2017年06月18日

サイクルコンピューター

トイガン関係じゃないけど、前回の自転車記事に関連した物なので、こちらに。



サイクルコンピューター、自転車に取り付けて速度や走行距離を表示出来る物。
以前から欲しいと思っててアマゾンである程度チェックしてたけど、アマゾンはアフェリ無くなったので、そっちからの収入が無い(2ヶ月で500~800円程度のクーポン来てた)。Yahoo!ショッピングだと、その場での値引きこそ無いものの、Tポイントが結構大きい。なので、最近はYahoo!ショッピングばっかり使ってた。
そこでサイクルコンピューター探してたら、555円のを発見。しかも送料無料。
レビューもあんまり悪く書かれて無い。もしダメでも1コイン+α程度なので、購入してみました。
期間限定ポイントの期限切れが近かったので、限定ポイントのみ適用。約200円オフ。


注文から4日後、ゆうパケットで到着。
日本語取説が別に付属してるが、こちら本体付属の取説を英訳した物。
それでも、日本語なので分かりやすい。
商品名:サイクルコンピューター 有線 防水 サイクルメーター 自転車 7種類計測 マルチコンピュータ AD036 送料無料
本体はMade in China。



電池が最初から入ってて、しかも時計合ってなかったので、一度取り外し。
LR44なので、ダ〇ソーで新品購入可能。



ベース、センサー、マグネット。これらを自転車に固定する。



センサーとマグネットの隙間は1mmと書かれてたが、この辺りが丁度良い。これより外側だと離れ過ぎて、内側だとぶつかる。
マグネットの取り付け、スポークを樹脂で挟んでネジで固定するが、樹脂に金属ネジなので、強く締め付け出来ない。
かといって緩いままだと遠心力で外側に動きそうなので、瞬接ちょっとだけ投下。
仮付けしてホイール回し、スピードが表示されるか確認。この程度でもしっかり作動した。
確認後、付属の結束バンドで固定。長過ぎる部分はカット。



ハンドルにベース取り付けて本体装着。ベース取り付ける部分、ここしか空いてなかったもので・・・。
取説に従って外周入力。この時、タイヤサイズの26x2.00のを入力したが、オリジナルの取説にはホイールサイズって書かれてた。後で入力し直さないと。
これはスタンバイ状態で、暫く放置すると時計のみの表示になる。



現在のウチの自転車。段々と自分色に染め上ってます。
サイクルコンピューターのケーブルが追加されてフロントがちょっと煩わしくなってるが、無線式だとセンサーにも電池必要になるので、有線にした次第。それに、有線の方が安いし。



本体は簡単に取り外せる。いくら防水仕様と言っても、取り付けたまま風雨に晒すのは良くないし、防犯上、自転車から下りたら、外して持ち歩いた方が良さそう。



フロントディスクブレーキ。購入時からブレーキ鳴りがあり、ディスクだから仕方ないのかと諦めてたが。
内側のブレーキパッドとの隙間がかなり大きめだったので、調整してみたら鳴り潜めました。
自転車のワイヤー式のディスクブレーキは、車やバイクの油圧式と違って外側しか動かない。内側は固定されたまま。



内側のパッドとディスクの隙間調整は、この六角ボルト回して行う。減った時に右に回して、隙間減らす感じで。
また、ブレーキレバーの遊び調整は、ワイヤー調整で。左に回して遊び少なくするとちょっと引いただけでも掛かるが、自転車の場合、バイクほど強い制動力必要無い。どちらかというとリアがメインなので、フロントは補助的に掛ける感じで(あまり強いとジャックナイフ起こす)。右に回すと遊び大きくなり、レバー多めに引く感じになる。少し大きめの方が良さそう(素人考えです。自転車整備のプロの方の意見伺った方が良いかも)


ちなみに、サイクルコンピューターで表示される速度、思ったより遅い感じしました。
緩い下り坂で最高段にしてかなりスピード出したつもりでも、30km/hちょいだったりとか(歩道じゃないし、歩行者も居ません。田舎道なので)
まあ、自転車で40km/hも出したら、結構危ない気もしますけどね。ロードバイクだと50km/hくらいは普通に出そうですが。
  


Posted by Timm_MK2  at 21:34Comments(0)日常

2017年06月09日

MTB タイヤ交換

現在使ってるMTBのタイヤは、林道のような砂利道ならともかく、舗装路だとゴム質柔らかめな所為もあって安定感がイマイチ。なので、クロスバイクっぽい使い方する為に、以前から合うサイズのタイヤをアマゾンでチェックしてた。
色々吟味した結果、購入に踏み切ったのが前月初め頃(2017年5月)



