2015年05月05日

KSC Vz61スコーピオン ボルト重量アップ

KSCのスコーピオン、外観最高・作動良好でとても気に入ってるけど、フルオートサイクルが実銃と比べてちょっと早いかな~っと。
まるでレートリデューサーを最弱設定にしたかのようにめっさ早い。M11とタメ張る早さ。

国内メーカーからは出て無いが、海外のパーツメーカーのHephaestus(例の紐で有名な某アニメにも登場する、鍛冶の神)から、リコイルアップキットが出てる。
で、Hephaestusでは、組み込み動画をアップしている。


かなり参考になります。
ただ、ピンはこんなに軽く打ち出せない。



テイクダウンしてボルト取り出すまでは以前レビューしてるので省略。
ボルトの分解には必要無いが、ボルト単体の重さを測る為に、リコイルスプリング&ガイドを外す。



ノーマルのボルト単体重量:80g。



ロールピンをピンポンチとハンマーで叩き出す。かなりがっつり叩いてやっと出せた。



こちらも、きつく入ってるのでプラハンマーで叩いて抜き出す。



ピストンヘッドはプラスネジ、アルミ製のピストンは後ろから六角ボルトで固定。
どちらもアホほど固い。ネジロックが効いてるのと締め付け自体もきついせいで、外すのに苦労した。
特にピストンヘッドはプラスの溝ナメらないように力一杯押し付けながら。
ピストンは、六角ボルト外しても簡単に抜けてこない。ピストンとブリーチの僅かな隙間にマイナスドライバー突っ込んで、やっと取り外せた。
外してみると、内側にべったりとネジロック剤が。ここまでやる必要あるのかって感じ。



Hephaestusのリコイルパワーキット。ようするに、ボルト重量アップしてリコイル上げる仕組み。



カップはそのまま、ピストンとピストンヘッドをHephaestusの真鍮削り出しのに替える。
ピストンヘッド固定スクリューは六角ボルトタイプなので、がっちり固定出来るしプラスネジのようにナメる心配無し。
ただ、ちょっとだけ六角レンチにガタあったので、もしかしたらインチサイズなのかも知れない(六角レンチは2.5mm使用)

ピストン組み付けてからノズルシリンダー組んだら、ちょっときつい。というかピストンが斜め下向いてる感じが。



再び外して、ピストン取り付け部分の固まったネジロック剤を削り取ってみた。



ネジロック剤削り落としたら、少しはマシに。
後はバラした逆順で組んでいくが



後端部のロールピンは相変わらず固く、金属ハンマーでガシガシ叩いてやっと挿し込めた。



ノーマルと比べて14gアップ。約17%の重量増か。



リコイルスプリング&ガイドを組んで、本体に組み付ける。


セミのリコイルは確実にアップしてる。リコイルに重みが加わった感じ。
セミでのキレはノーマルと変わらないが、フルオートサイクルは確実に落ちてる。
まあ、実銃サイクルに近いと考えれば。
気温は、以前動画撮影した時よりかなり高かったが、ロングマガジン最終弾付近ではやはりヘロヘロになる。それでもしっかりホールドオープする。この安定性の高さは、さすが国産、そしてKSCのシステム7なんだと実感出来る。


近い内にまた屋外射撃やる予定です。
まあ、動画撮影出来るかどうかは、当日にならないと分かりませんが(予定日の天候や、デジカメのバッテリー等)。



そういえば、最近家電量販店で4Kテレビなるモノを拝見したが、3Dテレビじゃないのに立体的に見える。隣のフルハイビジョン(1080p)がボヤけて見えるくらい、くっきり鮮明。
ビデオカメラも4Kのが大分安くなってきたし、これからは4Kの時代かな~。

