2012年12月31日

大晦日

という訳で(?)、今年最後の更新です。

Gun1+1/6〓OTHER SIDE〓さんとこ見てたら、マルシンのMP40のモデルガンを記事にしてたので、私も引っ張り出してきましたw。
こちら、キットモデルを組み立てて塗装したモノ。結構前に組んでキャロムのブルースチール塗装。ちょっと黒っぽさが足りないw。

これは、プラグファイヤーカートリッジ式のブローバック式モデルガンで、本体ABS樹脂だけど、所々に金属パーツを使ってて、強度は十分。形状の再現度も申し分無い。実銃もオープンボルトからの発射なのでシンプルだし、機構もほぼ実銃通り。


バレルは、バレルナット回すと簡単に外せて、インナーチャンバーもすぐ取り出せる。火薬で汚れた時はすぐ洗浄出来るので、便利。
・・・もっとも、一度も発火させた事ないですけどねw。



最後は、ゲーリングルガーとのツーショットで締め!


今年は、ブログ初めて開設した年でした。意外と訪問数多くてびっくりw。
来年も、良い年でありますようにヽ(´▽`)ノ♪。
  


Posted by Timm_MK2  at 11:18モデルガン

2012年12月29日

年の瀬

もうすぐ今年も終わり。
年末行事の一つに、大掃除というのがありますが、私も部屋をちょっと整理してました。
で、以前探しても発掘出来なかった、マルシンのモデルガンM92FSが出てきたので、ブログのネタ用に引っ張り出してみました。


マルシンのモデルガン、ベレッタM92FS HW樹脂ブローバックモデル。ベレッタ公認なので刻印もきちんと入ってますが、「Made in Japan」とか「MARUSHIN」とか、実銃にはない余計な刻印も多数入ってますw。
スライド・フレームはHW樹脂で、バレルはABS樹脂。塗装はされてない。マガジンにダミーカート入ってるけど、普段は付属のプラグファイヤーカートリッジ入れてますw。


このマルシン製M92FSは、外観や機構の再現度が高く、傑作モデルガンの一つに数えられてます。
プラグファイヤーカートリッシによるブローバックモデルなので(ダミーカート式モデルガンもある)、ロッキング機構こそオミットされてるけど、それ以外の機構は実銃を忠実に再現。写真は、トリガー引き切った時に飛び出す、オートマチック・ファイアリングピン・ブロック。
勿論、実銃グリップも無加工で取り付け可。


マルシンのモデルガンは結構出来良いのが多いけど、たまにポカやらかしますw。これは、Cz75のモデルガン。固定ガスガンをベースに無理やりモデルガンにしたので、サイズは太い・機構はかけ離れてる等、大幅に劣りますw。他には、オートマグのように、モデルガン→固定ガスガン→ガスブローバック、という風に、ちょっと回り道したおかげでガスブロは再現度がメタメタになってしまってるという・・・。いっそ、固定ガスガン用に金型改修せず、モデルガンの構造のままガスブロ出して欲しかったorz。
コレ、光加減で綺麗に見えるけど、実際は無塗装で表面ツルツルで、いかにも「プラッ!」って感じw。おそらくキットモデル(ヤフオク落札なので、詳しい事は分からないw)。PLもそのまま。


こちら、ガスブロのP210。これは固定ガスを経由せずに最初からガスブロなので、機構は実銃にかなり近い。アウターバレルはロッキングされておらず、モデルガンのブローバックモデルに近い造りになってる。
これ、モデルガンで出る話もあったらしいが、未だにモデルガンでリリースされてない。ガスブロでは省略されてるマガジンセフティも、パーツ組み込める形状あるし、タナカやKSC、タニオコバはモデルガン出してそこそこ売れてるみたいなので、是非マルシンでもP210をモデルガンとしてリリースしてもらいたいものです(固定ガスガンと違って、機構の大幅変更による金型改修は必要ないだろうし)
  


