2013年12月25日

VFC MP5K GBB 外部エアーソース化

マガジン底のガス注入バルブを外し、WA用(WEにも使える)のコネクティブプラグを取り付ける。
このプラグ、WEドラ子のマガジンに付けてたのを、夏場に一旦取り外し。で、WEのはそのままで、今回こちらに装着。


しかし、エアー充填した後ホース繋いだら、ガスルートパッキンからエアー漏れ。
ガス入れてた時はガス漏れ無かったのに・・・、内圧掛からなくなったせいか?放出バルブ外すには、中身をガワから取り出す必要ある。
で、固定用のピンは矢印の1本のみ。外して下に押し込んだが・・・、びくともしない。プラハンマーで叩いても、0.1mmも動かない。上はカタカタと余裕あるが、下が完全にくっ付いてるかのように全く動かない。
仕方ないので、微量の漏れは無視する事に。
(他の方のブログ見たら、ピン抜いたらとにかくドツキまくると徐々に抜けてくるらしい。私はリップの破損が恐いので、止めたけど。その内スペアマガジン入手したら、再びチャレンジしますw)


純正の亜鉛ダイキャストのボルトキャリアー単体重量は121g。スチール製のは151gだったので、30g増えた計算になる。


吐出圧は0.5MPa(5気圧)に。フルサイズのリコイルスプリングガイド組んで0.45で撃ってみたら、あまりにモッサリ作動だったので、少し上げた。その状態で、内圧1.0MPaから30発セミで空撃ちして、燃費計測。


フルサイズのリコイルスプリングガイドでは、残り0.57MPaくらい。ちょっと斜めなのは勘弁。なんせ、少しずつエアーが漏れてるので、すぐ撮らないとw。


クルツ用リコイルスプリングガイド及びバッファー組んでの30発空撃ち。残圧同じくらい。
あれ?リコイルスプリングの強さで燃費変わらないのかな?まあ、エアー漏れあるので、正確とは言えないけどw。
出力0.5MPaでも、フルサイズの方は抵抗強過ぎてもっさりブローバック。クルツ用は、かなりビシッと来る。フルで撃っても、クルツ用だとドカドカと。
やはり、クルツ本体にノーマルサイズのリコイルスプリングガイドは合わないようだw(当然か)
まあ、このボルトにクルツ用のリコイルスプリングガイドも合ってない感じだけどw。


ボルトヘッドの固定が甘いからか、撃ってる内に若干斜めになって、余計な部分が擦り減ってる。ボール盤あれば、イモネジ用の穴開けるんだけど・・・。ハンドドリルで鉄製品に真っ直ぐ穴開けるのは不可能w。

まあ、一応スチールボルトキャリアー組み込み検証終わったので、後は動画撮れば、元に戻します。
クルツ用のスチールボルトキャリアーが出るまでの辛抱(果たして出るのかな~?その前に、WEのMP5K買っちゃいそうw)



そういえば、明日か明後日には、ストライクアームズに注文した内部パーツ届くんだった。そっちはどうしよう・・・?






同じカテゴリー(VFC MP5K)の記事画像
パーツ交換 UMAREX/VFC H&K MP5K編
VFC MP5K GBB スチールボルトキャリアー組み込み動作検証動画 他
VFC MP5K GBB フィーディングランプ交換
VFC MP5K GBB スチールボルトキャリアー組み込み検証
VFC/Umarex H&K MP5K GBB ボルト仮組み
VFC/Umarex H&K MP5K GBB 不具合調整
同じカテゴリー(VFC MP5K)の記事
 パーツ交換 UMAREX/VFC H&K MP5K編 (2014-01-02 17:25)
 VFC MP5K GBB スチールボルトキャリアー組み込み動作検証動画 他 (2013-12-29 12:44)
 VFC MP5K GBB フィーディングランプ交換 (2013-12-28 08:16)
 VFC MP5K GBB スチールボルトキャリアー組み込み検証 (2013-12-24 21:20)
 VFC/Umarex H&K MP5K GBB ボルト仮組み (2013-12-14 18:26)
 VFC/Umarex H&K MP5K GBB 不具合調整 (2013-12-13 17:26)

Posted by Timm_MK2  at 21:50 │Comments(0)VFC MP5K

<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。