2017年08月26日

GALIL & MP44 SBD組み込み

手持ち電動ガンSBD組み込み計画、今回はICS GALIL ARMと、AGM MP44。
どちらもVer.3メカボックス。




ガリルのグリップを外すと、すぐにモーターにアクセス出来る。
ただ、SBD取り付けに端子ネジ使用するが、丁度ブラケットの陰になり、ネジ回せない。



ブラケット分割。上のネジはメカボとの固定も兼ねてるので、メカボから外れる。
余計なテンション減らす為に、モーター押し込みネジは緩めておく。



SBDは後方に行くように組み付け。



モーターとグリップの隙間、左右はほとんど余裕無いので、後ろにSBD入れる。



テスト。問題無く作動。
この銃は結構簡単に組めました。



ICSのガリルの持病とも言える、ボルトカバーの外れ。スポット溶接でくっ付けられてるが、全体的に溶着力が甘いらしい。ヤフオクにも、ボルトカバー外れた個体が出品されてたし。
ウチのはまだ大丈夫だが、万一を考え、予防策を。
と言っても、隙間に瞬接流し込んだだけ。ちょっと油っぽいので丁寧にティッシュで拭きとったが、きちんとくっ付けるつもりなら、パーツクリーナーで油分取り除き、プラリペアあるいは金属用接着剤ぼってり盛るのがベターかと。



お次はAGM MP44。コイツの詳細は本館レポにて。
モーターにアクセスするのにメカボ取り出す必要ある。正直、かなりメンドイ。
リアストック外して真鍮スリーブ外して、ピボットピン外してマガジンキャッチ外してサイドのネジ外して・・・。
マガジンキャッチの上にネジ2本あるが、後ろ側は飾りなので、外す必要無かった。
分解の基本は、見えるネジ全部外す。まあ、中には飾りネジや一体モールドもあるので注意。



前回バラした時の手順、ちょっと忘れてたので、サイドカバーと、ついでにハンドガードも外す。
ハンドガードは外す必要無さそうだが、アウターバレルちょっとだけ前進させるのに、ハンドガードの抵抗ない方が楽だし。



フレーム分割するのに、こちら側の小さなネジも外す必要ある。



メカボ入ってるフレームは、前を支点に後ろから外すが、ノズルがチャンバーに入ったままだとスイング出来ないので、アウターの固定スクリュー緩めて前に動くようにし、チャンバー前に押してノズルから外す。そうやってやっとメカボ入ったフレーム取り外せる。



メカボ取り出してやっとモーターにアクセス出来る。
端子金具のネジ回すのに邪魔なので、エンドプレート外す。



フレーム分割時にグリップ下に1本トルクスネジ使われてるが、モーター金具のネジにもトルクス使われてた。
まあ、六角レンチでも回せない事も無い(こちら、マルチツール付属のトルクスネジ用交換ビット)



SBD取り付けて、バッテリー繋いでテスト。
問題無く作動するのを確認。



SBDはモーター後ろ側の隙間に。



フレーム組み上げて最終作動確認。
問題無し。



マガジンキャッチ上に2本あるネジ、後ろ側(写真右側)のネジは飾りネジで、外すとナットが中に落ちる。
フレーム分割時は、この前側のネジのみ外すように。



SBD取り付けで、気兼ねなく撃てるようになったMP44。
例えサバゲーに使わなくても、たまに撃って遊んでますので。
ガリルも同様に。
  


Posted by Timm_MK2  at 20:18Comments(0)海外製電動ガン

2016年08月14日

LCT AMD-65 AEG

借り物です。LCTエアーソフトの電動ガン、AMD-65
Hephaestus AMD-65 GBBがリリースされて、買う予定は無いけどAMD-65自体どういう物なのかは気になってました。
で、知り合いが電動ガン持ってるというので、借りてみた次第です(一応、対価は払ってる)
マガジンは最初から付いてたらしい、多弾数タイプ。