パナレーサー タイヤ リッジライン [H/E 26x2.00] ブラック 8H2620-RL-B

色々あって、やっと交換出来るように。
大きめの箱の中にタイヤが2本入ってるだけ。緩衝材とかはなく、タイヤの他には納品書のみ。
まあ、壊れる訳じゃ無いし。
購入時の2本+送料の価格は、約5K。


 
(クリック拡大)
タイヤの梱包解いたら出てきた、取り扱い説明書。
それぞれのバルブのタイヤ交換方法も載ってる(裏面に、仏式、米式のも)
タイヤ自体は日本製なので、説明文も日本語。



以前買っておいた、パンク修理キット。樹脂製タイヤレバーも含まれてる。
これらの工具はフレームバッグに収めて普段から持ち歩いてる(ポンプは別に取り付け)



パターン比較。
この白いタイヤ、ゴム質は柔らかめで、空気圧高めにしても安定感がイマイチ。
新たに購入した黒い方のタイヤ、センターがちょっと硬めのゴム質で、トレッド幅も広い。
右に比べて一見細く見えるが



元のタイヤ(左)が26 X 1.95に対して、購入したのは26 X 2.00。若干太い。



まずはフロントタイヤから。
ハブパーツは以前換えてあるので、六角レンチ使用して外す。
フロントディスクなので、簡単に外せる。



取説に従ってリムからビード部分を外して行く。
自転車のタイヤ交換自体、生まれて初めて行ったが、意外と簡単に外せた(自動車のタイヤ交換はやった事あるけど)
昔、中学高校の時はパンクしても自転車屋さん任せだったもので・・・。



タイヤからチューブ引き出す。
今回、チューブ交換はしないので、バルブはリムに付けたまま。



タイヤの回転方向は書かれてないし、トレッドのブロックパターンからもどっち向けでも大丈夫な感じ。
リム内側、チューブが当たる部分は樹脂に覆われてる。リムサイズが書かれてないが(ホームセンターでチューブ物色してた時、リム内側にサイズが明記されてると書かれてた)、バルブ近くにサイズ表記されてた。
HJC 26 X 1.75 が、この自転車のリムサイズ(写真撮り忘れ)



チューブ。中国製なので出来れば替えたいが、今の所空気漏れは無いので、暫くはこのままで。
まあ、スペアとしてチューブ所持しとく必要性あるので、近い内に地元で購入予定。



新しいタイヤにチューブ入れて、リムにビード嵌めて行く。
その際、チューブ噛まないように注意しないと(ろんぐらいだぁすでも、注意喚起してた)。



少しずつ空気入れて、リムにちゃんと嵌ってるか確認。目一杯注入して問題無いか確認してから、自転車に取り付け。



さて、次はリアタイヤ。ディスクブレーキじゃないので、ブレーキが引っ掛かる。
片方外しただけだと外しにくいので、両方のシュー外す事に。


フロントと違ってリアのハブはそのまま。
六角ナット外す際、手持ちの工具が全く合わない。14mm当てた時小さくて入らなかった。17mmだと大き過ぎ。
5/8インチでも、微妙に大きい(写真はスパナだが、5/8インチのメガネレンチ空回りした)
付属の薄っぺらい工具がぴったり。どうやらオリジナルサイズらしい。さすが中国製。
・・・まあ、リアホイールのみ盗まれる危険性は低そうなので、防犯上は良い事なのかな?



左はともかく、右はガードがあって回しにくい。サイズが一般的なら、ソケットレンチ使って回せるのに。



やっとリアホイール外せた。リアブレーキのシュー左右とも外す必要あるしチェーンも絡まってるので外さないと。
まあ、変速機構があるので、引っ張るだけでチェーンは外せる。ただ、手が油まみれにになるけど・・・。
スタンドが無いので、雑誌重ねて代用。不安定で作業し辛かった・・・。タイヤ交換や各部の調整には、スタンド必須ですね。
外でパンクした時、スタンド無しでやらないといけないので大変な気も・・・。ろんぐらいだぁすでは、外でチューブ交換もやってたけど。
・・・今考えたけど、逆さにしたら作業し易かったんじゃ・・・今更ですが。



フロント同様にタイヤ交換して空気入れてたら、一部膨らんできた。ビードがリムにちゃんと嵌ってなかったみたいで。
これ、空気入れでちょっとずつ入れてたから良かったけど、CO2ボンベとかで一気に入れたら、チューブ破裂してたかも(ろんぐらいだぁすのように)。



