2015年01月19日

WE ソードカトラス(with マルイ樹脂フレーム) 動画他

(クリック拡大)
黒いカトラスとのツーショット。


動画の撮影及び編集作業が完了したので、YouTubeにアップしました。








3つ一気にアップ。
ソードカトラス、サムライエッジ改、WE G19。



ソードカトラスの動画内で説明してるバレルへの錘追加、以前黒いカトラスにやったのを思い出して、ギリギリまで板鉛巻き付けてみました。かなりギリギリなので、ホップ調整の為にチャンバー引き出すのがきついですがw。
放出用のソードカトラスのバレルにも同様に鉛板巻き付けてます。但し、緩めに巻き付けてるので、軽くチャンバー引き出せます。



バレルへの錘追加で、元のWEオリジナルを超える重さを達成。
前側が若干重くなったので、重量バランスも良い塩梅に。



更にガス限界まで注入、そして0.25gBB弾フルチャージ(26+1発)で、1100g突破。
やっと見た目に合った重さになりましたw。



(クリック拡大)
動画の中でも紹介してる、黒いカトラスとのツーショット。
以前撮った動画では黒いカトラスの動きがイマイチだったが、今回放出バルブ加工もしたので、かなり改善されてます。



(クリック拡大)
壁紙サイズ。
  


Posted by Timm_MK2  at 17:37Comments(8)WE G19WE SWORDCUTLASS

2014年11月28日

WE G19 GBB Brand War Ver 実射・調整

マガジンの装弾数は22発。あと1発分余裕あるが、それ入れるとスライド閉鎖時にマガジン奥まで入らなくなる。
22+1発という感じ。

ハンマーダウン時にスライド引くと特に感じるのが、最初から最後まで引きがかなり重い。
リコイルスプリング及びハンマースプリングが、マルイのグロックシリーズと比べてかなり強い。
そこで



まずはハンマーユニット取り出して、以前VFC G19とM&P9Cに施したのと同じ方法でテンション下げてみる(2013年07月12日の記事)



次にリコイルスプリングを1巻半ほどカット。カットした部分は整えておく。
このリコイルスプリング、巻き数が多めな所為か、そのままだとスライド最後まで引いてぎりぎりスライドストップ掛かる(0.1~0.2ミリくらいしか余裕無し)



カットしたおかげで、1mmちょっとは余裕出来た。



スライド先端の樹脂バッファーのおかげであまり角度付けられず、アウターバレルは取り出せない(アウター後端がノズルに引っ掛かる)
ただ、インナーはそのままするりと抜けて来るので、メンテやチャンバーパッキン交換は難なく行える。



何度も空撃ち繰り返した所為もあって、チャンバー部分が変形してるorz。

さて、スプリングを弱体化したおかげもあって、作動はかなり改善された。
マガジンをめちゃ温めなくてもしっかりスライドストップ掛かる。
マガジンをやんわりと温めてみたが、周りの温度が低いせいか(18℃)、手で握って温かくても実際にはあまり温度上がって無い場合も(服まくって肌に当てて見たら、ヒンヤリしてた)。体感で大体25~6℃といった感じかと。
その状態で1マグ22発撃って、初速と燃費を測定してみた。

BB弾はSⅡS 0.2g、ガスはHFC152aでの初速は

72
71
69
70
71
72
71
70
70
70
(m/s)

銃身短めな事もあって、ちょっと低めの数値。まあ、気温低い所為もあるかと。




1マグ22発撃って約2g消費。マルイとほぼ同等の燃費。
注入バルブは速攻で国内用のに交換してるが、しっかり押さえ込まないと周りから生ガス噴いて上手く入らなかったりする。



作動改善方法の一つに、放出バルブ交換してガス放出量を増やすって手もあるが、手持ちは無いし買うと1200~1800円くらいする。
ガーダーの新型バルブに上方法だけ大きくカットしたのがあったので、純正バルブで試してみようかと。


まずはマガジンリップ外す。



すると、バルブボディが見える。放出バルブには外周に穴が4つ開いてるのが普通だが、このマガジンは穴と穴の中間、ブリッジ部分が丁度上に来てる。ここに印付けてから取り外す。



マルイ純正と違ってWE製のは、Eリング外すと簡単にバラせる。
で、ミニルーター使ってブリッジ削り落とす。



組み付けると、大きな開口部が丁度真上に。



再び初速測定。
ただ、今回はほぼ人肌程度まで温めてみた(35~6℃)。マガジンにちょっとガス多く入れ過ぎたせいもあってw。
同じBB弾とガスで

78
78
78
77
77
78
78
77
79
76
(m/s)

この後も初速は結構安定してて、最終弾は76m/s。


ガス入れ過ぎた所為か、初弾から3発目あたりまで、チャンバーから生ガスかなり噴きながら作動。
それ以降は普通に作動。
マガジン温度高めなせいもあって、リコイルもかなり強い。
マルイのG18Cのスピードには全く及ばないが、それを上回る重いリコイルと澄み切った金属音が心地いい。



マガジン空で249gだったので、ガス14gチャージは多過ぎたようだ。
1マグ撃ち終わった時点で約5gも消費してる。
その後、1マグ分空撃ちしたが、燃費自体は拡張前とあんまり変わらない。ただ、体感上、加工前よりちょっとだけ作動向上した気がする(マガジンめっちゃ冷えてても、ちょっと手で握った程度でしっかりスライドストップ掛かる)