ストック展開時に押すロックボタン。結構固い。
最初、ストック展開方法が分からず、このボタン押したけど動かない。思いっきり押し込んでやっと可動。
ストックも展開出来ました(事前情報、全く無し)
ストック基部はがっちりしており、脆弱さは微塵も感じられない。まあ、この近辺のパーツは磁石がくっ付いたり赤錆が発生しやすい素材だらけなので。



ヘパイストスのAMD-65は結局、LCTのガワにGHKの中身を移植した物。
なので、GHKのガスブロ、AK74を比較対象に。マガジンも揃えて。
AKMじゃなく74にしたのは、フラッシュハイダーの大きさが近い事と、どちらもトリガーがスチール製という点で(AKMは亜鉛製)
ストック展開しても、74より全長短い。



(クリック拡大)
比較用に、大きめの画像で。
基本的にレシーバーやチャンバーブロックはほぼ同じで、バレルから先が違う。
フロントサイトも同じかな?
長いピストンチューブとフォアグリップ付きメタルハンドガードが、AMDの大きな特徴。



ガスブロのアウターはアルミだが、AMDの方は磁石がくっ付く素材。
LCTの電動ガンのアウターは、全て磁石がくっ付くんだろうか・・・?
フラッシュハイダーは共にスチール削り出し。



ロシアのAKシリーズと違い、ハンガリー国のAMDはセレクター文字が∞(フルオート)と1(セミオート)という風に表記されてる。



ボルトは、電動の場合はボルトカバー。薄い鋼板のカバーと、亜鉛ダイキャストのボルトハンドルで構成されてる。



トップカバー外した状態。
トップカバーの互換性に関しては、試してません(片方は他人の持ち物だし)



リアサイトは違う。



刻印も違いあり。



グリップは、AMDの方が太い。



本来、前後のグリップは同じ物が使われてるはずだが、電動の場合モーターが入る関係上、太くなってる。
ヘパイストスのは、前後同じグリップなのかも?



以上、LCTのAMD-65 電動ガンでした。ヘパイストスのがどういう物なのか、大体分かりました。
まあ、外観ちょっと違うだけで、実射性能はGHKのAKシリーズと全く同じだろうし。

外観チェックのみで、分解や実射テストは行いません。
以下、追加ギャラリー。


木製パーツが無い分、銃本来の冷たさが強調されてる感じしますね。
AKがベースなので、特にそう感じます。



ゲームで使うなら、74よりは扱いやすいかも?(全長的な意味の他にも、木製パーツに気遣う必要無いし)
  


Posted by Timm_MK2  at 20:36Comments(4)海外製電動ガン

2013年06月07日

S&T ARMAMENT PPSH E.B.B ピストン交換

先日届いたピストンとピストンヘッドを取り付けるべく、ペペシャのメカボ開けてピストン取り出し。
矢印のように、中央部分の減りが激しい。なので、全歯金属のが欲しかったのだが・・・。
まあ、半分金属でもかなり耐久性アップすると思うので、暫くこのピストンで。


ヘッドはアルミで後方吸気用の穴が6個。そして、スプリング受ける部分はベアリングになってて、圧縮時の捻じれを吸収。
純正ピストンの歯の部分、片側斜めで反対側はカットされたかのような形状。このまま新しいピストン組めば弊害起こりそうに見えるが


実際に組んでみると、どこにも当たらない。なので、このまま組む事に。


ピストン側にベアリング入って嵩上げされた形になるので、パワー落とす為にプロメテウスのMS90スプリングを。
分解前に測ったノーマルスプリングでの初速は、0.2gで94~97m/s。そのままスプリングのみMS90に替えたら、75m/s前後。
ピストン交換後、MS90スプリング入れて組み上げて初速測ったら・・・

65~69m/s

あれ?下がった・・・orz。仕方ないので、再びノーマルスプリングに戻す。
このペペシャは、メカボ開けなくても簡単にスプリング交換できるので、こういう時は便利。
で、初速は

