2016年08月07日

セガトイズ グランドピアニスト

パッケージがでかい・・・。
1/6ピアノを探して見つけたのが、セガトイズの自動演奏機能付き、グランドピアニスト
新品だと4~5万、中古でも2~3万する高額TOYだが、他の安いミニチュアピアノは人が弾くミニピアノって感じなので、パス。
ヤフオクに出品されてたのをチェックして相場とか調べて、13100円で落札。
椅子無しで1万切るのもあったが、やはり椅子は外せないので・・・。
別の曲入ったSDカード付属のだと結構上がるので、デフォの曲のみで。

先々月末に落札した物だけど、色々あってレビュー遅れました。
まあ、発売から結構経過してるし、急いで発表する必要も無いかと思って。



出品者の方は、元の箱に元通りに梱包。パーツ欠品も無し。
少し擦り傷(タオルで無造作に拭いた跡)や埃が付いてたが、普段は居間に飾ってたようなので。
目立った傷や深い傷は無し。



パッケージ上段の大屋根の下には、脚とかが。
これらは、本体にネジ留めするので、プラスドライバーも必要。



下段には、本体と椅子が。



組み立て後、保護カバー被せた状態。



同スケールのドールを配置。
というか、この子の為にグランドピアニスト買ったようなものだし。



みあ、ピアノを弾く。
椅子はクッション無しの樹脂製。



電源繋いでないので、鍵盤押しても音出ない。

本来なら音が出るのも確認すべきなのだが、入手以来確認してない。
というのも、出品者が問題無いと言ってたのと、飾る場所が無いので普段箱に仕舞ってる事、そして置き場所の部屋が夏場異常な高温になり、この撮影中もサウナ並みに汗ダラダラ流しながら撮影してた事。
ピアノやドールに汗付かないように気を付けてたので、演奏する余裕も無くて・・・(さっさと撮影終えて部屋から出たかったし)



(クリック拡大)
大きめの画像で。
本体は1/6ミニチュアとしても高レベルな出来栄え。
音源はMIDIなので、内部の構造物は単なる飾り。



(クリック拡大)
別角度から。
ミニチュアの譜面も準備しとけば良かったかも・・・。



演奏終えて。






(クリック拡大)
以上、セガトイズ グランドピアニストでした。といっても、外観のみのレビューですが。
実際、模型としての出来はかなり良く、更に自動演奏機能で鍵盤も動く。
高額TOYの部類に属するので、ドールのアクセサリーとしてはオーバースペックな気がしないでもない。まあ、安く入手出来たし。
ショップから新品買うと4~5万はするので、とてもじゃないけど無理ですね。
居間に飾って自動演奏させると客受けは良さそうだけど、ドールと一緒だと引かれるのは確実。なので、普段は仕舞いっぱなしですが・・・。スペース確保して自室に飾っておくのがベストかも?
  


Posted by Timm_MK2  at 05:42Comments(2)ラジコン・TOY

2016年08月05日

デストロイド・モンスター 続き

(クリック拡大)
比較用に同じ1/100スケールという事で、ガンプラのMGシリーズ、陸戦型ガンダムをチョイスしてみました。
結構昔に組んだ物なので、ほとんど素組みですが。
数あるMGシリーズ(といっても、組んだのはそんなに多くない)の中でコイツにした理由は、同じ陸戦兵器、コックピットが近い、パイロットも取り外して使える、という事で。


 
砲身除いた全高は、ほぼ同じか。



コックピット付近。



シロー・アマダ、モンスターに搭乗。



一人だと、ちょっと寂しい。



タラップ途中にて。
同スケールの人物を添えると、モンスターの巨大さがより強調されますね。



モンスターの脚部関節を伸ばすと、ガンダムよりも高くなる。



(クリック拡大)
劇中のような歩行シーンを再現。



他の陸戦型格闘用兵器と違って動きは極端に遅いが、重量感ある歩行は迫力がある。



各部マーキングのアップ。




さて、ここからは毛色を変えて、魔女っ子でのファンタジー世界を。


(クリック拡大)
久々の魔女っ子あいか。最近はその設定すら忘れてた気が・・・。

魔方陣から、使い魔モンスターを召喚。
あいか「なんか変なのキタ。名前は・・・デストロイド・モンスター?モンスターって名前付いてるし、ま、いっか。



(クリック拡大)
という訳で、使役開始。
あいか「殲滅♪殲滅♪



戦闘終えての1シーン。





以上、HI-METAL R HWR-00-MKII デストロイド・モンスターでした。
1/100という事で迫力ある大きさ、そしてしっかりした造り。
このスケールだとプラモデルを買う事の方が多いが、量産品の完成品としては結構出来が良くて満足。
大きさ的に、ドールと絡めても違和感無いですし、色々と楽しめますね。
  


