2013年11月25日

トイガンの完成度(但し、国内GBB限定)

トイガンに求めるモノは人それぞれだろうが、元になったモデル(実銃)が存在する以上、そして日本国内では実銃を所持出来ない以上、出来るだけリアルなのが歓迎される。あとは、耐久性や命中精度。
リアルさ、作動性、耐久性、命中精度。どの部分に比重置くかが、トイガンをデザインする上での指針になる訳で、メーカーによる個性が表れやすい点でもあると言える。全てを満たす製品と言うのは、現在の国内の法律の中では作れないし、高過ぎても売れないのでw(材質とコスト無視したら、最高のトイガンが作れる。但し、実銃よりも高くつくとか、本末転倒な結果にw)

個人的な見解としては、WAは所有欲と豪快な撃ち味、マルイは耐久性と命中精度、KSCはリアルさ、マルゼンは作動性と実銃図面提供、マルシンは意外性w。

私は良く中古をヤフオクやリサイクルショップとかで買うが、大抵はどこかが減ってたりパーツが一部無かったり。私がこのブログ始めてからカスタムしたモノも、かなりある。壊れた物の入手方法が中古だった場合は、当然メーカー修理は出来ない(箱・取説等の全ての付属品が揃ってれば、新品で買ったと言いはる事は可w)。

壊れた部分がメーカーで対応しない、というか設計変えない場合、自分で原因を特定して対処するしか無い訳だが、私が以前入手したKSCのM93RⅡ 07HK版も同様。明らかに設計ミス(というかパーツ共通化によるコストダウン)による弊害で、ロッキングブロックが当たるスライド内側部分が削れて行く症状があった。かといって、しっかりロッキングする構造にすれば、フルオート時に引っ掛かる可能性もある。また、スライド前部の肉抜き多いので、強度もおそらく不足気味。
これらを補強あるいは加工してリアルさや耐久性アップさせた訳だが、誰でも出来る加工じゃない。いくらブログに詳しく書いたからといって、はいどうぞとお勧めも出来ないw(詳しくは、KSCタグで検索)

ただ、これらは長年使ってる内に減ってきたり壊れたりしたから補修した例であって、新品を購入したら最初から壊れてましたってのは明らかにおかしいと言える。トイガンと言うのは生活必需品じゃない、完全に趣味の領域。しかも、子供の小遣いで買えるとか、そんなレベルじゃない。いい大人が、コツコツ貯めたお金でドーンと買ってる訳でw。
車も趣味で乗ってる人も居るが(←AZ-1とかw)、田舎では車が無いと異常に不便なので、生活必需品とも言える。ただ、何千万もする超高級車じゃなくても、中古の軽で足りる場合もあるが・・・w。

完全に趣味の領域であるトイガンは、別に無くても生活には困らない。ただ、心の安寧、所有欲を満足させる為のモノ。サバイバルゲーマーだって、実用性一辺倒で選んでる訳じゃ無く、結局は自分の好みで銃を選んでる訳だし。
なので、顧客を満足させる事こそトイガンメーカーの義務だし、顧客が満足いく製品やサポートをすれば、自然とメーカーの利益にも繋がる。その辺をきちんと理解出来てるのが日本のメーカーで、日本人が経営する会社だと思うのですが。
まあ、電気のように生活に無くてはならないモノを1社で独占すると、東○電○のように殿様商売になったりする訳でw。


うむ、やはり思い付くまま文章にすると、段々支離滅裂になってくるw。
今回のKSC騒動で感じた点は、やはり自分で修理・カスタムするのが一番だと言う事でしたw。
(稚拙な文章で申し訳ない・・・m(_ _)m)
  


Posted by Timm_MK2  at 22:46考察

2012年10月21日

Gunあれこれ考察 その5 燃費測定

三つ前の記事で、WEドラ子のエアタンクでの燃費測定行ったが、そういえば今まで長物GBBでエアタンク使った燃費測定やってなかった。という訳で、早速開始。

ただ、コネクティブプラグがWA用は2本しかなく、内1本はドラ子のマガジンに使ってる。
WA用と言っても、WAM4には使えない。注入バルブが底じゃなく中間に付いてるので、L字型の専用のが必要。これは買ってないので、手持ちのWAM4は無理。
マガジンが共通なSCAR-LとKAC PDWで行う事に。もう1個あればM14も測れるのだが、コネクティブプラグ自体取り扱ってるショップが少なく、LAホビーショップに何かのついでに一緒に注文するしかない(単品だと、めちゃ割高w)。エアタンクだと生ガス噴く心配無いので、フルオートもガシガシ撃てるし、気温低くても大丈夫。なにより、ランニングコストがタダってのがw。その内、何個か追加購入してみます。