4Kのビデオカメラ欲しいけど、まずは4K対応のモニター買わないとw。
  


Posted by Timm_MK2  at 20:05KSC Vz61 GBB

2015年02月13日

KSC Vz61 GBB アクセサリー他

KSC Vz61スコーピオン専用、サウンドサプレッサーです。

Spear Arms CNC QD Suppressor for KSC VZ61 GBB



本体はアルミで、中にスポンジの吸音材が。
銃身取り付け部分はスチール製。嵌め込んで回して締め付けるタイプ。



重さは287g。



装着した状態。ストック展開する必要ある。
サプレッサーはガタ無く固定されてますが、がっつり固定されてる訳じゃなく、ちょっと力込めると手で回せるので、サプレッサー持って振り回すのは避けた方が良いですね(そんな使い方はしない)



サプレッサーは艶消しなので、染める前の艶消しスコーピオンの方が似合うかも。



サプレッサー、マガジン込みで1805g。
フロントヘビー感が加速されます。



まさしく「サイレントアサシン」といった雰囲気。



銃身長いと絵になります。


動画では、リアストック外してます。そっちの方が「アサシン」っぽいしw。



発泡スチロール削ってセット完了。まあ、ロングマガジンは1挺につき1本あればいいし。



ホームセンターでたまたま見かけて衝動買いした工具ケース。ガンケースとして使えそうに見えたものでついw。



アサシンセット。



大型ハンドガンなら2挺入ります。



中型サイズだと3挺。
中のスポンジで上下に挟まれるので、蓋を閉めた後は振り回しても中の物は動きません。



サプレッサーと同じSpear ArmsのKSC Vz61 GBB専用木製グリップ。ショップではこの色と濃い色の2種類あって、濃い色の方は売り切れてました。
ご覧の通り、上下のサイズはほぼ同じ。



取り付け部分の形状も同じ。
これなら実銃用グリップと違い、無加工で取り付け出来そうです。



下の穴の大きさも同じ。幅は木製グリップの方があるので、KSC純正よりは握った感触良さそう。





ついでなので、

RA-Tech KWA KRISS VECTOR CNC Outer Barrel Adaptor

KRISS VECTORの、16mm正ネジ→14mm逆ネジ変換アダプターです。14mm逆ネジタイプの汎用サプレッサーが装着出来ます。
まあ、専用じゃないのでせっかくのライト下のスペースが無駄になるけど、着せ替え感覚で好きなサプレッサーを装着出来るのは良い。



同じネジ径の、FNX-45にも装着可能。。
あの左右平らなのは格好良いけど、高いのでw。
  


Posted by Timm_MK2  at 21:14KSC Vz61 GBB

2015年02月11日

KSC Vz61スコーピオン GBB ブルーイング

KSCのスコーピオン、凄く出来良いしトラブルも無く快調でお気に入りなんだけど、唯一PL残ってるのが気に入らない。
という訳で、アッパーレシーバーのPL処理ついでにブルーイングしてみました。



磨いてブルーイングしたのはアッパーレシーバーのみ。
フレームはそのまま(まあ、その内に)



こちら、ブルーイング前。以前木グリに替えた時に載せた画像だが、比較用に。
この艶消し感が、なんか実銃のイメージとかけ離れてて、ずっとなんとかしたいと思ってた。



全体を磨く為に、邪魔なパーツを取り外す。
フロントサイトは付属の専用ツールで回して外せるし、ベースを固定してるスクリューはマナスドライバーで外せる。
リアサイトは裏からプラスドライバーで。
フロントサイト外して気が付いたのが、ごく小さなOリング。おそらく振動で動くのを防止する為と思われるが、こんな細かいパーツにまでKSCの拘りが感じられる。



チャンバー&バレルアッセンブリは、下のピン2本抜くだけでOK。
決して、バレル根元のピンを叩いてはいけない。単なる飾りで貫通してないので。
(実は、抜こうとして何度も叩いた。どうやっても抜けないのでパーツリスト見たら、このピンらしきパーツが見当たらない。そこで、下2本のピン抜いたらバレルアッセンブルが抜けてきた、という次第ですw)