改めて入れ直し。今度はちゃんと入った。



完成。黒の足回りで、以前より引き締まって見える。
ちょっとだけ近場試運転した感想は、空気圧高めにした所為もあって、転がりがスムース。以前よりもペダル踏力少なく感じる。トレッドの剛性も十分。タイヤが全体的に固くなったおかげで、細かい震動は以前より伝わって来る。まあ、舗装路はガチガチの方が良いし、林道走る時はちょっと空気抜いてクッション性高めれば乗りやすいかも。



今回酷使したハンディポンプ、一度チェーンに絡まって千切れた部分再び分離。以前千切れた後にアルミパイプ介して修理したんだけど、高圧に耐えきれなかったみたいで。やはり、買い直すしか無いのかも・・・(実はこの後再び修理。今の所大丈夫)



その、チェーンにハンディポンプ絡めたあたりから出始めた不具合がコレ。手元のシフトの表示は1なんだけど、2のギヤに噛んでる。シフト表示が1でも実際は2速、2→3速とずれてて、表示が6-7で7速ギヤに入る。
なんとか調整出来ないものかと弄ってみた。



ロー側に関係してるスクリュー。締め込むと範囲が狭まるのか、2速にも入らなくなる。ココは緩めておいた。



7速(一番小さいギヤ)



ハイ側は、こっちのスクリューが関係してる。コレも締め込むと6速までしか入らなくなる。
目一杯緩めて隙間開けて、7速に入れてからスクリュー締めて隙間無くす感じに(つまり、元の状態に)



さすがに自己流だと限界感じて、シマノ 変速機 調整方法 で検索。
動画もあったので、そちら参考に。若干仕様違ってたけど


シフトワイヤー調整方法で解決。スクリュー緩めて隙間開けて、ワイヤー調整ノブを回してワイヤー引っ張る感じにする。
すると、シフトが内側に動いて



しっかり1速に入るようになった。
この後、スクリューはちょっと締め込み、先端がちょっと当たる程度に。
走ってみたが、ちゃんと表示通りのギヤ位置に。以前のようにずれる事もなく、表示1→1速、表示2→2速、そして6だと6速、7だと7速と、表示通りに。ギアの位置がかっちり決まる事もあって、走りが快適に。
これなら、少しくらいは遠出出来るかも(仕事忙しいので、暫く無理ですが・・・)

タイヤ交換してから天気の良い日は近場走ってますが、ウチの周りは坂道が多い。緩い登坂でも、距離あると結構疲れる。
かなり急な坂だと立ち漕ぎか、降りて押すけど、そこまでじゃない坂は基本座り漕ぎ。この時、腿の筋肉のみでペダル漕いでると、すぐに限界訪れる。しかし、腹筋に力入れると、腿の負担が減って意外と最後まで漕げたりする。この歳になっても、たまに腹筋鍛えてる成果もあっての事かと。
つまり、自転車漕ぐ事によって、ダイエット効果と引き締まったウェストが得られるという事でもある。
まあ、私と同年代は大体ビール腹になってるので、こういう事出来るのは私くらいですが・・・。




さて、今まで趣味に関する物はトイガンに限らず、ここミリブロに投稿してきましたが、トイガン以外の記事アップした直後にミリブロトップページ訪れると、当ブログのアウェー感がハンパ無い。なので、今後は1/1トイガン(関連アクセサリー含む)以外の記事は、なるべく別ブログにアップする事にします。こっちの更新が滞り気味になりますが、ご了承下さい(トイガン以外の記事のアクセス数が少ないってのも理由の一つ)


今回の記事で、ファイル数1万超えました。使用容量は 637.18 MB / 1,000 MB
  


Posted by Timm_MK2  at 20:22Comments(2)日常

2017年05月19日

山火事防止巡回とジャックナイフ

今の時期は、地元の消防団で山火事防止巡回を行ってる。地元で管理してる山の林道をぐるっと巡回する。
で、私の出番で、今年は自転車使用。いつもは車使うのだが、以前MOVEで走ってた時に車体破損した事と、部分的に轍が深い所もあってTantoだと厳しいので。去年は自転車間に合わなかったので、歩いて巡回した(2時間以上かかってる)。

自転車で巡回し始め、急な長い下り坂に差し掛かり、ブレーキ掛けながら走ってた。言うまでもないが、自転車にはエンジンブレーキが無いので、減速は前後ブレーキのみ。
バイクと違い、自転車のブレーキはリアがメインでフロントは強く掛けてはいけないのだが・・・。



