CATEGORY:マルイ P226 MK25

2016年10月30日

東京マルイ SIG SAUER P226 MK25化 その4

(クリック拡大)
MK24とMK25。MK24には、QRコードステッカーは付着しない。



(クリック拡大)
スライドの刻印は、実銃のMK25だと「STAINLESS」やメーカー刻印は無く、このスライドのメーカー刻印がそのままフレーム右側にある。また、MK24側のフレーム刻印、製造がGERMANYになってる。スライドがUSAなので、GUARDERで上下組んだ場合、上下で製造国が違うという変な感じに(海外ユーザーは疑問に思わないのかな?)。MK24の民間仕様、P226 Navyだと、そうなってんだろうか・・・?SIG MK24で検索しても、なぜかWEのガスブロしかヒットしないので詳細分からず(MK25の実銃画像は沢山あるのに)



MK24は、通常のP226とはトリガーガードの形状が違う。そのままだと元箱に入らないので



緩衝材の形状を、この銃に合わせて加工。



通常のP226フレームだと、このように隙間が出来る。



左のMK24 E2のフロントサイトは、そのまま。
MK24 E2のテイクダウンレバー、セーフティクリックの動きが悪く、フレーム側削って少しはマシになった。が、テイクダウン時になぜかレバーが回転しないので、クリックが当たる溝をちょっとだけ削って対処。



対するMK25、リコイルスプリングガイドが社外品なせいか、そのままだとテイクダウンレバー回らない。
ガイドを引っ張る必要あるが、リコイルスプリングが圧縮された状態なので引きにくい・・・。
ちなみに、リコイルスプリング自体は、どちらも全く同じ物(MK25のガイドのみ社外品で、スプリング自体は純正)



MK25の、マガジン無しの本体のみの重量。



MK24 E2のマガジン無し、本体のみの重さ。


握った感触は、MK25はマルイそのもので、MK24は別物に感じられる。
ただ、撃って見ると、MK25はマルイとは別物で固いリコイル、MK24はマルイそのまま。
手にした時と撃った時とで、印象が逆転する2挺というのも面白い。
ただ、どちらもグリップはツルツルでシボ加工の滑り止めが全く効いてない。まあ、コレはマルイ製品全般に言える事だが。
他のメーカーだとしっかり滑り止め効くのもあるので(VFCのグロックとか)、マルイにはもうちょっと頑張って貰いたいですね。





初速測定。ここで、先日入手した、おニューの弾速計が役に立つ。
予め、マガジンを熱風で温めておく。ここ最近はめっきり寒くなり、日中でも外気温は10℃を下回る。
室内でもストーブ無しだと辛い。人肌程度まで温めて0.2gBB弾込める。
マガジンに15発込めて、弾速計の測定ホールに銃口近づけて撃つ。
何発か計測不能。8発撃ったあたりで一度止めて計測結果見ようとしたが、過去の計測データが見れない。
ああ、もっとちゃんと説明書見れば良かった。
で、再び温め直して、残った弾で測定。1発毎にカメラで撮影。


なんか計測不良が起きてる。
最大が79.51m/sで、最小が74.14m/s。思ってたよりも低い(インナーバレルやフローティングバルブをカスタム品に替えてある)



こちら、ほぼ同じ条件で同じマガジン使ってMK24で測定。中身はマルイそのままなので、ノーマルのP226 E2の実力という事になる。
カスタム品のMK25より、ほんのちょっとだけ遅い。けど、安定してる。



お次はMK25の燃費測定。初速測った後だが、再チャージせずにそのまま。残ったガスで大丈夫な気がするので(マガジン振ると内部から液体が動く音が聞こえる)
再び熱風で人肌程度に温まったあたりで、外に向かって発射し、弾道確認。
あまり飛ばずに落ちて行く・・・。テイクダウンして確認したら、ホップダイヤル最弱だった。
回転量の全体の2/5ほど回して再び試射開始。
おおっ、すーっと飛んでいく。かなり良い弾道。
何発か撃ってたら、マガジン残弾残ってる状態でガス欠。



