2016年09月17日

Blackcat Mini Model Gun MAC10 グリップスクリュー交換

ミニモデルガンのMAC10は、ミニチュアモデルとしては高水準なのだが、コストダウンの為か、グリップスクリューは汎用のプラスヘッドのが使用されてる。



色もシルバーだし、その辺のホームセンターで調達してきたかのよう。



この度、ある方から合うサイズのマイナスヘッドスクリューを譲って戴きました。
コクサイのガスリボルバー、パイソン(ジャンク品)の物だそうで。
2個あるとの事なので、1個を定形外で。



これで、コピー元に更に忠実に(?)。



角度によっては見えないし目立たない変更ですが、リアル感はアップしました。





さて、アマゾンに予約してたのが本日到着。

コトブキヤ M.S.G モデリングサポートグッズ ギガンティックアームズ01 パワードガーディアン 全高約260mm ノンスケール プラモデル
figma archetype next:she flesh color ver. ノンスケール ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア

パワードガーディアンは組み立てに日数掛かるので、詳細は後ほど。
まあ、今回は全塗装せずに、墨入れのみで済ます予定ですが。メカばっかりだし。



一応、アフェリ貼り付け。


figmaは女性素体のみ購入ですが、その内男性素体も購入してみたいですね。


あと、フレームアームズ・ガールの通常版も。


バーゼラルドは予約段階で定価よりかなり高い価格設定になってましたが、発売開始してから通常販売価格に。
まあ、アマゾンのが売り切れたら、またプレミア価格のしか出回らなくなるだろうし、欲しい方はお早めに。
フレズヴェルクは、現時点では普通の販売価格。
  


Posted by Timm_MK2  at 20:04Comments(2)モデルガン

2016年08月23日

Blackcat Mini Model Gun Type64

ミニモデルガンのタイプ64。中国の64式拳銃が元ネタ(64式で画像検索しても自衛隊の64式小銃しかヒットしないので、中国 64式拳銃 で検索)
スタイルはまんまワルサーPPKだが、内部構造は結構違ってる。
ちなみに、これはセフティがONの状態(マカロフと同じ)



両面共に刻印無し。
フラットシルバー調のメッキが施されてる。



ケース。



中身。取説・スペアパーツは無し。
価格:$28.99。



PPKが無いので、マルゼンのPPK/Sと(固定ガス)
外観上では、セフティの向きが逆な以外は全く同じに見える。



内部にスライドストップ機能が無いので、リコイルスプリング抜いてホールドオープン。



マガジントップのカートが見えるが、カートエジェクト機能は無い。



D/A機構搭載。
ハンマースプリングは弱めなので、トリガー軽い。
当然、ハンマーコッキングからのS/Aもある。



ハンマーコッキング状態でセフティONしてもデコッキングしない。
実銃はデコッキングするはずなので、機構的(強度含む)に再現出来なかったのかも?
ちなみに、スライドのロックは効くが、トリガー引くと普通にハンマー落ちる。



付属カートは1発のみ。
マガジンの大きな肉抜きは、現在のマカロフと同じ。



分解方法はPPKやマカロフ同様、トリガーバー下げてスライド後退させ、スライド後ろを持ち上げる。



セフティ機構はスライドロックのみ。
デコッキングさせる為には、シア形状変更とセフティレバー奥のパーツ追加が必要になるので厳しいかも?(マカロフと同じ)



チャンバーは塞がってる。



グリップは1ピース構造で、左右のネジ2本外して後方に抜き取る。
ハンマー及びハンマーストラットは、1/1を縮尺したかのような出来。



アップで。
内部のシアS/Pの固定部分(丸くなってる部分)がちょっと取り付け位置からずれてる。



トリガーバー取り出し。
D/A機構は、トリガーバー後端がハンマー下に引っ掛かって、トリガー引いた時にハンマー起こすというベレッタM92Fと同じ方式。
S/Aもシアを前進させてハンマーリリースするので、これもM92F同様。
スタイルはPPKのコピーで、ハンマー機構はM92Fのコピー。



重さ。



以上、ミニモデルガンの64式拳銃でした。
トカレフやマカロフじゃなく、それらと比べてあまり有名とは言えない64式拳銃をチョイスするあたり、メーカーの開発担当はかなりマニアックですね。まあ、中華メーカーなら当然なのかな?リアルソードも56式電動ガンとか作ってるし。

製品自体は出来かなり良いけど、同社の同価格帯の製品と比べたらちょっと物足りない感じもする。まあ、価格的にはお得感あるけど、やはりカートエジェクト機能は付けて欲しかった。デザートイーグルやM93Rが同じ価格帯なんだし。
見た目はPPKなので、PPK好きにもウケる・・・かも?


