2017年08月18日

ARES L1A1 SLR 電動ガン(Real Wood) 分解

 
一見して出来が良く見えるARES L1A1だが、細かく見ていくとあちこちに不具合が見受けられる。
良くも悪くも中華製品と言った所かMSR338と製造元同じなのかも)
レシーバーのエンドパーツ留めてるピン穴がずれてて、左から撃ちこんだピンが右のレシーバー穴のちょっと上に行き、少々盛り上がってる。



リアストックはリアルウッドだが、加工がちょっと曲がってる。
左に比べて右の固定が浮いてるように見えるが、ストック外して正面から透かして見ると、右側が低い。つまり、加工段階で偏って削ってしまってる。
リアストック取り外しには長いマイナスドライバーが必要(30cmくらい)で、手持ちに無いので買いに出かける始末。
まあ、ホームセンターのは高めなので、ダ〇ソー何店か巡って見つけ出したけど。




電動は実銃と違い、簡単テイクダウンは出来ない。
まずは、マガジンキャッチのピン抜いて外す。このピンはメカボックス前方の固定用穴を貫通してるので、必ず外す必要ある。



左右の大きなマイナスネジ(実銃の場合テイクダウン時の軸)外すとアッパーレシーバーが前方に抜ける。若干引っ掛かる場合は、このテイクダウンレバー後方に引いてロックを解除。
実銃の場合、矢印のレバーを後方に動かすとレシーバーのロック解除出来、大きなマイナスネジ支点にしてテイクダウン出来るが、電動だとメカボックスが邪魔してるのでそれだけだとほんの僅かしか動かない。このレバー、アッパーレシーバーの固定用としては機能してるが、それだけ。



トップカバーはAK同様、スチールプレス。ちょっと渋めだが、そのまま後方に抜き取れる。
レシーバーの材質は亜鉛ダイキャストっぽい。



木製ハンドガードは、ガスブロックを貫通してる固定スクリュー外すと左右に分割出来る。



ガスブロックは、下の小さなイモネジと、上のガスチューブと固定してる大きめのイモネジ、ガスチューブに捩じ込まれてるガスプラグを外すとフリーになる。銃口側のフラッシュハイダー外すとガスブロックアッセンブリは前方に抜き取れる。



アウターバレルは、そのまま左回しで外せる。あまり強く締めつけられてなかった(というか、緩めでガタあった)
アウターバレルはアルミ製で、かなり軽め。



チャンバー固定してるアーチ状の樹脂パーツを、ネジ4本外して取り外すと、インナーバレル&チャンバー一式が後方に抜き取れる。
ボルトカバーは外すのが面倒そうだったので、左のチャージングレバー後ろに引きながらネジ外してる。



チャンバーは樹脂製。ホップはマルイ電動と同じ方式。
インナーバレル取り出すと、内側に過剰なくらい、グリスがべったりと。
ホップ切り欠きの仕上げも悪かったので、削って滑らかに、そして内部はしっかり研磨&清掃しておいた。
チャンバーパッキンは柔らかめで、ホップの出っ張りは普通。



レシーバーとエンドパーツの組み合わせは、穴の位置がずれてるというか、組み込み深さが足りて無いというか・・・。
左はぎりぎりOKだが、右のズレが酷い。
穴開けし直すか、エンドパーツの下削って下がるようにする必要ある。



ノズルパーツは先端の成型不良が見受けられる。ここも命中率に影響与える部分なので、後で交換する予定。



メカボックス外すには、まずグリップ外す必要ある。
下の木ネジ、前方のナベタイプネジ外してモーター押さえてるグリップエンドを外す。



コードの取り回し、マイナス側は無理やり曲げてる感が。



モーター軸はAKとかにも使われてるショートタイプ。Ver.2メカボックスだが、M16のとはちょっと違うようだ。



メカボックスと固定されてるグリップ外す。樹脂製と違い、金属パーツを介して固定されてる。
トリガーガードは前方にスイングすると外れる。



メカボックスが取り出せないので色々外してみたが・・・。
正直、メカボックスの固定には、テイクダウンレバーやセレクターは関係無かった。



メカボックス取り出せない原因は、このプレートが引っ掛かってた所為。
トリガー真後ろのマイナスネジで留められてるが、トリガー邪魔でドライバー全然入らない。



幸い、ネジはかなり緩く、爪挿し込んで回して外せた。
で、プレート外すと



レシーバーからメカボックス取り出せた。



メカボックス右側のコードの取り回し、固定用の爪にしっかり入って無い。
どうも爪のバリが原因か、コードが入っていかない。設計段階では問題無くても、いざ生産すると不具合だらけなのは、中華の特徴というか常識とも言える。



