2017年04月11日

HurricanE M82A1 バレットライフル コンバージョンキット スコープ取り付け

バレットのスコープと言えばリューポルド。それも10倍は欲しい。
という事で、

リューポルド M1 タイプ 3.5-10x40 イルミネート スコープ

をチョイス。付属のマウントリングは勿論使用する。
同時購入したM4タイプには付いて無かったレンズ保護キャップが付属。
あっちは、フードが斜めだから付属しなかったのかも?
どっちにしろ、コレ付けたまま覗くと若干解像度下がるし、付けたままだとゴム紐伸びるので、その内バトラーキャップに付け替える予定。



マウントリング・保護キャップ込みの重さは676g。
銃本体に装着した場合の総重量は7875g。重い・・・。



(クリック拡大)
スコープ装着したM82A1 AEG。
昔、三沢基地航空祭で見た光景が蘇ってきます。



(クリック拡大)
こうやって、スコープ付けた事で、しっかり狙えるようになった。
実際に持ち上げてスコープ覗いた感想は

でかい!重い!!冷たい!?

レイルが低めなので、スコープ覗くのに頬をレシーバーにべったりくっ付ける必要ある。
その際、気温が低めだと、とにかく頬が冷たい。今までは樹脂ストックだったり木製ストックだったり合皮のチークパッドだったりしてたので、金属に直接触れる事は無かった。
これ、夏場に外に放置すると、冷たいが熱いに変わりそう・・・。夏場は火傷注意!?




 
対物レンズ径40mmだが、チューブ径が30mmなので十分明るい。
表面には、コーティング施されてるのかも?



マウントリングの本体への取り付けは、工具使わず素手で回すだけ。それでも十分しっかり固定出来る。



(クリック拡大)
MG34、MG42と。
これらも長くて重いが、バレットはそれを上回る。



(クリック拡大)
MSR338と。
単独では結構長く感じるMSR338も、M82A1と比べると短く感じる。



MSR338のスコープは6-24x50。チューブ径が1インチ(25.4mm)なので



対物レンズが余計に大きく見える。



(クリック拡大)
エアコキバレットと。



エアコキに搭載されてるのは、昔買った3-9x40のスコープ。この、3-9倍というのは、現在出回ってるトイガン用ズームスコープでは最も多い倍率。
昔はレティクル発光機能搭載されてるのは少なかったので、こちらも発光しない。



1/6、1/12と。



ハリケーンのキットのボルトハンドルは、1/6の方に近い。比較的古いタイプ。



(クリック拡大)
バイポッド最大に伸ばした状態。
細くて頼りなく見えるが、一応スチール製なので、トイガン用途では問題無い強度。
実銃だと、撃った時の衝撃で曲がりそうな気もするけど。



バイポッドは90度ずつの角度で固定出来る。後ろにも折り畳めるが、マガジンウェルに軽く当たる。



(クリック拡大)
スコープをSR25に装着。
中々似合ってる。しかもM82A1よりも狙いやすい。



リューポルドとSR25の組み合わせは、昔なら鉄板だった。
今は色んな光学機器があるので、組み合わせも様々。



このスコープは元々M82A1用に購入した物なので、この後外しました。
まあ、その内、コイツに相応しいのを買う予定。



(クリック拡大)
締めは、重量級同士で。
重さと言う点では、M134ミニガンが手持ちでは最強。


スコープは安物レプリカだけど、意外と良い出来。電動だし、用途考えたら十分な倍率。
まあ、お座敷だと3.5倍しか使わなそうだけど。
  


Posted by Timm_MK2  at 19:53Comments(4)HurricanE M82A1

2017年04月08日

HurricanE M82A1 バレットライフル コンバージョンキット 完成

 
結局、モーターはEagle模型のHummer Sport 1100 L にしました。
こちらもヤフオク落札の中古品。落札価格2K。
マルイのEG-1000中古は1.6~1.9Kくらいの相場で落札されてるし、ならこっちでも良いかなっと。
なにより、マルイモーターと違ってブラケット取り外せる構造になってる。万一ネジを中に落としても、血を見なくて済む。
早速SBD取り付けて、本体装着済みのA2グリップ内部に入れて、端子挿し込む。



