2013年12月22日

ARES XM2010(MSR338) スプリング交換

上:カットした純正+追加スプリング過去記事参照。下:M80スプリング。
以前購入した、VSR-10用M80スプリング。太径ピストン対応でMSR338のピストンには組めなかった。
別なピストンを購入して組もうと思ってても、どうせならPDIのシリンダーとのセット品が良いので、資金貯まるまで我慢。しかし、その資金は新しいトイガンに流れて行って、一向に貯まらず・・・w。
そういう訳で、純正ピストンの中身抉って、太径スプリングを組んでみる事に。


純正スプリングの線径は、約1.2mm。


M80スプリングは約1.0mm。僅か0.2mmの差だが、純正はアホほど固く、腕全体使ってやっと最後まで圧縮出来る。M80の方は指の力のみで可。


M80スプリングは入口の時点で入らない。


アルミパイプに粗いペーパーやすりを両面テープで巻き付け、前後させたり回転させたりを繰り返す。
電動工具無しの、全て手動。ピストンは樹脂なので、簡単に削れるとタカを括ってたが・・・。


全力で擦って約1時間経過。0.5mmしか削れてない。スプリング入れるには、最低でも14mm必要。


追加で2時間、ゴシゴシと。13mm突破。しかし、腕が疲れて力が入らないorz。さすがにちょっと心が折れかけてきたが・・・。
少し休んでから無心で擦る。ここまで来ると技術とか関係なく、ひたすら体力と根気の勝負。時間を忘れてとにかく擦る!そうしてる内に


なんとか、目標値に。


しかし、まだ奥までは入らないので、アルミパイプの先端のみにペーパー巻き付けてゴシゴシと。
(スプリングの向きは反対。ピッチの粗い方をピストン側にするが、粗い方は少し太いので、ここまで入らない)
ちなみに、作業開始から5時間経過。


奥7mm残して終了。さすがに腕が動かないw。貫通してないので、一番奥を広げるのはこの方法では不可能。
14mmのドリルでもあれば出来るが、この為だけに高価なドリルと固定用チャック買うのはバカらしいので。


奥には、3mmゴム板2枚貼り付け+ワッシャー組み合わせで8mmちょいのスペーサーを入れる。スペーサー入れた分、圧縮時に途中でスプリングガイドに当たって最後まで圧縮出来ないので、その分ガイドをカットする。
太径スプリングに対しガイドが細すぎるので、10mmアルミパイプを接着。前方にスペーサー入れた分、ガイドの基部を細くして、一番下までスプリングが入るようにした(スプリングを後ろにずらした)

で、その状態で一度組んで、初速測定。
M80スプリングに替えた結果は

G&G 0.2gバイオBB弾 77~78m/s

う~む、ちょっと低めか?せめて0.2gで90m/sは欲しい所。


12mmアルミパイプでスペーサー作成し、20mmほど嵩上げ→スプリング圧縮し切ってもシアに掛からない→スペーサーを約5mmカット。

同じBB弾で、86~87m/sという結果に。スペーサーの関係で、これ以上は上げれない。
どのくらい初速出るのか不明だったので、安全マージン考慮してM80にしたが、スペーサー無しならM90で丁度良いのかも?その内、何か通販やる時にでも買ってみます。
コッキングはかなり軽くなったので、セットピンへの負担も激減したはず。これなら、暫くセットピンが折れる事は・・・無いかな?中華の材質なので、安心出来ないけどw。
ま、折れたら折れたで、一応対抗策は考えてあるので。
  


Posted by Timm_MK2  at 10:36ARES MSR-338 DE

2013年12月06日

ARES XM2010(MSR338) 補足記事

ARES XM2010[MSR-338] その2の記事に書いた、マガジンの中身取り出してガワを狭める方法。
写真枚数節約する為に主に文章のみで説明したが、外し方が第三者にはどうも分かり難かったようで、詳しい方法を教えて欲しいとコメント来た。
そこで、ちょっと詳しく解説します。


マガジンに傷付けないよう、プラハンマーで角を叩く。
少しは前進するが、手で引き出すにはまだまだ。


先が逃げないよう、先端が平らな金属の棒(ここでは、自作ピンポンチ)を当てがって、プラハンマーでガシガシ叩く。
ここに当てるのは、幅広のマイナスドライバーでも良い。但し、貫通タイプじゃないと柄の部分が壊れる。
滑らせたら盛大に傷付くので、慎重に。


少しずつ、前進させていく。


K点超えたら後は手で引き出せる。
ボトムプレート外したら、中身は簡単に取り出せる。
中身取り出したら、以前の記事のようにガワを左右から圧縮。


組み付け時は、傷付けたり潰したりしないように再びプラハンマー使用。
マガジンボディを狭めておかないと、本体挿し込み時に盛大に傷付くので、前もってやっておく事を強く勧めますw。