Posted by Timm_MK2  at 19:22モデルガン

2012年12月25日

WE-TECH AceVD(SVD) GBB アルミレシーバーVer.との比較 その2


スコープ比較。
上はウチのベラルーシ製POSP-4x24M(T)(輸出仕様)
下のr氏のも、文字や電池ケース以外は全く同じ。多分、同じ型式の国内(ロシア)あるいは東欧仕様なんじゃないかと。


ツマミの文字も同様。

 
全てキリル文字なので、雰囲気はこっちの方が良いですね。


レシーバー比較。表面の仕上げ、上のスチールは回転方向にツールマークあるが、下のアルミは水平に軽くヘアライン入ってる。
また、マガジン入る部分の肉抜きも、スチールはツールマークあるのに、アルミは全く無く、若干梨地調になってる。


レシーバー下も、上のスチールに比べて下のアルミは滑らか。


アルミレシーバーの右側面は、左に比べて水平方向のヘアラインが目立ってる。
また、材質柔らかいせいか、セフティレバーを動かす度に傷が深くなっていってる気がするw。
あと、トップカバー外すラッチの解除(固定用ポッチから動かす時)が、スチールレシーバーよりめっちゃ固い。おかげで、分解にえらく手間取ったw。


アルミレシーバーのみにある、謎の出っ張り。


スチールレシーバーには無い。


マガジンを挿すと、ちょうど当たって安定するような感じ。r氏が入手したのは私がスチールVer.入手して暫く経ってからなので、後のロットで追加されたのか・・・。それとも、単にアルミとスチールの違い?
アルミレシーバーは、あきらかに削って形状整えたんじゃ無く最初からと思われる部分も結構あり、おそらくダイキャストである程度成型したのを、更に機械加工で仕上げてるんじゃないかと。


本体+KM製チークパッドの重さ:2922g。マガジンは全く同じなので割愛(空の状態で402g)

空マガジン込み、スコープ無しの重さは、
r氏のドラ子:アルミレシーバーVer. 3324g。

ウチのドラ子:スチールレシーバーVer.(A&K製チークパッド) 3760g。

実際、持ってみるとあきらかに重さが違う。撃った感触は、どちらも大差ない。
また、ボルト交換しても全く問題無く動く(当然かw)


r氏のスコープ。電池が入って無い事もあり、ウチのより込み:604g)若干軽い。


ついでなので、リアサイトの文字にエナメルのオレンジで墨入れ(実銃も、オレンジになってる)。


ストックの仕上げはどちらも同じ感じ。木目が全然違うのは、個性があって面白い。
レシーバーの仕上げやガスレギュレーター周りは、アルミレシーバーの方が綺麗。あれ?スチールレシーバーは一応デラックスバージョンのはずなのに、なぜかアルミに負けてるww。

まあ、荒々しい仕上げの方が本物っぽいし、よりロシアっぽいという意味でデラックスバージョンなのかもw(と無理やり理由付けて納得しないと、2万の差額がww)。
  


Posted by Timm_MK2  at 18:14SVD GBB

2012年12月24日

WE-TECH AceVD(SVD) GBB アルミレシーバーVer.との比較 その1

 
とある用事でroadbuster氏がウチに訪れるという事で、以前WEのSVD入手したって言ってたのを思い出し、比較用に持ってきて貰いました。
上:roadbuster氏のドラ子 アルミレシーバーVer.
下:ウチのドラ子 スチールレシーバーVer.
ちなみに、r氏のスコープは中古で買ったKM企画のエアコキドラに付属してたもので、後になってベラルーシ製と判明。


ストック比較。木目の方向が全く違う。ウチのは横縞で、r氏のは縦縞。


一見、リアルソードのように合板っぽく見えるが、無垢の木の木目。


ハンドガードは、どちらも似たような木目。


r氏のドラ子のチークパッドは、KMのエアコキからの移植。ベースの木は合板っぽい。ただ、ストックのRと合ってない。


光加減で、あちこちの凹みが確認出来る。凹みの数は、ウチのドラ子より多い気が。また、触った感触も、ウチのと比べて若干ザラザラしてる。

ガスピストンの仕上げが全く違う。ウチのは刃物跡が深く残ってて、r氏のは表面綺麗。


ガス・レギュレーターの色合いも、ウチの仕上げ直し前と比べて若干グレーが強くなってる。
あと、錆がほとんど無いw(ウチのは、錆が結構あったので)

