2013年12月29日

VFC MP5K GBB スチールボルトキャリアー組み込み動作検証動画 他



スチールボルトキャリアー組んで、リコイルスプリングガイド替えての動作検証動画です。
フルサイズのガイドだとかなり圧縮された状態からブローバックしてるので、かなりのもっさり作動だというのが分かるかとw。
クルツ用だと、全く問題無く作動します。ただ、やはりガイドの長さがちょっと足りない感じあるのと、コッキングハンドルが無いので不便w。
まあ、このボルトキャリアーは、その内フルサイズのVFC MP5を入手したら組み込み事にして(ガイドも同様。スプリング替える)、とりあえずクルツは元に戻します。
ただ、そのまま戻さず、ある加工を施してます。
まずは、順番に。


ボルトヘッド固定用のプランジャー、後ろのイモネジを最後まで締め込んでも出て来ない。これ、全く機能してないんじゃ・・・?


プランジャーのみ押し込めばちゃんと出てくるので、穴開け自体は問題無い。とすると、ネジ切り途中で止めてるのか?


かなり長いタップじゃないとネジ切り奥までやるのは無理。という訳で、途中にスペーサー噛ませる事に。
ネジ山がM3なので、太さ2.5mm程度なら丁度良い。3mmアルミ棒を削って適度な長さにカット。


イモネジ締め込んだら、ちゃんとプランジャーが出っ張るように。
さて、ボルトヘッドの固定はこれでOK。次は




溶接跡を追加。
実際に溶接したら一番良いんだけど、相手が亜鉛だし、アーク溶接する設備も無しw。という訳で、パテ盛ってブラックスチールで塗装。乾燥後、磨き上げてヘアライン入れました。
パテは、タミヤの光硬化パテ。最初は、スチールボルトキャリアーの溶接跡を型取りしてポリパテ盛ったが、均一になってしまって凹凸再現出来なかったので、ポリパテ削除。ドライバーでポリパテ剥ぎ取った時に深く傷付いたので粗めのペーパーで擦ったけど、完全には消えずorz。
で、光硬化パテをちょっとずつ盛り付け。一つ盛り付ける度に直射日光で硬化させ、それを20回以上繰り返し。蛍光灯だとしっかりくっ付かないし硬化も半端になるので、日中天気が良い頃を見計らって。



純正の亜鉛ダイキャストだと、スチール製のトリップレバーに負けてあっという間に削れていく。なので、その当たる部分を削り落としてM2のネジ埋め込み。周りは瞬接+金属粉で固める。ちゃんとM2のタップでネジ切ってから締め込んで接着してるので、簡単には取れない。丁度ネジの頭の部分でトリップレバーを受ける形にしてある。



組み込んだ状態。溶接跡があってリアルさアップしたMP5K。作動も問題無し。



でもまあ、クルセイダーのと比べて溶接跡はちょっと汚いw。素人が溶接したかのような出来栄えw(アップには耐えられない)
まあ、クルツ用のスチールボルトキャリアーが出るまでの辛抱・・・(´∀`;A )。



何度か空撃ちしてみてから取り出し。ほとんど減って無い。懸念されてた瞬接+金属粉の部分の剥離も無し。これなら、暫く大丈夫かな・・・?



こちら、スチールボルトキャリアー。動画撮る為に何マガジン分も空撃ちしたせいか、ちょっと削れてる。同じ鉄でも、鋳物と鉄板からの切り出しでは、硬さが違うみたいで・・・。Black Talonのスチール削り出しなら、もっと耐久性高いかも?ちょっと高いけどw。






同じカテゴリー(VFC MP5K)の記事画像
パーツ交換 UMAREX/VFC H&K MP5K編
VFC MP5K GBB フィーディングランプ交換
VFC MP5K GBB 外部エアーソース化
VFC MP5K GBB スチールボルトキャリアー組み込み検証
VFC/Umarex H&K MP5K GBB ボルト仮組み
VFC/Umarex H&K MP5K GBB 不具合調整
同じカテゴリー(VFC MP5K)の記事
 パーツ交換 UMAREX/VFC H&K MP5K編 (2014-01-02 17:25)
 VFC MP5K GBB フィーディングランプ交換 (2013-12-28 08:16)
 VFC MP5K GBB 外部エアーソース化 (2013-12-25 21:50)
 VFC MP5K GBB スチールボルトキャリアー組み込み検証 (2013-12-24 21:20)
 VFC/Umarex H&K MP5K GBB ボルト仮組み (2013-12-14 18:26)
 VFC/Umarex H&K MP5K GBB 不具合調整 (2013-12-13 17:26)

Posted by Timm_MK2  at 12:44 │Comments(2)VFC MP5K動画

この記事へのコメント
やはりプランジャーが届いてないのは仕様なんですねw

溶接痕は私もやりたいと思ってました! トリップレバーのトコのネジは私も真似っこさせて頂きますw
Posted by あじゃ at 2013年12月29日 15:40
あじゃさん、こんばんは。

これも海外ゆえの「仕様」なんでしょうねーw。こういう事があるから、海外製品は初心者向けじゃないって言われてるんでしょうけど。

溶接痕、綺麗にやるのは根気が要ります。まあ、あじゃさんなら大丈夫でしょうけどw。トリップレバー対応のネジ埋め込みは、図で詳しく書こうとも思いましたが、ここまでカスタムする人なら上級者だろうし、必要無いかと思って省略w。
こういう改良はどんどん広めたいので、いくらでも真似して下さいw。
Posted by Timm_MK2Timm_MK2 at 2013年12月29日 18:00
コメントは、承認後に反映されます。書き込んでから反映されるまで、暫くお待ち下さい。誹謗中傷は固くお断りします。
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。