2017年04月10日

UMAREX/VFC G28 DMR GBBR DX Limited 光学サイト購入

 
ヤフオクのオークションストアに、ミリタリー関連商品を多数出品してるジーリーショップ、そのYahoo!ショッピング店で購入しました。ヤフオクよりポイント大きいので。
MICRO T-1 タイプ ドットサイト サンドカラー ハイマウント
リューポルド MARK4 タイプ 4-12x40 スコープ
リューポルド M1 タイプ 3.5-10x40 イルミネート スコープ

合計金額は約20K。一定金額超えたので送料無料。

G28に付けれるT-1タイプのドットサイト探して、このショップでTANカラー発見。
ついでに、G28用ライフルスコープと、M82A1用ライフルスコープも同時注文。
M82A1はアイアンサイト無いので、光学サイト無いと狙えないし。



G28付属のスコープマウントは34mmチューブ用だが、そのサイズのスコープは、トイガン用レプリカではほぼ存在しない。なので、30mmチューブ径のを選択。
G28に付属してる30mmチューブ用アダプターはアルミ製。前後に1個ずつ使う。
マウントリング用と、ドットサイト底板固定用の、それぞれの六角レンチも付属する。
25.4mm用アダプターは付属しないので、1インチチューブ径のスコープ使う場合は、付属のスコープマウントは使わない事になる。



リューポルドのMARK4 M4タイプをG28に使う。安物のレプリカだが、出来は悪く無い。実物は高くて買えないし、海外通販なら少しは安いが、アメリカからの輸入は現在規制かかってて出来ない。
このスコープにはマウントリングも付属するが、G28専用のを使うので、付属のは使わない。
本当は実銃のようなTANカラー(見た目ゴールド)を付けたいのだが、トイガン用では存在しない。
シルバーのスコープも、VSR-10に付属のしか無い状況なので、仕方なく黒をチョイス。
ドットサイトは色んなカラーリングあるのに・・・。



T-1レプリカのドットサイトは、G28専用ベースとサイズ合わない。ベースの方が短い。
フードは付けれるので、ベースが短い分、スペーサー挟めたり、後ろに長いネジ使ったりして対処(前側は元のネジ)
底の固定用ネジ穴が片方しか使えないので、前側のみで固定。
プラ板には、時間短縮の為、黒マジック塗っただけ。



(クリック拡大)
ドットサイトは前側に装着。H&K G28のwiki見たら、このような取り付け方してる画像が貼られてあったので。
実際、この方が見やすいし使い勝手も良い(調整時にちょっと遠いだけ)



リューポルドタイプは、上下調整ノブが結構出っ張ってる。



電池は、テスト用のが入ってて、すぐ使える。
ドットサイトはレッドとグリーンがそれぞれ5段階。一番明るい5のレッドだと、晴天の屋外でも十分認識出来る。
ライフルスコープ側は、レッド・グリーン・ブルーがそれぞれ3段階。



上下幅がかなり増える。



スコープは、左サイドに距離に応じたフォーカス機能有り。ただ、室内5m程度だと、一番近い距離側にしても、若干ボヤける。
まあ、細かいフォーカスは手前のリング回して調整出来るけど。



スコープ取り付け時、最初アダプターを下に取り付けたが(スコープ上がる)、エレベーションダイヤルの所為でドットサイトが2/5ほど隠れて見えにくいので、スコープ下げる方向に変更。その際、アダプターが遊びやすいのと、締め付けるまでスコープが安定しないので、1mm厚のゴム板貼り付け、横に細いの追加して、左右のガタ無くした。
ゴム板の厚さ分、マウントリングのネジ部分の隙間多くなってる。
マウントリング自体はベースから動かせないので、スコープ目一杯下げて取り付け。
それでも、リアサイト付けたままでベース付けた場合、私の体格だとストック一杯まで伸ばしたらスコープが遠い。
若干縮めた状態で丁度良くなる。



ドットサイトの上下左右調整は、キャップ外して、キャップの出っ張り挿し込んで回す。
工具要らずで使い勝手が良い。



光学サイトセットの重さは、1kgオーバー。



マガジンには、ガス多めにチャージ。24g入ってるが、これでも生ガス吹かない。



マガジン含めた本体重量。このキッチンスケールは薄いので、出来るだけフラットな面を載せる必要ある。
リアサイトが床に当たって正確に量れなかったので、外して上に置いて計測。

