2017年04月02日

RWA MG34 SBD組み込み

電動ガンへのSBD組み込み第2弾は、RWA MG34
購入してから一度もバラしてなかったので、ついでに内部メンテもしようかと。
ネットで分解記事見つけて、そちらを参考に分解開始。



レシーバーとグリップフレーム留めてるネジ外す。
後ろのネジは、この時点では外す必要無かった。



フィードランプ外す。
モーター後ろにあるネジ(六角レンチ使用)2本外す。



後ろのネジ2本外した時点で、グリップフレームが分離する。この時コッキングハンドルガイド(後ろでスプリング受ける部分)が落ちるので、紛失注意。



チャンバー前方に押しながら、メカボを斜め上に向け



下に引き抜く。



スプリングガイドはピン1本で留めてるだけなので、ピン抜くとガイドとピストンスプリングが取り出せる。
ピストンスプリングは線径細くて長め、不等ピッチタイプ。そんなに力込めなくてもスプリング押さえる事出来るので、スプリング自体の強さはマルイノーマルよりも弱いかも?



グリップパネル外して、サイドプレート外す。
独立したスイッチが見える。
・・・メカボ取り出すだけなら、サイドプレート外す必要無かった。とりあえず見えるネジ全て外すやり方してたもので・・・。



メカボの上面はフラットにする為か、プレートで押さえてる。
こちら、簡単に外せる。



この2本のネジ外すだけで十分なのだが



余計なネジ外してトリガーガードとトリガーも外れる事に。



モーター金具に配線が直接ハンダ付け。モーター交換は無理か・・・(まあ、交換したモーターにハンダ付けすれば良いだけの話だが)
モーターはメカボックスに固定されてて、前後移動は出来ない。



メカボックスオープン。長いスプリングが飛び出した。
Ver.7のフルオートオンリー版みたいな構造。
内部のグリスは多め。



メカボックス開けた時に飛び出した長いスプリングは、タペットプレート用。
シリンダーノズルは偏心タイプ。



ピストンヘッドはアルミで、ベアリング付きのタイプ。
ピストンの歯はフルスチール。
そういえば、これヤフオクで購入したけど、出品者が少し弄ったって書かれてたっけ。
ただ、シリンダー内部のグリスは多過ぎるので、拭き取っておいた。



モーターの金具はネジ留めタイプでSBD取り付け出来るが、このようにモーター取り出した状態じゃないと組めない。
メカボックスのモーター押さえが邪魔してて、工具が入らない為。また、ネジヘッドはプラスじゃなくトルクスタイプ。



メカボ元通りに組む際、かなり邪魔になるのがタペットプレート用スプリング。他と違って押しバネタイプ。
で、この窓から引っ張り出して内部テンション掛からないようにし、組み上げてからスプリング入れる。
この組み付け時のコツは、分解記事にも載って無かった。



本体に組む前に作動チェック。
問題無く作動する事を確認。



本体に組む際、コードの取り回しに注意。
というのも、メカボやモーターに対してレシーバーの加工が結構ギリギリで、しかもモーター付近のレシーバー下側加工がかなり鋭角。刃物のように切れる。最初、SBDをモーター横通して左グリップの隙間に配置してたが、レシーバーに組む時に当たり、被覆がちょっと削れた。なので、コードと同じく、上に取り回し。



組んだ状態でのチェック。
バッテリー収めて



フィードカバー閉めて作動チェック。
分解前と変わらない作動性。出来ればもうちょっとサイクル早ければ良いのだが、11.1Vのは使う気無いし、モーターの交換も面倒。まあ、本格的にハイサイクルにしたいなら、ギヤから替える必要あるけど。



とりあえず、これでスイッチ焼けの心配は減った。コイツの場合、スイッチが特殊なのでFETも組めないだろうし(プロなら可能かも知れないが)。今後は、思いっ切り撃てますね。
  


Posted by Timm_MK2  at 05:54Comments(0)RWA MG34

2015年10月07日

RWA MG34 AEG バッテリーチェッカー

アマゾンで、MG34用リポバッテリー&充電器と同時に注文。但し、3点共発送元は別。
最後に到着したリポバッテリーチェッカー、2日に発送連絡来て6日に到着。ご覧の通り、薄い封筒でのクロネコメール便。



バッテリーと充電器はそれぞれ送料無料だったが、こちらは送料340円かかってる。
まあ、本体価格安いし(でも、メール便の送料自体、もっと安いはず。バッテリーもメール便だったが、もっとマシな袋に入ってた)



本体はかなり小さく、デジタル表示計がほとんどを占めてる。



充電後に少し空撃ちしたバッテリー。これは電圧か?