チャンバー下のR部分にもPL残ってたので、こちらも処理してからブルーイング。
ブルーイングの方法ですが、あるサイトの記事を参考にしました。
yonyon HomePageさんです。ここの収集ーオートマチックーCAWボーチャードの記事に、新聞紙を丸めてゴシゴシ磨いて艶出しした写真が。
で、KSCのVz61もHWなので、新聞紙丸めて力一杯磨いてみたが・・・。新聞紙ボソボソになるだけで艶出ない。
どうやら、CAWのは素材そのままなのと、HW樹脂自体の配合が違うっぽい。KSCのは表面塗装されてる。
なので、まずは

・ペーパーやすりでPLを消す
・全体をペーパーやすり&スポンジやすりで磨いて地色出す
・金属の棒で表面擦って滑らかにする(真鍮パイプは向かないようですw)
・そして、丸めた新聞紙で思いっ切り擦る
・艶が出るまで擦ったら、ガンブルー液で染める(希釈した液にドボンじゃなく、ティッシュに染み込ませて少しずつ染めました。貧乏性なものでw)
・ある程度染まったら、油脂(スーパールブ)を全体に塗る
・べとつき無くなるまで丸めた新聞紙で擦る



以上、体力の限り擦り続けた結果

そこそこ反射するようになりました。



微妙に青っぽい。
ただ、後ろ側の染めが足りない感じで地色出気味ですが(写真だと分かり難い)



HWのブルーイングをまともにやったのは、実は初めてだったりしますw。
新聞紙で擦るという方法を知らなければ、おそらくここまで綺麗に仕上げられなかったんじゃないかと。
記事を書いてくれたmaimaiさんに感謝です。
(CAWのボーチャードは歴史に残る名作なので、その内購入する予定)


ハイパー道楽さんとこのトイガン・フォトコンテスト2015に、このブルーイングしたスコーピオンで応募しました。
2~3日したら反映されるかと。
  


Posted by Timm_MK2  at 18:00KSC Vz61 GBB

2014年12月05日

KSC Vz61スコーピオン GBB 木製グリップ装着

ドカ雪です。これから毎日雪かきかと思うとうんざり・・・(;´Д`)。
さて、ある物が届いたので、早速装着。



木製グリップ装着したKSCスコーピオン、雰囲気が格段にアップ!
グリップが太く短くなったおかげで、ハドソンのモデルガンに近づいた感が。


逸品屋さんより購入。
木製グリップと、ガタ防止用か、Oリングが二個同梱されてた。
ちなみに、色は「H(2014年11月19日の記事)



木グリ単体重量は64g。HW樹脂製の純正グリップは184gなので、120gも軽くなる計算に。



取り付け部分の形状が合わず、そのままだと付かない。



取り付け部分比較。本体の凹みに合わせる凸形状が違う。木グリの方が後ろ長いし、幅もある。
グリップチューブが通る穴のサイズはほぼ同寸。組んだ時にほとんどガタが出ない。



グリップ全体での形状も若干違う。
純正に比べて短い。



純正よりも幅広で丸っこい。
グリップナットの穴も、純正よりかなり大きい。



凸部分を削ってみた(白っぽくなってるのが削った部分)
何度か削ってもなかなか最後まで入らなかったので、周りはかなり余計に削ってる。



最後まで入らなかった原因は、トリガーガードの付け根に当たる部分がぶつかってたから。
前側は合うのに穴近くはなぜか狭くなってたので、ここを削ったら最後まで入った。



120gの差を埋めるべく、隙間に鉛板を張り付ける。
内部には、スプリング丁度通るサイズの真鍮パイプ(外径8mm、内径7mm)に鉛板を巻き付けて、アルミテープでバラけないように固める。
グリップナットを少しでも引っ込めるべく、スプリングワッシャーは使わない。



