2017年09月07日

Sutekus 各種光学サイト

 
アマゾンで、Avalon Leopard用のドットサイト探してたら、Sutekusブランドの安いのを発見。
ついでにL1A1用のショートスコープと、近々購入予定のSCAR-H GBB用にホロサイトも。
3点以上同時購入で3%引きってのも、纏めての購入理由の一つ。



Sutekus 4 MOA ドットサイト 赤/緑ダットサイト 照準器 20mmレール対応 レッド/グリーン

所謂、M2タイプのレプリカ。取説は、日本語と、英語の2種類。メーカーオリジナルが英語版かと。
他には六角レンチとクリーニングクロス、モニター用ボタン電池。




取り付けた状態。
ドットサイト本体は綺麗で、及第点な出来栄え。ワンタッチ開閉式のレンズ保護キャップが付属する。




ついでに、前後アイアンサイトも取り付け。
フロントサイトは、畳んだ状態だと耳が伏せてるように見える。
ちなみに、前後サイトの主な材質はアルミか亜鉛ダイキャストっぽい。磁石がくっ付かなかったので。
余談だが、ボルトリリースはスチール製。




耳を起こして戦闘態勢。




高さが丁度良いので、ドットサイトの電池切れても、前後サイトで狙う事が出来る。
ドットサイトのレンズ部分は曇り・歪み無し。




ドットも、滲みは少なくクリアに見える(室内なので、明るさ最弱状態)




ドットサイト付けた状態でも、ガンケースに余裕で収納出来る。






適度な高さのおかげで、大分狙いやすくなった。
戦闘力が一段とアップした感じ。



銃本体は傷とか無かったが、この部分にちょっとした傷が。
まあ、ほとんど目立たないし、塗装で簡単に隠せるので。



ハンドガードはイモネジ2本緩めると簡単に外せる。
短いバレルとダミーガスチューブが見える。
バレルはアルミだが、フラッシュハイダーはスチール製。
ハンドガード取り付け時、左右ズレ防止のダボとかは無いので、レシーバーのレイルと真っ直ぐになる位置でイモネジ締める必要ある。曲がった状態でも固定出来るので、その際は前後サイトがずれる事に・・・。



以前、雷槌用に買ったノーマルマガジン。雷槌とは相性良く無かったのか、給弾性能がイマイチだった代物。
Avalonと比べて、フォロアーの突出しが高め。



EMAG。純正と比べてガタは多めだが、挿し込みは楽。
BB弾込めて撃ってみたが、給弾性能は問題無し。




PMAGも同様。ガタはあるけど普通に弾上がる。
弾が出なくなった後は、どちらも2発残る。

純正と比べて挿すのが楽で給弾も問題無し。暫くはこれらを使い回す方向で良いかも。





続けて、ARES L1A1用に購入したスコープのインプレを。



Sutekus TA31タイプ 4倍率スコープ サイドレール付き 3カラーレティクル発光 (ブラック)

4倍固定のショートスコープ。対物側が斜めなので、保護キャップは無し。
アクセサリー取り付け出来るよう、左右に短いレイルがくっ付いてる。



レンズには、グリーンのコーティングが施されてる。



レティクル。



スコープ上部にはアイアンサイトが取り付けられてて、フロント側は集光タイプ。
ストックに頬付けだと近い所為もあり、ボヤけて見える。じっくり狙うと言うより、素早いエイミング用か。



六角レンチ、取説、クリーニングクロス。
取説は英語のみ。



付属のモニター用電池を入れて



点灯させた状態。
赤の他に、緑と青にダイヤル回して切り替え出来る。明るさはそれぞれ3段階。



全景。
スコープは、スリムなL1A1の外観損なわない程度の大きさ。




キャリングハンドルと干渉しない。
L1A1の前後アイアンサイトは精密射撃には向かないので、これで大分狙いやすくなりました。






 
Sutekus 高性能ホロサイト ドットサイト 照準器 レティクル HD553

日本語取説とクリーニングクロス、CR123A電池が付属。



電池は、マイナス側を上に。



ドットは滲みとか無く、くっきり見える。
レンズに曇り・歪みは無し。



ホロサイトはあまり安く無いのが多いが、こちらかなりの安さ。

このブランドの光学サイト全般に言える事ですが、価格の割に出来は良く、コスパ高いようです。


  