他にも、このように点滅しながら表示を変化させる。
バッテリー自体新品だし、チェッカーも正常作動してるようだ。

試しにラジコン用リポバッテリー繋ごうとしたが、端子の大きさが合わないので無理だった。

リポアラームとかもあると便利だそうで。
アラームも小さくて安い商品なので、送料取られる(関東送料無料となってても、関東以外だと取られるらしい)。事前に知ってたら、チェッカーと同時購入したのに。
まあ、今の所チェッカーだけで十分なので、アラームはその内に。


  


Posted by Timm_MK2  at 21:22Comments(2)RWA MG34

2015年10月06日

RWA MG34 AEG バッテリー

MG34用のリポバッテリーと充電器買いました。
出品者から、合うバッテリーを教えてもらい、ヤフオクでチェックしてたのだが、アマゾンにも同じのがあり値段もほぼ同額、しかも送料無料なので、アマゾンにしました。充電器もアマゾンだが別の出品者、でも送料無料。
ちなみに、充電器は小さな箱に入れられてて、バッテリーはプチプチに包んで封筒でのメール便。
バッテリーの接続端子はマルイのミニタイプ(本体も同様)



充電器とバッテリーの接続方法、バッテリー同梱の方の説明書(大きな方)では電動ガンに接続する側も接続されてるが、この充電器では出来ない。充電器同梱の説明書は文章だけだが、バランスコネクターのみを接続すると書かれてる。



開封直後の電圧チェック。
公称7.4Vに対して7.6Vあるので十分な気もするが



充電開始。右端の2色LEDが赤なので充電可。
C1のグリーンのLEDがたまに点滅する(点滅サイクルはゆっくり)



30分ほどで充電完了。ブザーが鳴り、2色LEDがグリーンになる。



本体に接続。
空撃ちしてみると・・・。

シュカカカカカ・・・ってな感じで、普通の電動ガンみたいな作動。マルイのノーマル電動ガンとほぼ同じ。手持ちのSG-1にニッカド8.4Vラージバッテリーを接続して作動させた時とサイクルがほぼ一緒。
11.1Vだともっとサイクル早いんだろうけど、壊れるのも早そうなので止めておく。大体、MG34自体、MG42ほどの発射サイクルないし、別にゲームで使う訳じゃないので。

その内、外でドラムマガジンにBB弾込めて撃ってみます。今は忙しいので今年中に出来るかどうか・・・。



さて、以前のレビューで不足してた各部のディテールを追加でアップします。


リアストックのロックボタン押してロックを解除すると、ネジを緩める方向に回してストック外せる。



実銃だと長いリコイルスプリング(&ガイドも?)が出て来るが、こっちは短いスプリングのみ。しかもこのスプリングは特に役割は無く、単なる飾りと思われる(強いて言えば、ストックのガタつき防止か)



本体側。塞がってる。



ネジを最後まで締め込むとここまで回る。これだとロック出来ないので



少し戻す。少々隙間開くが仕方ない。
最後まで締め込んだ時にピッタリとロック位置で止まるようなネジ切り方は・・・海外じゃ無理でしょうね。



バレルロックボタンも稼働。但し、これだけ。



実銃だとロックを解除すると右の軸(写真だと下側)を支点にぐるっとバレルジャケット回せてバレル交換出来るが、この電動ガンにそこまでの機能は無い。まあ、チャンバーやインナーバレル外せば出来そうでもあるが・・・。
真下に開いてるエジェクションポートは、凹みモールド。
ドラムマガジン受け止めるフィード部分(プレス鋼板)はペラッペラ。



セレクター、というかセフティか(実銃はフルオートオンリー。電動ガンも同様)。動くけど単なる飾り。セフティ機能は無い。
また、動かしてるとネジが緩むようで、段々浮き上がってくる。
トリガーはグロックのようなトリガーセフティ付いてて、下に指掛けないとトリガー引けない。



かなり浮いてたので、イモネジ外してロックボタン部分を外す。
このロックボタン部分にネジ切ってある(この部分のみスチール製)



ネジは錆浮いてた・・・。しかもヘッドの下はバリだらけ。
バリを削り落とし、錆を拭き取ってネジロック付けてから組み付け。



今度は、多少動かした程度だと浮いてくる事は無い。


バッテリー・充電器と同時注文したバッテリーチェッカー、2日発送で本日夕方頃着いた(昼以外留守なので何時かは知らないが、少なくとも昼過ぎ)
バッテリーチェッカーのみ送料発生。後日、レポします。



  


Posted by Timm_MK2  at 19:55Comments(6)RWA MG34

2015年09月24日

RWA MG34 AEG 木製ストック補修

入手時より気になってた木製ストックの欠け、ホームセンターで木工用エポキシパテを購入して補修してみました。



適量切り出して練って盛り付け。さすが、100均の安物とは違い、柔らかくてしっかりくっ付く。



丸2日放置して完全硬化してから、カッターとペーパーヤスリで整形。
周りの塗装も削り落とす。
ただ、パテ貼り付け前に塗装落とさなかった弊害が後で発覚・・・。



木工用ウレタンニス(ウォルナット)を希釈した物をエアブラシで吹き付け。
木工用ウレタンニスって、エアブラシで塗装するものじゃないんだけど。
吹き付け後、丸3日日当たり良い所に放置して塗装が硬化してから、塗装した部分をペーパーやコンパウンドで磨いたり艶調整したり。