(確認しやすいように、大きめの画像で)
フラッシュハイダーは、かなり仕上げが違う。上はウチので、旋盤のバイトで削った跡が残ってて、黒仕上げ。
対して、r氏のは刃物跡が全く無く、色もOD色に近い。また、角の擦れも多い。
材質は、どちらもスチール。


長くなるので、続きは次回にて。
  


Posted by Timm_MK2  at 20:15SVD GBB

2012年12月22日

ノートパソコン セッティング

PC専門の通販ショップより、メモリとHDD購入。到着したので、早速分解開始。
下のパネルの外し方分からなかったのでネットで検索したら動画載ってた。矢印のつまみを右に動かせばバッテリーが外れて、左に動かせば、パネルが外せる。写真は、外した後。


ノートには4GBが一枚挿さってただけで空きが一つあったので、4GBを一枚購入。最大メモリ容量と規格は、HPのサイトで確認済み。


純正のを抜き取り、購入したのを下に、純正を元の位置に挿し込み。交換自体は簡単に出来る。
昔はノート用メモリってめちゃくちゃ高かったけど、今はかなり安くなってる。


HDD交換する為に、まずは元のHDDを取り出す。マウントごと取り出した後、マウントからHDDを取り外す。


元のは左:サムスン製(640GB)。購入したのは右:東芝製(500GB)。
このタイプのノートPCは結構出品されてて、ジャンクは大抵HDD不良でOS起動しなくなったのが多かった。なので、OS入れてセッティング済ませてもすぐダメになる可能性あったので、新品に交換した次第です。セッティングには、数日費やすので。


HDDにコネクター挿してから、マウントに取り付け。そして本体に組み付け。電動ガンのメンテより、遥かに楽ですw。


BIOSで確認。しっかり8GB認識されてます。


Win7の64ビットをインストール。光学ドライブはブルーレイってのは知ってたけど、ROMかREかは分からなかったので(HPはBTOパソコンなので、注文時にユーザーの好みと予算でいくつか分岐する)。REなので、BD-Rにも書き込める。


各種ドライバやユーティリティツールはHPのサイトからDLしなきゃいけないけど、詳しい製品名が必要。バッテリー外して確認。


ツールをインストールして、やっとバッテリーの状態が確認出来るように。どうやら全く充電されてなかったようで、やっとチャージ開始。バッテリー挿してACアダプタ繋げば勝手に充電される訳ではなかったみたいでw。

数日費やして、やっと各種ドライバやツール、OSのアップデート作業が一段落しました。画面は15.6インチの1366x768なので、デスクトップの22インチ1680x1050に比べて狭いけど、液晶が綺麗。まあ、あっちより新しいしw。
BIOSアップデートしたせいもあって、レスポンスがデスクトップより早い。メモリはデスクトップの倍あるので、作業が楽。なにより、電力消費量が圧倒的に少ないしw。
普段のネット巡回程度なら、十分過ぎるスペックですし。

あ、この記事に使われてる写真編集からブログの投稿まで、全てこのノート使ってます。田舎なので外で無線インターネット出来ないけど、家の中ならどこでも移動出来るし、万一デスクトップが故障した際にもネットに繋げれるっていう安心感が。
あと、ノートじゃなきゃいけない理由の一つに、オフィスソフトの使用も。ネットのみだとスマートフォンで十分なんだろうけど、写真加工したり動画編集したりプリンターに繋いで印刷したりってのは、スマートフォンじゃ無理でしょうしw(ブルーレイ再生も)。
  


Posted by Timm_MK2  at 18:42PC関連