2017年08月17日

MGC ハードボーラー 7インチ GBB

 
今更ですが、MGCのハードボーラー入手。
ステンレスカラーのABS樹脂モデル。



ヤフオクにて、10Kで落札品(送料別)。その前はブラックカラーのに入札してたけど、思ったより上がったので脱落。
まあ、そっちよりこっちの方が高く落札しちゃったんだけど・・・。ブラックカラー買って塗装するよりは、こっちの方が手間が掛からないってのも。
出品者は個人ではなく、リサイクル業者っぽい。



当時の販売価格は21000円。今のWAの販売価格インフレに慣れてると、大分安く感じる。
他メーカーのハンドガンと比べれば、決して安く無いんだけど・・・。



通常付属品の他に、ノーマルグリップ同梱。
ハードボーラー専用パーツリストも付属するが、パーツ破損しても注文出来ない・・・。
まあ、スライドやイン・アウターバレル以外は、WAのガバ系パーツがそのまま使えそうだけど。



現物手にした感想は・・・とにかく長い。
ガバは6インチでも結構長く感じるが、7インチだと更に長い。スライド面積大きいので、バレルだけ長い銃(リボルバー等)よりも大柄に感じる。



上下のメッキの質感が違い、ツートーンカラーっぽく見える。
ペブル・タイプ・グリップは表面がゴム質で、手に馴染む。



刻印は、左はともかく右はアレンジ加えられてる。
MADE IN USA が MADE IN JAPAN になってたり、マグナのライセンス関連とか。
スライドには、若干のヒケ有り。



スライドセレーションはかなり鋭角で、削り出しに匹敵する。



オークション説明文には特に明記されてなかったが、深い傷が付いてる。
削り出した鉄の角が刺さったような。オークションの写真にも黒い点として載ってたので、向こうの不手際という訳ではない。



バルブノッカーシステムは、WAマグナのRタイプ。
余談だが、私は今のSCW Ver.3よりもRタイプの方が好み。ファイアリングピンを叩いてる感触があるので。
SCW 3は押してる感じだし。



 
ダストカバーの隙間がちょっと大きい。



テイクダウン。
プラグは前方に抜ける。リコイルスプリングは、現在の基準からすれば、かなり弱め。
ハードボーラーは、スライド部分は特殊だが、フレーム部分は普通のガバと共通。
つまり、スライドアッセンブリがハードボーラーの全てと言っても過言じゃない。



アウターバレル先端には、ライフリングモールド。かなり過剰なモールドのように見えるが。
インナーバレルは、普通にスムースタイプ。MGC得意のサイクロインバレルではない。
アウターバレルは金属製で、ブッシング、プラグも同様。アウターチャンバーは樹脂にメッキ。



ブリーチ固定スクリューが緩んでたので、増し締め。
ちなみに、オイルっ気無し。



バレルの前方への抜き取り。WAのガバ系は大抵通るけど、こっちはなぜか通らない。
リンクピンはかなり緩く、傾けるだけで抜けて来る。で、このピン抜くとアウターとインナーが分離するので、アウターだけ通そうとしたが



矢印の部分が潰れてて内側にはみ出し、通せない。
この部分をカッターで削り落とし



アウターのみ、前方に抜き取る。



インナー一式は、後方に抜き取る。



この製品、リアサイトの出来が秀逸。ちゃんとクリックボールがあり、スクリューも加工されてる。
左右調整も、1/4回転ずつクリックで止まる。
現在は簡略化されてるのが多いので、素直に感動。



マガジンはRタイプ標準の15連。本体はシルバーなのに、こちらはブラック。



空マガジン込みの重さ。
ABS樹脂だからか、大きさの割に軽め。



このラバーグリップ、経年劣化してるからか、握ってると手が黒くなる。ゴムの表面が崩れ掛かってると言うか。
なので、ノーマルグリップに換装。
ラバーグリップと違って樹脂のみだが、HW樹脂で構成されてるらしく、そこそこ重さがある。
グリップとフレームの間には、フレームの肉抜きを埋める形に金属ウェイトが挟まれてる。



ラバーグリップは金属芯にゴム成型してる感じだったので、ノーマルグリップに換えたらちょっと軽くなった。
でも、こっちの方が手が黒くなる心配無い。




以下、ノーマルグリップで縦構図で。



コイツはコレクション用に買ったようなものなので、あんまり撃つ気無い。撃って楽しむ銃は他にいくらでもあるし、万一スライドが破損したら直しようがないので(メッキだし)
スライド内側潰れてた事あるし、経年劣化で耐久度が当時よりも下がってるだろうし。
という訳で、命中精度や初速測定はパス。ホップは一応あるけど、当時のは今とは比べ物にならないし。
初速も、そこまで高く無いように思える。
あと、メッキとはいえ長期間手入れせずに放置すると腐食する。主に手の脂で。表面が大分曇ってたり荒れてたりしてたので、入念に拭き取ってシリコンオイル薄く塗っておいた。
長持ちさせる為にも、なるべく箱の中に仕舞っておいて、たまに出す程度にするつもりです。




以下、PC壁紙にも使える、大きめサイズで。
WAのプレミアムエディションはツルツルのニッケルメッキ調だが、ハードボーラーはステンレス調の艶抑えた仕上がり。
HWと比べて軽いという欠点があるが、HWのシルバー塗装では得られない、金属らしい質感はメッキモデルならではなんじゃないかと。


(クリック拡大)



ちなみに、専用レーザーサイトの入手予定はありません。
  


Posted by Timm_MK2  at 21:15Comments(2)MGC ハードボーラー