Posted by Timm_MK2  at 18:55Comments(0)光学サイトARES L1A1 AEGAvalon Leopard AEG

2017年06月04日

Vector Optics Marksman 4.5-18x50 ライフルスコープ

前回まで普通に画像アップ出来てたのに、なぜか今回は出来なくなってる。
纏めてアップロードはフラッシュプレイヤーが必要だって表示されて、そっちだと全くアップロード出来ない。前回まで問題無くアップ出来たのに・・・。グーグルクロームのフラッシュプレイヤーに不具合でも起きてるのかな?
仕方ないので、ブログ始めた当初と同様に、1枚ずつアップロードする事に(最大5枚まで選択可)

・・・そういえば、ウチは光回線だけど、19時以降回線速度が遅くなる。特に20時過ぎたあたりで極端に遅くなり、時にダイヤルアップ並みの速度まで落ち込む事も(ページ読み込みに異常に時間掛かる)。もしかしたらその影響で?
早朝だと普通に速いんだけど、地元のNTT交換局のサーバーが脆弱なのかな?




三角柱の物体が到着。
VFC SR25用スコープとして以前から目を付けてた実銃用スコープ、ショップで一時売り切れてたが、在庫復活したので購入。
ショップは、Yahoo!ショッピングのエムエムオプティクス



製品のパッケージ自体が三角柱。



諸元表。



開封。
スコープ自体は前後で固定されてるので動きそうにないが、更に緩衝材が詰められてる。



取り出し。
スコープ本体と、マウントリング、ターレット2種、取説、青色の巾着袋はレンズクロスか。



本体に元から付いてるのは1/10MIL ブラックターレットで、1cm シルバーターレットと0.1MRAD ゴールデンターレットがそれぞれ1個ずつ付属。中央の固定用スクリューはシルバーのが1個のみ。
好みで換えられるようにとの事だろうか?
取り付け予定の銃は全体が黒なので、とりあえず元のままで。

Vector Optics Marksman 4.5-18x50 ライフルスコープ
このスコープは、Vector Opticsの中でもハイエンドに属する物で、実銃取り付けに対応してる。
販売価格は28Kと、安物レプリカよりもかなり高い。それでも、性能に対してかなり安い。なので、以前から目を付けてた訳で。



接眼レンズ。コーティングされてるっぽい反射光。



対物レンズ側には、キルフラッシュが最初から装着されてた。
正面からだと見事に反射が抑えられてる。



でも、スコープ覗いてもキルフラッシュの陰りは見受けられない。
視界はクリア。さすがに高いだけの事はある。
レティクル発光機能は無いが、発光機能自体、使う機会無いし。夜サバゲーやる訳でも夜間ハンティングする訳でも無いので。