右側が盛り付けた部分。左の形状と見比べながら整えたので、ぱっと見た目、違和感無いかと。



ただ、元の塗装落とさずにパテ盛ったので、塗装した後で元の塗装部分が凹んでしまった・・・。
この次木製ストック補修する場合は、事前に周りの塗装落とすようにしないと。



まあ、ぱっと見ただけだとそんなに変じゃないし、まあまあ良い出来かと。
初めて木製ストック修理したとは思えないくらいにはw。
今まで樹脂製品をパテで補修した事はあっても、木製品を補修した事は無かったもので・・・。
樹脂同様、下地処理をしっかり行う事が大事だという事が分かりましたね。

  


Posted by Timm_MK2  at 20:46Comments(6)RWA MG34

2015年09月13日

RWA MG34 AEG

G&GからMG42の電動ガンがリリースされましたね。
すでに発売中のS&T(AGM)と比べて2.5~3倍の価格設定ですが、品質高そう。なにより、ショウエイですら再現しなかったワンタッチバレル交換機能があるとか・・・。今回、大物落札したので、どっちにしろ買えませんがw。




RWA MG34 AEG
すでに発売からかなり経過してるしあちこちでレビューされてるようなので、ウチでは外観メインで簡単に説明していきます。
まずは取説から。



所々日焼けしたようになってますが、印刷で雰囲気出してるだけ。



パーツリスト。



中々雰囲気こもった取説でした。



(クリック拡大)
やっと本体画像。
ヤフオクのアラートに引っ掛かって見に行ったら

「RWA MG34 電動ガン 内部カスタム済み 即決早いもの勝ち価格!!」

元箱・バッテリー・充電器無し、ストック欠けありで145K即決

数分悩み抜いた後、これを逃すと後々後悔しそうだったので、今年度の軍資金全て投入するつもりで入札。
目出度く、念願のMG34ゲットしました。

メーカー諸元では、
●重量:7,350g
●全長:1,240mm
●素材:
・バレル:アルミ
・マガジン・バイポッド・アッパーレシーバー:スチール
・ストック:リアルウッド

長くて重い。撮影スペース確保するにも一苦労。
質感は素晴らしく、かなり前にある方に見せて頂いたアサヒ製よりも、全体的にがっちりしてる。




(クリック拡大)
バレルジャケットは分厚く、アルミにも関わらずかなりの重量感。
フィードカバーとバイポッドのみスチールプレスで、後はアルミや亜鉛ダイキャスト。


 
エジェクションポート(空薬莢は下に落ちるので、正確にはベルトリンク出て来るだけ)からは、内部のメカボックスが丸見え。




グリップは樹脂製。この価格で木製に出来なかったんだろうか・・・?


右側。



チャージングハンドルは引けるだけの単なる飾り。でもちゃんと動くのは良い。



リアサイト。フリップアップという構造上仕方ないかも知れないが、ガタ多め。



ストックの欠け。後で木工用パテでも盛ろうかと。



(クリック拡大)
バイポッド折り畳み。
バレルジャケットの厚さが気になるが、ある方のブログによると無可動実銃も厚さ3mmくらいあるらしい。
プレス板の打ち抜きじゃなく、鉄パイプにドリルで穴あけして製造してたみたいで。なので、生産効率悪く、MG42にバトンタッチしたのかと。



フィードカバーを開けると、メカボックスがコンニチハ。
この状態でドラムマガジン&バッテリー及びコネクタの着脱行う。



ドラムマガジン搬送状態。



空状態でも924gもある。コレ外すだけで本体は結構軽くなる。



トリガー連動の自動巻き上げ式多弾数マガジン。バッテリーは006Pタイプ。
ウチでは弾速系にも使われてます。



(クリック拡大)
MG34とMG42のコラボ!
ついに夢が叶いました(マイコレクション内で)
ショウエイMG42の詳細は、本館記事で。
こうして並べてみると、MG34のスリムさが際立つ。



こうして並べてみると、MG34のスリムさが際立つ。
どちらもアルミが主な材質だけど、製造方法(ショウエイはプレス、RWAは削り出し)の違いもあって表面の艶も違う。
ただ、全体的にショウエイの方が質感良く思える。
定価では、RWAの方が高い。まあ、ショウエイのは10年以上前に製造されたモノだけど。
中身の重さの違いか、ドラムマガジン付のMG34とマガジン無しのMG42は、持ってみた感触ではほぼ同じ重さ。
どっちも片手で構えるには厳しすぎる・・・。


現在、資金不足によりリポバッテリーが買えない状況です。
まあ近い内に、ヤフオクあたりで充電器と一緒に入手する予定ですが。
もっとも、サバゲーに使う訳じゃ無いし、無可動実銃のように眺めるオンリーですけどね。
トイガン専用コレクションルームが欲しい・・・。カウンターバー形式で(大分飾り映えするのが増えたし)
  


Posted by Timm_MK2  at 20:58Comments(8)RWA MG34