本体4962+スコープ1077で、計6039g。スコープ込みで6kgオーバーか・・・。
立って構えるのはきついが、座って膝と肘で支持、あるいはバイポッド伸ばしてプローンだと、この重さが逆に安定感に繋がる。
電動と違って、撃つ度に重いリコイルが来るので。

せっかくなので、スコープ付けたいと無理して買ってみたが、正解だった。
やはり、この方がしっくり来る。
SR25のがまだだが、そっちはどれにしようか思案中・・・。ま、今月はもう無理だけど。


M82A1+スコープは、次回更新時に。






同じカテゴリー(UMAREX G28 DMR)の記事画像
UMAREX/VFC G28 DMR GBBR DX Limited スペアマガジン
UMAREX/VFC G28 DMR GBBR DX Limited 作動調整
UMAREX/VFC G28 DMR GBBR DX Limited バッファー加工
UMAREX/VFC G28 DMR GBBR DX Limited マガジン
UMAREX/VFC G28 DMR GBBR DX Limited 内部チェック&実射
UMAREX/VFC G28 DMR GBBR DX Limited 各部チェック 2
同じカテゴリー(UMAREX G28 DMR)の記事
 UMAREX/VFC G28 DMR GBBR DX Limited スペアマガジン (2017-04-29 18:16)
 UMAREX/VFC G28 DMR GBBR DX Limited 作動調整 (2017-04-16 17:59)
 UMAREX/VFC G28 DMR GBBR DX Limited バッファー加工 (2017-04-12 20:51)
 UMAREX/VFC G28 DMR GBBR DX Limited マガジン (2017-04-07 07:49)
 UMAREX/VFC G28 DMR GBBR DX Limited 内部チェック&実射 (2017-04-06 08:15)
 UMAREX/VFC G28 DMR GBBR DX Limited 各部チェック 2 (2017-04-05 17:38)

Posted by Timm_MK2  at 18:55 │Comments(4)UMAREX G28 DMR光学サイト

この記事へのコメント
こんばんは!
こちらも先ほど記事アップしました。
同じスコープではありませんでしたが、同じショップ(こちらは楽天経由のサムライ)でしたw
記事にも書きましたがT-1レプリカには胴の長さが二種類ありまして、長い方だったみたいですね・・・
見分け方は照度調整ダイヤルとウィンテージ調整部の距離が近接してるのがリアルサイズです。
Posted by あじゃあじゃ at 2017年04月10日 20:00
こんばんは。

長い銃には長いスコープが似合いますね。
自分はショートスコープしか持ってないので長いのが1本欲しいんですが、なかなか絞りきれずにいます。
実銃の世界でミニダットをタンデムマウントするのが流行り始めた頃は
「ゴテゴテし過ぎていやだな~」と感じてましたが、
最近は目が慣れてきたのか「お、結構いいじゃん!」に変わってきました(笑)
Posted by ukkarimangoukkarimango at 2017年04月10日 20:29
あじゃさん、こんばんは。

T-1レプリカにサイズ違いがあるとは知りませんでした。どこかで、レプリカはサイズが実物と違うって記事見た事あったので、その所為で合わないとばかり。
次回買う時は、アドバイス生かしてリアルサイズのを買うようにします。
Posted by Timm_MK2Timm_MK2 at 2017年04月10日 20:41
ukkarimangoさん、こんばんは。

私はショートスコープの方が所持してないですね。ゲーム用途ならショートの方が使い勝手良さそうですが。

スコープの上にドットサイト載せると見た目はゴテッとしてますが、構えて見ると理にかなってます。遠距離はじっくりとスコープで、近距離及び大雑把な位置決めはドットで。
ハンドガンだけじゃなく、長物ガスブロのスチールチャレンジとかあったら、コイツで参戦してみたいですね。翌日筋肉痛になりそうですが・・・。
Posted by Timm_MK2Timm_MK2 at 2017年04月10日 20:45
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。