 
WE SCAR-L(詳細は、本館のページにて)。M4タイプのマガジンは、同社M16&M4系、KAC PDW、SCAR-L、L85A2と幅広く使える。パッキンからガス漏れ起こしたので、修理ついでにコネクティブプラグ取り付け。修理といってもパッキン交換はしてない。上下逆に組んだだけw。マガジンのガス漏れ、注入バルブからの生ガスでパッキンが徐々に萎縮するらしく、いつも下側から漏れ出す(KAC PDW付属のマガジン2本とも、同じ箇所からガス漏れ)。で、ショップからWE純正パッキン取り寄せたんだけど・・・。左右で幅が違ってた。購入した3つともw。さすが、海外製だけあってゴム製品の精度が低いw。
その新品のパッキンは全く使い物にならなかったので、元のパッキンを工夫して、ネジ強めに締め付けてなんとか。
今のGen2マガジンは上下分割になってガス漏れしにくい構造になってるので、その内導入したい。


WE KAC PDW(詳細は、本館のページにて)Gen3キットを組み込んでて、M14やSCAR-Lと同等サイズの18mmピストンになってる。ブローバックスピードが段違い。リコイルスプリングも押しバネ式になって作動性向上。フルオートで撃つと、マルイG18Cに匹敵するサイクルで動く。ただ、生ガス噴きやすいので、ガスのマガジンで撃つ時は指切りバーストで。


マルイ ハイキャパカスタム「百式・改」。ハンドガン代表として燃費比較用に。
あ、名前の由来や文字は「百発百中」を祈願しての事なので、某有名ロボットアニメとは無関係・・・なのかな?(-ω- ?)


吐出圧は0.45MPaにて。タンク内圧力1MPaからそれぞれスタート。20発を空撃ちした結果は


SCAR-L。約0.28MPa消費。


KAC PDW。約0.26MPa消費。SCAR-Lより少ない。ピストンサイズや、トリガー&ハンマーメカがほぼ共通でも、ボルト重量の違いが燃費の差に。実際、フルオートサイクルも、SCAR-LはKAC PDWより遅い。


ハイキャパカスタム「百式・改」。約0.21MPa消費。

WEM4マガジンは30発しか入らないので、1Lエアタンクでも十分撃てる計算に。実際使う時は1.3MPaまで充填するので、2マグは撃てますけどね(´・ω・`)。

その内、WAM4やWEM14も測定してみたいですね。
  


Posted by Timm_MK2  at 20:18考察

2012年09月14日

Gunあれこれ考察 その4

たまには軽めの記事でもw。


KSCでシステム7化されてない数少ない銃の一つ、M945。
今では旧型になるハードキックは、名前負けしたリコイルだったがw、それでも発売直後からスライド破損の報告が相次いでた。
肉厚まで実銃通りに造ってた、リアルさに対する拘りが裏目に出た例ですね。
M945のヘビーユーザーは、予備スライド持ってるのが普通だとかw。
私はそれほど撃たないし、バッファーも追加してるので(本館の記事参照)、まだヒビは入ってない。
リアルな機構だけど、最近のマルイを撃った後だと、手応えの弱さにちょっと辟易します・・・。

デザイン自体は好きなので、是非システム7でリニューアルして貰いたいですね。内部に金属レール入れるとかして、リアルさよりも作動や強度重視で再設計するとか(KSCっぽくなくなるけどw)。


以前モデリングした3DCGをクリアーで再構成。プラ素材ならトイガンでも可だけど、昔と違って製品化するメーカー皆無になっちゃったのが至極残念・・・。
  
タグ :KSCM945


Posted by Timm_MK2  at 07:24考察

2012年09月10日

Gunあれこれ考察 その3

P38以外のワルサーシリーズ。色々揃えてみました。

2:マルゼン New PPK/S PP化カスタム(GBB)
3:マルシン PP(モデルガン)
4:アカデミー PPK/S(エアーコッキング)
5:マルゼン PPK/S エングレーブ(GBB)
6:マルゼン PPK/S(固定スライドガスガン)
7:マルゼン P99(GBB)
(それぞれのリンク先は、本館のレポ)

マルシンのモデルガンは、3年前に買ったキットモデル。アカデミーのエアコキは、かなり前に買ってそのままw。


左:アカデミーのエアコキ。グリップ部分が前後に大きい。パワーは、国内10禁レベル。
右:マルシンのモデルガンは、プラグファイアー方式のブローバックモデル。プロポーションは抜群!