93~97m/s

ピストン交換前とほとんど変わらない。初速のバラつきも同じという・・・。
ただ、フリクションロスが若干減ったのか、オーバーランが交換前より多くなった。フルオートサイクルも微妙に上がった気がするw(計測機器が無い為、あくまで感覚)
しかし、以前雷槌用に買ったプロメテウスMS90スプリング、全く使う機会が無い。海外製電動ガンと相性悪いのか?使うと極端に初速落ちるし・・・(海外製電動ガンは、硬いスプリングを国内向けにカットして初速調整してるので)
まあ、APS電動ガンのように、純正パーツ以外のものが使えない訳じゃないのが証明された。別メーカーのピストン&ヘッド組んでも問題無く作動したので。


バナナマガジン、ボトムプレートが結構ユルユルで、巻き上げてると勝手に動いて巻き上げの邪魔する。前進しないように押さえながら巻かないといけないので面倒。
弾上がりは問題無し。SⅡSのセミバイオ(グレー)0.2gでセミ・フル共に問題無く撃つことが出来た。ドラムと違って弾入れもワンタッチだしw。


ただ、リップ(?)が潰れてた。ココ潰れててもマガジンの挿し込みや給弾には影響なかったので、マガジン内の弾抜く時まで気が付かなかった。一応、外側に戻して瞬接塗っておいたけど。


その内、外で思いっ切り撃ってみます。仕事が忙しく、仲間と一緒にプリンキングってのが暫く出来ないのでソロになっちゃいますがw。


追伸
アマゾンから、ナノファルコン発送したってメールが。大体2日かかるので、到着は9日あたりか?
  


Posted by Timm_MK2  at 21:05Comments(2)海外製電動ガン

2013年04月13日

S&T ARMAMENT PPSH E.B.B 接続端子交換

S&T PPSh41のミニコネクタ。最初から中の金具は変形した状態。
通電するのでそのまま使ってたが、接触悪いと電導効率落ちるので、以前買っておいたT型コネクタに交換する事に。


ミニバッテリーのコードの色に合わせて、それぞれハンダ付けしてから熱収縮チューブで覆う。その後、ビニールテープで纏める。
で、接続してトリガー引いたら・・・。全く動かない。あれ?まだバッテリー容量かなり残ってるはず。
トリガー引いた瞬間、ウイッって音がするだけ。


切断したコネクタ見たら、赤と黒が逆だった。んじゃ、電気逆に流してたのか・・・。危なかった。
逆転防止ラッチ無ければ、一発でピストンおしゃかだった><。
でもあれ?普通、同じ色同士のコード繋げるんじゃ・・・。


AGMのMP44は、ちゃんと同じ色同士が。という事は、S&Tがおかしいのでは?配線逆に組み立てしてるんじゃ・・・。
仕方ないので、ハンダからコード剥がして再びくっ付ける。最初からコネクタの色確認してれば、余計な手間掛けずに済んだのに・・・orz。


コネクタ繋いで動作確認。セミ・フル共にちゃんと動きました。


ストックに組み付ける。コードは切断したので若干短くなったが、まだ十分余裕ある。


ミニバッテリー入れて繋ぐ。このミニバッテリーは1600mAhあるので、AGMのスティックバッテリー:1200mAhより容量多いし、電圧も高め(9.4~9.2V)なので動作も安定する。T型コネクタで通電抵抗も減るし。
コードを全てシリコンに替えるとか、FET組んだりすればもっと良くなるんだろうけど、そこまで使い倒す訳じゃないので。たまにお座敷や、屋外プリンキングに使う程度(FETの知識無いので付けれないってのもw)


金属かと思ってたバットプレートのベース、プラだった。バットプレート回転させる度に削れていってたみたいで。


最初からガタがあったので、増し締めしてガタ無くしたら・・・。なぜか蓋のロックが掛からなくなった。
ロック確認の為に一つ上の写真のように取り外した訳だが・・・。ちょっと深く挿し込まないとロック掛からないようで、このネジはわざと緩くしてたようだ。ネジ緩めて余裕持たせたら、ちゃんとロック掛かるようになった。


この蓋はちょっとした事で根元が曲がる。気を付けたつもりでも、いつの間にか曲がってて蓋がちゃんと閉まらなかったり。何度も曲げたり戻したり繰り返してると金属疲労で折れるので、注意しないと。
あと、支点になってる下のマイナスネジ、何度も回転させてると緩んで外れるので、コレも定期的に増し締めを。