残ったBB弾抜いて測定。20発撃って3~4g消費(表示が1g単位なので、0.5g前後の誤差はある)。燃費悪い気が。
まあ、ノーマルと比べて重くなったスライド・アウターバレルと、嵩上げされてテンション上がったリコイルスプリングとか、悪くなる要素満載か・・・。スライド引いた感触はめっちゃスムースで、特に引っ掛かりや重く感じる事は無いんだけど。


やはり、今の時期はマガジン温めた程度では本来の実力を発揮出来ない。夏場の猛暑なら、もっと元気よく作動するはず。
ノーマルのマルイだとちょっとマガジン温めた程度でキビキビ動くが(現に、ウチのG18Cは、元気一杯作動する)、スライド替えたりフレーム替えたりした弊害か、イマイチな感触だった。
やはり、外装カスタムはリスクが大きい。まあ、外観変えるのが主な目的なので、多少の不便さは仕方ないとも言える。




最後に、MK11 MOD 0 と。

(クリック拡大)







※予定外の追加記事
後で行おうと思ってた、ダミーファイアリングピン取り付け。
GUARDER マルイ/KJ P226スティールダミーファイアリングピン」というのもあるが、ちょっと高い(しかも在庫無いショップが多い)
ネット上では、ゴム板と8mmBB弾使って見た目だけでも再現した方もいらっしゃる。
その方の記事参考にして、作ってみました。


材質が主にゴムなので軽い。約1g。



3mm厚のゴム板だけでも大丈夫っぽかったが、更に1mmのを接着。ダミーファイアリングピンのアルミ棒の脱落防止も兼ねて。



丁度、この空間に入るような感じで。
接着したゴム板はスペースの幅丁度にし、角を切り落としたりブリーチと当たる面を粗めのペーパーやすりで荒らして摩擦力をアップさせておく。

ダミーファイアリングピンは、ベースのゴム板から出て無いが



見た目はこんな感じで、特に問題無い。あまり出っ張ってると、バルブノッカー叩く時に不具合出るので(可動ギミック付ければ良いかも知れないが、ゴムだと厳しいし、構造が複雑になる)



問題無くブローバック出来た。
元々あの空間分は遊びがあり、隙間埋めてもバルブノッカー叩くのに不都合は無い。むしろ、勢い付いてブリーチがハンマーに当たってたのを、ブローバック開始直後からハンマー押すようになったので、パーツに優しくなったとも言える。しかも材質ゴムなので、衝撃吸収効果もあり。


まあ、ゴム板とBB弾でダミーファイアリングピン作成する記事は結構前からあるし、P226好きなユーザーなら大抵は加工済みかも?






同じカテゴリー(マルイ P226 MK25)の記事画像
東京マルイ SIG SAUER P226 MK25化 その7 ガンケース
東京マルイ SIG SAUER P226 MK25化 その6
東京マルイ SIG SAUER P226 MK25化 その5
東京マルイ SIG SAUER P226 MK25化 その3
東京マルイ SIG SAUER P226 MK25化 その2 226RとE2比較
ヤフオク落札品
同じカテゴリー(マルイ P226 MK25)の記事
 東京マルイ SIG SAUER P226 MK25化 その7 ガンケース (2016-11-10 07:43)
 東京マルイ SIG SAUER P226 MK25化 その6 (2016-11-05 20:40)
 東京マルイ SIG SAUER P226 MK25化 その5 (2016-11-01 18:42)
 東京マルイ SIG SAUER P226 MK25化 その3 (2016-10-29 19:11)
 東京マルイ SIG SAUER P226 MK25化 その2 226RとE2比較 (2016-10-28 12:53)
 ヤフオク落札品 (2016-10-27 13:07)

Posted by Timm_MK2  at 13:18 │マルイ P226 MK25