2013年01月29日

WE-TECH M14 GBB チューニング その後

一晩放置したトリガーボックスに全てのパーツを組み込み、コッキングして最大負荷掛かった状態で更に6時間ほど放置。その後、30発ほどセミ・フル交えて試射。
結果、接着した部分の剥離無しを確認(ブラックスチール吹いて若干凹んだので、前の晩に瞬間接着剤で盛り上げ。組み付け前に余分な盛り上がりを削除)


反対側より。こちらから見ても、割れは無し。


トリガーボックスの角がぶつかって、木製ストックの塗装剥げてる。


トリガーボックスは、下側とセフティレバーのグレー塗装落とし、下地出し→ブルーイング処理。
トリガーはそのまま。


(クリックで拡大)
どのくらい作動良くなったのか、実は分かり難い。このM14は機関部がドガシャ!って感じで作動するのでw。
外部エアーソースで0.35MPaでもボルトストップ掛かる。まあ、作動はもっさりしてるけどw。
リコイルの重さはドラ子に及ばないが、フルオートでガチャンガシャンと動くのは、見てて迫力がある。
フルサイズのインナーバレルだが、ドラ子よりは初速出てるし安定もしてる(箱出し状態のドラ子と比較)。

さて、トリガーボックスの補強は別に行わなくてもさほど影響無いw。今まで使ってて作動不良起こらなかったし。
それでも、少しでも不安解消したいって方は、同じように補強してみてはどうでしょう?
もっとも、ドリルやタップ、タップハンドル等の工具を一切持ってない場合は、それらを揃えるのに少々出費が必要になるけど。

工具揃えるのが面倒、あるいは自信無いって方は、補強の依頼受け付けますよー。工賃は応相談。往復の送料は、依頼者が負担(県内在住の場合は、手渡し可)。メールは、本館の掲示板の一番下、「管理者へメール」で。
M14本体ごとじゃなく、トリガーボックスのみだと送料安く済みますので。
  


Posted by Timm_MK2  at 18:56Comments(2)WE M14

2013年01月28日

WE-TECH M14 GBB チューニング

昨日はスチールチャレンジ練習会。ウチのWEドラ子を持ち込んだら、なんか人だかりがw。
空撃ちモードにして、試射会。ほとんどの人は試射した事無かったらしく、その異様なまでに強烈なリコイルに度肝抜かれてましたw。
何人も交代で試射してたら最後あたりは勢い弱くなったようで、再びマガジン温め直し。最初のは30℃弱だったのを、二回目は35℃+αまで加熱。めっちゃ強烈なリコイルに、感動してたみたいで。まあ、あそこまで喜んで貰えると、苦労して持ち込んだ甲斐があったというものです(長い・重い)。

さて、本題。この日、持ち込まれた長物はドラ子含めて3挺。初めてWE HK416に触れてみたが、すごくかっちりした出来。刻印が無いのがちょっと残念だったけど。
で、WE M14。どうも、オペレーティングロッドの下側のガイド部分が擦れてるとか。確かに、塗装剥げてる形跡が。
で、ウチのも確認してみました。
WE M14の詳細は、本館記事と、カスタムパーツ組み込み記事を参照して下さい。


矢印のガイドパーツ、最初からガタガタ。これが抵抗になってるとか。ガスブロは、低圧ガスで作動させてるので(国内の場合)出来るだけ抵抗少なくするのがベスト。この部分のガタ無くす事で、ブローバック全体の動きが多少改善される。


真下から見た図。なぜか偏ってる。でも問題無く動作してるんだけどw。
会場で見た個体は、真下に(写真では、真上に相当)擦り傷付いてたが、ウチの個体は全く擦り傷無し。


その代り、横に擦り傷が。コレは、ガイド部分とアウターバレルのガタが大きく、左右に動く為。


という訳で、アルミテープをアウターバレル外周の2/5くらい貼り付け。1/2ちょい貼り付けたら挿し込めなかったので。
コレだけでも、大分ガタが少なくなった(完全にガタ無くすには、パーツ削り出して新造する以外無い)