今回で、この度購入したミニモデルガンの紹介は終了します。
このメーカーの次回のミニモデルガン新製品も楽しみですね(長物よりもハンドガンの出来が良い。P38、オートマグ、ウィルディ45とか出してくれればまた買います)。リボルバーも、スーパーブラックホークやレッドホークあたりを希望。
1/3スケールのオール金属のM134ミニガンとかも出して欲しいですね!実際にモーター仕込んで回転させれるとか。
  


Posted by Timm_MK2  at 19:33Comments(2)モデルガン

2016年08月22日

Blackcat Mini Model Gun F1900

商品名はF1900となってるが、FN Browning M1900で間違いないかと。
量産されたスライド式拳銃では世界初と言えるくらいで、通の間では超有名だが、今までトイガン(ガスガン・モデルガン)としては一度も商品化された事が無い(メーカーでの量産品としての話)。まあ、それ言ったら、ボーチャードも近年やっとモデルガン化されたばっかりだけど。



右面。
エジェクションポートが変わった位置にあるように見えるが、バレルが下にある構造なので



スライド引くとこうなる。
スライドストップは無いので、ストライカーをコッキングした状態で止めてる。
リコイルスプリングのテンションのみだと戻らないので、手動でスライド戻す必要ある。
ちなみにカートエジェクト機能はない。



ケース。



中身。
価格:$13.99。



取説とスペアパーツ。



分解手順。
現代の基準で考えると、通常分解とは言えないかも?最低限、ピンポンチが必要。



元が小さめの銃(口径.32ACP)なので、軽め。



マガジンキャッチ解除は、グリップ下の小さなツマミを押す。



付属カートは1発のみ。



取説に従って分解開始。
2番目のイラスト(左)の位置通りのピン抜いたけど、トリガー外れただけ。



実際は、スライドブリーチ上部のピン2本外す。イラストの描き方が不親切過ぎる。



スライドを前方に抜き取り、リコイルスプリングガイドをフレームから外すと、ブリーチを後方に抜き取れる。



トリガーピンが抜けた状態だと、バレルも取り出せる。



ストライカー構造も忠実に再現。
ブリーチ下面の横切ってる凹みには



セフティONにした時に噛み込み、スライドをロックする。
また、シアもロックされるので、トリガー引いても動かなくなる。



M1900独特のストライカー機構も忠実に再現されてる。
ストライカーがコッキングされてない状態では、リアサイト前方が塞がれててサイティング出来ない。



コッキング状態。
リアサイト前方のパーツが傾いて、前後サイティング出来る。
ストライカー用のスプリングというのは無く、リコイルスプリングがそれを兼ねてる。



以上、ミニモデルガンのFN M1900でした。
1/2スケールとはいえ、ここまで構造を再現してるのは驚嘆に値する。アンティークガンコレクターからすれば、かなりの価値があるんじゃないかと。それをこの価格で出せるってのは凄い。
まあ、仕上げは雑な部分が多いし、コスト自体はそんなに掛かって無いかも知れないが。
出来れば、1/1スケールのモデルガン、あるいはガスブロで出して欲しい(M1910のモデルガンなら昔からあったんですけどね)
もっとも、ストライカー構造はガスブロでは不可能なので、内臓ハンマー式(グロック同様)になりそうだけど。
  


Posted by Timm_MK2  at 12:39Comments(2)モデルガン

2016年08月20日

Blackcat Mini Model Gun Desert Eagle (Shell Eject, Black)

ミニモデルガンのデザートイーグル。
Desert Eagle (Shell Eject, Black)
前回シルバーモデル購入したけど、その時はこのブラックモデルは品切れだった。
購入価格 $29.5。
ちなみに、シェルエジェクトじゃないタイプはもっと安い($15.99)。しかし、わざわざ廉価版買うつもりは無い。



ケース。



中身。



取説と付属品。
内容物は、シルバーモデルと同じ。



はい、ネタバレ。
一枚目画像のような刻印はありません。実銃画像から刻印部分コピーして貼り付けただけ。
まあ、CNCフライス盤あれば、1/2スケール程度なら刻印彫れそうな気もしますけどね。



ホールド・オープン。



エキストラクターはライブ、エジェクターも機能してる。
付属カートは10発。



テイクダウン。
シルバーモデルではなぜか組まれてなかったトリガーバーのスプリング、こちらはしっかり組まれてた。
なので、作動はシルバーモデル箱出しよりも遥かに良い。
シルバーモデルは組み付け不良個体だったのかも?



