2017年03月22日

S&T M1903 ボルトハンドル調整

S&TのM1903、コッキングする度に気になるのがボルトハンドルのガタ。
軸との隙間が大きいような気がする。




そこで、再び分解。
ボルトエンド外した時に、ハンドルロック用スプリングが出て来るが、ちょっと変形してた。



軸に対して穴の径が大きいような気がしたので、薄いアルミテープ巻いたがきつくてほとんど取れてしまった。
しかし、軸に挿すと、ガタガタしてる。
良く見ると、穴の径は手前側が大きい。つまり、テーパー掛かってる。
おそらく金型の抜きの関係上、こうなってるんじゃないかと。
これじゃあ、軸太くしても意味ない。



そこで、穴の内側にアルミテープ巻いてみた。
あと、ボルトハンドル倒した時にプラプラしてて落ち着かないので、プランジャー用の凹みを追加。



ボルトエンド組む時は、予めハンドルロックを外して、後からロックとスプリング組んだ方が楽。
でないと、スプリング組むのに苦労する。
外す時も最初からこのようにしてれば、スプリングの変形も免れたはず。

ほとんどガタ無くなったので、コッキングもしやすくなった。
ボルトハンドル起こす時に以前よりも抵抗感増えたが、プラプラしてるよりはマシ。なにより、ガタが大きいと安物感があるので。



分解時、ドライバーが滑って木製ストックに傷が付いた。
マイナスネジはこういう事が起きやすいので、ネジ締めたり緩めたりする時は特に注意しないと。
  


Posted by Timm_MK2  at 12:39Comments(0)S&T M1903

2017年03月18日

S&T M1903 + 光学サイト

S&TのM1903、気軽に撃てるので室内プリンキングに重宝してるが、ボルトハンドル引く時に根元近くに指添えるとリアサイトに当たる。かといってボルトハンドル端握ると、材質の関係で摩耗早まりそうだし。
という訳で、リアサイト外してスコープマウント装着。




刻印隠れるけど、まあ仕方ないか。 



室内プリンキングだと、高倍率のスコープはかえって見辛い。
手持ちのドットサイト載せてみたが、若干アイポイントが上がる。
あと、コレ用のボタン電池が無い・・・。1個だけ新品あるが、コイツは2個使う(LR44)
電池買うべきか迷ったが、実はコレ、スイッチの接触が悪く、点いたり消えたりする。
他の手持ちを試してみる事に。



ボタン電池と太陽光電池の2系統のオープンドットサイト。
前側しか固定出来ない・・・。



低倍率のスコープ。実はコレ、ハンドガン用なので、この位置だとまともに見えなかったりする。
まあ、普通のスコープ載せた場合にどうなるかの検証目的で。



ボルトハンドル起こすとぶつかる。
レイル位置の関係で、これ以上前に付けれない。
このM1903にスコープ載せる場合は、クラシカルタイプのような細身か、マウントリングをハイマウントタイプにするしかない。
細身のスコープは低倍率のが多く、また安物だとまともに使えないのばっかり。
アマゾンにも細身で安いのがあるが、「玩具のスコープ」どころか「スコープの形した玩具」ってレベルで、全く用なさない。
かといって、昔製造された本物のスコープは、たまにヤフオクに出品されてるが、めっちゃ上がる。
なら、いっそ新しいドットサイト買って付けようかと、アマゾンで探した結果、3K切る価格のを発見。



VERY100 コンバットスコープ ドットサイト 赤・緑ドットサイト ダットサイト  ドットサイトスコープ

レビューも、あまり悪く書かれてなかったので決定。



取り付けボルト用の六角レンチ、取説、クリーニングクロス付属。



電池無しの重さ。



以前買っておいた、CR2032。この電池を1個使用。
電池もアマゾンで買おうと思ったのだが、アマゾンで取り扱ってる安いCR2032は軒並み中国製で、すぐに電池切れたりとか、安かろう悪かろうの典型的な物。なので、以前ホームセンターで買っておいた、この電池を使う事に(オープンドットサイト用に購入)



1ヶ所のみで固定なので、このドットサイトに決めた次第。2ヶ所で留めるのは、このマウントだと無理なので。
まずは後ろに付けてみた。見た感じは良いけど



ボルトハンドルに干渉しないとはいえ、リアサイト付いてた時同様、根元に指掛けれない。



前側に移動。
見た目アンバランスだが、この位置ならボルト操作も楽だし、後でブースター付ける事も可能。
・・・まあ、ブースターがボルトハンドルに干渉しそうだけど。



ローマウントなので、銃身とのパララックスもかなり抑えられてる。
室内でハイマウントだと、目一杯調整しても下に着弾する場合が多いので。



輝度は5段階。レッドとグリーン。
こちら、室内なので1段階(最弱)でも十分見える。ドットはくっきり視認出来る。



調整は、キャップ外して細めのマイナスドライバーで。

造りはしっかりしてるし、ボディやレンズに汚れは無し。
調整もちゃんと出来て、アイアンサイトより格段に狙いやすい。
M1903の前後サイト、リアは近いのでボヤけるし、フロントは細くて視認し辛かった。M1カービンもリアは同様だが、フロントの左右のガードのおかげで、かなり狙いやすい。


値段はかなり安いが(送料込みで3K切る)、意外としっかりした造りでコスパは高い。
このVERY100というブランドのはどれもお手頃価格。
かなり種類あるので、試しにお一つ買ってみるのも良いかも?






