2017年04月11日

HurricanE M82A1 バレットライフル コンバージョンキット スコープ取り付け

バレットのスコープと言えばリューポルド。それも10倍は欲しい。
という事で、

リューポルド M1 タイプ 3.5-10x40 イルミネート スコープ

をチョイス。付属のマウントリングは勿論使用する。
同時購入したM4タイプには付いて無かったレンズ保護キャップが付属。
あっちは、フードが斜めだから付属しなかったのかも?
どっちにしろ、コレ付けたまま覗くと若干解像度下がるし、付けたままだとゴム紐伸びるので、その内バトラーキャップに付け替える予定。



マウントリング・保護キャップ込みの重さは676g。
銃本体に装着した場合の総重量は7875g。重い・・・。



(クリック拡大)
スコープ装着したM82A1 AEG。
昔、三沢基地航空祭で見た光景が蘇ってきます。



(クリック拡大)
こうやって、スコープ付けた事で、しっかり狙えるようになった。
実際に持ち上げてスコープ覗いた感想は

でかい!重い!!冷たい!?

レイルが低めなので、スコープ覗くのに頬をレシーバーにべったりくっ付ける必要ある。
その際、気温が低めだと、とにかく頬が冷たい。今までは樹脂ストックだったり木製ストックだったり合皮のチークパッドだったりしてたので、金属に直接触れる事は無かった。
これ、夏場に外に放置すると、冷たいが熱いに変わりそう・・・。夏場は火傷注意!?




 
対物レンズ径40mmだが、チューブ径が30mmなので十分明るい。
表面には、コーティング施されてるのかも?



マウントリングの本体への取り付けは、工具使わず素手で回すだけ。それでも十分しっかり固定出来る。



(クリック拡大)
MG34、MG42と。
これらも長くて重いが、バレットはそれを上回る。



(クリック拡大)
MSR338と。
単独では結構長く感じるMSR338も、M82A1と比べると短く感じる。



MSR338のスコープは6-24x50。チューブ径が1インチ(25.4mm)なので



対物レンズが余計に大きく見える。



(クリック拡大)
エアコキバレットと。



エアコキに搭載されてるのは、昔買った3-9x40のスコープ。この、3-9倍というのは、現在出回ってるトイガン用ズームスコープでは最も多い倍率。
昔はレティクル発光機能搭載されてるのは少なかったので、こちらも発光しない。



1/6、1/12と。



ハリケーンのキットのボルトハンドルは、1/6の方に近い。比較的古いタイプ。



(クリック拡大)
バイポッド最大に伸ばした状態。
細くて頼りなく見えるが、一応スチール製なので、トイガン用途では問題無い強度。
実銃だと、撃った時の衝撃で曲がりそうな気もするけど。



バイポッドは90度ずつの角度で固定出来る。後ろにも折り畳めるが、マガジンウェルに軽く当たる。



(クリック拡大)
スコープをSR25に装着。
中々似合ってる。しかもM82A1よりも狙いやすい。



リューポルドとSR25の組み合わせは、昔なら鉄板だった。
今は色んな光学機器があるので、組み合わせも様々。



このスコープは元々M82A1用に購入した物なので、この後外しました。
まあ、その内、コイツに相応しいのを買う予定。



(クリック拡大)
締めは、重量級同士で。
重さと言う点では、M134ミニガンが手持ちでは最強。


スコープは安物レプリカだけど、意外と良い出来。電動だし、用途考えたら十分な倍率。
まあ、お座敷だと3.5倍しか使わなそうだけど。
  


Posted by Timm_MK2  at 19:53Comments(4)光学サイトHurricanE M82A1

2017年04月10日

UMAREX/VFC G28 DMR GBBR DX Limited 光学サイト購入

 
ヤフオクのオークションストアに、ミリタリー関連商品を多数出品してるジーリーショップ、そのYahoo!ショッピング店で購入しました。ヤフオクよりポイント大きいので。
MICRO T-1 タイプ ドットサイト サンドカラー ハイマウント
リューポルド MARK4 タイプ 4-12x40 スコープ
リューポルド M1 タイプ 3.5-10x40 イルミネート スコープ

