2013年05月12日

TOYSTAR TOKAREV ステンレスモデル その3

「トイスター トカレフ 分解」のキーワードで検索して見つけた個人ブログを参考にして、分解開始。
まずは、マガジン抜く。


スライドストップの軸を留めてるクリップを外して、軸を押し込む。


すると、スライドストップが浮き上がる。


浮き上がったスライドストップの軸部分をほんのちょっと引っ張り上げてから下にずらす。
すると、別パーツの軸が見える。


右側から細い棒とか使って左に押し出し、軸のみを抜き取ると


スライドAssyが前方に抜き取れる。


スライドストップは、そのまま上に外れる。
ココまでが、ネット見て判明した分解方法。

後は、特に難しい部分は無し。


更にスライド分解。プラグを留めてる樹脂パーツを外すと


ブッシング&プラグ及びリコイルスプリングが取り出せる。
リコイルスプリングはモデルガン並みに強力。


スライドをちょっとだけ左右に広げて


シリンダーAssyを取り出す。
シリンダー邪魔で外せなかったバレルAssyも取り出せる。


アウターバレルはちょっとだけショートリコイルする仕組み。


ココまで特に工具を使わずにバラせます。


グリップを外すには、まずロックレバーを動かして


左グリップ外す。右も同様に回転させて外せる。
この固定方式は、実銃と同じ。


チャンバーのピンを抜くと、インナーバレル&チャンバーパッキンが抜き出せる。


チャンバーパッキンのホップの出っ張り。ちょっと小さめ。
ちなみに、インナーバレルのホップ切り欠き近くには切削屑(真鍮の欠片)が付着してた。弾道バラつくのは、コイツの所為だったのかも?
内径はかなりルーズ。6.12~6.15くらいある(ノギスで計測なので正確な値出せず)


シリンダー後ろのパーツを外すとピストン等が取り出せる。スプリングは結構硬い。


スライド内側にはメッキ剥離が。かなり薄いメッキ層だというのが分かるかと。

組み立ては、基本的に分解の逆順。


ただ、スライドストップ押したのみだとクリップ挿し込む溝まで出て来ないので


ちょっと引っ張り上げると良い。

各部グリスアップ及びインナーバレルを磨き上げたおかげか、G&G 0.2gバイオBB弾での初速は59m/sで安定。弾道もかなり安定してきた。
室内5mでの集弾性は、左右8cm、上下4cm。上下がかなり纏まってきた。まあ、相変わらず光る前後サイトのおかげで、左右がブレるけどw。
5m程度の距離だと、サイティングよりかなり上に着弾する。6cmの的の円の下狙って、円の上に集まる感じ。
タイトバレルだと、初速の向上及び近距離での命中精度アップが期待出来るが、合うバレルが無いのが現状。まあ、バレル固定方法はピン1本のみなので、自作も容易だけどw。
ただ、ルーズバレルの方がホップは安定するので、このままでも良い気も。

お隣の国で製造されたエアコキトカレフ、思ってた以上のクオリティで満足。
メッキされてないのなら外装も色々弄れるので、その内入手するかも?
  


Posted by Timm_MK2  at 18:49TOYSTAR TOKAREV ステンレスモデル

2013年05月11日

TOYSTAR TOKAREV ステンレスモデル その2

ガバメントとの比較。トカレフのメカ(実銃)はCOLT M1911の簡略版とも言える代物で、違いは弾の種類とセフティの有無のみ。
スライドは結構近い大きさだが、トカレフのグリップはかなり短い。ロシア人って、そんなに手が小さかったっけ?


やっと相棒を得た、SVDドラ子。


KSCのガスブロを入手するまでの期間限定ですがw。


周りの景色を反射しまくるので、金色っぽく見えるw。


通常分解出来るかどうかの確認。
固定クリップ外すと軸を左に押せるが


スライドストップは内部で引っ掛かってて抜き取る事は不可能。

・・・ただ、ネットで調べたら分解方法載せてるブログあったので、次回更新時にでも(ヒント:軸とスライドストップの材質違う)

スライドストップはプラなので、コレのみ指で押し下げてホールドオープンを解除するのは厳禁。高確率で破損しますw(リコイルスプリングも、かなり強力なので)