擦り傷こそ無いが、ウチの個体は矢印の部分が接触してる。一応、グリスを薄く塗布。


さて、以前から気になってた、矢印の部分の隙間。コレ、パーツ同士がダボで噛み合ってるんだけど、噛み合いが浅い為、ハンマースプリングの張力に負けてこのように開いてる。解決策としては、RA-TECHのスチール削り出しトリガーボックスに換装(あるいは、トリガー・ハンマーも一式組み込まれたコンプリート品)するのがベスト。ただ、高い(コンプリートは20Kくらい)ので中々買えずにいたら、あちこち売り切れw。そこで、とりあえずの応急措置を施す事に。


噛み合ってるダボを削り取り、それぞれにM2.6のネジを切る。上下をイモネジで結合してしまおうという魂胆。イモネジは手持ちがM2.6x5しか無かったが、ネジの噛み合いが短い気がしたので、ココ見てる人で試してみたいって方は、M2.6x8くらいのを使った方が良いかも。


イモネジで結合&隙間を瞬間接着剤とプラリペアのパウダーで補充。盛り上がった部分を削った後、ブラックスチールで塗装。


左側のみ接着で、右側はネジとピンで固定。ピン挿した状態で接着しないと、後からピンが入らなくなるので。
また、右パーツのダボをちょっと削っておかないと、後から外すのに苦労するw。

とりあえず、接着剤や塗料の完全硬化まで一晩寝かせます。その後組んで、負荷掛けても(コッキング状態にして最大負荷かける)割れないか確認します(明日以降、アップ予定)



ついでに、クリップガイドにネジ切ってイモネジ固定。ココ、元々ロールピンで固定されてたが、スコープマウント付ける為に外されてた(前のオーナーが)。ネジロック塗ってもすぐ緩むので放置してたが、やっぱり固定する事に。ロールピンは付けるのはともかく外すのがかなり面倒。なので、M3のネジ切ってイモネジ埋め込み。


会場でも話題になってた、ストローク。WEのM14はブリーチ長いので、フルストローク出来ない。ブリーチ後部にはファイアリングピンっぽい凹みがあり、結構深い。ココを削ったり、レシーバー後端のバッファー外して更に削り込めば、フルストロークは可能かも。ただ、強度は極端に落ちるのでw、ストローク短縮させたブリーチとピストンを新造するのがベストなのかも?
  


Posted by Timm_MK2  at 19:31Comments(0)WE M14

2013年01月25日

結局

再び映らなくなりました。GIGABYTEのHD7850。BIOS画面すら出ずに真っ黒。
OSは正常に起動してて、映像出力のみ壊れてる感じ。
今は、前に使ってたHD4870に戻してます。予算全くないので、暫くはこのままで我慢する事に_| ̄|○。

GIGABYTEの箱には保証書入って無く、前のオーナーがいつどこで購入したかも全く不明(聞いてないのでw)
サポート受けようにも、正規代理店のシールっぽいのすら貼られてないので、メーカー修理も不可能。
という訳で・・・ジャンクとしてヤフオク出品しました。
まあ、二束三文だろうし、今回は15Kほどその辺に捨てたようなものです><(ガスブロハンドガン1挺分が・・・)
やはり、中古品はちゃんと考えて購入しないといけませんねー(´・ω・`)。

・・・ガスガンなら直せるけど、コレは無理ww。  


Posted by Timm_MK2  at 19:37Comments(10)PC関連

2013年01月24日

PC不調再び

昼まで普通に使ってたデスクトップPC、ついさっき(約1時間前)スイッチ入れたら画面に何にも表示されずに起動音のみ(Win7のパスワード入力時に鳴る、あの音)
BIOS画面すら出なかったので、ああ、これはグラフィックカードだな~っと。