取説の一部。
モデル別の諸元表。



各部名称。英語のみ。



付属のマウントリング締め付け用レンチ。六角レンチじゃなくトルクスタイプ。



スコープとマウントリング合わせた重さ。
銃本体にこの重量が加算される。



さて、ここまでの解説で、取り付ける銃がどれかは見当付いてると思いますが。


VFC SR25に取り付ける為に購入。



マウント自体はローマウントで、対物側ぎりぎり。接眼レンズ側も、かなりぎりぎり。



対物40mmのリューポルド M1タイプと比較。
長さはほぼ同じだが、対物径の大きさが違う。


 
やはり、大口径のスコープがこの銃には似合う。
スコープ自体も高級感あるし。



上から、スコープ全景。




寝かせて、縦長構図で全体像を。



中々様になってます。



ドラグノフと。



どちらも実銃用スコープ。
スコープ自体の購入価格も似たような金額。
まあ、SR25は、本体だけでドラグノフ+スコープ分の値段しますけど。



同じ50mm径のスコープ同士で。

SR25に合うスコープ入手した事で、更に満足度が上がりました。
4.5-18という倍率なので、お座敷ではまず使いどころ無いけど、眺めてるだけでも満足。





余ったリューポルド M1タイプは、とりあえずPLR-16に。
トップレイルは短く見えるが、マウントリング調整しなくてもそのまま付けれた。
  


Posted by Timm_MK2  at 21:14Comments(6)光学サイト

2017年05月15日

UMAREX/VFC G28 DMR GBBR DX Limited 高倍率スコープ購入

UFC 8-32×50 SF イルミネーション スコープ TAN

期間限定のTポイントの期限が迫ってた事と、そのポイントが1000円近くあるので、消えるのは勿体ないとYahoo!ショッピングで物色。以前から目を付けてたG28用TANカラーの高倍率スコープを注文。
送料が1000円掛かったが、予算の都合上コレ1点のみ。



今までG28に付けてたリューポルド MARK4 4-12x40との比較。
新しいスコープは、とにかくでかい。



で、G28から外したスコープはSR25に付けようとしたが、スコープ付属のマウントリングは低めでリアサイトに当たる。



そこで、色々とスコープ交換。
M82A1に付けてたリューポルド M1タイプ 3.5-10x40をSR25に、
リューポルド MARK4タイプ 4-12x40をMSR338に、
MSR338に付けてた6-24x50をM82A1に。
マウントが低めのM1タイプはMSR338でも問題無いし、M82A1には大口径スコープが似合うので。
SR25はとりあえずといった感じ。その内、コイツにも対物50mmのスコープ付ける予定。



さて、今回購入したスコープをG28に装着。
チューブ径は30mmだが、スペーサー使わず、1mm厚のゴム板2枚貼り付けて対応。
この方がマウントリングの合わせ目がぴったりしてるので。



レンズキャップ開けるとドットサイトの邪魔になるので



90度回転させて取り付け。



対物50mmのスコープは迫力十分!



スコープは今まで購入した中で一番の大きさ。
でも、G28には似合ってる。カラーも合ってるし。



ただ、安物レプリカ(といっても他と比べると高め)なので、細かい部分の仕上げはイマイチ。
塗装剥げも所々に見られる。



ココも。



電池蓋のOリング切れてはみ出してたり。
あと、接眼レンズの調整もガタ多め。
ズームリングの回転はきつくなくスムーズ。
ただ、8-32倍という、トイガン用途に全く向かない高倍率で、室内だとまずピント合わない。
また、8倍側だと視界が狭く、像も魚眼レンズのように周囲歪んでる。
10倍以上にしてやっと視界が広くなる。
つまり、お座敷では役に立たない、単なる飾り。
まあ、室内だとドットサイトで足りるけど。



(クリック拡大)
対物50mmスコープ載せた同士で。

M82A1の方はチューブ径1インチなので、G28側と比べて貧弱に見える。
まあ、購入価格も半額以下だったけど・・・。
G28のスコープ、もうちょっと倍率低くても良かったのだが、対物50mmでTANカラーだとこれしか選択肢無かったってのが。
まあ、安物ではあるけど、見た目は良い。飾って眺める分には最高。
レンズキャップの色が合ってないけど、コレに合うサイズのが見つかるだろうか・・・。
ちなみに、このレンズキャップはM82A1のスコープには付けられなかった。接眼側は大きく、対物側は小さめだったので。
  


Posted by Timm_MK2  at 19:14Comments(2)光学サイトUMAREX G28 DMR

2017年04月11日

HurricanE M82A1 バレットライフル コンバージョンキット スコープ取り付け

バレットのスコープと言えばリューポルド。それも10倍は欲しい。
という事で、

リューポルド M1 タイプ 3.5-10x40 イルミネート スコープ

をチョイス。付属のマウントリングは勿論使用する。
同時購入したM4タイプには付いて無かったレンズ保護キャップが付属。
あっちは、フードが斜めだから付属しなかったのかも?
どっちにしろ、コレ付けたまま覗くと若干解像度下がるし、付けたままだとゴム紐伸びるので、その内バトラーキャップに付け替える予定。



マウントリング・保護キャップ込みの重さは676g。
銃本体に装着した場合の総重量は7875g。重い・・・。



(クリック拡大)
スコープ装着したM82A1 AEG。
昔、三沢基地航空祭で見た光景が蘇ってきます。



(クリック拡大)
こうやって、スコープ付けた事で、しっかり狙えるようになった。
実際に持ち上げてスコープ覗いた感想は

でかい!重い!!冷たい!?