(画像はイメージです)
フロントがロックしたと思ったら急に地面が回転し、一瞬の後に地面に背中から落ちてた。
前転した直後、地面に落ちるまでの間は一瞬だったが、スローモーションのように感じられた。

フロントホイール中心に車体が前転するジャックナイフは、急な下り坂で自転車が陥りやすい事故の一つ。
フロントブレーキが効きすぎてホイールがロックし、そのまま前のめりに転ぶ、勢い強いと空中で回転する。
自転車乗ってて初めての経験。昔、通学用チャリでそういう経験は無かったし、バイクでジャックナイフ起きた事も無かった。
背中から落ちたが、無意識に受け身取ってたらしく、どこも痛くない。自転車もノーダメージ(ハンドルが1回転してた程度)。林道だけど、長年の風化で砂利は土に隠れてしまってたし。
まあ、後になってから左肩に痛み感じたが、すぐ収まった。



地面に落ちる前に浮き上がった後輪と空が見えてた。
こんな感じに。



長い坂。コケた場所はここでは無いのだが、コケた時はデジカメ持ってなかったもので。



自転車だと、車で入り難い場所でも気軽に入って行ける。
車だとUターンする広さが必要だが、自転車には必要無い。
勿論、バイクの方が楽なのだが、ガソリン切れた時がきついのと、泥濘きつい場所でも自転車なら担いで行けるので。



山を1周する場合、下りがあれば当然登りもある。日陰だと地面が湿気ってたり、場所によってはぬかるんでたり。
そういう所では、降りて押す。



この自転車は前3速、後ろ7速の計21段変速だが、後ろの1段に入り難い。シフト1にしても2のギヤのまま。
これは、以前急いでた時にハンディーポンプがチェーンに絡まったまま漕ぎ出した影響もあるのかも(ポンプのホース回転部分は千切れたけど、後で直した)
一応、シフトを前に思いっ切り回しながらだと、1速には入るけど



スーパーローでもこのくらいの坂でやっと。少し走ると立ち漕ぎしないときついレベル。
写真だと大したことないように感じられるかも知れないが、舗装路と違って地面がスリップするし、アップダウンも激しい。
また、坂自体も数十メートルとかじゃなく、数百メートル単位。いくらフロントロー、リア1速に入れても、座ったまま長時間漕げるレベルじゃない。

山道自転車で走ると大量のカロリー消費する。ダイエット目指してる方は、自転車での山道走破を試してみてはいかが?
慣れないと翌日筋肉痛で動けなくなるけど。



本格的に自転車で山道走ったのは今回が初めてだったが、さすがに体力落ちてきてる。
10代の頃は片道10kmを毎日自転車通学してたし(冬期間を除く)、結構遠くまで自転車走らせてたりしたが、基本ロードタイプなので山道は走った事無い。
20代の頃にこういう自転車あったら、どこまで走っていけたのに・・・。まあ、20代の頃は、バイクに乗ってたんですけどね。
  
タグ :自転車林道


Posted by Timm_MK2  at 21:47Comments(0)日常

2017年03月05日

ドライブレコーダー AZ-1取り付け

旧DeNAで、現在Wowma!になってる総合通販サイト。そこの期間限定クーポンに当たったのは良いんだけど、そのクーポン使えるショップが限定されてる。ミリタリー関連で欲しいのが無かったので、今年の春に買おうと思ってたAZ-1用のドライブレコーダーとカーナビ買おうかと思い、注文してみました。



結局、新しいカーナビはTantoに付けて、お下がりをAZ-1に。新規のドライブレコーダーはAZ-1に。
カーナビのホルダーはタブレット用汎用ホルダー。吸盤部分がゲル状になってて、凸凹した面でも強力に吸着する。
実際、平らな面が無いAZ-1のダッシュボードでも問題無く吸着出来た。
ミラー型ドライブレコーダーはTantoにも付けてるが、あっちはAZ-1に付けようとして右側のカメラがフロントウィンドウにあたり、付けれなかった。
こっちは左にカメラあるので、問題無く装着。
いや、これ届いてから、カーナビ一体型のドライブレコーダーってのも出てたの知ってちょっと後悔したが、中にはカーナビとドラレコ同時に出来ないのがあったり、15K前後でもそれぞれの機能が中途半端だったりと、あまり良い評価が無い。