合計金額は約20K。一定金額超えたので送料無料。

G28に付けれるT-1タイプのドットサイト探して、このショップでTANカラー発見。
ついでに、G28用ライフルスコープと、M82A1用ライフルスコープも同時注文。
M82A1はアイアンサイト無いので、光学サイト無いと狙えないし。



G28付属のスコープマウントは34mmチューブ用だが、そのサイズのスコープは、トイガン用レプリカではほぼ存在しない。なので、30mmチューブ径のを選択。
G28に付属してる30mmチューブ用アダプターはアルミ製。前後に1個ずつ使う。
マウントリング用と、ドットサイト底板固定用の、それぞれの六角レンチも付属する。
25.4mm用アダプターは付属しないので、1インチチューブ径のスコープ使う場合は、付属のスコープマウントは使わない事になる。



リューポルドのMARK4 M4タイプをG28に使う。安物のレプリカだが、出来は悪く無い。実物は高くて買えないし、海外通販なら少しは安いが、アメリカからの輸入は現在規制かかってて出来ない。
このスコープにはマウントリングも付属するが、G28専用のを使うので、付属のは使わない。
本当は実銃のようなTANカラー(見た目ゴールド)を付けたいのだが、トイガン用では存在しない。
シルバーのスコープも、VSR-10に付属のしか無い状況なので、仕方なく黒をチョイス。
ドットサイトは色んなカラーリングあるのに・・・。



T-1レプリカのドットサイトは、G28専用ベースとサイズ合わない。ベースの方が短い。
フードは付けれるので、ベースが短い分、スペーサー挟めたり、後ろに長いネジ使ったりして対処(前側は元のネジ)
底の固定用ネジ穴が片方しか使えないので、前側のみで固定。
プラ板には、時間短縮の為、黒マジック塗っただけ。



(クリック拡大)
ドットサイトは前側に装着。H&K G28のwiki見たら、このような取り付け方してる画像が貼られてあったので。
実際、この方が見やすいし使い勝手も良い(調整時にちょっと遠いだけ)



リューポルドタイプは、上下調整ノブが結構出っ張ってる。



電池は、テスト用のが入ってて、すぐ使える。
ドットサイトはレッドとグリーンがそれぞれ5段階。一番明るい5のレッドだと、晴天の屋外でも十分認識出来る。
ライフルスコープ側は、レッド・グリーン・ブルーがそれぞれ3段階。



上下幅がかなり増える。



スコープは、左サイドに距離に応じたフォーカス機能有り。ただ、室内5m程度だと、一番近い距離側にしても、若干ボヤける。
まあ、細かいフォーカスは手前のリング回して調整出来るけど。



スコープ取り付け時、最初アダプターを下に取り付けたが(スコープ上がる)、エレベーションダイヤルの所為でドットサイトが2/5ほど隠れて見えにくいので、スコープ下げる方向に変更。その際、アダプターが遊びやすいのと、締め付けるまでスコープが安定しないので、1mm厚のゴム板貼り付け、横に細いの追加して、左右のガタ無くした。
ゴム板の厚さ分、マウントリングのネジ部分の隙間多くなってる。
マウントリング自体はベースから動かせないので、スコープ目一杯下げて取り付け。
それでも、リアサイト付けたままでベース付けた場合、私の体格だとストック一杯まで伸ばしたらスコープが遠い。
若干縮めた状態で丁度良くなる。



ドットサイトの上下左右調整は、キャップ外して、キャップの出っ張り挿し込んで回す。
工具要らずで使い勝手が良い。



光学サイトセットの重さは、1kgオーバー。



マガジンには、ガス多めにチャージ。24g入ってるが、これでも生ガス吹かない。



マガジン含めた本体重量。このキッチンスケールは薄いので、出来るだけフラットな面を載せる必要ある。
リアサイトが床に当たって正確に量れなかったので、外して上に置いて計測。

本体4962+スコープ1077で、計6039g。スコープ込みで6kgオーバーか・・・。
立って構えるのはきついが、座って膝と肘で支持、あるいはバイポッド伸ばしてプローンだと、この重さが逆に安定感に繋がる。
電動と違って、撃つ度に重いリコイルが来るので。

