2016年11月29日

Stark-Arms S19 スライドとフレームの隙間修整

マルイから、やっとG19発売決定のアナウンスが。
そこで、手持ちのG19はと・・・StarkArms(VFC)のがあった(WEのはカスタムモデルなので別)
Starkのは、外観はとても良いんだけど、スライドとフレームの隙間が大きめで、他が良いだけにそこが余計に目立つ。
ネットで感想書き込んでる人達の主な不満点も、そこに集中してる。
中には、修正した人も居るけど、工作がちょっと大変&作動性落ちたりとか。
そこで、私なりの修正方法試してみました。




ご覧の通り、フロント側の隙間が大きい。
マルイ(G18Cとか)やWEは、ここまで隙間大きくない。



フロントシャーシ外すべく、ピンを抜いて行く。リアシャーシは事前に外しておいた。

ピンは、WEやマルイと違ってリアル構造というか、他メーカーのようにピンのギザギザで留めてる訳ではない。ピンに溝が掘られてて、そこにスプリングとかが噛んで抜け防止になってる。
トリガーの上のピンは、マルイだと省略されてるが、こちらライブ。トリガーバースプリングが掛かってるので、トリガーバーを上に上げてテンション掛からないようにし、ピンポンチで押し出す(ハンマーで叩かなくても、手で押すだけでOK)
スライドストップスプリングは、ピンのこちら側。組み立て時に間違えないよう、覚えておく。



トリガーピンは、スライドストップの軸も兼ねてて、ピンの溝にスライドストップが噛んでて抜け防止になってる。
そのままピンポンチとハンマーで力ずくで叩き出すと変形するので、スライドストップを前後に動かしながら、トリガーピンをゆっくり抜いて行く。



マルイ(&WE)と違ってリアル構造なので、分解は勿論、組み立ても手間掛かる。



フロントシャーシは3ピース構造。マルイはこれら一体成型。
前にあるシルバーのレールパーツ、僅かに磁石がくっ付いたので、ステンレス鋼板のプレスかも?
上のパーツは、隙間からシルバー目立ってたので、以前黒染めしておいた物。



上下のガタを少なくする為には、フロントレールを下げる必要ある。



フレームに対して若干浮いてる気がする。



フロントレール入る部分を電動ミニルーターでガリガリ削る。



このくらい下げてみた。



レールが下がってもシャーシ自体の位置は変わらないので、レールが上昇しないよう、削った分をシャーシのレールが当たる部分に貼り付けておく。
今回、0.3mmプラ板だけだと微妙にガタついてたので、アルミテープ(0.095mm)追加。



スライドロック用スプリングも、ガタつかないよう0.3mmプラ板貼り付け。



仮組みして、スライド通るか確認。
ネジやピンはしっかり組んでおく。
ちなみに、このようにネジとピンの組み合わせの場合、ネジは最初強く締めつけずに緩めておく。
で、ピンを入れてから、ネジをしっかり締め付けるようにする。先にネジ締めると、ピン位置が僅かにずれたりするので。
まあ、樹脂にネジ込んでるので、あまり強く締め付けないよう加減する必要あるけど。



バレルとか外してスライドのみで仮組みしてみた。
特に引っ掛かる部分は無く、スムースに動かせる。



本組み。
シャーシに対して、レールはこの程度下がってる。加工前は、高さほぼ同じ。



スライド組んで確認。加工前と違って上方向へのガタはほとんど無い。



隙間が無くなるだけで、雰囲気がガラリと変わった。
隙間あった時は玩具っぽかったが、こちらは本物っぽい雰囲気が滲み出てる(気がする)



鋳物スライドなので削り出しほどの精度は無いが(DX版は削り出しスライド)、こうしてみると十分満足出来るレベル。



作動も、加工前とあまり変わらない。
勿論、VFCのグロックシリーズはマルイよりは作動性落ちる。でも、それはノーマルマガジンの場合で、ロングマガジンだと別物のような作動性になる。ただ、肝心の手持ちのロングマガジンは、底からのガス漏れ直らなくてジャンク行きになってるという・・・。その内別なの買わないと(Starkのロングマガジンは流通在庫無いけど)