って、昨日交換したばっかじゃん!!orz
起動時に、グラフィックカードのファンが異様な唸り音上げて力いっぱい回転してたので、おかしいとは思ったんですが(いつもは起動時・起動中共に静かに回転)

リセットスイッチ押しても変化ないので、スイッチ長押しして一旦終了。グラフィックカード外してモニターのケーブルをマザボのオンボードビデオ端子に接続。起動させたら・・・。

なんか、スタートアップ修復始まった。で、お決まりの修復出来ませんメッセージが。

以前の私ならここで落ち込むが、今はノートがある。数日メインPC使えなくてもネット出来るしパーツ注文だって出来る。心に余裕あると落ち着いて考える事が出来るのです( ̄ー ̄)。

さて、こういう時は、基本から。接続不良で不調になった過去の経験から、まずはSSDやHDDの接続ケーブルのチェックから。HDD側がちょっとグラついてたので、ちゃんと挿し込む(グラフィックボードのファン邪魔してたので、SATAケーブルの取り回しを逆にしてる)
グラフィックボードが壊れたとは考えにくいので、端子を接点復活剤で綺麗にして、しっかりマザボに挿し込んで、固定ネジもちゃんと2本使用(実は1本だけで留めてたw)
で、再びモニターケーブルをHD7850に接続。起動スイッチ押したら・・・。普通に起動しましたw。

うむ、無事直ってなにより(`・ω・´)☆。
今は絶好調(?)です。

マザボやCPU交換も考えたが、スイッチ入れるとマザボにちゃんと電気通ってるしCPUファンも回転してたので、まだまだ大丈夫かな~っと。まあ、あと最低2ヶ月しないと予算組めないので、持って貰わないと困るんですがw。
  


Posted by Timm_MK2  at 19:49Comments(0)PC関連

2013年01月23日

グラフィックスカード交換

やっとヤフオクで落とせました。新品は2万超えるので個人出品の中古狙い。
何度か入札→高値更新繰り返す内に、ある法則を発見。なぜか申し合わせたように13500円でストップするので、私もそれを上限に入札。最初の入札から1ヶ月近くかけてやっと落札出来ました。
7870は更に高いのと、消費電力が大きいので、少しでも電力少ない7850をセレクト。


3年8ヶ月使い続けたHD4870ともお別れ。つか、長い事騒音に悩まされてたので、やっと静かになるってのが嬉しいw。
最初、7770にしようかと思ってたが、4870は512MB、7770は1GBであまり変わらない気がしたので、奮発して2Gの7850をw。
4870に比べて基盤の長さが短くなり、ファンが大型化&2基搭載に。


コネクタ。4870はDVIが二つのみで、7850はDVI一つだけどHDMIやSub15ピン等、対応幅が広い。
ちなみに排熱口からの風は、4870は電気ストーブ並みだがw、7850は熱さを感じない。


装着した状態。


WINDOWSエクスペリエンス。交換前の4870の数値。


7850に交換後。
グラフィックスは・・・キタ━━━━(゜∀゜)━━━━!!!!最高値ですv(^_^)v。


ベンチマーク。交換前。


交換後。どうやら、50人表示がソフトの限界のようで。fpsは上がってる。
まあ、DirecX9.0用だしw。


Heaven DX11 Benchmarkでは、4870の約2倍の数値に(2012年12月6日の記事参照)。


4870ではDirectX11に対応してなかったので、動かなかった3DMark11がやっと起動。映像は実写と見紛うくらい美しいんだけど・・・。05や06のような戦闘やドラゴン登場シーン、2001のようなカートシャワー(マトリックスっぽいのw)が無いので、インパクトに欠けるw。


結果。どうもCPUがネックになってるようで、同じグラフィックカード挿しててもi7搭載のと比べて劣る。
オーバークロックツールも付属してるので、その内マザボとCPU交換したら再びベンチマークに挑んでみます(`・ω・´)☆。
  


Posted by Timm_MK2  at 19:46Comments(0)PC関連