2013年12月07日

動画 中華エアコキ モーゼルM712タイプ&ブラックカトラス







動画タイトルは、ソード・カトラス ブラックバージョンとなってますがw。

ニコイチカトラス、マガジンめちゃくちゃ温めても、室温が10℃台と低いせいもあって、撮影準備とかしてたらすぐ冷えてブローバックがヘロヘロにw。
撮影直前までストーブの熱風に晒して、冷えない内に撮影。
それでも1マグ26発撃ち尽くす前に冷えちゃうので、途中で撮影止めて温め直したり。
この前に撮影した十四年式やPPQ、M&PコンパクトはPCのグラボからの排熱で十分だったけど、カトラスはさすが旧タイプの海外製だけあって、自販機のホット缶コーヒーレベルまで熱しないとホールドオープンしないw。
十分熱したマガジン使えば、迫力あるブローバックを楽しめますけどね。どっちにしろ、猛暑仕様だ・・・w。  


Posted by Timm_MK2  at 20:27Comments(0)WE M92M308 モーゼルM712タイプ

2012年12月11日

白と黒のカトラス

アニメ・漫画等で2つの刀剣あるいは拳銃を使役する主人公は、左右で色違いのを使ってる場合が多い。
という訳で、中二病全開でお送りする、黒いカトラスの物語。


「ちきしょう、またあいつに負けちまった。どうして勝てねえんだ」

「こうして目を瞑ると、あいつの憎たらしい笑い顔が浮かんできやがる。あたいをいたぶって、楽しんでやがるんだ。」

「あの銃、ソードカトラスとか言ったっけ?あんなの反則じゃねーか。」

「そうか。あたいが勝てないのは、武器の差だ。なら、同じ武器なら勝てるんじゃね?」

「よし、早速武器屋のオヤジに頼んでみるか。」


・・・数週間後。

「ちきしょう、あのおやじ。足元見やがって。しかも、おめえが出した金じゃあ、2挺は無理だとかほざきやがって。」

「しかもステンレスは無理だと。払下げ品のM92Fがあるから、それベースにして黒いのなら作れるんだとか。」

「まあ、あいつと全く同じってのも癪だし?それに、黒ってなんか格好良くね?あたいにぴったりじゃねーか。」

「よし、ブラックカトラスと名付けよう。」

「でも、金が足りないからって、刻印も無理だとか。」

「どいつもこいつも、金(かね)、金、金。」

「それというのも、あたいの商売の邪魔ばっかりしてる、あの女のせいだ。」

「今度こそ、きっちりカタつけて、あたいの足元に這いつくばらせてやる。」

「そして、がっぼがっぼ儲けたら、もう1挺作ってやるんだー。今度は刻印入りで。」


・・・数日後。

「ちきしょー、また負けちまった。しかもあの女、日本で壊れたカトラスの代わりだとかいって、あたいの銃、分捕っていきやがった。」

「覚えてろー、次こそてめえに勝ってやるからなー。」

レ○ィを目の敵にしてる、とある女海賊の物語でしたw。


・・・やっちまった感がありますが(;´Д`)。

だが、後悔はしてない!!( ̄∧ ̄)


マルイのソードカトラスと。


本家本元、KSCのソードカトラスと。


カトラス3挺。KSC、マルイ、マルイ+WE。


壁紙。1280x800。


壁紙。1680x1050。
  


Posted by Timm_MK2  at 13:19Comments(2)WE M92

2012年12月10日

黒いカトラス

ブラックラグーンで主人公が使用してるソードカトラスは全体が白っぽい。で、対照的に全体が黒いソードカトラスがあったら面白いかな~って思い付きで製作w。
スライドは、刻印とフロントセレーションをタミヤの光硬化パテで埋めて、アウターバレル共々キャロムのブラックスチール吹き付け。
フレームは、刻印消してから下地シルバー、上塗りはクリアーに艶消し黒混ぜたのを塗装。マルイのM9A1のフレームっぽく仕上げてます。
テイクダウンラッチ、スライドストップ、トリガーバーは表面処理落として、スーパーブルーでブルーイング。


重さアップする為、マルイのM9A1のようにインナーバレルに錘追加。釣り用の板鉛を巻き付け。


グリップは、WEのノーマル11gに対して、加工後は45g。左右で68gの増加。


マガジン無しでも、マルイのM92Fノーマル(マガジン込)とほぼ同じ重さに。


ガス無しの状態の、WEM92用マガジン。


マガジン込みで、マルイのM9A1を上回る重さに。


ガスを多めに入れて、1kgオーバーにw。


グリップは、同じマルイのフレームなので以前作ったマルイ・ソードカトラスのがポン付け出来るが、全体を黒っぽくしたかったので、WEのを加工して塗装。パールに、クリアーレッドを混合したスモーク塗った後、更に艶消し黒混ぜて周りを濃いめに塗装。


グリップは、通常のM92F用と比べて分厚いのでトリガーが遠くなる。なので、右人差し指掛かる部分を削ってある。


エンブレム。オリジナルと比較して、若干アレンジ加えてます。


マガジン挿入口には、面取りを。


WEオリジナルの状態だと銃口内側まで塗料が及んでない。ブラックスチール塗装するに当たり、塗り残しないようにしてる。


エキストラクターとファイアリングピンブロック(共に一体成型のモールド)はマスキングして塗装せず、アルミブラックとスーパーブルーで染めてある(アルミブラックのみだと黒っぽくなるが、その上からスーパーブルー塗ると青く染めあがる。スーパーブルー単体だと全く染まらない。スライド材質アルミなので)
セフティやハンマーは、WEそのまま(面倒だったので、ついw)