まあ、こっちは無事付けれたし、良いか。
左の視界がちょっと狭まったけど、都会圏のように歩行者や自転車が溢れかえってる場所走る訳じゃないので。



中国語のパッケージ。
輸入販売元で作ったと思われる、日本語説明書付き。
実は、商品説明ページと商品の形が違ってたけど、あっちは角型でタッチパネルで右カメラ、こっちは丸っこくなっててボタン式で左カメラ。商品型式が同じだったので、向こうが間違えたとは思えない。まあ、中国製品は予告無しで仕様変更するのがデフォだし。
あと、結果的に左カメラで良かったので、このままで良いかな~っと。



一つのシガーソケットから二つ分の電源取るので、ちょっと煩わしい。
左に付けると1速と3速に入れる時にぶつかるので、右に曲げて取り付け。
5速に入れる時も少し当たるが、そんなに気になるほどじゃない。
とりあえずTantoで使ってた分配ソケット使ったけど、ミニUSB用のにすれば邪魔にならないかも。



ミラー型ドラレコのコードは、Tanto同様、上からサイドピラー這わせてハンドル下通る感じに。




左カメラだが、運転席から見える部分はほぼカバー出来てる。
ミラーはブルー入ってて、夜間の後続車のライトがあまり眩しくならないタイプ。まだ夜間走行してないけど。
この日は天気が良かったので幹線道路は乾いてたし車内も暑いくらいだったが、外は寒い(外気温一桁)
AZ-1は夏タイヤなので、凍結路面走ったら100%事故る。なので、夜間走行は4月以降か。
AZ-1は車高低い所為もあって、夜間の信号待ちで後続車のライトがめちゃ眩しい。まあ、今は見かけなくなった防眩タイプのミラーなので、レバー動かして眩しさ和らげる事は出来るが。
AZ-1で走ってると、なぜか車間距離ぎりぎりまで詰めて来る後続車が多くて・・・。



カメラはこの位置に。
ゴムバンドで留めてるので、何年か使うと切れそう・・・。
AZ-1は上からの直射日光きついので。



マイクロSDカードはこの位置に。
押し込んでロック、再び押すとロック解除してちょっとせり上がるが、キーボード操作の邪魔になるので爪切ってるし、ちょっとやり辛い。

1080Pで撮ったのをPCで再生してみたが。
画質はTantoに付けてるのと同じか若干劣る。また、5分設定にしたのに、4分30秒だったり1分もしない内に止まってるのも。
時々止まったりもしてる。まあ、これは各センサーの設定の仕方にも問題あったみたいで(動体センサーONにしてると、景色止まった時点で録画止まる。つまり信号待ちでは録画しない)
一応、クラス10の32GB入れたのでメディアには問題無いはず。他の設定色々試してから、動画をアップします。
  


Posted by Timm_MK2  at 20:59Comments(0)日常

2017年01月15日

カップ麺 その15

昨日今日の最強寒波で、雪かきしんどい。特に昨日は、早朝~午前中にかけて雪かきした後、午後も同じくらい積もって再び雪かき。ほぼ一日中、重労働してました。普段は早朝、あるいは午前中だけ雪かきしてれば十分だったのに。
今日は日中あまり降らなかったので、午前中のみ。午後は体休め(でないと体力続かない)。



さて、数日前にスーパーで見かけて購入したカップ麺。今年の干支にちなんだ物2種類買ってきました。


日清のチキンラーメン 酉年記念 ビッグカップ
購入価格197円(税込)。




パッケージ。

ちなみに、以前謎肉祭買ったスーパーでこちら購入したのだが、謎肉祭は在庫無かった。
期間限定か?



かやくは入ってるしスープは麺に染みついてる。開けたらお湯を注ぐだけ。
ビッグだけあって、お湯の量も多め。お湯のラインも高めで、多過ぎるんじゃないかと思ったが



3分経過後は丁度良い感じに。調味油入れて完成。
見た目が楽しいので、子供受けは良いかも。。
味は、チキンラーメンそのもの。特に変わった味付けしてない。
鶏肉は、ちょっと少なめ。



お次は、エースコックのトリまみれの濃厚鶏そば
購入価格235円(税込)。




小袋は3つ。かやくのみ入れて、お湯を注ぐ。



4分経過後、スープとペースト入れてかき混ぜる。
ちょっととろみの付いたスープで、とんこつの鶏バージョンと言った感じ。ノンフライ麺の食感も悪く無い。
若干味付け濃いめなので、薄味好みの場合はお湯を少し多めに入れると良いかも。



味付けや食感は、濃厚鶏そばの方が好み。まあ、若干高いけど。
見た目は酉年記念の方が良いかな?
  


Posted by Timm_MK2  at 19:03Comments(4)日常