それでも、このくらい出っ張る。
このグリップでこれ以上引っ込めるには、グリップチューブをカットする以外方法無いので、このままで。



ただ、逸品屋さんでも触れてた通り、かなり上下にガタがある。
同梱のOリング付けようとしたが、小さすぎて上手く入れられない。
グリップ付ける前ならなんとかOリング嵌めれるが、そうなると今度はグリップが入らない。



そこで、ホームセンターに行ってグリップチューブの径(21.5mm)に合ったOリング購入。
念の為に2種類のサイズを(20.8mmと21.7mm)
同梱のOリングと比較すると大きさが分かるかと。



僅かに小さめの内径20.8mmでぴったし。全くガタが出なくなった。
グリップ握って振り回してもびくともしない。



ホームセンター行ったついでに、内部に入れて手持ち無くなった鉛板補充。
グリップナットと木グリの穴とはかなり隙間空いてるので、ちょっとでも重さ増やす為に幅狭にカットして巻き付け。



鉛板追加したおかげで、元の重さマイナス30gに収まった。



マガジンにガス限界まで入れて、マガジン込みで1532g。以前マガジン込みで測った時は1552gだったので、マイナス20g程度に。



ロングマガジンだと1671g。
マガジン込みのKELTEC PLR-16とほぼ同じ重さだが、コンパクトな分、ずっしり感が段違い。



やはり、木グリあってこそのスコーピオン。頭の中にあったイメージ通りになりました(*´∀`*)。
重さのバランス、以前はグリップ周りに集中してた感があったけど、こちらはグリップ多少軽くなったからか、全体的にバランス良くなった気がする(あくまで気がするだけw)
木グリも、握り心地が凄く良い。以前は頼りない細さだったけど、こちらはしっかり握れる太さ。
また、純正グリップは人差し指が当たる部分の角がきつかったが、こちらは丸くなってて指も痛くならない。



KSCに合わせて製作されたグリップという訳では無さそうだが、材質が木なので凸部分は簡単に削れる(といっても刃物使うので、手を切らないように注意しないと)
ここ最近の極端な円安の影響もあって、逸品屋さんでは次回入荷時には価格が上がるそうで。
今回購入した10名のスコーピオンユーザーは、ラッキーだったかも。


※この木製グリップは、チェコ製の実銃用デッドストック品のようです。
どうりで微妙に合わない訳だw。
  


Posted by Timm_MK2  at 19:22KSC Vz61 GBB

2014年10月06日

KSC Vz61スコーピオン GBB その4

同じ.32ACP同士で。
作られた国は違うし、片や西側、片や東側の銃ですがw。

ワルサーPPはモデルガンだけど、同じHW材質なので質感似通ってる。



さて、コメント欄で、チャージバルブの相性問題を指摘されたので、試してみました。
それぞれチャージバルブ外して交換。



20連マグ、初っ端からちょっとだけガス噴き出すようになったが、ちゃんと12g入った。



40連マグ。バルブ交換前の20連マグと全く同じように入り、19gチャージされた。
あれ?相性というよりバルブ自体違うんじゃ・・・。40連マグは生産ライン違うのか、それとも海外で作ってるのか・・・。



マガジン右の刻印の深さも、20連(下)と比べて40連は浅い。

とりあえず、ガスチャージの問題は解決しました。コメントに書き込んでくれたともさんに感謝!
これで、40連マグでバリバリ撃てますw。もう朝晩冷え込んできたので、昼の気温上がった時間帯しか撃てませんがw。



(クリック拡大)
壁紙サイズで。1920x1080。
同じ口径&HW同士の組み合わせと、同じメーカーの銃同士で(実銃・トイガン共同じメーカーw)



(クリック拡大)
マシンピストル大集合。



さて、コメント欄でリクエストのあった、パーツリスト。
HW素材の上下レシーバーと、マグネシウムのボルトの値段が結構高め。アルミ削り出しのグリップチューブも高い。
ただ、摩耗しやすいブリーチブロックは安めなので、スペアとして5~6個買っておいても良いかもw。
  


Posted by Timm_MK2  at 19:48KSC Vz61 GBB