ピストンスプリングは、大きめの六角レンチで90度捻れば、スプリングガイド毎外せる。
メカボックスの分解・組み立てが楽になるし、ワンタッチでスプリング交換できるので、パワー調整も楽。
軸受は、モーター受けるベベルギヤのがベアリングタイプで、他はメタルタイプ。



メカボックスの分割は簡単。上のプレート前方に引き抜き、後はプラスネジ外すのみ。トルクスネジは使われてない。
横のネジ以外に、トリガースイッチ固定してるネジが下にあるので、これも忘れずに。
内部は乳白色のグリスがべったり。特にピストン周りは過剰すぎるくらいに。
ピストン周りは多過ぎると動き妨げるし、インナーバレル内部にグリスが飛び出る事もあるので、Oリングに薄く塗る程度で良いのに。
ピストンの歯は、フルティースタイプ。歯が全て金属製。後端から2番目の歯がカットされてるタイプ。
ピストンは交換するつもりだったが、これならヘッドのみ替えれば良いかも。
当然、固くて短めのピストンスプリングは要交換予定(まあ、APS電動ガンのように、純正以外のスプリングだと極端に初速落ちる可能性もありうるので、交換パーツ入手してから検証してみます)



レシーバーのエンドパーツ、テイクダウンレバー外した後なので固定されてるピン・ネジ類は無くなった。
ちょっときつかったが、上に抜き取れた。



エンドパーツの下側削り込み、レシーバー内側の凸部もちょっと削って、固定位置を下げて見た。
まだちょっと引っ掛かりあるので、後は細い丸ヤスリで削り込む。
大体スムースに入るようになったら、改めて左からピン入れ直す。



コード固定用の爪も、細い平ヤスリで内側削り込み、コードが入るように。
このコード、一部被覆剥げてる所があるので、組む前に絶縁処理しないと。





後は、ショップに注文したパーツ待ちです。
  


Posted by Timm_MK2  at 19:34Comments(0)ARES L1A1 AEG

2017年08月17日

MGC ハードボーラー 7インチ GBB

 
今更ですが、MGCのハードボーラー入手。
ステンレスカラーのABS樹脂モデル。



ヤフオクにて、10Kで落札品(送料別)。その前はブラックカラーのに入札してたけど、思ったより上がったので脱落。
まあ、そっちよりこっちの方が高く落札しちゃったんだけど・・・。ブラックカラー買って塗装するよりは、こっちの方が手間が掛からないってのも。
出品者は個人ではなく、リサイクル業者っぽい。



当時の販売価格は21000円。今のWAの販売価格インフレに慣れてると、大分安く感じる。
他メーカーのハンドガンと比べれば、決して安く無いんだけど・・・。



通常付属品の他に、ノーマルグリップ同梱。
ハードボーラー専用パーツリストも付属するが、パーツ破損しても注文出来ない・・・。
まあ、スライドやイン・アウターバレル以外は、WAのガバ系パーツがそのまま使えそうだけど。



現物手にした感想は・・・とにかく長い。
ガバは6インチでも結構長く感じるが、7インチだと更に長い。スライド面積大きいので、バレルだけ長い銃(リボルバー等)よりも大柄に感じる。



上下のメッキの質感が違い、ツートーンカラーっぽく見える。
ペブル・タイプ・グリップは表面がゴム質で、手に馴染む。



刻印は、左はともかく右はアレンジ加えられてる。
MADE IN USA が MADE IN JAPAN になってたり、マグナのライセンス関連とか。
スライドには、若干のヒケ有り。