可変ホップは弄って無いが、そのまま撃っても30mはフラットに飛んで行く。
弾道はかなり素直。



という訳で、デザイン・作動性・質感共にかなりのお気に入り。
このカスタムスライドも好みがはっきり分かれるデザインだが、私はこういう派手なのは結構好みなので。
なにより、メーカーから出してるので、自分でカスタムスライド買うよりお得だし作動性も良好。
マルイのマガジンが使えないのがちょっと残念なので、その内WEのスペアを購入してみたいものです(ロングマガジンとか)




動画は後ほど。
  


Posted by Timm_MK2  at 20:58Comments(0)WE G19

2014年11月23日

WE G19 GBB Brand War Ver 比較・分解編

まずは、他社のG19と比較。
WEのはマルイのコピーなのでマルイと比較したいが、マルイでは現在G19は作って無いので、マルイのコピーのStarkArms S19と比較(コピー同士で比較とか、ややこしいw)



握った感触はかなり違う。WEの方が平べったい。
ステッピング加工っぽいパターンのWEの方が、握っててしっくりくる感じ。



マガジンはほぼ同じサイズ。
マガジン上部の形状は、WEの方がマルイに近い。



ただ、ガスルートパッキンの形状が違う。
左のS19の方はU字型でマルイと完全互換だが、右のWEは平らでマルイのノズルとは合わない。

他のWEのグロックシリーズ持って無いけど、ショップのマガジン画像見た限りでは、やっぱりパッキン平ら。
という事は、マルイとWEのグロックシリーズはマガジンの互換性無し?VFC(StarkArms)は互換性あるのに・・・。



S19のマガジン、WEのに挿す事は出来る。パッキン密着してないので、まともに作動しないけど。



ブローバックエンジンやハンマーメカは、マルイG26やG17と同じ。
VFCのと違って、フルオートギミックは無し。



マルイのG26アドバンスと比較。
ガスルートの形状以外はほぼ同じと言っていいかと。



スライド先端内側には、樹脂のインサート兼バッファーが。
マルイのG18Cは樹脂スライドに金属インサート入ってたので、完全に真逆。



セフティはマルイと全く同じw。



配色の組み合わせが同じ、WEのM&Pコンパクトと。



どちらもシルバースライドだが、メッキの質感がまるで違う。



マガジン込みの重さは722gと、意外と軽め。



ガス無しのマガジンの重さは249g。


この銃、ガス注入バルブをタニオコバ製の国内ガス対応仕様に変更した以外は全く調整してない。
内部は十分な潤滑剤が塗られてたが、ハンマースプリングが激強。それでも、マガジンかなり温めればしっかりホールドオープンするし、チャキチャキというメタルが擦れる音が雰囲気抜群!

ハンマースプリング交換してから初速測定と動画撮影する予定です。
  


Posted by Timm_MK2  at 22:37Comments(0)WE G19

2014年11月22日

WE G19 GBB Brand War Ver

香港のショップより購入。SAI風のG19ですが、6種類バリエーションあって、その内の一つ。

SV Slide, BK Frame with Gold Barrel

ブラックスライド&フレームと、ゴールドバレルの組み合わせのどちらにしようか迷ったんだけど、こっちに決定。6種類中最も高価w。そのショップでの価格は$129.99だけど、PayPalで清算時にHKドルに変換されて、米ドル換算で一ドル約119円。円に換算すると約15469円。単品で買うとしたら、海外だと送料高めなので、ヤフオクで買うのとそう変わらないかも。



グリップは握り易いが、通常のグロックと比べても左右が薄い感じする。特に手のひらに当たる部分がスカスカ。

ヤフオクでは現在、同じ種類の別組み合わせのが結構出品されてます。海外通販は不安だという方は、保険代加算すると考えてヤフオクで買うのも良いかも。
WE正規代理店経由ではまだ出回って無いからか、国内のショップでは現在取扱い無し(私が巡回してる限りでは見付けられなかった。もし扱ってるショップあれば、ごめんなさい)



パッケージ。
通常のグロックシリーズの箱にシール貼り付けただけ。



中身。
こいつが梱包されてた箱も結構厳重に緩衝材とか入ってたが、更に中までプチプチを入れる念の入れ用。
本体、マガジン、取説のみ。ローダーやBB弾は入って無い。



取説は中国語と英語。G17をベースに操作説明されてる。



パーツリストは中国語のみ。この銃専用パーツリストというのは存在しない。



黒地にゴールドってのも映えるが、やっぱりシルバーが一番ド派手。
そのシルバーも、単なるメッキじゃなくブラッククロームっぽく仕上げてて、影の部分は黒ずんでてコントラストを高めてる。



前後サイトは集光タイプ。前後で色違うけどw。
スライド上面は大きく切り取られてるが、アウターバレルにガス抜け用のポートは無し。



ブリーチ後部のドクロマーク。



スライド自体はシルバーだが後付けパーツが黒いので、アクセントになってる。



ホールドオープン。
ゴールドバレルが目立つ。
この状態ではアウターバレルはかなりガタあり。



(クリック拡大)
質感伝わるようにアップで。
スライド表面にはヘアライン入ってて、かなり雰囲気良い。
今までのWE製品見てからこいつに触れると、まるで別メーカーか?と思えるくらい、仕上がりが違う。
WEどうしちゃったの?と言いたくなるくらいw。



本日届いたばっかりで、実はほとんど弄って無い。
次回は比較・分解。
  


Posted by Timm_MK2  at 20:26Comments(0)WE G19