せっかくなので、スコープ付けたいと無理して買ってみたが、正解だった。
やはり、この方がしっくり来る。
SR25のがまだだが、そっちはどれにしようか思案中・・・。ま、今月はもう無理だけど。


M82A1+スコープは、次回更新時に。
  


Posted by Timm_MK2  at 18:55Comments(4)光学サイトUMAREX G28 DMR

2017年03月18日

S&T M1903 + 光学サイト

S&TのM1903、気軽に撃てるので室内プリンキングに重宝してるが、ボルトハンドル引く時に根元近くに指添えるとリアサイトに当たる。かといってボルトハンドル端握ると、材質の関係で摩耗早まりそうだし。
という訳で、リアサイト外してスコープマウント装着。




刻印隠れるけど、まあ仕方ないか。 



室内プリンキングだと、高倍率のスコープはかえって見辛い。
手持ちのドットサイト載せてみたが、若干アイポイントが上がる。
あと、コレ用のボタン電池が無い・・・。1個だけ新品あるが、コイツは2個使う(LR44)
電池買うべきか迷ったが、実はコレ、スイッチの接触が悪く、点いたり消えたりする。
他の手持ちを試してみる事に。



ボタン電池と太陽光電池の2系統のオープンドットサイト。
前側しか固定出来ない・・・。



低倍率のスコープ。実はコレ、ハンドガン用なので、この位置だとまともに見えなかったりする。
まあ、普通のスコープ載せた場合にどうなるかの検証目的で。



ボルトハンドル起こすとぶつかる。
レイル位置の関係で、これ以上前に付けれない。
このM1903にスコープ載せる場合は、クラシカルタイプのような細身か、マウントリングをハイマウントタイプにするしかない。
細身のスコープは低倍率のが多く、また安物だとまともに使えないのばっかり。
アマゾンにも細身で安いのがあるが、「玩具のスコープ」どころか「スコープの形した玩具」ってレベルで、全く用なさない。
かといって、昔製造された本物のスコープは、たまにヤフオクに出品されてるが、めっちゃ上がる。
なら、いっそ新しいドットサイト買って付けようかと、アマゾンで探した結果、3K切る価格のを発見。



VERY100 コンバットスコープ ドットサイト 赤・緑ドットサイト ダットサイト  ドットサイトスコープ

レビューも、あまり悪く書かれてなかったので決定。



取り付けボルト用の六角レンチ、取説、クリーニングクロス付属。



電池無しの重さ。



以前買っておいた、CR2032。この電池を1個使用。
電池もアマゾンで買おうと思ったのだが、アマゾンで取り扱ってる安いCR2032は軒並み中国製で、すぐに電池切れたりとか、安かろう悪かろうの典型的な物。なので、以前ホームセンターで買っておいた、この電池を使う事に(オープンドットサイト用に購入)



1ヶ所のみで固定なので、このドットサイトに決めた次第。2ヶ所で留めるのは、このマウントだと無理なので。
まずは後ろに付けてみた。見た感じは良いけど



ボルトハンドルに干渉しないとはいえ、リアサイト付いてた時同様、根元に指掛けれない。



前側に移動。
見た目アンバランスだが、この位置ならボルト操作も楽だし、後でブースター付ける事も可能。
・・・まあ、ブースターがボルトハンドルに干渉しそうだけど。



ローマウントなので、銃身とのパララックスもかなり抑えられてる。
室内でハイマウントだと、目一杯調整しても下に着弾する場合が多いので。



輝度は5段階。レッドとグリーン。
こちら、室内なので1段階(最弱)でも十分見える。ドットはくっきり視認出来る。



調整は、キャップ外して細めのマイナスドライバーで。

造りはしっかりしてるし、ボディやレンズに汚れは無し。
調整もちゃんと出来て、アイアンサイトより格段に狙いやすい。
M1903の前後サイト、リアは近いのでボヤけるし、フロントは細くて視認し辛かった。M1カービンもリアは同様だが、フロントの左右のガードのおかげで、かなり狙いやすい。


値段はかなり安いが(送料込みで3K切る)、意外としっかりした造りでコスパは高い。
このVERY100というブランドのはどれもお手頃価格。
かなり種類あるので、試しにお一つ買ってみるのも良いかも?