スライドとフレームの隙間が気になる人は、記事を参考に試してみるのも良いかも。
ただ、ミニルーターが無いと厳しいので、最低限、それだけは買わないと(ミニルーターあれば色んな加工が捗ります)
  


Posted by Timm_MK2  at 18:41Stark-Arms S19

2016年11月26日

新製品情報 他

コトブキヤのフレームアームズ・ガールがアニメ化されるようです。
メーカー公式動画はこちら。




コトブキヤオンラインショップでのプラモデル付きブルーレイディスクの第一巻発売が2017年7月なので、放送開始は4月からかな?プラモデル付き限定版が4巻までなので、1巻あたり3話収録?
ちょっとお高いけど、2話ずつ収録で全6巻よりはマシなのかも。
付属プラモデル、速攻でヤフオクに出回りそう・・・。プレミア付きで。

アニメの内容は、「15センチの彼女たちが動き出す」って内容からして、武装神姫みたいな感じになりそうですね。
まあ、人間大だと、艦これみたいになっちゃって中途半端な感じになるから、そっちの方が良いか。
キャラの性格は、PV見た限りだと轟雷→真面目系、スティレット→ツンデレ系、バーゼラルド→お気楽系、ってな感じしますね。
アニメオリジナルキャラも出るみたいですし、ちょっと楽しみかも。



地域的な理由で都会のイベントに行くのが困難なので、他人の記事参考になりますが・・・。
ハイパー道楽さんとこで、東京マルイ フェスティバル 3rdが紹介されてました。
まあ、電動にはあまり興味無いので、ガスブロハンドガンの感想。
(長物GBBはHK416シリーズが来るんじゃないかと期待してたけど、結局電動のバリエのみ)

やっと重い腰を上げて、待望のG19が製品化。
VFCのは外観良いけど作動性がイマイチなので(マルイと比べて)、マルイから出るのを待ち焦がれてました。
そして、V10 ウルトラコンパクトも。
この2機種は、予約開始したら速攻ポチる自信あります。
出来れば夏前に出して貰いたいですね。
  


Posted by Timm_MK2  at 18:44その他

2016年11月26日

カップ麺 カップ焼きそば編 その10

明星 一平ちゃん夜店の焼そば すっぱムーチョさっぱり梅味

スーパーで見かけて購入。購入価格127円(税込)
ポテトチップスのすっぱムーチョは結構好きで、たまに購入してる。

公式サイトはこちら



かやくのキャベツは麺と一緒。
小袋は、ソース、ふりかけ、マヨネーズ。



ソース自体は醤油ベースであっさりした味。梅の味は、主にふりかけから。
適度な酸味とあっさりした味で、くどくは無い。個人的には、好みの味付け。
でも、意外とカロリー高めなので(535Kcal)、ダイエットしてる人は要注意?!
  


Posted by Timm_MK2  at 13:09日常

2016年11月20日

Blackcat Mini Model Gun M1932 ファイアリング・ピン加工

ミニモデルガンのマウザー、ファイアリングピンの固定が甘く、すぐに抜けて来る。
一応、リターン用スプリングは内臓されてるが、全く効いてない。
ファイアリング・ピン自体も、長さが足りてないし。
記事ネタの為にも、これらをなんとかして見る事に。



ボルトにはファイアリング・ピン・ホールが一応開いてて、貫通もしてる。



1.6mm径の真鍮釘を適度な長さにカットして、ファイアリング・ピン先端に装着。先端も少し削る。
ファイアリング・ピン・スプリングは、手持ちのジャンクボックス(市販のスプリングも入ってる)から発掘したのを使用。
ボルト先端のファイアリング・ピン・ホールに丁度収まり、かつ真鍮釘が通るサイズ。



スプリングのサイズは、外径2.5mm、長さ9mm。



この辺りから、スプリングテンション掛かる。



ファイアリング・ピン組んだ時、90度回してロックするが、ここには凹みが無いので今までロック出来てなかった。
しっかりロック出来るように、ミニルーターでファイアリング・ピンの凸部が嵌るよう、削る。