再び話変わって。
今期一番の期待株、とある科学の超電磁砲<レールガン>二期がスタート。以前、レンタルで禁書目録<インデックス>1~2期及びレールガン1期観たけど、レールガンの方が少年漫画っぽい熱い展開で好みですね。インデックスはご都合主義過ぎる所とか、主人公ハーレム過ぎるところとかがちょっとw。
  


Posted by Timm_MK2  at 09:00Comments(0)海外製電動ガン

2013年04月09日

S&T ARMAMENT PPSH E.B.B その5

前回からの続き。



ピストンスプリング及びスプリングガイド取り出すと、内部のギヤが見える。
あまりグリス塗られてないように見えるんだけど・・・。中華電動にありがちな、大量の緑色のグリスは全く見受けられない。先の細いノズルとかあれば、この状態でもグリスアップ出来るが、そういうのは持ち合わせが無い。それに、ピストンの歯のチェック及びグリスアップには、やはり分解するしか。


ロアレシーバーからメカボ取り外す際、矢印のスプリングが引っ掛かるので、事前に外しておく。


メカボの左右を留めてるネジはプラスネジのみ。ネジは緩み止め噛ませてあるが、ほとんどのは変形してたり切れてたりw。


セフティに関連する左右のレバーも外す。特に右側のレバー外さないと矢印のネジが外せない。
あと、当然だがボルトカバーも外す。


ホログラムシールは封印シールだったようで。剥がすとメーカーサポート受けられなくなるが、仕方ない。もっとも、海外製品のメーカーサポートなんて、全く期待できないしw(あと、本国往復の面倒くささも)


ネジ全て外すと、左右にパカッと割れる。モーターの配線コードはハンダ付けされてて外せないので、この状態でメンテ行う。


ピストンヘッドには、海外製電動ガンにありがちな後方吸気の穴が、たったの2個しかない。グリスは、乳白色系のが必要十分に塗られてる。


ピストンの歯は、ちょっと減ってた。で、削りカスが歯の間に入ってたので、それも予め落としておく。


中華にしては綺麗なメカボ内部。グリスは乳白色系のがかなり少なめに塗られてる。ピストン周りには十分あるのに、3つのギヤには全体的に足りない感じ。かなり節約して塗ってるようなw。
軸受けは、ベベルギヤにボールベアリングが、他二つにはメタル軸受けが使われてる。シムは、ワッシャータイプのがそれぞれ2枚ほど挟めてあり、ガタは無さそう。


ピニオンとベベルギヤにアンチウェアグリスを、他にはセラミックグリスを塗布。
アンチウェアグリスがシリンダー内部に入ると、ブレーキ現象でピストンの前進にかなりの抵抗生じるので、ギヤクラッシュの原因になる。なので、なるべく干渉しない部分のみに抑えた。
シリンダーは、以前買った加速シリンダーを組み込もうと思ったが(インナー300mm未満なので、容量的には問題無い)、シリンダー全体を覆う形のメカボックスなので加速シリンダーの切り欠きが隠れるのと、表面の放熱用の凸凹がボルトカバー用スプリングに当たって動き阻害する為、純正のをそのまま使う事に。

他のメカボと違い、ピストンスプリングが無い分組み立ては楽。トリガースプリングが組みにくいのと、逆転防止ラッチの向きさえ間違わなければ大丈夫。ブローバックホルダーも忘れずに。
あと、組む時に中央部分が盛り上がってて上下ちゃんと合わないと感じた時は、タペットプレートが溝に嵌って無い場合があるので、長いドライバー等でちょっと押してやると良い。


組み終えてから気が付いた、モーターの配線コードの断線。ココは、元の半田を取り除いて、新しい半田使って取り付ける。


本体に組む前に作動チェックをしてみる。ピストンスプリング入れずに電源入れると100%クラッシュするので、まずはスプリングとガイド組み込み。以前雷槌用に買って結局使わなかったMS90スプリングを組んでみた(下の長い方。線径は、純正より細い)
セミ・フル共に快調に作動したので、更に組み立て進める。


