CATEGORY:その他

2017年12月05日

海外イベントでの新製品情報

12月1日~3日に台湾新台北市にで開催されたMOA(Military Outdoor Airsoft Exhibision)、現地に赴く事が出来ないので、ハイパー道楽さんの記事参考に、自分なりの感想述べてみたいと思います。
画像等は、ハイパー道楽さんとこでご確認下さい。


まず、VFC。台湾エアソフトメーカーの実質No.1なだけあり、どの製品も出来が良くて期待できます。
Knight's Armament M110 GBBは、SR25 Mk11 Mod0所持してる身としてはそこまで購入意欲湧きませんが、2018年第4半期発売と言う事を考慮すると、いつの間にかポチッてた可能性も無きにしも非ず、といった感じですね。
MP5のガスブロも、改良されて良くなってるみたいなので、こちらも楽しみ。


Part2でまず目を引いたのが、ステンMk-Ⅱのガスブロ。東北製作所って、なんか日本の東北とダブって親近感覚えます。
発売されたら是非買ってみたいですね。


WEのトンプソンは以前から情報出てたので、やっと発売されるって感じですね。2016年1月に公式で写真公開されてたので、約3年越し。ただ、キングアームズからM1928 GBBが出るという噂もあるので、形状の好みとしてはキングアームズ派、作動の確実性はWE派かな?WEのは樹脂ストックなので、質感の点でマイナスだけど、その分価格が抑えられそう。WEから発売されたら、WE M1A1用木製ストックキットとか出回りそうですね。


WEのAK74 GBB、私はGHKの持ってるので、パスかな?比較したら可哀相な気もするし(主に外装の点で)。
同じくWEのデザートイーグルはCyberGunブランドで海外ショップでは発売済み。おそらく外観はマルイのコピーだろうけど、マルイの樹脂フレームに換装出来るかは不明だし、試す気にもなれないですね。デザートイーグル自体、そこまで思い入れ無いし、134aでも動くとは言え、海外のグリーンガス前提で設計されてるので、国内ガスだと作動面でマルイに劣りそうだし。


HFCのHG-182GB、マルイのG17ベースの自社オリジナルカスタムと言った感じです。Tikiのような前後サイトと、Czのようなフレームがスライドレール包む形は、中々目を引きます。その内国内にも出回りそうですね。
HG-171SBは、ハイキャパっぽいけどシャーシまでグリップ一体の樹脂になってるので、これも国内に出回りそうですね。ハイキャパ系の金属シャーシのままだと国内無理なので(海外勢のハイキャパはメタルスライドがほとんど)


あとは、フリントロックのCO2ガスガン。外観はKTWのコピーのようですが、正直エアコキは壊れ易くて(主にピストンが)、あまりガツガツ撃てないってのが・・・。CO2という事でパワーが懸念されますが、マガジン式じゃ無いので、国内向けに調整されたのが輸入されれば、安心して撃てますね。


ガスブロ用ドラムマガジンは、マルイのグロック用が欲しい・・・。


COBRA DEFENSEの4連回転バレル式の電動ガン。ガトリングスキーとしては、かなり気になりますね。クラシックアーミーのはガス併用だったのでコストが嵩むけど、こちらは電気のみのようなので。
更に、M249 ミニミのガスブロ。A&Kブランドで出るようだけど、COBRA DEFENSE自体が中国のメーカーなので、A&Kの今までの製品も本中華が多いって事なのかな?(なんとなく納得・・・)
正直、A&Kは他社製品の劣化コピーという印象が拭えない。ウィンチェスターも壊れやすいって聞くし。
ただ、ミニミのガスブロには期待してるので、良い製品作って劣化コピーメーカーのイメージを払拭して欲しいです。


GHKは、特に目新しい物は無し。次回のイベントでは、是非G3A3のガスブロを発表して貰いたいですね


MIL-SIGの、圧縮エアーと電磁弁のエアガン。昔のBV式を彷彿させますね。当時はトイガン趣味から離れてたので、あまりピンと来ないんですが・・・。



海外の場合、開発中の参考出品された物は、大抵そのまま製品として出る可能性高いので、かなり期待出来ますね。
日本の場合、イベントでのメーカーの新製品発表は、今はマルイばっかりなのでちょっと寂しいですが。



※記事補足

ミリブロトップページにA&K M249 GBBの詳細が載ってました。
それによると、同社の電動ガンがベースとの事で、コンバージョンキット組む事で今までの同社のM249電動ガンがそのままガスブロ化出来るらしいです。A&Kの電動ミニミ持ってる人には朗報ですね。中の不良メカボぶん投げてガスブロキット組みましょう!
クラシックアーミーのには付けれないかな・・・?






同じカテゴリー(その他)の記事画像
高木型 弐〇壱九年式 爆水拳銃 通常版 ポリスチレン製 ウォーターガン 塗装
(株)アルゴ舎 Fullcock 高木型 弐〇壱九年式 爆水拳銃 通常版
屋外プリンキング 2017年春
サムライエッジ アルバート.W.モデル 01 予約開始
3Dプリンター 1/3グリップ
趣味とは
同じカテゴリー(その他)の記事
 高木型 弐〇壱九年式 爆水拳銃 通常版 ポリスチレン製 ウォーターガン 塗装 (2017-09-18 12:26)
 (株)アルゴ舎 Fullcock 高木型 弐〇壱九年式 爆水拳銃 通常版 (2017-08-04 20:19)
 屋外プリンキング 2017年春 (2017-05-07 21:33)
 サムライエッジ アルバート.W.モデル 01 予約開始 (2017-03-01 06:06)
 3Dプリンター 1/3グリップ (2016-12-29 18:48)
 新製品情報 他 (2016-11-26 18:44)

Posted by Timm_MK2  at 12:24 │Comments(2)その他

COMMENT
HK416A5、MP5SD3、ステンMKⅡ、トンプソンM1A1・・・この4機種はほぼ購入決定です。 来年もまた海外メーカーにお金を吸い取られそう・・・
個人的に羨ましいのがマルイM4A1 GBB向けのコンバージョンキット群ですね。 今年のBAD556から来年のHK416・NOVESKEと魅力的なのが矢継ぎ早にリリースされてますが、VFC関連は全くアナウンス無しというのがどうも・・・VFCのM4系もきちんと調整すればかなり優秀なんですがね・・・残念。
Posted by ukkarimangoukkarimango at 2017年12月05日 20:35
ukkarimangoさん、こんばんは。

海外メーカーは勢いあるというか、国内メーカーが沈静化し過ぎな気も・・・。マルイだけ頑張っても、複数のメーカーがしのぎ削るくらいじゃないと良い製品生まれないと思うのですが。ハンドガンだと、国際市場規模で考慮した場合、オール樹脂は色んな点で弱いですし。国内市場は海外勢に押され気味なので、これも苦しいですね。

マルイのM4 GBB用のコンバージョンキットが出るのは、海外にもマルイユーザーが多いって事なんでしょうね。日本向けのみでそれら作るのは、コスト的にも儲け少ないでしょうし。
VFCのM4やHK416 GBBシリーズは、年重ねる毎に改良されて良くなってる印象有ります。でも現状、電動に比重置いてる感じ有りますね。
マルイもFET標準装備すれば良いのに・・・。
Posted by Timm_MK2Timm_MK2 at 2017年12月05日 22:07
コメントは、承認後に反映されます。書き込んでから反映されるまで、暫くお待ち下さい。誹謗中傷は固くお断りします。
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。