  


Posted by Timm_MK2  at 20:00Comments(0)光学サイトS&T M1903

2015年12月04日

Hephaestus HTS-14 + ミニドットサイト

RPKに取り付ける為の木製グリップと同時購入した2015年12月01日参照、ミニドットサイト。
Element eMRDS Mini Red Dot Sight (Sand) (EX201-DE)
黒が欲しかったのだが、売り切れ。同ショップのドットサイトの中では一番安い(3790円:税別)。



中身。



シリコン製らしい柔らかいカバー外すと本体が。20mmレイル用マウントと取り付けネジも。



ただ、マウントとのネジの位置が、左側が1mmほどずれてた。
右はなんとか取り付け出来る。
左のネジ穴は全く使えないので、右のみで固定する事に。
これ、取説が全く入っておらず、センサーによる自動点灯かと思ったが、電池外してみたらまだ電力残ってた(他のドットサイトに入れて確認)。後端にスイッチらしきものはあるが、何度押しても無反応。
不良品か?ショップに問い合わせるべきだろうかと悩んだが、とりあえずネットで検索。
Element EX201 で検索したら、ある個人ブログがヒット。その記事によると



矢印の中央部を約1秒以上押しっ放しにしないとONOFF出来ないそうで。
しかも丁度真ん中を、かなりの力で押さないと点灯しない。少しずれた位置や周りごとだと、何十秒力強く押しても反応しない。
すごくやっかいな・・・。しかも輝度がかなり高く、周りが薄暗いと眩しすぎて狙いにくい。
レンズが小さい所為もあって、ちょっとでも視線ずらすと光点が見えなくなる。
参考にしたブログの方も言ってたが、安物は買うべきじゃないと。



HTS-14のマウントレイル。この取り付けもかなりきつく、プラハンマーで後ろから叩いてやっと組み付け。
後ろにずれないようにロックレバーがあるが、プラプラしてるだけ。まあ、ハンマーで思いっきり叩かない限り、後ろにずれる事は無いんだけど。



(クリック拡大)
取り付けてみました。
うん、全然似合ってないw。サイズが小さいので付けたままでも箱に仕舞えるんだけど、せめて黒にすべきだったか。
ショップの在庫に拘らず、ヤフオクとかで探せば良かったかも。



小さな帽子被ってるように見える。



銃身とのパララックスがかなりあり、室内だとかなり下に着弾しそう。
でも、この高さじゃないと狙えない。レシーバーに頬付けして狙う感じなので。
キャリングハンドルを外し、ハンドガードをレイル付きのに交換すると光学サイトが低くマウント出来るが、頬付で狙うのは無理で、腕伸ばしてハンドガンスコープのように狙う必要ある。どっちにしろ、このまま使うしか無さそう(それに、キャリングハンドル無くなったら個性が減る。M16からキャリングハンドル無くなってM4シリーズになったように、それまでの特徴が一つ無くなる感じが)


このドットサイト、小さくて軽いのでハンドガンとかには合うかも。専用のマウント作る必要ありますが(但し、安物なので衝撃で内部のハンダが剥離する可能性も・・・)
  


Posted by Timm_MK2  at 18:54Comments(0)光学サイト

2013年03月14日

ホロサイト 連続点灯 その後

今朝確認したら、消えてました。
昨日の夜、寝る前は点いてたので、その前の輝度最小で12時間、最大で16時間以上連続点灯してた事になる。
うむ、最低24時間戦えるって事が証明されました(`・ω・´)☆。


早速電池交換。


ちゃんと点灯しました。


輝度も問題無し。


切り替えもばっちり。

まあ、今はサバゲーやらないのでせいぜいプリンキング程度にしか使わないけど。
使用期限までに残り8個使いきれるかな~?
  


Posted by Timm_MK2  at 07:34Comments(0)光学サイト