ストックに組む前にもう一度作動チェック。この時、セミで撃つとボルトカバーがちょっと後退した状態で止まる現象が。何度やっても同じ。どうやら、オーバーランしてるようだ。スプリング張力減って負荷軽減した所為か?おかげでフルはかなり快調だが。

その状態で初速測ってみたら、トイテック0.2gで72m/s。・・・あれ?ハンドガン並みの速度しかない。
仕方ないので、元のスプリングに戻す。こういう時、メカBOXバラさずにスプリング交換出来るのは、非常に有難い(マルイでも採用して欲しいが・・・。次世代電動の機構だとワンタッチ交換は無理っぽい)

元のスプリングでは、同じ0.2gで90m/s。10発くらい撃ってみたが同じ速度(ウチの弾速計では小数点以下は表示されないので、多少の誤差はある)
グリスアップしたせいか、ギヤノイズが減った気が・・・(あくまで気がするだけw)
結局、メカBOXまでバラしたのに、グリスアップのみで終わってしまったという・・・。
元のスプリングだと、オーバーランする事は無い。

さて、次はストックに組み込む。組み終わった後、バッテリー繋いでトリガー引いたら・・・反応無し。
あれ?ついさっきまで動いてたので、バッテリー切れは無いはず。まさか、また断線?とりあえず、ストックから取り出す。


矢印のスプリングが外れてた。組む時、引っ掛ける部分が浅かったようだ。このスプリングで引っ張られてないとスイッチ切れたままになる。もし、バッテリー残ってるのにトリガー引いても反応無い時は、ココをチェックしてみると良いかも(まあ、何度もバラさない限り、滅多に外れるものじゃないけど)


ボルトカバー、バラしたついでにエキストラクターモールドを染めてみた。塗装をペーパーで剥ぎ落として、スーパーブルーで染める。こうすれば、少しはリアルに見えるんじゃないかと。


実射。
ドラムマガジンにあんまり少なく入れると弾上がらないので、100発程度入れてみた。
適正ホップでの初速は、0.2gで90m/s。トリガーレスポンスは、普通のスタンダード電動ガンと変わらない。
ホップパッキンのおかげか、マルイ電動と変わらない弾道描く。
セミは、撃っててあんまり面白くない。トリガー引いてワンテンポ遅れてから弾発射されるし。
まあ、電動の醍醐味は、フルで何百発もの弾バラ撒ける事だし、この銃はスナイピング向けじゃないのでw。

セミだとあんまり感じないが、フルで撃つと結構リコイルが来る。雷槌の中身のAPS製電動ガンも電動ブローバックだが、あちらのペラペラなボルトカバーと違ってこっちは結構厚みがある。それで、リコイル増大されてるのかも?もっとも、マルイ次世代電動のような激しい振動じゃないし、ガスブロのような重いリコイルとも違うが、撃ってる実感があって面白い。なので、つい無駄な空撃ちを・・・w。

室内で何百発も撃つと大変な事になるのでw、もっと暖かくなったら屋外で思いっ切り撃ちたいと思ってる。
遠距離での正確な命中精度もその時に。


S&TのPPSh41、ショップでの実売価格は32~35Kくらい。その価格でも納得する出来で、しかもジャンクとはいえ15Kで落札出来たのは本当にラッキーとしか(それに、一番の問題点は解決済み)。古き良き時代の鉄と木の組み合わせも温かみがあって良い感じだし。
巷ではARESの方が人気あるようで、ヤフオクに出ててもS&Tだとあまり入札付かない。まあ、だからこそ、安く入手出来た訳だがw。アクセサリーパーツはほとんど付かないので(レイルが無いのでw)、カスタムは主に内部に限定される。ゲームで使う訳じゃないが、もっと手を掛けたくなる、そんな気持ちにさせてくれるお気に入りになりました(*´∀`*)。
  


Posted by Timm_MK2  at 07:16Comments(4)海外製電動ガン