ちょっと擦れただけで傷付いたメッキ被膜。被膜強度はめっちゃ弱い。車のプラモデルのホイールとかに使われてるメッキ同様、蒸着メッキの可能性が・・・。


余談だが、マズルの口径が.45ACP並みに大きいw。一応、ライフリングモールドもある。
インナーはかなり奥で、目立たない。



次回、分解編。
  


Posted by Timm_MK2  at 13:11TOYSTAR TOKAREV ステンレスモデル

2013年05月10日

TOYSTAR TOKAREV ステンレスモデル その1

アマゾンマーケットプレイスで購入。カート式AKと同じ出品者からの購入だが、AKの注文確定後に見つけたので、別々に発送。到着は同時だったけどw。
本体3680円+送料390円の計4070円。
このシルバータイプは残り1だったのでついポチッとw。
出品者からのおまけとして、LEDライトキーホルダーが付属。絵がトカレフというw。
LEDライトは、ハンドル起こして回す手動発電。電気は内部のコンデンサに蓄えられてて、ハンドル回してなくてもスイッチ入れるだけで点灯する。結構明るいし意外と長時間点灯してる。

トカレフというと、日本ではソ連の正式軍用拳銃というより893のイメージが先行してるみたいで。かくいう私もそんな感じでw、今まで食指動かなかった。まあ、ハドソンくらいしか製品化してなかったし。
KSCで出る予定のガスブロには期待してるが、海外製のフルメタが先行発売されて国内に出回ってるのみで(SRC及びKWA)、KSCからいつリリースされるのか不明な状態・・・。


日本語説明書が付属。韓国製のエアコキはアカデミーくらいしか買った事なかったので、トイスター製は初。


箱の中には、韓国語での説明文が。おそらく自国内では、別紙の取説は付かないんじゃないかと。
付属のBB弾は、意外と品質良さそう(使わないけどw)


メッキはツルピカで鏡のように反射しまくり、ステンレスというよりニッケルモデルといった感じ。
実銃には存在しない手動セフティ(トリガーロック)以外は、実銃を上手く再現してるんじゃないかと。
すいません、今まで他のトカレフ手に取った事無いので実銃に忠実なのか判別出来なくてw。


スライドストップの軸を留めてるクリップも別パーツ。スライドストップ・マガジンキャッチ・トリガー・ハンマー等は金属製。
(軸は金属だけど、スライドストップそのものはプラ)


刻印アップ。左側面から。


右側には、製造国。


スライド上面の刻印。製造国以外は実銃に忠実なのかな?


フレームは一体成型だけど、PLそのまま残ってる。ゲート跡もそのままw。
メッキなので、PL処理出来ない><。


前後サイト共にピカピカなので狙いにくいw。スライドコッキングしなくても、ハンマーのみコッキングして遊ぶ事も出来る。
握った感触は、意外と大きい&グリップ太い。
今まで写真でしか見た事無いので、コルト32オートみたいな形状だな~っていうイメージ持ってた為、もっと小さいのかと。グリップパネルがぶ厚い為太く感じるが、フレームの厚さは通常のガバとほぼ同じ。
スライドのセレーションはあまりシャープじゃなく、メッキされてる事もあって滑る。アカデミーのと違ってパワーあるからか、コッキング重い。コッキング時は、マルイのエアコキCz75のように、スライド先端下側:プラグ部分を押してコッキングした方が楽。


マガジン内のBB弾が無くなった状態でスライド引くと、スライドストップ上昇してホールドオープンする。
スライド後退量は、ガスブロ等よりもかなり少ない。


反対側より。


マガジンは、リザーブタンク内に約60発のBB弾が入る。


フォロアー下げてロックした後、リザーブタンクからローディング出来る。こちら、装弾数は10発。
装弾数そのものは少ないが、リザーブからリロード出来るので、結構撃てる。もっとも、上手く傾けないと流れて行かないので、素早くリロードという訳にはいかないがw。


空マガジン含めた重さは、310g。見た目の割にかなり軽く感じる。

インナーバレルは一応真鍮製で、固定ホップも付いてる。
G&G 0.2gバイオBB弾使っての初速は

57~58m/s。

コッキング固い割には低めの数値。ただ、固定ホップが意外と優秀で、0.2gで結構遠くまで飛ぶ。30m先までふわっと飛んで行く感じ。
室内5mでしっかり狙って撃ってみたが、左右10cm、上下18cmに散らばった(BB弾は、別の0.2g)。まあ、フロントサイト光って狙い辛いってのもあったけどw。

トイスター、色々問題起こしてる隣のお国柄という事で遠慮してたが、意外と良い製品作ってたみたいで見直したw。このメーカーの他の製品にも興味湧いてきた次第です。

次回は、各種比較編。






追記
アンモ部屋さんとこで、私が購入した超小型ラジコンヘリと、おそらくコピー元であろう京商のモスキートとの比較画像が。バッテリー以外、ほとんど同じww。
  


Posted by Timm_MK2  at 07:19TOYSTAR TOKAREV ステンレスモデル