下:マルゼンのガスブロ(PPK/SをPP化した物)とマルシンとの比較。グリップ&フレームの左右幅がものすごく違う。マルゼンのを持った後マルシン持つと、そのスリムさに驚く。
.32ACPと.380ACPの違いがあるとは言え、マルゼンのはガスガン用にデフォルメされてるっぽい。美少女キャラに例えると、お尻の大きなマルゼン、スレンダーなマルシン、と言ったところかw。


左:マルシン、右:マルゼン。
スライドに関しては、それほど大きな差は無い。


マルシンのPP。無塗装で素組みしただけ。スライド側面にはヘアラインが入ってて、そのままでも十分な雰囲気。バレルはABS樹脂で、スライド・フレームはHW樹脂。トリガーガードは金属製。


スライド右側面には、ライセンス云々の刻印が。チャンバーはフレームと一体成型。アルミテープ貼り付けてアクセントにしてみました。


HWなので、そこそこな重さ。


スライド&アウターバレルがア○ミのマルゼン。重さはHWのマルシンに及ばない(ちなみに、上下プラのPP化したマルゼンは、400g切ってます)。

なんか、PPの比率が高いような・・・。まあ、個人的にはPPK/SよりもスリムなPPが好みなのでw。

・・・写真整理し終わって気が付いた、マツシロのP5入れ忘れてた点。まあ、アンティーク・トイガン第5回で詳しくレポしてるので、良いかな~っとw。
あと、KTWのエアコキも、このレポ書きながら思い出したw(本館にマルゼンとの比較レポートあり)。

8月から9月上旬にかけてほとんど降らなかった雨が、昨日今日と降り続いてます。土が乾燥しまくってたので、農作物には恵みの雨ですねヽ(*´∀`)ノ。
  


Posted by Timm_MK2  at 09:07考察

2012年09月09日

Gunあれこれ考察 その2

前回、ベレッタを集めて見たが、私が一番好きな銃であるワルサーP38はどれくらい所持してるのか・・・。
私は全く同じ物は集めない性質で、好きな物でも無節操に集めない(以前集めてたが、気に入らないのは触りもしなくなるので)。なので、P38にしても全て集めてる訳じゃない。

とりあえず、すぐ引っ張り出せる場所にあるのを集めてみました。マルイのエアコキは以前所持してたが、形状がブサイク(スライド後部が出っ張りすぎ)なのですぐ手放し。マルシンの固定ガスはモデルガンそっくりなので持ってません。マルシンの金属モデルガン(タニオ・アクション)は以前所持してたが、一時期この趣味止めた時に処分したらしく、どこ探しても見つからなかったorz。

1:WA P38コマーシャル 固定スライド・ガスガン
2:マルシン P38コマーシャル モデルガン
3:クラウン P38ショートバレル プラスチックキット・モデルガン
4:マルゼン P38ミリタリー エアーコッキング
7:マルゼン P38 ac40 GBB
8:マルゼン P38 ac41 GBB
(それぞれのリンク先は、本館のレポ)

同じワルサー系統でPPK/SやP99があるが、そっちは別の機会にでも。
クラウンのは、LSとそっくりで、一部金属化(後ほど詳しく)。


たまたま出てきた、マルゼンのエアコキ。マズルが壊れてますがorz。
ダブルコッキングとも言える方式で、ハンドガンで長物並みのパワーを得る為に採用されたっぽい。
弾が発射されると、スライドがちょっとだけ後退する。そこから
1:スライド引く。
2:テイクダウンレバー下げる(スプリングの反力ですぐ戻る)。
3:すると、チャンバーが飛び出す。
4:弾(6mm鼓弾)を1発込めてチャンバー押し込む。
5:スライドを押し込んでスライドストップが噛み込むと発射準備完了。

1の引く時と、5の押す時、ピストンスプリングがそれぞれ圧縮されます。なので、結構力が要る。


セフティは、トリガーをロックするタイプ。

お気に入り度が低く、アンティークトイガンに登場させるにはイマイチな感じだったので、ココでお披露目w。
全体的にズングリしてるしw。


おまけとして、マルゼンのac40を数枚。



このac40は、メッキの質感、トリガー・ハンマー等のストローフィニッシュ風処理とか、すごくお気に入り。マガジンのガス漏れ酷くて直そうとして壊してしまったのでorz、他からマガジン拝借。普段は外部エアーソース用プラグ付けたマガジン装着して、エコな射撃してます(冬場も快調作動)。

次回、その他ワルサーを予定。
  


Posted by Timm_MK2  at 08:49考察