スライドセレーションはかなり鋭角で、削り出しに匹敵する。



オークション説明文には特に明記されてなかったが、深い傷が付いてる。
削り出した鉄の角が刺さったような。オークションの写真にも黒い点として載ってたので、向こうの不手際という訳ではない。



バルブノッカーシステムは、WAマグナのRタイプ。
余談だが、私は今のSCW Ver.3よりもRタイプの方が好み。ファイアリングピンを叩いてる感触があるので。
SCW 3は押してる感じだし。



 
ダストカバーの隙間がちょっと大きい。



テイクダウン。
プラグは前方に抜ける。リコイルスプリングは、現在の基準からすれば、かなり弱め。
ハードボーラーは、スライド部分は特殊だが、フレーム部分は普通のガバと共通。
つまり、スライドアッセンブリがハードボーラーの全てと言っても過言じゃない。



アウターバレル先端には、ライフリングモールド。かなり過剰なモールドのように見えるが。
インナーバレルは、普通にスムースタイプ。MGC得意のサイクロインバレルではない。
アウターバレルは金属製で、ブッシング、プラグも同様。アウターチャンバーは樹脂にメッキ。



ブリーチ固定スクリューが緩んでたので、増し締め。
ちなみに、オイルっ気無し。



バレルの前方への抜き取り。WAのガバ系は大抵通るけど、こっちはなぜか通らない。
リンクピンはかなり緩く、傾けるだけで抜けて来る。で、このピン抜くとアウターとインナーが分離するので、アウターだけ通そうとしたが



矢印の部分が潰れてて内側にはみ出し、通せない。
この部分をカッターで削り落とし



アウターのみ、前方に抜き取る。



インナー一式は、後方に抜き取る。



この製品、リアサイトの出来が秀逸。ちゃんとクリックボールがあり、スクリューも加工されてる。
左右調整も、1/4回転ずつクリックで止まる。
現在は簡略化されてるのが多いので、素直に感動。



マガジンはRタイプ標準の15連。本体はシルバーなのに、こちらはブラック。



空マガジン込みの重さ。
ABS樹脂だからか、大きさの割に軽め。



このラバーグリップ、経年劣化してるからか、握ってると手が黒くなる。ゴムの表面が崩れ掛かってると言うか。
なので、ノーマルグリップに換装。
ラバーグリップと違って樹脂のみだが、HW樹脂で構成されてるらしく、そこそこ重さがある。
グリップとフレームの間には、フレームの肉抜きを埋める形に金属ウェイトが挟まれてる。



ラバーグリップは金属芯にゴム成型してる感じだったので、ノーマルグリップに換えたらちょっと軽くなった。
でも、こっちの方が手が黒くなる心配無い。




以下、ノーマルグリップで縦構図で。



コイツはコレクション用に買ったようなものなので、あんまり撃つ気無い。撃って楽しむ銃は他にいくらでもあるし、万一スライドが破損したら直しようがないので(メッキだし)
スライド内側潰れてた事あるし、経年劣化で耐久度が当時よりも下がってるだろうし。
という訳で、命中精度や初速測定はパス。ホップは一応あるけど、当時のは今とは比べ物にならないし。
初速も、そこまで高く無いように思える。
あと、メッキとはいえ長期間手入れせずに放置すると腐食する。主に手の脂で。表面が大分曇ってたり荒れてたりしてたので、入念に拭き取ってシリコンオイル薄く塗っておいた。
長持ちさせる為にも、なるべく箱の中に仕舞っておいて、たまに出す程度にするつもりです。




以下、PC壁紙にも使える、大きめサイズで。
WAのプレミアムエディションはツルツルのニッケルメッキ調だが、ハードボーラーはステンレス調の艶抑えた仕上がり。
HWと比べて軽いという欠点があるが、HWのシルバー塗装では得られない、金属らしい質感はメッキモデルならではなんじゃないかと。


(クリック拡大)



ちなみに、専用レーザーサイトの入手予定はありません。
  


Posted by Timm_MK2  at 21:15Comments(2)MGC ハードボーラー

2017年08月08日

ARES L1A1 SLR 電動ガン(Real Wood)