Posted by Timm_MK2  at 05:18Comments(0)ラジコン・TOY

2016年08月04日

デストロイド・モンスター

1/6 Gunシリーズの途中ですが、ある大物玩具が届いたので、そちらを先に。




(クリック拡大)
商品名:HI-METAL R 超時空要塞マクロス HWR-00-MKII デストロイド・モンスター

アニメ「超時空要塞マクロス」をリアルタイムで視聴してた世代としては、この決定版とも言えるデストロイド・モンスターは垂涎のアイテムです。1/100スケールで、関節部には金属パーツをふんだんに使い、重量感とポーズの自由度を高次元で融合させている。
ほぼ成型色なので、リアルなメカという訳ではないが、アニメの設定そのままで現代の技術で再現されてて、かなり出来が良い。定価27000円は伊達じゃない(?)。まあ、2万切ったあたりで、アマゾンに注文しましたが。




パッケージ。
写真だと伝わり難いが、かなり大きな立方体。
表は迫力あるパッケージアートで、横は現物の写真。



パッケージ裏(後ろ)には商品説明、下(底面)には、U.N.SPACYのマークが。



中身の発泡スチロール。4本の砲身は、後から組み付け。



開封。
コンパクトに入ってる。



(クリック拡大)
取説。
透明樹脂の砲身支柱は、使わなくても特に問題無かった。



全景。砲身付けるとかなり長さが増え、撮影スペースぎりぎりに。



後方俯瞰視点。



砲身は樹脂製。ライフリングモールドもあるが、すぐ塞がってる。



視点を下げると、結構迫力ある(写真小さいので、伝わり難いかも)



ほとんどの関節部分はクリック式でかっちり動き、固過ぎず柔らか過ぎず、絶妙なクリック感。
アームの可動部分は多く、格闘戦のポーズも取れる。



脚部の関節もクリック感が絶妙で、かなりの重さにも関わらず、勝手にポーズ崩れたりしない。
足裏には、広範囲でメタルパーツが。



コックピット内部も再現。ただ、塗装はされてないし、クルーも居ない。



金属製のシリンダー状パーツで支える事で、ボディの仰角を変える事も。



搭乗用ハッチオープン、及び、タラップエスカレーター展開。



重量感のある、リア周り。



ドーザーブレード展開。
内部のメカも造形されてる。



薬莢排出口のハッチ開放。



大きさ比較。
ハンドガンは、1/1のG19。



重さ:1652g。



脚部関節伸ばすと、全高アップ。



砲身は、それぞれ独立して動き、乱れ撃ちも再現。



90度近い仰角も可能だが、これで撃つと確実に後ろに倒れそう・・・。


デストロイド・モンスターは、マクロスに登場するメカの中では一番のお気に入り。
やはり、その圧倒的な火力と、巨大さに惹かれて。
劇中ラストでは、その重量ゆえに甲板を踏み抜くシーンも。

写真点数が多いので、他は後半に。
主に比較写真を。


  


Posted by Timm_MK2  at 20:14Comments(2)ラジコン・TOY

2016年02月06日

Cheerson CX-Stars 動画


動画撮影完了。
スロットルや方向レバーに対する反応は強めですね。絶妙な加減が必要になってきます。
動画では最初上下動大きいですが、カメラのフレームに収めようとして加減間違えてたりするので。カメラ無しだと、もっと上手く操作出来ます。
カメラはハンズフリーショルダーパッドに固定。両手フリーじゃないとヘリの操作なんて出来ませんから。

  