端子挿し込めず四苦八苦。メーカーが違う事、そして今までモーター交換した事無かったのに気が付いた。
今までは、それまで使用されてたモーター外して、再び組み付けるって作業だったので、端子は普通に組めた。
グリップ内にモーター入ったままだと作業し辛いので、一度取り出す。モーター端子がちょっと厚めで、マルイの端子と合わない。
マイナスドライバーでちょっと広げて接続。バッテリ-繋いで、外した状態でモーター回るか確認。
しっかり回った。が、ピニオンギヤにグリス付いたままだったので、周りに飛び散る羽目に・・・。



再び組み込み。
しっかり蓋を閉め、バッテリー繋いで作動確認。問題無く作動した。
グリップ底板のイモネジ締めたり緩めたりを繰り返し、フルで撃って丁度良い塩梅を探る。
ピストンヘッドがアルミな為か、フルで撃つと結構衝撃伝わって来る。



ある程度調整終わった後、バッテリーをチャージ。ミニの割に容量大きいからか、あまり時間経たずにチャージ完了。
ニッ水だから、頻繁に繰り返し充電行うのは良くないんだけど・・・。
充電終わって1時間ほど放置した電圧は、9.9V。



組み合わせると体重計以外では量れないので、上下に分割してキッチンスケールで測定(5kgまで)
アッパー一式は3046g。



ロアーフレーム一式とバッテリー、固定用ピン合わせて3489g。バイポッドの所為もあってか、意外とロアーが重い。



空マガジン、664g。

3046+3489+664=7199g。
約7.2kgが完成状態の重さになる。これに更にスコープの重さも加わる計算に。
もっと大きなバッテリーだと、その分も加算される。BB弾は・・・、190発入れても0.2gだと38gにしかならないので、無視で。

スノーウルフのは、スコープ込みのフルセットで6.6kgらしいので、随分と重さが違う。
材質同じアルミのはずなので、厚みが違うのかも?



上下合体。
チャンバー下とレシーバー後端にそれぞれ接合する部分があり、そこで固定するが、結構渋い。



なので、ラストは、体重掛けて押し込む。



ピン挿し込んで完成。
ちょっとでも穴の位置がずれてると挿し込めないので、上下組み立ては力一杯押し込む必要ある。
ちなみに、バッテリー交換は上下分離しないと出来ない(スノーウルフのはバットプレートが簡単に外せる構造だが、こちらは同様の外し方が出来ない)
また、上下分離時は必ずマガジン抜く事。でないと、チャンバーがマガジンの給弾口に引っ付いたままなので、アッパーレシーバー前方にずらす際、チャンバーとインナーバレルが抜けて来る。



ボルトカバー引き下げると、ホップ調整ダイヤルにアクセス出来る。
ボルトカバースプリングは強めで、ピストン連動にしようものなら、まともに動かなくなる可能性も。
このまま使うのが良いかと。



SⅡS 0.2gBB弾使っての初速。
アウターバレルが異常に長い所為で、右でトリガー引いて左で弾速計持つっていう、いつものやり方がきつい。
で、カウント数が飛んでるのは、測定失敗したから。3発目失敗、5,6発目失敗。
スプリングはM90だが、ベアリング付きスプリングガイドのおかげで嵩上げされてるので(ピストンヘッド側もベアリング付き)、若干アップされてる。インナーバレルは490mmだが、550mmまでは大丈夫だったような。その内、550mmのカスタムバレルとか入れて見たい。
PSG-1用の590mmだと、シリンダー容量不足か。

まだ外に向かって撃ってないが、アウターバレルの約半分しか無いインナーバレルでも、中にぶつかって弾道が乱れてるって事は無さそうだ(WAM4も、アウターが20インチ相当の機種でもインナーは10インチくらいしか無いし)



フルで撃った結果。
フルオートサイクルは意外と早い。初速は随分落ちてる気がするが、フルだとこんな感じなのだろうか?
今まで、フルオート時の初速測定出来なかったもので・・・。



(クリック拡大)
とりあえず完成した、M82A1の電動ガン。
本物よりも随分軽いはずだが、立射で構えるとかなりきつい。長時間は無理。
昔、三沢基地航空祭で実物を立射姿勢で構えた事あったが、今は体力落ちてるし、無理かな~?


