2014年08月31日

GHK AKM GBB その2

通常分解は、AK系そのもの。
トップカバー後ろのストッパー押し込んでカバーを外し、リコイルスプリングガイドとバッファー外せば、ボルトを抜き取れる。
どんな過酷な状況でも確実に作動するメカニズムは、シンプル・イズ・ベストを地で言ってる。
内部はスッカスカで、泥水に浸かっても砂が入っても問題無く作動するという・・・(実銃の場合)。このリアルな構造を堪能出来るのも、ガスブロならでは。
特に新型になってからは、ボルトにガスピストンが追加され、更にリアルに。
リコイルスプリングガイドは上下2本のワイヤー式で、こちらもリアル。



ただ、下側に大きな引っ掻き傷が。



ハンドガード上側は、ボルト外した後にリアサイト右のレバー上に回せば取り出せる。
ガスピストンが前後するハンドガード内側のパーツにはバリが残っており、材質の違い(ハンドガード内側は鉄で、ガスピストンはアルミ)もあって、かなりの削りカスが。



ガスピストン自体はどこにも固定されずに中空状態で前後してる。ガス・シリンダーは残念ながら再現されて無い。



ハンドガード下側外す場合は、青い矢印のレバーを前方に回転させるが、これがめっちゃ固く、ドライバー使ってテコの原理でなんとか回したが



木製ハンドガードに傷付いたorz
組む時は、レバーの軸が当たる部分にシリコンスプレー噴いて滑りを良くしたら、指でも回せた(一つ上の画像)
外した時に固かった人は、試して見ると良いかも。



ノズルシリンダーにはリターンスプリングが組まれて無く、引っ張り出せばそのまま。
ボルトの材質は亜鉛なので、鉄製フレームに擦れる部分は削れやすい。



ガスピストンの削れを防ぐ為、バリをヤスリで削って丸くし、更にアルミテープでガード。
これで削れる心配は無くなったかと。



アウターバレルはフレームにネジ込まれており、まるで実銃のような組み立て方。
なので、交換する場合は位置をしっかり把握しておかないと、入り過ぎたりして他のパーツと合わなくなる場合も。


フラッシュハイダーのネジはM14の逆ネジ。



通常、亜鉛ダイキャストで作られてるパーツは、ほとんどが磁石くっ付く材質の鋳物。



マガジンキャッチ掛かる部分は亜鉛なので、削れやすい。
マガジンキャッチの材質はスチールプレスで、しかもスプリングがめちゃきつい。
なので、きちんとマガジン挿し込まないと、もし曲がって挿し込んでマガジンキャッチが掛かってしまった場合、外すのに大変苦労する(お座敷GUNオフ会にて)
あと、フォロアーと連動してそうなパーツ(緑の矢印)は、フォロアーが一番上(弾無し)に行ってもプラプラしてて、全く効いてない。そこで、ちょっと分解して調べる事に。



マガジンのボトムパーツを外すと、中に丸いガスタンクが2本。他メーカーのマガジンは通常、亜鉛ダイキャストのパーツがガワぎりぎりのサイズで収まってるが、こちらは隙間が多い。熱が伝わり難いしガス容量も少なくなるんじゃ・・・。
まあ、GHKは以前からこの形式だったし、ガス漏れとかし難い構造なのかも?