まあ、大した記事じゃありませんがw。
  


Posted by Timm_MK2  at 17:41ARES MSR-338 DE

2013年05月05日

ARES MSR338 カスタム雑記

MSR338の強過ぎるスプリングをなんとかしようと色々画策してたら・・・。
ヤフオクのVSR-10用スプリング、スーパー9にも使えるんだとか(出品物は強過ぎて対象外w)
ウチにもSS-SUPER Xという上位互換みたいな機種があるので、そっちのスプリング使えないか検証してみた。


ボルトAssyのみ取り出し。コレ、シリンダー前後が貫通リベットで固定されてるが、以前前側のリベット取り外して左右から木ネジで固定してある。貫通リベットが、空気の流れ阻害してる気がしたものでw。


で、スプリング取り出して比較してみたら・・・。上がSS-SUPER X。
スプリングの径が太い。試しにMSR338のピストンに挿し込んでみたが、1/3ほど入った時点で入らなくなった。やはり無理だったみたいで。
VSR用太径スプリング対応ピストンなら使えたのかも・・・(´・ω・`)。


どうせ新しいスプリング買ったら用済みだし、他の銃に付ける予定も無いので、実験用にオリジナルスプリングをカット。5巻ほど。
線径がアホみたいに太いので、いつものプライヤー(ワイヤーカットに多用してる)でもなかなか切れなかった。握力総動員してやっとw。


流量絞ってたパーツを取り外し。なんかゴミ付いてる・・・。さすが、China製w。
ヘッドの空気流れる部分も、刃物で削ってそのまま黒染めしただけなので、内側をペーパーで磨いて滑らかに。


ついでに、ピストンヘッドに穴開けて後方吸気&前身時にOリング広がって気密アップ効果狙って。
ゴムとの隙間からなので1.0mmしか通せなかった。8ヶ所開けたけど、どれだけ効果あるやらw。


カットしたスプリングと、PP(エアダスターのノズル)を加工したワッシャーを組み込み。


カットしてから気が付いたんだけど


ピストン、中で遊んでる。スプリングはギリギリの長さだったみたいで。
でも、ちゃんとセットピン挿し込んで固定出来た。

SⅡSの0.25gで初速測定。
・・・あれ?ちょっと初速高くない?


更に追加で5巻カット。全部で10巻カットした事になる。ピストンの遊びが更に増えたので、解消すべくガスブロハンドガン用リコイルスプリングを途中からカットした物を、ジャンクパーツから抜き出して後ろに移植。


ピストンの遊びが無くなった。
この状態で初速測定。SⅡSの0.25gで測ったら、

81~82m/s。
まあ、丁度良い塩梅に。ホップは弱め。

ただ、セットピンの組み付けがきついというか、最後まで挿せない。
スプリングをドライバー等でちょっとだけ前に押して、スプリングガイドへの負荷を無くせば入るけど、分解状態じゃないと無理。


まあ、ホップパッキン交換の為に再びバラしたんだけどw。


ずっと組んでたPDIのWホールドパッキンは柔らかめの材質なので、重量弾には向かないんじゃないかと。
WEドラ子に続いて、こちらにも魔ホップパッキン組み込み。


ホップ用切り欠きも、若干広げてみた。


チャンバーのクッションラバー通る部分も少し拡張。


最低限撃てる状態まで組み立てて試射。この状態だと軽くて取り回しがすごく楽w。
弾は、同じくSⅡSの0.25g。

ノンホップでは、81~80m/s。ちょっとホップスクリュー回してみる。
20mほどでスーっと落ちていく感じ。まだホップが弱い。初速は78~80m/s。

更に少し回してみる。75~77m/s。弾道は全く変わらず。
更に強めに回して見たが・・・。弾道は変わらずに、初速のみ極端に落ちた。

弾をG&Gの0.28gに変更。
ホップ弱で76~72m/s。
ホップ強で66~54m/s。
ホップ弱も強も、弾道変わらず。

結論:MSR338に魔ホップパッキンは合わない。相性悪いようだ。
仕方ないので、PDIのに戻す事に。

PDIの方は、30mほどフラットに飛んでゆっくり落ちていく弾道に。
その状態でのSⅡS 0.25gの初速は
78~75m/s。
ホップを強くするほど初速のバラつき大きくなるようで。

コッキングはかなり軽くなった。セットピンへの負担も減ったので、折れにくくなった気がするしw。
ただ、二重スプリングの弊害か、一気に引かないとシアが掛からない。ゆっくり引っ張ると掛からない事多いので、ヘタすれば二重装填に。

まあ、その内シリンダー一式交換するので、それまではコレで十分遊べるかと( ̄ー ̄)。


マガジン弄ってて気が付いた、上の2/3部分が下げられる事。コレ、ダミーカート入る訳じゃないし、何の為なんだろう・・・。MS700も同様に下げれるが、スプリングがMSR338よりきつかった。
  


