2015年12月04日

Hephaestus HTS-14 + ミニドットサイト

RPKに取り付ける為の木製グリップと同時購入した2015年12月01日参照、ミニドットサイト。
Element eMRDS Mini Red Dot Sight (Sand) (EX201-DE)
黒が欲しかったのだが、売り切れ。同ショップのドットサイトの中では一番安い(3790円:税別)。



中身。



シリコン製らしい柔らかいカバー外すと本体が。20mmレイル用マウントと取り付けネジも。



ただ、マウントとのネジの位置が、左側が1mmほどずれてた。
右はなんとか取り付け出来る。
左のネジ穴は全く使えないので、右のみで固定する事に。
これ、取説が全く入っておらず、センサーによる自動点灯かと思ったが、電池外してみたらまだ電力残ってた(他のドットサイトに入れて確認)。後端にスイッチらしきものはあるが、何度押しても無反応。
不良品か?ショップに問い合わせるべきだろうかと悩んだが、とりあえずネットで検索。
Element EX201 で検索したら、ある個人ブログがヒット。その記事によると



矢印の中央部を約1秒以上押しっ放しにしないとONOFF出来ないそうで。
しかも丁度真ん中を、かなりの力で押さないと点灯しない。少しずれた位置や周りごとだと、何十秒力強く押しても反応しない。
すごくやっかいな・・・。しかも輝度がかなり高く、周りが薄暗いと眩しすぎて狙いにくい。
レンズが小さい所為もあって、ちょっとでも視線ずらすと光点が見えなくなる。
参考にしたブログの方も言ってたが、安物は買うべきじゃないと。



HTS-14のマウントレイル。この取り付けもかなりきつく、プラハンマーで後ろから叩いてやっと組み付け。
後ろにずれないようにロックレバーがあるが、プラプラしてるだけ。まあ、ハンマーで思いっきり叩かない限り、後ろにずれる事は無いんだけど。



(クリック拡大)
取り付けてみました。
うん、全然似合ってないw。サイズが小さいので付けたままでも箱に仕舞えるんだけど、せめて黒にすべきだったか。
ショップの在庫に拘らず、ヤフオクとかで探せば良かったかも。



小さな帽子被ってるように見える。



銃身とのパララックスがかなりあり、室内だとかなり下に着弾しそう。
でも、この高さじゃないと狙えない。レシーバーに頬付けして狙う感じなので。
キャリングハンドルを外し、ハンドガードをレイル付きのに交換すると光学サイトが低くマウント出来るが、頬付で狙うのは無理で、腕伸ばしてハンドガンスコープのように狙う必要ある。どっちにしろ、このまま使うしか無さそう(それに、キャリングハンドル無くなったら個性が減る。M16からキャリングハンドル無くなってM4シリーズになったように、それまでの特徴が一つ無くなる感じが)


このドットサイト、小さくて軽いのでハンドガンとかには合うかも。専用のマウント作る必要ありますが(但し、安物なので衝撃で内部のハンダが剥離する可能性も・・・)
  


Posted by Timm_MK2  at 18:54Comments(0)光学サイトHephaestus HTS-14

2013年03月14日

ホロサイト 連続点灯 その後

今朝確認したら、消えてました。
昨日の夜、寝る前は点いてたので、その前の輝度最小で12時間、最大で16時間以上連続点灯してた事になる。
うむ、最低24時間戦えるって事が証明されました(`・ω・´)☆。


早速電池交換。


ちゃんと点灯しました。


輝度も問題無し。


切り替えもばっちり。

まあ、今はサバゲーやらないのでせいぜいプリンキング程度にしか使わないけど。
使用期限までに残り8個使いきれるかな~?
  


Posted by Timm_MK2  at 07:34Comments(0)光学サイト

2013年03月13日

ホロサイト 連続点灯

先日、新品の電池が届いたので、今使ってる電池を交換する前に、どれくらい連続点灯に耐えられるか確認してみました。
昨日の夕方にスイッチ入れて今朝まで放置。12時間以上経過しても、全く衰える気配無し。

輝度を最小にしたからかな?まあ、夜戦はスイッチ入れっ放しでもOKという事らしい。
では、次は日中戦を想定して、輝度最大にして放置プレイしときます。

さて、あと何時間くらい持つかな~?( ̄ー ̄)
  


Posted by Timm_MK2  at 07:33Comments(0)光学サイト

2013年03月12日

光学サイト用バッテリー

この前入手したホロサイトは、バッテリー用にLR44が2個必要。
まあ、100均ショップで買えるんだが、大体2個セット。
で、通販だといくらになるかアマゾンで検索したら、安かったので購入してみました。


10個セット。通常配送料無料で204円。7日に注文して昨日(11日)到着。
配送方法は、クロネコメール便。封筒に入れてただけの本当に簡易包装でしたw(プチプチ無し)。
まあ、中身には全く問題無かったけど。販売・発送元は、ギャラクシーMOというショップ。


中華製かと思いきや、「MADE IN PRC」。・・・どこ??
使用期限は結構先まである。

ちなみに、アマゾンの説明では、酸化銀タイプ。あれ?酸化銀タイプはSR44では・・・?LR44は、アルカリタイプの名称のはず(電圧も、微妙に違う)。まあ、サイズ一緒だし安いし問題ないかと。

ホロサイトに最初から付属してた電池はまだまだ容量残ってるが、どうも品質怪しい感じなので(端子が錆びてた)、近い内に替えますw。まあ、お座敷用だし、そんなに頻繁に使うものじゃないから、2~3年は買わなくても大丈夫かも?

↓は、アマゾンアフェリ。私が注文した時より、ちょっとだけ値上げしてる。


  


Posted by Timm_MK2  at 18:45Comments(4)光学サイト

2013年03月07日

ホロサイト EOTech 551 レンズキャップ取り付け

本日2回目の更新w。
(前回のは、昨日の内に原稿書き上げてたので)


せっかく付属してるので、レンズキャップ取り付けてみました。


ボディカバーを外して、そこに無理やりネジ込む感じで組み付けるw。
レンズキャップの中央部は軟質樹脂で、ボディカバーの形状に合うようになってる。
これ、取説無いし最初は組み付け方分からなかったが、ネットで組み付けた状態の写真見つけてなんとかw。


これで、埃対策もばっちり。バッグに入れて運ぶ時も、レンズに傷付く心配無くなった。


キャップを閉めた状態ではサイティング出来ないので


撃つ前にカパッと開ける。バトルキャップよりは開け閉めきつい。また、後ろ側は特にきつく、左右の出っ張り同時に引っ張る感じで開ける。


ガルウィングのように、上に上がった状態で止まるので、視界の邪魔にはならない。


ネットで色んなホロサイトの写真見ると、レンズキャップ付けてるのはあまり見かけない。まあ、ゲーマーは透明なレンズカバーかキルフラッシュ付けてるので、保護キャップ自体必要無いのかも?
  


Posted by Timm_MK2  at 12:39Comments(6)光学サイト