抜き出した状態。
上の亜鉛ダイキャストのパーツにガスタンクをねじ込んでるようだ。
それで、ガスチャージ口は放出バルブのすぐ下なのか・・・。



フォロアースプリングは、そのものの弾力で入ってるだけなので、万一飛び出さないように事前に外しておくと良い。



ピンを3本抜いてそれぞれのパーツを外す。
そんなjにきつく無いし、抜く向きはどっちでも良い。



本体内部パーツを押し上げるパーツは、ピン穴が楕円というか∞っぽくなってる。
ああ、これはそれぞれの位置で固定されるんだな~っと納得。



このパーツを押し込んだ状態でロックさせると、フォロアーとリンクしたパーツと深く噛み合い、フォロアーが上がりきった時にパーツが上に出て来る。



すると、ハンマー横のパーツが押されて回転し、ハンマーコッキング状態でロックする。
この部分はシア等とは別になってる独立したパーツなので、トリガー引いてもハンマー落ちない。
AK系は西側の銃と違いボルトストップというモノが無く、弾が無くなればボルト前進した状態で止まる(弾が無いのでトリガー引いてハンマー落ちても激発しない)
ガスブロの場合、マガジンにガスがある限り、BB弾が無くてもいつまでも作動する。
それに対するGHKの回答がコレらしい。旧型のAKS74Uでは無かった機構だ。
KSCのように、ノズルをフォロアーにぶち当てて止めるよりも、遥かに安全で合理的。KSCはなぜこのように出来なかったんだろうか・・・(無駄に複雑な機構を好むKSCらしくない。というか、他社の真似と言われるのがイヤだったのか?)
勿論、実銃にはこんな機構は無いが、BB弾が無くなったのを知らせる意味では、ガスブロ独自の機構としては素晴らしく出来が良い。昔の海外製品からは考えられないくらい、もの凄い進化を遂げてる気が・・・。



通常の出荷状態では、外側に引っ張り出された状態でロックされてるので、BB弾の有無に関わらず常にブローバックする。つまり、これが空撃ちモード。
まあ、室内で作動楽しむ分には空撃ちモードのままで良いかとw。


※ちなみに、内部メカや作動原理は何度も出尽くしたAK系のメカニズムそのままなので、割愛しますw。


次回、実射と比較。
  


Posted by Timm_MK2  at 20:06Comments(2)GHK AKM GBB

2014年08月29日

GHK AKM GBB その1

以前からずっと欲しくて、でもイマイチタイミングが合わずに入手出来なかったGHKのAKM GBB、この度やっと入手出来ました。
まあ、最後の一押しは、お座敷GUNのオフ会で触らせて貰った、塔四朗さんのAKMがきっかけだったんですけどねー。ストックやハンドガード、グリップは実銃用に換装されてて、本体のバトルダメージ処理も相まって、これ実銃隣に置いたら見分け付かないんじゃね?っていうくらいリアルな仕上がりでしたので。
あと、時期もあって作動がめっちゃ快調、リコイルも想像以上に強かったってのも。



コイツの前に入札したのは39Kまで上がって掻っ攫われました(38.5Kまで入札した後、出掛けたので)
そっちはAKMNという、スコープマウントが付いてるタイプ。
こちらは、マウント無しの普通のAKM。但し、RA-TECHの木製グリップと、純正の内部スペアパーツが少々付属。43Kスタートで他入札無くてそのまま落札。
かなり綺麗な状態で、ほぼ新品同然。前のオーナーは部屋で少し空撃ちした程度だったそうで、作動痕以外の傷は皆無。

このGHKのAKMとKSCのAK74M、どっちにしようかずーっと悩んでました(両方一遍に買う予算は無い)
でも、銃の基本形である鉄と木の組み合わせはGHK側だし、それにリアルな外観と綺麗な木製ストックは飾ると物凄く映えるので、やはりGHKのAKMは押さえておくべきかとw。マウント付きじゃ無いけど、その内KSCの買って、ダットやグレネードランチャー付ける予定なので、AKMはアクセサリー無しでも良いかな~っと。こういうシンプルなのも、AKの特徴だしw。



パッケージ。
リアルな電動ガンで有名なLCTと提携し、ガワを提供されてる。
初速は十分規制値内。
以前、旧型に相当するAKS74U(本館記事参照)を買った時、短い銃身長にも拘らず初速が異常に高かった事あったが、こちらは内部機構も変更されてるので大丈夫っぽい。



開封状態。
エコパッケージというか、ほとんど段ボールで構成されてる。



本体、マガジン、取説、BBローダー。



取説には、あまり細かい事は書かれて無く、最低限の説明のみ。



出品者が集めたらしい、スペアパーツ。予備のノズル、マガジンリップ、パッキン、純正ハンマー。
そして、元々付いてた樹脂製グリップ。



RA-TECHのグリップも、合板を加工して作られてる。
この、木製グリップがあるからこそ、ちょっと高めでも入札したんだし。



銃身の下にクリーニングロッドが付いてるのがAKシリーズの特徴。
後端にはネジが切られてるが、取り付ける物は無し。
ストック後部には、おそらくクリーニングキットが入るであろうスペースが。カバーはスプリング仕込みで、押してる間だけ開いてる。