ハリケーンのM82A1用マガジンは入手不可だが、スノーウルフのなら使えるんじゃないか?
そう思って検索したら、以前見かけた詐欺サイトと似たようなレイアウトのサイト発見。

http://www.gunsanddollsnew.bid/

URLも似てる。ココはかなり怪しいので、絶対に注文しないように。
  


Posted by Timm_MK2  at 08:56Comments(4)HurricanE M82A1

2017年03月31日

HurricanE M82A1 バレットライフル コンバージョンキット グリップ

マルイ電動ガンM16A2用グリップ到着。
これで、M82A1の外観だけは完成。
大きなマガジン、単体で見るとその大きさに圧倒されるが、写真で見る実物のは、もっと横幅あるように見える。
そこで、以前新春ブラックホールで購入した、.50BMGのダミーカートと比較。



長さ足りなかった・・・。昔の国産モデルガンは、実弾入らないようにわざと小さめにマガジン作ってたらしいが、コイツもそんな感じなのかな
過去、スモーキーズガンファクトリーで製造してたカート式のは、写真で見た限りだともっとマガジン大きい気もするが。
もっとも、このハリケーンのキットは、VFCで出してた固定ガスのコピーである可能性高そうですけどね(スノーウルフのは、内部構造がハリケーンのキットに酷似してるので、コイツのコピーなのかも)
  


Posted by Timm_MK2  at 21:24Comments(0)HurricanE M82A1

2017年03月27日

HurricanE M82A1 バレットライフル コンバージョンキット メカボパーツ

ヤフオク落札品。オークションストアの即決品で、いずれも新品。
ライラクス MS90スプリング
SHS アルミ製ベアリング付きピストンヘッド
SHS 強化ピストン金属歯3枚
SS ベアリング付きスプリングガイドVer2用

送料含めた合計金額は4Kちょい。



M16A1のメカボから出てるバッテリーコードは、後ろからミニ端子のがちょこんと出てる。
そこにメス型ミニ端子のコード接続し、リアストック内を後ろまで通してラージバッテリーと繋ぐ。
この、後ろからちょこんと出てるミニ端子のコードが短すぎて、M82A1のフレームに組んだ時に端子が邪魔になる。
そこで、端子切り離してコードを直接繋ぐ。ついでに、ニッ水バッテリーに合わせて、T型コネクタに。
このバッテリーは中華電動の雷槌(コイツも同じような内部カスタム済み)用だが、雷槌に組まれてるモーターがハイサイ用のマルイEG-30000なので、充電直後(10Vちょい)だと異様に速くなる。
かえってリポの方が合ってるんじゃないかと



コイツと端子交換した次第。手持ちのリポは全てミニ端子なので。
RWA MG34用のバッテリーだが



あっさり収まる。
というか、ミニバッテリーサイズのはずの、ZB26用に購入したバッテリーは、入らなかった。
フルで空撃ちしてみたが、EG-30000とリポは相性良いらしく、すごく調子良い。
MG34は滅多に撃つ機会無いので(長くて重い)、このバッテリーは暫くコイツに使おうと思う。



M82A1のフレームにメカボ組んだ状態。まだA2用グリップとモーターが未入手(EG-1000の中古、ここ数日でなぜか相場が急上昇。入札しても必ず高値更新される)
後ろから出てるコードは左に回して後ろに通す。
コネクタのサイズの関係で、ネジの下の隙間は通らない(ミニ端子でも通らない)
コードの接続部に太く巻いたビニールテープは剥がす事に。そのままだと据え付け出来なかったので。
まあ、それぞれ絶縁してるので、ショートする心配は無いけど。
メカボに対して内部は広めで、下はともかく上がグラグラ。コードが挟まってる所為もあって、少し右に寄れてる。
なので、アッパーレシーバー組む時は、マガジン口からメカボ先端動かして、チャンバーに合わせる必要ある。



バッテリースペースは十分過ぎるくらい広い。ラージ2個でも収まりそう。

ココにリコイルユニット組めたら、面白そうなんだけど・・・。



長年使い続けてきたライフルケース、ドラグノフは勿論、MG34&MG42も収納出来た。
が、バレットは無理だった・・・。アッパーのみですでにはみ出してる。



(クリック拡大)
奥から、MG34(電動)、MG42(エアーブローバック)、バレットM82A1(電動)M82A1(エアコキ)
エアコキは、こうやって比較すると子供サイズってのが良く分かる(一応、リアストック延長してる)
エアコキは全体的に小さいが、突き出たバレルの長さは、リアルサイズにかなり近い。