レイルが低めなので、スコープ覗くのに頬をレシーバーにべったりくっ付ける必要ある。
その際、気温が低めだと、とにかく頬が冷たい。今までは樹脂ストックだったり木製ストックだったり合皮のチークパッドだったりしてたので、金属に直接触れる事は無かった。
これ、夏場に外に放置すると、冷たいが熱いに変わりそう・・・。夏場は火傷注意!?




 
対物レンズ径40mmだが、チューブ径が30mmなので十分明るい。
表面には、コーティング施されてるのかも?



マウントリングの本体への取り付けは、工具使わず素手で回すだけ。それでも十分しっかり固定出来る。



(クリック拡大)
MG34、MG42と。
これらも長くて重いが、バレットはそれを上回る。



(クリック拡大)
MSR338と。
単独では結構長く感じるMSR338も、M82A1と比べると短く感じる。



MSR338のスコープは6-24x50。チューブ径が1インチ(25.4mm)なので



対物レンズが余計に大きく見える。



(クリック拡大)
エアコキバレットと。



エアコキに搭載されてるのは、昔買った3-9x40のスコープ。この、3-9倍というのは、現在出回ってるトイガン用ズームスコープでは最も多い倍率。
昔はレティクル発光機能搭載されてるのは少なかったので、こちらも発光しない。



1/6、1/12と。



ハリケーンのキットのボルトハンドルは、1/6の方に近い。比較的古いタイプ。



(クリック拡大)
バイポッド最大に伸ばした状態。
細くて頼りなく見えるが、一応スチール製なので、トイガン用途では問題無い強度。
実銃だと、撃った時の衝撃で曲がりそうな気もするけど。



バイポッドは90度ずつの角度で固定出来る。後ろにも折り畳めるが、マガジンウェルに軽く当たる。



(クリック拡大)
スコープをSR25に装着。
中々似合ってる。しかもM82A1よりも狙いやすい。



リューポルドとSR25の組み合わせは、昔なら鉄板だった。
今は色んな光学機器があるので、組み合わせも様々。



このスコープは元々M82A1用に購入した物なので、この後外しました。
まあ、その内、コイツに相応しいのを買う予定。



(クリック拡大)
締めは、重量級同士で。
重さと言う点では、M134ミニガンが手持ちでは最強。


スコープは安物レプリカだけど、意外と良い出来。電動だし、用途考えたら十分な倍率。
まあ、お座敷だと3.5倍しか使わなそうだけど。
  


Posted by Timm_MK2  at 19:53Comments(4)光学サイトHurricanE M82A1

2017年04月10日

UMAREX/VFC G28 DMR GBBR DX Limited 光学サイト購入

 
ヤフオクのオークションストアに、ミリタリー関連商品を多数出品してるジーリーショップ、そのYahoo!ショッピング店で購入しました。ヤフオクよりポイント大きいので。
MICRO T-1 タイプ ドットサイト サンドカラー ハイマウント
リューポルド MARK4 タイプ 4-12x40 スコープ
リューポルド M1 タイプ 3.5-10x40 イルミネート スコープ

合計金額は約20K。一定金額超えたので送料無料。

G28に付けれるT-1タイプのドットサイト探して、このショップでTANカラー発見。
ついでに、G28用ライフルスコープと、M82A1用ライフルスコープも同時注文。
M82A1はアイアンサイト無いので、光学サイト無いと狙えないし。