斜めにカットされてる特徴的なフラッシュハイダーは、スチール削り出し。
フロントサイトは鋳物だが、亜鉛ダイキャストではない。
アウターバレルはアルミ製。なので、マガジン無しだとフロントかなり軽く感じる。



合板を加工した、綺麗な木製ストック。
ロシアでは木材は貴重なので、端材使って合板にするのが一般的なようです。それでこのようになったっぽいですが、無垢の木材とは違った美しさがありますねー。ホームセンターにあるベニヤ板とは大違いw。
あと、木材削り出しよりも合板の方が強度があるみたいだし、銃のストックとしては理想的なのかも?



ハンドガードも同様に、合板加工。
本体はスチールプレスで、WEのように黒塗装じゃない、普通に鉄用の処理されてる。



ハンドガードの上側は、実銃のパーツと同じく合板を曲げながら接着して、曲面出してる。
リアサイトとベースブロック部分は鋳物。リアサイトの文字にはホワイト入り。

木製パーツ、遠目や写真だと綺麗に見えるが、間近でよ~っく見ると結構雑な仕上がりしてるw。
内側は結構仕上げ荒いし。
本体の鉄パーツも、トイガンの綺麗な仕上がりとは違う。全体的に実用性重視の、正に工業製品といった感触。
今まで触れたトイガンとは全く別次元の存在感。
WEのドラ子もかなり荒々しかったが、それでもトイガンの域からは出て無かった。コイツは余裕で逸脱してる。実銃と同じ工場で作ってるんじゃね?と勘繰りたくなるくらい、リアルな仕上がりw(リアルソードの電動SVDも同じ雰囲気)

とにかく、外観に関しては150%満足です。
次回は、軽く分解とかを。
  


Posted by Timm_MK2  at 19:46Comments(6)GHK AKM GBB

2014年08月28日

Gun雑誌 2014年10月号

前月はガンプロで、今月はガンマガ。
なんか、交互に買ってるようなw。

さて、特集されてるポリマーオート3種は、いずれも人気がありトイガン化されてる。



私の所持してるのをピックアップ。
グロックは他にG26とアドバンスとG18C(いずれも東京マルイ製)を所持してるが、このStarkArmsのG19が一番のお気に入り。
XDMは、WEのコンパクトしか持って無いw。
M&Pは、VFCとWEが二種。いずれもコンパクトモデル。
その内、マルイのフルサイズのを買う予定。
写真に写ってるのは、VFC製。

仮に実銃の場合、この中からどれか一つを選ぶとしたら、M&Pかな~?デザインが一番お洒落な感じするので。
大きさも、一番コンパクト。
まあ、この国で護身用に実銃を所持する機会はおそらく起こりえないと思うので(少なくとも私の寿命の内は)、あまり意味のない話ですけどねー。



大分朝晩涼しくなってきました。日中でも、日陰だと涼しい。
ガスガンはちょっと元気なくなってきましたねw。

で、かな~り以前から欲しかったガスガンが、この度やっと入手出来ました(長物GBB)
ショップでの在庫はどこも無いのでヤフオク落札。
近日中にアップします(ヒント:お座敷GUNオフ会で触らせて貰って、やっぱり良いものだな~って再認識したブツ。その場に居た人には、なんとなく分かるかも?)
  