機構はシルバーモデルで解説してるので、省略。



シルバーモデルとの比較。
ブラックモデルは各パーツのメッキが本体と同一なのに対し、シルバーモデルは金色っぽい。



シルバーモデルとの反射率の違い。
ブラックモデルはブラッククローム調で反射率が高い。



以上、ブラックキャットのミニモデルガン、デザートイーグル・ブラックモデルでした。
実銃は艶消し黒って感じの表面処理なので、こういうピカピカしたのはリアルとは言い難いですが、ミニチュアとしてはアリかも?リアルな内部機構やカートエジェクト機構は、モデルガンとしても価値高いですし。



・・・出来れば、オートマグも製品化して欲しいですね。
  


Posted by Timm_MK2  at 13:00Comments(2)モデルガン

2016年08月19日

Blackcat Mini Model Gun G22 (Black)

マルイのガスブロではありません。
ミニモデルガンのG22。このシリーズのグロックはコレのみ。
なんでG17やG18、G19等の有名所じゃなくG22をセレクトしたのかは不明。
$15.99。



右面。
こちらに刻印は一切無し。



ケース。



中身。



取説と本体、スペアパーツ。



反対側に描かれてる分解方法。
実銃に近い分解方法を楽しめる。



リコイルスプリングは強め。
スライドストップは手動で掛ける(マガジンフォロアーと連動しない)



バレルが若干上向いてるのが分かるかと。



ファイアリングピンはライブ、エキストラクターは別パーツだけど飾り。
カートを咥えたりエジェクトする機能は無い。



バレルのショートリコイルがしっかり再現されてる。
バレルが後退し、チャンバーが少し下がってるのが分かるかと。



前後サイトは別パーツでドット用の穴も開いてるが



フロントサイトが曲がってる・・・。
接着なので、直せないし。



マガジンが妙に細い。



開口部分も小さめ。
実銃では樹脂製なフレームとマガジン、こちらは共にダイキャスト。



なので、結構重め。
このメーカーは重さに拘ってるのか?フレームは樹脂で作って欲しかった・・・(金属フレームのグロックはどのトイガンメーカーでも作って無いし)



トリガーセフティはあるが、飾り。
分解時、スライド引いてコッキングする必要無いけど、ラッチ下げると同時にトリガーも引かないとスライド前進しない。



理由は、シアが邪魔してるから。スライド後端のパーツに当たってるので、トリガー引いてシアを下げる必要ある。
ガスガンのように内蔵ハンマーじゃなく、実銃のようなストライカ―式な点は評価出来る。
あと、オートマチック・ファイアリングピン・ブロック(AFPB)らしいのもあるが、動くだけの飾り。



スライド分解。
ブリーチは取り出せそうだが、どこかで引っ掛かってるようで外せなかった。
無理してパーツ飛散したり変形しても困るので、ここまで。
チャンバーとスライドは浅くロックされてるが、設計ミスかゴム板が貼られてる。
あと、チャンバーにはカート入る余裕無し。



トリガーバーのAFPB用の突出しが分解・組み立て時に引っ掛かってやりにくい。
分解ついでに、ここもちょっと薄く削っておいた。



マルイのG22は持ってないので、比較的プロポーションが近いG18Cと(VFC製)
ミニモデルガンのスケールは約1/2。



フレームが金属な所為か、のっぺりしてるのが残念だけど、デザインは崩れて無い。



以上、ミニモデルガンのG22でした。
個人的には、G18Cにして欲しかったですね。前回通販時に在庫あったにも関わらず購入しなかったのは、イマイチ食指が動かなかったから。今回、同シリーズは今後暫く通販しない予定なので、ついでに購入した感じ。あまり高くなかったってのも理由。
結果的には、ガスガンでは省略されてるストライカー機構がしっかり再現されてたので、満足。
  


Posted by Timm_MK2  at 12:37Comments(2)モデルガン