モーターが暫く入手出来そうにないので(最低あと8日必要)、M82A1コンバージョンキットの製作記は一旦休止。
メーカー生産が遅れてるのか、CyberGun SCAR-H GBBの入荷案内が来ない。今月もそろそろ終わりなのに・・・。
で、同じVFCから、Umarexブランドで新製品が。

VFC/Umarex G28 DMR GBBR (JPver./HK Licensed) ガンケース付 DX Limited

こちらも4月発売予定だとか。SR25同様、7.62mmのセミオートスナイパーライフル。SR25と比べてゴツい。
こっちも並行生産してるから、SCAR-Hの2次ロットが遅れてるのかも?
さすがにSCAR-Hと同時期に購入は無理なので、こっちは見送りかな・・・?数か月経って余裕出来たら買うかも(でも10万はきつい)
  


Posted by Timm_MK2  at 22:41Comments(4)HurricanE M82A1

2017年03月25日

HurricanE M82A1 バレットライフル コンバージョンキット 本体組み立て

メカボ組む前に、まずは本体の組み立てから。
パーツ構成はシンプルで、取説の説明図も分かりやすい。
アウターバレル後ろから樹脂スリーブ入れるが、かなりきつい。ネジ込みながら、なんとか奥まで入れる。
そして、アッパーレシーバーにバレル組み込み。
レシーバー前方との隙間はほとんどなく、途中から入れるのがきつくなってくる。
おそらく、加工精度がギリギリで塗装被膜分の余裕見て無かったんじゃないかと。被膜厚さ分、寸法公差に余裕無くなってる。



最後は塗装剥がれながら取り付け。
パーツ構成自体はスノーウルフの電動と同じらしいが、あっちは簡単に外れるらしい。こっちはロアレシーバー仮組みして、足で抑えながら両手で握ってやっと回した。奥までネジ込んだらイモネジで固定。かなりがっちり組まれてるので、イモネジ必要無い気もするが。
アッパーレシーバーにバレル組むと、長さは完成品の全長と変わらない。分割してケースに収める場合、アウターバレル外す必要あるが、かなりの腕力必要。気軽に外せない・・・。



アウターのネジ込み以上にきつかったのが、フラッシュハイダー。
半分入った所できつくて無理だったので、角度を決めてから逆さに持ってH鋼にガシガシ叩きつけて押し込む。
勿論、傷付かないように段ボール介して。
押し込み完了した時点で、マズル部分に潰れ無し。
キャップボルトで締め付けて完了。



チャンバーはメタルチャンバーで、M16A1から取り外したインナーバレルに組み込んで行く。
メタルチャンバーは亜鉛ダイキャスト製で削り出しほどの精度は無さそうだが、すんなり組めた。
意外と精度高そう。
マガジンは、190連から中身取り出し、大きなマガジンに挿し込んで下からネジ止め。特に苦労無し。



(クリック拡大)
インナーバレルは490mmだが、アウターバレルの半分までしか届かない。
インナーは、スタンダード電動用としては、シリンダー容量的にこれ以上長く出来ない(長くするとシリンダー容量上回り、パワーロスする)
スノーウルフのは長過ぎてパワーロスが多そう(670mm)



インナーバレル及びチャンバー組み付け。挿し込むだけだが、かなりきつい。内部の樹脂スリーブがぎりぎりサイズで、インナーのガタは皆無。



仮組み。
アルミとはいえ肉厚のアウターバレル、そしてスチールバイポッドのおかげでかなりのフロントヘビー。
メカボ組まない状態で約6kg弱。メカボ組んでも実銃より6kg軽い(実銃は12.9kg)
それでも、雰囲気はかなり良く、エアコキとは比べ物にならない存在感が。
パーツが全て揃うまでまだ数日かかりそうだが、今から完成するのが楽しみ。
  


Posted by Timm_MK2  at 13:20Comments(2)HurricanE M82A1