Posted by Timm_MK2  at 19:56Comments(0)ラジコン・TOY

2016年02月05日

世界最小マルチコプター Cheerson CX-Stars

Hogwards G42は、ガスブロとしては世界最小。
という訳で、世界最小同士のツーショット。

メールマガジン登録してるYahoo!ショッピングからのメールで、「世界最小級ドローン ヘリ クアッドコプター」ってのがあったので、ちょっと買いそうに。これ、同じような商品が名前を変えて出回ってる。
アマゾンだと送料込みでもYahoo!ショッピングより安いので、アマゾンで購入。
ただ、プライム使わず通常発送にしたからか、注文から二日後に発送案内が。
プライムと差別化させる為か、通常発送は以前よりも遅くなってる気がする(以前は、大体注文の翌日には発送されてた。早い場合は早朝注文→その日の夜発送)

このCX-Stars、2015年12月からアマゾンで取り扱い開始。その約1年前にCX-10というのが発売されてる。CX-10よりもCX-Starsの方が一回り小さい。写真では分かりにくく、最初間違ってCX-10を注文してしまった(すぐキャンセルしてCX-Starsを注文)
CX-10にはプロペラガードが別売されてたが、こちらはまだ無し。



箱から取り出し直後。
パッケージはビニール袋で覆われてた。



ビニール袋から取り出し。
パッケージはかなりコンパクト。



発売当時、世界最小のラジコンヘリだったナノファルコン。そのパッケージと比較。
ナノファルコンも、その後ピコファルコンというのに代替わりしたが、全長が短くなっただけのような・・・?



パッケージは上から開けようとしたが無理。
下から開けるのが正解だったようだ。



送信機、本体、取説、充電ケーブル。取説は英語オンリー。
今までレビューしたトイラジと違い、送信機には充電機能は無い。USBコネクターから充電行う(PCあるいは5VのUSB電源)



本体重量は約7g。
商品説明によると、7.7gだそうです。



大きさ比較。左はナノファルコン、右はモスキートエッジ。
飛行安定性では、モスキートエッジがダントツ。つい先日、かなり久しぶりに充電して飛ばしてみたが、普通に安定して飛ばせた。
ナノファルコン、モスキートエッジ共に赤外線だが、CX-Starsは2.4GHzの電波。なので、外でも飛ばせるし届く範囲も大きい(ただ、こちらは最大20m)



デスクトップパソコンから充電。インジケーターランプが点灯。



暫くするとランプが消灯。これで充電完了。



送信機の電源は単4電池が2本。



電源入れる順番はどちらからでも。
送信機は必ずスロットルOFFにする事と、バインド時は本体を水平な場所に置く事。
両方の電源入ったら「ピー、ピー」と2回音が鳴り、一呼吸置いてスロットルを一瞬だけ上げて戻すとバインド完了。
その後、ゆっくりとスロットル動かして上昇させる。

商品名の上に充電端子があるが、そっちは後ろ。青いランプが前になる。
トリムが完璧じゃないのか、上昇させると微速前進&右か左に流れる。右のレバーで前後左右調整して壁にぶつからないようにしながらトリム調整。それでもホバリングはモスキートエッジほど安定してない。
まあ、かなり小さく軽いので、仕方ないかも。ナノファルコンも安定性イマイチだったし。
だた、二重反転式のヘリと違って前後左右への反応はかなり早い。どちらかというとラジコンヘリの操縦に慣れた人向け。
ラジコンヘリ一度も飛ばした事無い、全くの初心者だと天井や壁にぶつけまくったり、外だと遥か彼方に行く可能性も。
外で飛ばすなら、もうちょっと大きなのか、GPSでボタン一発で帰還するタイプのを買った方が良いかと。
カメラ付きのも大分安くなってきたので、その内買って空撮とかしてみたい。

中でテスト飛行してる時に落下させて工具にぶつかったが、プロペラ一枚外れただけ。そのプロペラも挿し込んだら普通に飛ばせた。


こちらの室内フライト動画は、後日撮影してみます。


ピコファルコンもついでに貼り付け。マルチコプターより普通のヘリが良いという人向けに。
Cheerson CX-Stars、リンク先の商品はオレンジですが、ページ内でブルー・ブラック・グリーンも選べます。
  


Posted by Timm_MK2  at 21:03Comments(0)ラジコン・TOY