 
FN FALというライフルは、昔Gun誌でTurk氏がレポートした記事読んで以来、憧れの銃の一つでした。
古くはJACからエアガンとして製品化されてたけど、その頃はGun趣味から離れてたし、趣味復活してからは電動ガンの時代だったもので・・・。
最近では、海外製電動ガンとして色んなメーカーから出てるけど、個人的な見識では、KingArmsのは安いけど品質イマイチ、ARESのは品質良いけど値段が高い・・・、って事で、入手は躊躇してました。長物GBBに拘ってる事もあり、電動には手出しし難かったってのも。
この度、海外ショップでARESのリアルウッド版がディーリーセールに並び、樹脂ストック版の通常販売価格よりかなり安い事もあって、購入してみました。



(クリック拡大)
Tiger111hkという海外ショップで購入。箱は裏表逆にされてて、その箱に直接伝票貼られてました。まあ、今回購入したのはこれ1点だけだったし、銃本体はプチプチでしっかり包まれてたので(撮影前に除去済み)



(クリック拡大)
取説。英文のみで、イラストはカラフル。



本体手に取って見た第一印象は、細い・・・。しかも、7.62mmの割にレシーバー小さい。

レシーバーのみだと、大型ハンドガンと変わらない大きさ。



マガジン挿し込み口には、ホログラムシール。個別シリアルナンバーも。



長いフラッシュハイダーは後付け。
一般的な電動ガンと違い、正ネジ。
止まるまで回すと、ちょっとオーバーする。固定用のイモネジが下に付いてるが、Oリング噛ませて止めてから、イモネジ固定した方が良さそう。



 
フラッシュハイダー付けると、かなりの長さに。
グリップは、あんまり太く感じない。
Gun誌の記事では樹脂ストックだったので、FALといえばそっちの方がイメージ強いのだが、木製ストックの質感も悪く無い。
というか、木の手触りはやはり良い・・・。木製部分の仕上げも悪く無い出来。



キャリングハンドルは適度な抵抗感があり、中々良い感触。本体塗装は厚ぼったい黒だが、全体的に綺麗。



ただ、塗料粒らしい盛り上がりや、擦れた跡もちょっとだけある。



特に深い傷付いてたのが、リアサイト。畳んだ状態で前進させると、ロールピンに当たって傷が付く。
開封時には下がった状態だったし、畳まれたまま前進させたりしてない。上げたらすでに傷付いてた。
ブルー液タッチ程度では誤魔化せそうにないので、後で表面削らないと。



マガジン込みの重さは、3780g。細身だけど重量感はある。
メタルボディは剛性も高く、ギシギシ言わない。
バッテリー繋いで試射はしてない。海外製は大抵1Jオーバーしてて、日本向けにスプリングカットやノズルに穴開けしてパワー落としてる場合が多い。
このARES L1A1については、販売されてから数年経ってるので、すでにあちこちで記事にされてる。スプリングカットでパワーダウンさせてるような感じだが、出来れば0.9Jスプリングあたりに換えたい。
メカボックス分解しての中身のチューニングは、ある程度パーツ揃ってから行います。
それまでは、稼働させずに外観眺めてニヤニヤするだけにします・・・。


7.62mmの長物ガスブロ、最近増えてきました。LCTからG3A3の電動ガンが近日発売予定で、おそらく同社のガワ使ってGHKからガスブロ出るんじゃないかと予想してます。来年中には出そうな予感。
FALのガスブロも、FN社のライセンス持ってるCyberGunから、1~2年以内に出ると予想してます(製造はVFC)
出たら当然買います。SCAR-Hよりは安く出来る・・・かな?ロアレシーバー削り出しだと、高くなる可能性も。
  


Posted by Timm_MK2  at 21:28Comments(2)ARES L1A1 AEG

2017年08月04日

(株)アルゴ舎 Fullcock 高木型 弐〇壱九年式 爆水拳銃 通常版

久しぶりの更新です。ちょっと色々考える事がありまして、今後ブログを続けるべきか決めかねてました。
一応、9月発売のCyberGun SCAR-H GBBR(Mk17 JPversion)のレビューまでは行う予定です。




