2013年12月20日

WE M&P コンパクト3.8 セミ/フル BK その3

ちょっと間が開いたけど、M&Pコンパクト セミ/フル版レポート再開。



同社SVxBKと。当然だが、形状は全く一緒w。


セレーションや角のエッジは、メッキ被膜が無い分フルオート版の方がくっきりしてる。
シリアルナンバーは、フルオート版の方が金色で派手。


マガジンボトム比較。
左:刻印版、真ん中:フルオート版ショート、右:フルオート版ノーマル。


フルオート版は、S&WマークがWEマークに。


当然、ノーマルマガジン+アダプターも、刻印版SVxBKに挿せる。


今までSVxBK付属のショートマグ1本しか無かったので、今後は思う存分撃てる。
・・・が、こっちはちょっと勿体ないので、主に観賞用にして、撃ちまくるのはフルオート版になりそうw。


スライドAssy比較。
ほとんど同じに見えるが・・・


大きな違いがココ。フルオートシアを押す部分の有無。ハンマーローラーを押し下げる部分が前側に延びて、フルオートシアを作動させるようになってるのがフルオート版。


フルオート版スライドAssyをフル刻印版フレームに組み込み。ちゃんとブローバックもした。


逆に、フル刻印版のスライドはフルオート版フレームには組めなかった。リアシャーシのレールがスライドのレールに入らない。メッキ被膜厚の関係か?
もし組めたとしても、フルオートシア作動させる部分がスライドに無いので、トリガー引いてもハンマー落ちないけどw。
・・・まあ、ブリーチ交換すれば可能か?でもまあ、このスライド破損させるの勿体ないので、やらないけどw。


シャーシ比較。
矢印で示したのが、フルオート版に追加されたフルオートシア。ハンマーはそのままで、フルオートシア掛かる部分が削られてる。


他にも、バルブノッカーロックの太さも、フルオート版(左)の方が太い。


ハンマーがシアに掛かる位置とフルオートシアに掛かる位置が全く同じ。G18Cのように、シアに掛かった位置より更に倒さないとフルオートシアまで掛からないといった事は無いので、ブローバック時の抵抗はフルオート無しのと変わらない。


セフティON。この状態だと、トリガーバーはシアとのリンクを絶たれてるので、トリガー引いても空回りするだけ。


フルオートポジション。
トリガーバーが押し下げられて、シアの下の出っ張りとリンクする。トリガーバーとスライドは接触しなくなるので、トリガー引いてる間はシアが引かれたまま。ハンマーを止めてるのはフルオートシアだけになり、スライド前進時にフルオートシアが解放されてハンマーがダウンする。
この辺は内部パーツの動き見た方が分かり易いので、ハンマーユニット取り出した時に再び解説します。


スライド組む時、フルオートシアとブリーチが当たって引っ掛かる。ちょっと勢い付けると組める。
外す時はほとんど抵抗無いんだけど、組む時は反対側から押してる感じになるので。



次回、内部弄って作動性向上。






同じカテゴリー(WE M&Pコンパクト セミ/フル)の記事画像
WE M&P コンパクト3.8 セミ/フル BK メダル作成
WE M&P コンパクト Fサイトの集光サイト化
パーツ交換 WE M&Pコンパクト セミ/フル版 及び StarkArms S19
WE M&P コンパクト3.8 セミ/フル BK その5
WE M&P コンパクト3.8 セミ/フル BK その4
WE M&P コンパクト3.8 セミ/フル BK その2
同じカテゴリー(WE M&Pコンパクト セミ/フル)の記事
 WE M&P コンパクト3.8 セミ/フル BK メダル作成 (2014-01-26 17:26)
 WE M&P コンパクト Fサイトの集光サイト化 (2014-01-11 19:28)
 パーツ交換 WE M&Pコンパクト セミ/フル版 及び StarkArms S19 (2014-01-03 18:57)
 WE M&P コンパクト3.8 セミ/フル BK その5 (2013-12-23 20:02)
 WE M&P コンパクト3.8 セミ/フル BK その4 (2013-12-21 19:58)
 WE M&P コンパクト3.8 セミ/フル BK その2 (2013-12-18 13:57)

Posted by Timm_MK2  at 16:44 │Comments(0)WE M&Pコンパクト セミ/フル

誹謗中傷は固くお断りします。
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。