  


Posted by Timm_MK2  at 20:00Comments(0)S&T M1903

2017年03月09日

S&T M1903 エアーコッキングライフル スペアマガジン他

購入したM1903用スペアマガジン、内部にプラ板入れるべく、まずバラす。
すると、シャターの材質が金属に変更されてた。
このマガジン、フォロアースプリングがかなり長く、フルロードするとシャッターにかなりの負荷が掛かる。破損報告でもあったのかな?
入手した製品は2挺とも、付属マガジンは樹脂シャッターだったので、つい最近生産された物だと金属に変更されてる可能性も。
今回はプラ板接着せず、両面テープで貼り付け。スロープ部分は弄らない。
0.3mmプラ板を薄い両面テープで貼り付けてから組み立て。



組み立て時、フォロアーの上下間違えると最後のBB弾が上がりきらないので、ネジ締める前にちゃんと上がってきてるか確認する事。

装弾数は、通常の25発から22発に減少。あれ?スロープ弄らないと結構入る。
給弾不良は起こらず、最後まで発射出来た(最後の2発は逆さローディング)
で、今度は少なめに。10発だけ入れて操作繰り返す。3発目までは問題無く、4発目で空撃ち。
一度マガジン引っ張り出して、確認した後再び装填。後は最後まで撃てた。
・・・まあ、新品だし、使ってる内に大丈夫になるかも?あるいは、毎回フルロードで。



AGM M1カービンを弄ってて、リアサイトの左右にクリックあるのが良くて、M1903にもなんとか付けれないかと分解。
なにせ、左右調整ツマミはほとんど抵抗なくクルクル回るので、撃った時の衝撃でも動きそうだし。

あれ?先に入手した個体と仕様が違う。Oリング入ってる。
ただ、Oリング入ってても左右にガタあるのとグリスで抵抗減ってるおかげで、軽くクルクル回る。Oリングの意味が無い。
また、Oリング外すと溝があるだけで、先の個体のようなクリックボール用の凹みが無い。
このツマミは鉄製なので、亜鉛ダイキャストのように簡単に開けれないし。



ガタ無くして抵抗感アップする為に、汎用ワッシャーをスペーサーに。
また、過剰に塗られてるグリスも拭き取り。



イモネジ締める時に、Oリングがしっかり密着するように押さえながら締め付け。
結果は、かなり抵抗感がアップし、ピストンの衝撃で勝手に動く事は無くなった。

弄るだけ良くなるのは、中華製品の特徴。ここでも如何なく発揮してます。




追記

着剣ラグのあるフロントブラケット、触ってると前後にガタつく。
ネジしっかり締めても変わらない。
外して改めて確認すると、ストックのネジ用の穴が大き過ぎ。

そこで、外径4mm、長さ22mmのアルミパイプを入れてスペーサーに。
本当は真鍮パイプ入れたかったが、手持ちは外径5mmのしか無かった。
このアルミスペーサー入れてガタはほとんど無くなった。
この部分のガタが気になる人は、同様の処置試して見るのも良いかも。


あと、内部に0.3mmプラ板貼り付けたスペアマガジン、結局24発入った。
さすがに最後の24発目はきつくて、シャッターぎりぎりだったけど。
  


Posted by Timm_MK2  at 07:00Comments(2)S&T M1903

2017年03月03日

S&T M1903 エアーコッキングライフル マガジン小改良

S&T M1903のマガジンにBB弾込めて、室内で数マガジン撃ってみた感想として。
最長5mほどしか距離取れないが、狙った場所に吸い込まれるようにBB弾が飛んでいく様は、撃ってて気持ちが良い。
ただ、度々給弾不良が起こる。パスッ!と撃った時にBB弾が飛ばない事が度々起こると、ちょっとストレス溜まる。
どうやら、マガジン内部で引っ掛かってるような感じが。
そこで、小改良施してみた。



フォロアースプリングに対してマガジンの内幅が若干余裕あり過ぎに見えたので、0.5mmプラ板左右に貼り付けてガタを少なくする。
また、スロープ部分もスカスカなので、光硬化パテで埋めて成型。



シャッター部分も少し削る。
これは他の方のブログでもやってたが、切り欠きを大きくするんじゃなく、角を削って左右に広くする感じで。

さて、装弾数は劇的に減ったが、実際室内で撃つのに25発連続ってのは少々きつい。サポートアーム(この場合は左腕)がめちゃ疲れる・・・。いくら銃本体が軽くても、25発撃つ間ずっと構えてるのはきつい。
なので、せいぜい15発程度でマガジン交換が丁度良い(ちなみに、改造前のマガジンに少なめにBB弾込めると、高確率で給弾不良起こす)
BB弾込めて撃って見ると、一度も給弾不良が起こらずサクサク実射が進む。
で、残り3発の時点でボルト不完全閉鎖が。閉鎖直前で止まる。
マガジンを抜こうとしたら、中で引っ掛かってる。逆さにして内部のBB弾撃ち尽くしてマガジン取り出す。
どうやら、マガジン内のBB弾が残り1発(チャンバー下には2発あるので、残弾計3発)の時点でBB弾が上がりきらず、ノズルを止めてるみたいで。
スロープ埋めたのは失策だった。フォロアーがきちんと上がりきって無い。
埋めた部分を少しずつ削ってみたが解決しないので