Fullcock 高木型 弐〇壱九年式 爆水拳銃 通常版 ポリスチレン製 ウォーターガン

ネットの予約段階で定価販売のは速攻売り切れ、残ったのは定価の倍以上のばっかりという、異常な人気出たウォーターガン。ようするに水鉄砲。まあ、転売屋がかなりの数を買い占めた所為ってのもありそうだけど・・・。
ネット通販は高いので、発売された後に一縷の望み託してK模型店に行ってみました。あればラッキー程度で。
で、ラッキーな事に1個だけ置かれてたクリアシルバー発見。クリアブラックは無いのかと残念な気持ちになったが、ちょっと隠れた位置に置かれてて、パッケージに一部破損有りとマジックで書かれてた。暫し悩んだ後、両方購入。シルバーは定価(1200円)で、ブラックは若干値引き(1090円)。どちらも税別。



簡易パッケージの裏面。
当然、Made in China。
パッケージ自体は日本仕様だが、オレンジのマズルキャップ付属してる点からも、海外にもかなり出荷してる感じが(アメリカだと、銃の形した玩具は、銃口を赤あるいはオレンジに塗って、一見して実銃と区別出来るようにしないといけない。主に所有者の安全の為に)
オレンジキャップの取り付けは、特に明記されてないが、マズルキャップに接着するらしい。日本だと必要無いが。



破損個所。割れてて、接着した跡がある。
アマゾンレビューでも、最初からクラック入ってたとか、擦り傷あったとか、個体差が激しい。
クリアシルバーは問題無かった。
水のタンクはグリップ部分のみで、それより上は単なる飾り。なので、ここ割れてても水漏れの心配は無い。



クリアオレンジのグリップにも、接着剤が付着して拭き取ったかのような跡が。
赤いキャップは注入口の蓋。



見た目はかなり良い。デッカードブラスターの雰囲気がとても良く再現されてる。



ちなみに限定品の豪華版は、通常版に塗装した物。材質や構造が違う訳では無い。
まあ、豪華版は、通常版よりも更に早く売り切れてしまったようだけど。
今流通してるのはボッタクリ価格なので、通常版買って自分で塗装した方が良い。



クリア素材なので、このくらい透けてる。
水の導管の配置も良く分かる。



刻印は再現度高く、全体の造形も素晴らしい。



目立つ場所にあるMADE IN CHINAがちょっと萎える。



マズルには、小さな射出口が。



この製品の最大のウィークポイントは、このトリガー。どっちを引いてもOKだが、真っ直ぐ後ろに引く必要ある。
トイガンのトリガーのように回転方向に力加えるとポッキリ逝く。主に後ろのトリガーが。
肉抜きか、根元には穴が開いてるが、貫通こそしてないもののかなり深い。でも、その肉抜き穴の真下で折れる事が多い。
また、個体差でトリガーにクラック入ってるのもあるとか。抜き打ち検査で作動確認して、検査官が力の向き間違えたのかも?あるいは、組み立て途中で(中国の工場での組み立て担当は、素人が多い)
このトリガー、ガバのように真っ直ぐ後ろに引く。それも出来るだけ根元に指当てて。
公式にも告知されてるので、この製品持ってる人は使用する前に読むように。
まあ、両手で持って、右手の指は後ろ、左手の指は前に掛けて、同時に引くようにすれば、破損免れる確率上がるんじゃないかと。



中身空でウェイトも入って無いので、軽い。
グリップに水満タンにすればもうちょっと重くなるだろうけど、100gも入るかな・・・?
水タンクはグリップ左右接着によるものなので、水漏れする個体もあるとか。
ウチのはまだ試して無い。水入れたら塗装するのに完全乾燥させなきゃいけないし。
左右貼り合わせ部分の完全シーリング、及びグリップ以外の全塗装行ってから、水入れて試射してみようと思ってます。
冬になる前に・・・。


アマゾン、発売前に比べて安くなりました。といっても定価よりは高いけど。
以下のは送料込みなので、定価+送料と考えたら、まあ妥当なのかも。複数注文した場合、かえって割高になるけど。


  


Posted by Timm_MK2  at 20:19Comments(4)その他