Posted by Timm_MK2  at 08:47ARES MSR-338 DE

2013年04月23日

ARES XM2010(MSR338) ツール自作

MSR338のバレル基部の穴空いてる大きなネジ、コイツを締めたり緩めたりする工具を自作しました。
ダ○ソーの工具を加工してw。
水道用の幅広いマイナスドライバ―使えそうだが、一番安いのでも500円前後するもので・・・。


グラインダーでガリガリと削って加工。更に金属ヤスリで手仕上げ。

なぜこういう工具作ったかというと・・・。


ご覧のように、一度外してある。内側のバリ削る目的だったのだが、アルミのアングル(厚さ1mm)で簡単に外せた。
ただ、締め込んだ時にアルミ曲がってしまって・・・。
この部分の左右の締め込み具合でバレルの左右の傾き調整出来るので、頑丈な工具が必要になった次第で。
今は、ちゃんとセンター出てます。


PDIで、MSR338&700対応パーツを販売開始。
現在、インナーバレルのみだが、近日中にシリンダーセットも。
VSR-10用組もうと思ってたが、やはり専用に作られた方が良さそうなので、その内お金貯めて買います。
  


Posted by Timm_MK2  at 23:06ARES MSR-338 DE

2013年04月04日

ARES XM2010(MSR338)用アクセサリーパーツ

ヤフオク落札品。
A.C.M.製 ハリスタイプ 5/7.5インチタイプバイポッドwith20mmレイルアダプター
A.C.M.製 MAGPUL AFGSタイプ アングルフォアグリップ

ちなみにACMは、All China Madeの略です。要するに、中国国内どこの工場で作ったか不明のパチモンw。
ハリスタイプのバイポッドは以前から欲しかったので、B級品を即決落札(2980円)。
フォアグリップは、送弾チューブのレイルに取り付ける為。1300円即決。
以前、MSR338の分解でお世話になった外道のガンスミス日記(仮)様の記事参考に。 


バイポッドは、20mmレイルアダプター込みで387g。主要パーツがアルミなので軽い。実物のハリスバイポッドは鉄製で重いが頑丈。こちら、軽いけど実銃に使えるほどの強度は無さそう。
まあ、実銃のような強烈な反動来るわけじゃないし、トイガン用途なら出来るだけ軽い方が望ましい。B級品の理由は、錆があちこちに浮いてるから。目立つ部分は拭き取ってたが、円柱状のアダプター取り付ける鉄パーツが思いっ切り赤錆浮いてたw。まあ、China製の鉄パーツは赤錆浮いてるのが当たり前なので、気にしないw。むしろ、錆びて無いChina製鉄部品あったら、お目にかかりたいくらいw。


フォアグリップ。65g。プラ製なので、軽い。ただ、このままではMSR338に取り付け出来ないので、大幅加工が必要。


レイル取り付け部分、曲がってた。さすが出所不明のChina製品、期待を裏切らないw。


MSR338の送弾チューブに取り付ける為に、後半をひたすら削る。カッターでサクサク削れた。


後ろの出っ張り削り落として、レイルの曲がりも削って修正して、後は力技で無理やり取り付け。
この銃専用になったが、分解時以外外す気ないので。


バイポッドは、プレス加工のような形状してるが、アルミダイキャスト。湯口の処理が悪くてかなり出っ張ってたので、削り落としてアルミブラックで染める。


余ったパーツ。アダプターは多分他の銃用だから良いとして、右のゴム板、バイポッド弄ってたらポロリと落ちた。どこに付くのか不明。なんせ、取説一切無いのでw。まあ、無くても無事取り付け出来たし、しっかり固定されてるので無問題。


スコープには、遮光フード付けてる。その状態での重さは798g。


取説無いので色々触って覚えた。一番長くした状態でロックされるが、ロック解除は1の部分押す。
内部にスプリング仕込まれてるので、押せば自動的に引っ込む。
一番長くする手前までは、2のツマミで固定位置決めれる(無段階)。



すごく複雑な基部。ハリスタイプのバイポッドは買うの初だし、他人のをマジマジと見た事無かったので、ここまで複雑だったとは初めて知ったw。


(以下、クリックで拡大)
取り付けた状態での全景。
全体での重さは、6009g。フォアグリップ削ったので多少は軽くなったかも知れないが、それでも約6kg。
・・・増々ヘビー級にw。
ただ、フォアグリップのおかげで、構えるのが随分楽になった。私の腕の長さだとギリギリだが、肘を体に付けて保持出来る。


最大限伸ばした状態。


折り畳み。スプリングの張力で固定されてるだけなので、そのままスイングするだけ。


フォアグリップは付属のフィンガーチャンネル付いてる方に交換。こっちの方が保持しやすい。


ハリスタイプは、M14にも付けれる。
まあ、こっちは付けれるかどうかの確認のみで、このバイポッドはMSR338専用にするつもり。
  


Posted by Timm_MK2  at 08:12ARES MSR-338 DE