ロックした後は、この程度突き出す。
加工前は、突出し量はほぼゼロ。



スプリングの力で、通常はファイアリング・ピン・ホールから出て無いが、押すとほんのちょっと突き出す。
実銃のファイアリング・ピンの突出し量に近い感じにしてみた。



組み上げた状態。
ファイアリング・ピンがちょっと突き出した事で、この部分の見た目が大分リアルに。



ボルト引いた状態。
ホールからファイアリング・ピンがちょっとだけ顔覗かせてるので、こちらもリアルに。
これで、カートエジェクト機能もあれば完璧なのだが・・・。



とりあえず、これで勝手にファイアリング・ピンが抜け出る事は無くなった。



実物に限りなく近い構造のミニチュアガン、かなりのお気に入りです。
  


Posted by Timm_MK2  at 19:17ミニチュア

2016年11月10日

東京マルイ SIG SAUER P226 MK25化 その7 ガンケース

昨日の午後から降り始めた雪で、今朝は一面銀景色。
午前中は仕事にならない・・・。
明日以降、再び気温上がって暫く雪降らないようなので(雨は降る)、タイヤはまだ交換しません(昨日はヤバかったけど)。


本題。
ストライクヘッド付きアンダーマウントレイル装着したP226 MK25。元の箱に収まらないという問題が。
まあ、緩衝材カットすれば良いだけの話だが・・・(MK24はカット済み)
実銃用ガンケース、SIG ガンケースでググッてみたら、結構高い。ベレッタやグロックは安いのがあるのに・・・。
しかも品切れ多い。
なので、安いガンケースをアマゾンで買い、シール貼る事にしました。
ちなみに、SIG SAUER ガンケースでググッて最初の方に出て来る激安ショップ、詐欺通販サイトですので間違っても注文しないように(例の一件で詐欺に対する警戒心がMAXレベル。事前に調べる癖がつきました。しかも例の詐欺サイト、URLそのままで名前変えてるし・・・)



購入価格2080円(送料無料)
実銃用ガンケースとは形状違いますが、それっぽく見えるよう、艶消しフィルム・シルバーに印刷したのを貼り付け。
メーカーロゴは、実物ガンケースの画像から形状拝借。
NavySEALsのエンブレムは、wikiから。文字は適当に。



ケース、プラスチックのペラペラな造りですが、必要最低限の強度はあり。
ロックもしっかり掛かります。



平らな方のスポンジカットして銃を固定。
スポンジは1cm単位でブロック状に切り取る事が出来るが、斜めは出来ないので、グリップの周りは大きめに切り取り、端材を斜めに切って両面テープで貼り付け。
この大きさの銃は2挺入るが、予備マガジンとかの余裕無くなるので、銃1挺とマガジンという感じに。
マガジンは、その内もう1本購入予定(実銃の場合、大抵マガジン2本付属するので)



上のスポンジの下には、取り扱い説明書を。



スポンジ切り取ると深すぎる&クッション無くなるので、切り取ったスポンジを半分の厚さにカットして元に戻す。マガジンも同様。
グリップ部分はスライド部分よりも薄めに。グリップの方がスライドよりも厚みあるので。
あと、アンダーマウントレイル部分も少々カット。
トリガーガード部分はスライドよりも厚めに。



ケース自体はかなり軽いので、銃とマガジン1本と取説加えても、1442g程度の重さ。



アンダーマウントレイルの固定方法、フレーム上からネジ留めに変更。当然、フレームに穴開けて。
前側の穴開け位置が丁度溝の凹凸境目近くになり、ちょっと穴開け難しかった(手作業なので動きまくる)
後ろはM3x8の皿ネジで丁度良かったが、前側は長さが足りず、M3x10を買ってきて取り付け。
ストライクヘッド取り付けキャップボルトはM2.6x6。せめて8mmか10mmのが欲しかったが、6mmのしか売って無くて。
まあ、しっかり締め付け出来たから、大丈夫かも?
ネジを日本製に替えた事で一安心。


  


Posted by Timm_MK2  at 07:43マルイ P226 MK25