1.2mmプラ板の切れ端接着。これで最後のBB弾を押し上げるような感じに。
これにより最後までしっかり撃つ事が出来るようになった(チャンバー下の2発は変わらず)
ただ、BB弾込めてると13発目からきつくなり、17発までで入らなくなる。
銃を水平に構えて、15発目まではノートラブルで撃てる。数マガジン撃って見たが、接着したプラ板は今の所剥がれてない。
サバゲーならともかく、お座敷なら10~15発程度が丁度良いので、これで満足。
まあ、近い内にスペアマガジンを購入する予定だし、外で撃つ時はそっちも併用するという事で。


ここ見てる方で25発も要らないよって方は、左右のプラ板追加だけやってみたらどうでしょう?
給弾不良が劇的に改善されるので。場合によっては、シャッターの整形も。
スロープ部分埋めるのはやらない方が良いですね。
接着すると元に戻すのに一苦労なので、後で戻したい場合は0.3mmプラ板を薄い両面テープでくっ付けると良いかも。
  


Posted by Timm_MK2  at 18:51Comments(0)S&T M1903

2017年02月28日

S&T M1903 エアーコッキングライフル ジャンク品 仕上げ直し

昨日のミリブロ記事に、こういうのが。



PROTECのオフィシャルブログで、プロの目線から意見述べてます。
個人的には、この考え方に賛同します。ウチでも海外製メタルスライドのハンドガン取り上げてるので。

中には、過去に規制されたとか、警察のお情けで存続してるとか、いつまでも過去の柵に囚われてる人も居ますが・・・。
日本は民主主義国家です。国民が主体の国であって、国家公務員の為の国じゃないんですよ
むしろ、一般市民の我々の給料で彼らは生活出来てる訳だから、立場的にはむしろ上とも言える。
かといって、公務員に対して横柄な態度取って良いかと言うとそういう事ではなく、無意味に謙ったりびくついたりする必要性は無いというだけで、お互い一人の人間として対等に接する事が大事。
お上には逆らえないとか、時代錯誤もいいとこ。中世かよっ!て。総理大臣は王様で、上級公務員は貴族様、警察は王侯貴族の手先ですか?

海外製トイガンだって、密輸してる訳じゃ無く正規輸入して関税も払ってる。所有する権利がある。それらを無視して規制するなら、今まで払った税金全て返せと言いたい。
過去の規制は犯罪行為が発端で、犯罪防ぐ為に法規制がされた。法律は犯罪抑止の為であって、逮捕者を増やして警察の点数稼ぐ目的じゃないはず。規制は手段であって目的じゃない
それでも、メタルスライドは受け入れられないって人はかなりの数存在する。考え方は人それぞれなので別に良いけど、それを他人に押し付けるのは止めて貰いたい。話し合いでお互いの理解深めようって意見もあるが、自らの意見を一方的に押し付けるのは、もはや話し「合い」じゃない
同じ趣味を持ってても、分かり合えない事がある。こういう狭い世界ですらこうなんだから、世界中の人と手を取り合って分かり合おうとか、脳内お花畑にもほどがある。分かり合えなくても、それでも付き合う必要あるなら、どこかで妥協点見出して、お互い不利益にならないよう努めるのが、現代人の大人の付き合い方。お互いメリット無いなら、すっぱり切り捨てる事も必要。これは国家単位でも同じ事が言える。

これらの考え方に異論を唱えるのは自由だが、それは他でやって欲しい。少なくとも、ここに異論書き込んだ時点で誹謗中傷と見なし、即刻削除&同IP書き込み禁止にします。意見の違いは、リアルでいやというほど経験してきたので。
過去、トイガン仲間は沢山居たけど、今は意見の相違で彼らとは接点切ってますし(ウチの記事は海外製品多く取り使ってるので、それはマズイとかさんざん言われた)


さて、前置きが異常に長くなったけど、やっと本題。



一部仕上げ直した、M1903。
どこ仕上げたのか、分かります?



レシーバーの、一体成型されたエキストラクターモールド。塗装剥いで、スーパーブルーで染め上げ。
こうやって別パーツっぽくするだけで、雰囲気がガラリと変わる。安っぽさも軽減!?



ただ、一体成型なので



ボルト引いても位置は変わらず。



ボルトアクションライフルは、ボルト後部にメカが集中してて



メカフェチには堪らないですね。
ロッキング機構とか、良く考えられてるな~と感心します。人力のみでハイパワーカートリッジを扱う事を前提にした場合、かなり合理的。ブローバックモデルとは違った面白さがありますね。
  


Posted by Timm_MK2  at 07:26Comments(8)S&T M1903