップ。
パフォーマンスセンターの刻印はレーザー刻印。



M29では省略されてた、メーカー刻印。
こちらもレーザー刻印で綺麗。



グリップの刻印は、金型によるもの。
実銃はラバーグリップだが、こちらはABS樹脂。



マズル。途中で塞がってる。



スイングアウト。サムピースを押してロック解除するのは実物と同様。



エジェクターも機能してる。



ダイキャスト製のカートリッジ5発が付属。
ちょっと細長く、まるで.30カービン弾のよう。



シリンダーストップが付いてるが、なぜかシリンダーにそれ用の溝が無い。



かつて最強を誇った.44マグナムのM29と。



まるで大人と子供だが、実物もこのくらいの比率のようです。



グリップは、下のネジ1本外すと抜き取れる。



サイドプレート取り外し。
内部メカは基本的に同社M29と同じ。



シリンダーストップは、一応機能してるようだ。
シリンダーに溝が無いのが悔やまれる。



スイングアウトした状態でバレルを回すと、ロックが解除される。
こうやって銃身を交換すると



長銃身モデルに。



1/2でも、迫力あります。



長銃身のみ、レーザー刻印が打たれてる。



光学機器搭載用のトップレイル。1/2サイズのスコープとか無いかな?



ハンマーコッキング状態。



短銃身での重さ。



長銃身での重さ。さすがにずっしりしてる。



トリガー引くのはそんなに苦じゃない。ただ、シリンダーストップ無い所為で、カートと銃身センターが合わない事も。


銃身が2種類あるので、一つで2度おいしい、M500でした(まあ、その分高いですけどね)
  


Posted by Timm_MK2  at 20:42Comments(4)ミニチュアモデルガン

2016年05月28日

Blackcat Mini Model Gun M4A1

みんな大好きM4A1。巷に、一体どれだけのM4A1シリーズが溢れかえっているのやら・・・。
こちらは、ミニモデルガンのM4A1。下のは、WAM4A1 PDW。



パッケージ。下も透明なブリスターパック。
組み立て式で、台座も付属。
購入価格 $17.99。黒の他に、デジカモパターンもあり。



パーツ構成。RISが付いてるので左上のが近いが、キャリングハンドル無しで右下のようなリアサイトが付いてる。



(クリック拡大)
ダイキャスト製で、分厚い黒塗装。所々のプラスネジが興醒め。



SVDと違い、フロントサイトポストは健在。動かせるかどうかは未確認。なにせ小さすぎるもので・・・。



リアサイトの固定方法は、実物と同じ。また、上下調整ツマミは、動くだけ。
左右調整ツマミはL字ピープサイトと連動してて、大小に切り替えるだけ。



ストックは4段階の伸縮式。固定方法は実物と同じ。
チューブは簡単に着脱出来、内部は塞がってる。



セレクターは回るだけ。ボルトストップも、動くのみの飾り。
マガジンキャッチは役目果たしてる。



レーザー刻印が中々良い。
ダストカバーは、ボルトに仕込まれた磁石にくっ付いて、閉じた状態を再現できる。



チャージングハンドル引くと、ボルト後退する。
ボルト先端は、のっぺら。マガジンのカートを送る機能も無し。



マガジン固定方法は実物と同じ。
真鍮削り出しのカートリッジは3発付属。



フラッシュハイダーは正ネジで固定されてるので、反時計方向に回すと取れる。



付属のサイレンサー装着。



ハンドガード取り外し。デルタリングのスプリングで固定されてる。
ガスチューブは再現されてない。



テイクダウン。左右の小さなネジ2本外す必要ある。
ボルトとチャージングハンドルは一体成型。



内部機構。SVD同様、トリガー動くのみ



全長約250mm。ストック折り畳んだ状態での1/1の全長は767mm(マルイの電動)なので、約1/3スケール。



スケールが大きい事もあり、SVDよりも重い。



素手で持った状態。SVDより幾分、トリガー引きやすいが、それだけ。
素手で持ってカチャカチャやるには小さ過ぎる。



(クリック拡大)
SVDとの比較。妙にM4A1が大きく感じられるかと。



(クリック拡大)
1/3スケールのプラモデルのM14ライフルと。
大きさ的に違和感無い。



1/3スケールのコンバットガンファイルM92FS Inoxと。
(コンバットガンファイルに関しては本館記事参照
どちらかというと、50~60cmドール用に向いてるかも。まあ、その大きさのドールにミリタリー装備させてる人なんて、ほとんど居ない気がしますが・・・。
このM4A1は金属製で重いので、ドールの関節が耐えられない可能性も。
  


Posted by Timm_MK2  at 21:08Comments(4)ミニチュアモデルガン