タグ :Gun雑誌


Posted by Timm_MK2  at 21:17Comments(4)Gun雑誌

2014年08月26日

刀傘


とある所用で会津地方に行った時に、たまたまそこの土産物屋で見かけて購入。
私自身への土産物はコレのみw(他は、家族や近所用の土産物)。
これ買う前に鶴ヶ城に行って、そこで「八重の桜」に登場するスペンサー銃のミニチュア発見。買うかどうか迷ったが、結局スルー。そこにはこれと同様の刀の柄の傘もあったが、そっちは柄がメッキされてて本体価格は2000円。ちょっと高いな~って思ってたのでやっぱりスルーし、別の場所に移動したらたまたまコイツを発見。1400円だったので買いましたw。

鞘、というか袋の紐は肩に掛ける事が出来るが、袈裟懸けするとちょっときつい。長さ調整出来ないのが残念。
「刀傘」で検索すると、調整式の紐が付いてる戦国傘というのもヒットする。そっちはちょっと高め。
(ピストル型の折り畳み傘もヒットした。ちょっと欲しいかもw)



商品名は「刀傘」というらしい。タグにはどこ製とは書かれて無かった。
柄の部分の紐はモールドで一体成型。



刀身(?)の長さは約68cm。



鞘(?)から抜いた状態。ちなみに袈裟懸けで背負うとかなりきつく、抜くのに一苦労w。



ワンタッチ式の傘。柄の先端にもモールドあり。
また、鍔には龍をあしらったモールドがあるが、裏側(傘の内側)はちょっとディテール甘い。



開いた状態。
中身や大きさは、普通のコウモリ傘とほぼ同じ。

柄の部分がすごく持ちやすい。
ただ、多少は目立つので、人が多い場所で使う場合は、周りの目を気にしない精神力が要求されるw。
(まあ、ピストル型のを使う方が勇気要りそうだけどw)


  
タグ :刀傘


Posted by Timm_MK2  at 20:38Comments(13)日常

2014年08月20日

M92F ぐり子さん

マルイのM9A1に装着してみました。
ネジ穴の頭収まる部分はマルイに対してちょっと大きめで、少々隙間が出来る。
材質はレジンキャストで、墨入れされてる。錘が無いので、機種によっては大分軽くなる。



造形は、通常グリップに施されるような立体的に見える深掘りではなく、フィギュアを縦にカットしたかのような形状。かなりくっきり出てる。

対応機種は、
ガスガン
マルイM9A1 M92F KSC各種
WA マグナ各種
(エリートタイプを除く)

モデルガン
マルシン MGC タナカ

※ロングスライドストップは使用できません(例:マルイ タクティカルマスター、サムライエッジ改等)



左グリップの下のネジ穴は上と違って大きく抉られて無いので



ネジのスペーサー外して取り付ける(マルイ M9A1の場合)



右グリップ付ける場合、機種によってはトリガーバースプリングを別に押さえる必要あるが、マルイ M9A1は必要無さそう。



それぞれ、左右の大きく強調されてる部分が丁度サムレストになり、グリッピングが安定する。



ただ、左右共付けちゃうと、かなり握り難いw。
これは、左利き用(右グリップのみ)と右利き用(左グリップのみ)という風に、それぞれ片側ずつ付けるのが正しい付け方のようだw。



このように、二挺撃ち仕様に。



KSCの場合、そのまま付けるとトリガーバースプリングが外れる可能性あるので、何かで押さえてからグリップ付ける必要ある(左側は、そのままでOK)



ソードカトラスとの組み合わせも、中々良い。



( ゚∀゚)o彡゚ オッパイ オッパイ

KSCのはマルイと比べてネジの頭が大きめだが、丁度収まる。
右ぐり子さんの首に鈴が付いてるように見えて、結構萌えるw。

左右で親指掛ける部分が違うので、それぞれのフェチ具合で付けるグリップ決めるのも良いかも。
尻フェチは左で、おっぱいフェチは右とかにw。

レジンキャストはABS樹脂と比べて脆いので、右グリップ付けてる時は先端突起が破損しないように注意しないとw。


ちょっと想像して欲しい。屈強な海兵隊員が、M9A1のグリップをこれに替えてたら・・・どうだろうw。
まあ、戦闘機のノーズアートとかにエロいイラスト入れるのは昔からあったので、あちらの方々には意外とウケるかも?
(自衛隊だと謹慎処分になりそうw)


明日と明後日、再び留守になります。
  


Posted by Timm_MK2  at 08:55Comments(4)その他