唯一残ってる刻印は、トリガーガード右側のみw。のっぺりしててちょっと寂しいが、かえって怪しさが増して良い雰囲気かもw。
トリガーピンモールドも、別塗装してある。


次回は、白いカトラスと絡めて。
  


Posted by Timm_MK2  at 15:37Comments(4)WE M92

2012年12月09日

WEM92 グリップ塗装&ハウジング交換

模型店で、パール塗料購入。パールホワイトの他にパールグリーン、パールシルバーなどがあったけど、基本ともいえるホワイトをチョイス。まあ、値段も高めだし(税込525円)。
右のは、別容器に入れてエアブラシ用に希釈。2倍に薄めたが、まだちょっと濃かったようで、糸吹いた。


黒の上からホワイトパールを塗装。実物のパールグリップとは全然別物って感じだが、ホワイトやシルバーとは違った雰囲気に。下地色が違えば、また違った雰囲気になるんじゃないかと。
この後、仕上げ塗装行ってます。完成品は、後ほどw。


やっと届いた、ヤフオク落札品のガーダーのハウジング。クロネコのホムペから、追跡番号入力して再配達依頼したらやっと配達してくれた。
クロネコメール便は不在伝票とか無いので(つか、普通に郵便受けに入れるだけだしw)、配達されなくてもユーザーが自分で調べない限り、分からないですねー。担当者が配達するの忘れたのなら、翌日にでも配達すれば良いのに、保管してそのままって・・・。


マルイ純正のハウジング。10g。


ガーダー。62g。


オークションの説明文には
「GUARDER(ガーダー)製 スチールハンマースプリングハウジング/タクティカルリングSET」
って書かれてたが、ハウジング部分は亜鉛ダイキャストで、スチールなのはランヤードリング部分。まあ、オールスチールのは4000円以上してたし、安いからおかしいとは思ってたけど、まあ良いかw。
ランヤードリング無くてもスプリングは保持出来るので、サムライエッジシリーズのグリップにも付けれる。


本体に組み付けようとしたら、ピンが全く通らない。ハンマーでガンガンぶっ叩いてもピンが変形するだけw。
で、調べてみたら、ハウジングにランヤードリング組んだ状態でもピンが通らない。組まなければそれぞれ通る。どうも、穴の位置がずれてるようで。海外製品は組み込みに調整必要だってよく言われてるけど、セットの状態で合わないってどういう事?ドリルでグリグリしたが、スチールがめっちゃ硬くてドリルの刃が全く通らず、相対的に亜鉛のハウジング側が一方的に削られる事に。
それでも、なんとか組み付け完了。

明日には完成品お披露目出来るかと。本体も、ちょっと弄った&塗装しましたので(´・ω・`)。
  


Posted by Timm_MK2  at 19:30Comments(0)WE M92

2012年12月08日

グリップ加工

WEのM92L、せっかくのロングスライドなのだから、ソードカトラス風のグリップにしようと加工開始。
以前、型取りしたのは片方だけ残ってたので、もう片方もKSCのから型取り。お湯で柔らかくなって型取り出来るタイプ。
ただ、WEのロングスライド用グリップは丸みが強く、中央のエンブレムのモールドが上手く転写出来なかったので、カッターや彫刻刀で彫り直してある。左側のは加工終えたヤツで、右のはポリパテ盛り付けた状態。


スペアのエンブレム。型取る時に少々曲がったりしてたので、部分的に修正する必要ある(この中の2個は、廃棄w)


右グリップの加工終えた直後。裏側には、中央に穴開けた後にプラ板裏打ちと、釣り用鉛追加して紫外線硬化パテ(カー用品)で埋めてある。紫外線硬化パテは、タミヤの光硬化パテよりも固まりにくいし喰い付きも悪いが、量が多い割にタミヤのとほぼ同じ価格なのでお得。
タミヤの光硬化パテ同様、もう何年も前に買って使ってきたが、未だに使える。まあ、光遮断すれば良いだけだしw。
グリップ1枚の重さは、加工前のノーマル状態で約11g、重りやらパテやら追加して加工終えた状態で、約40g。


白のサーフェーサーで表面覆ってから、黒を塗る。グリップは、下塗り完了。エンブレムは、更に調合したシルバー塗って、仕上げにエナメル艶消し黒薄めたのでウェザリング。上2個が、仕上げたもので、下2個は、シルバー塗っただけ。
グリップは明日以降、仕上げ塗装行います。仕上げに塗る予定の塗料切らしてて、買いに行ってたのでw。


ヤフオクで落としたスチール製ハウジング(重さアップする為)、クロネコメール便で昨日到着する予定だったのだが、なぜか配達せずに営業所に持ち帰ってそのまま保管してるようです(番号追跡で分かる)。いくら安い料金だからって、そのまま再配達しないなんて事は・・・無いですよね?ちなみに、出品者が発送したのは、3日の夕方。
次からは、定形外かレターパックにしてもらおうかな~?
  


Posted by Timm_MK2  at 17:22Comments(0)WE M92