G28付属のスコープマウントは34mmチューブ用だが、そのサイズのスコープは、トイガン用レプリカではほぼ存在しない。なので、30mmチューブ径のを選択。
G28に付属してる30mmチューブ用アダプターはアルミ製。前後に1個ずつ使う。
マウントリング用と、ドットサイト底板固定用の、それぞれの六角レンチも付属する。
25.4mm用アダプターは付属しないので、1インチチューブ径のスコープ使う場合は、付属のスコープマウントは使わない事になる。



リューポルドのMARK4 M4タイプをG28に使う。安物のレプリカだが、出来は悪く無い。実物は高くて買えないし、海外通販なら少しは安いが、アメリカからの輸入は現在規制かかってて出来ない。
このスコープにはマウントリングも付属するが、G28専用のを使うので、付属のは使わない。
本当は実銃のようなTANカラー(見た目ゴールド)を付けたいのだが、トイガン用では存在しない。
シルバーのスコープも、VSR-10に付属のしか無い状況なので、仕方なく黒をチョイス。
ドットサイトは色んなカラーリングあるのに・・・。



T-1レプリカのドットサイトは、G28専用ベースとサイズ合わない。ベースの方が短い。
フードは付けれるので、ベースが短い分、スペーサー挟めたり、後ろに長いネジ使ったりして対処(前側は元のネジ)
底の固定用ネジ穴が片方しか使えないので、前側のみで固定。
プラ板には、時間短縮の為、黒マジック塗っただけ。



(クリック拡大)
ドットサイトは前側に装着。H&K G28のwiki見たら、このような取り付け方してる画像が貼られてあったので。
実際、この方が見やすいし使い勝手も良い(調整時にちょっと遠いだけ)



リューポルドタイプは、上下調整ノブが結構出っ張ってる。



電池は、テスト用のが入ってて、すぐ使える。
ドットサイトはレッドとグリーンがそれぞれ5段階。一番明るい5のレッドだと、晴天の屋外でも十分認識出来る。
ライフルスコープ側は、レッド・グリーン・ブルーがそれぞれ3段階。



上下幅がかなり増える。



スコープは、左サイドに距離に応じたフォーカス機能有り。ただ、室内5m程度だと、一番近い距離側にしても、若干ボヤける。
まあ、細かいフォーカスは手前のリング回して調整出来るけど。



スコープ取り付け時、最初アダプターを下に取り付けたが(スコープ上がる)、エレベーションダイヤルの所為でドットサイトが2/5ほど隠れて見えにくいので、スコープ下げる方向に変更。その際、アダプターが遊びやすいのと、締め付けるまでスコープが安定しないので、1mm厚のゴム板貼り付け、横に細いの追加して、左右のガタ無くした。
ゴム板の厚さ分、マウントリングのネジ部分の隙間多くなってる。
マウントリング自体はベースから動かせないので、スコープ目一杯下げて取り付け。
それでも、リアサイト付けたままでベース付けた場合、私の体格だとストック一杯まで伸ばしたらスコープが遠い。
若干縮めた状態で丁度良くなる。



ドットサイトの上下左右調整は、キャップ外して、キャップの出っ張り挿し込んで回す。
工具要らずで使い勝手が良い。



光学サイトセットの重さは、1kgオーバー。



マガジンには、ガス多めにチャージ。24g入ってるが、これでも生ガス吹かない。



マガジン含めた本体重量。このキッチンスケールは薄いので、出来るだけフラットな面を載せる必要ある。
リアサイトが床に当たって正確に量れなかったので、外して上に置いて計測。

本体4962+スコープ1077で、計6039g。スコープ込みで6kgオーバーか・・・。
立って構えるのはきついが、座って膝と肘で支持、あるいはバイポッド伸ばしてプローンだと、この重さが逆に安定感に繋がる。
電動と違って、撃つ度に重いリコイルが来るので。

せっかくなので、スコープ付けたいと無理して買ってみたが、正解だった。
やはり、この方がしっくり来る。
SR25のがまだだが、そっちはどれにしようか思案中・・・。ま、今月はもう無理だけど。


M82A1+スコープは、次回更新時に。
  


Posted by Timm_MK2  at 18:55Comments(4)光学サイトUMAREX G28 DMR