2013年12月21日

WE M&P コンパクト3.8 セミ/フル BK その4

ハンマーユニットを取り出す。ピンの向きに注意(向こう側:右側に押し出す)
セレクターレバーそのままで上に抜き出せる。



セレクターレバー右と軸は一体成型。その軸はハンマーの軸(真鍮パイプ)を通して取り付けられてる。
ご覧の通り、かなり薄い部分があるので、その内ポッキリ逝かないか心配になるw。



それぞれのポジションでの、トリガーバーの動きを解説。
セミオート状態では、トリガーバーがシアの上の出っ張りに当たってて、トリガー引くと前に動いてハンマーを解放する。

※ちなみに、グロック系はシアを後ろに押してハンマー解放、XDM系(WE M&Pの内部メカは、マルイのXDMと同じ)はシアを前に引いてハンマー解放する。


レバー上げてセフティON。テコの原理でレバーの後ろの出っ張りがトリガーバーを押し下げ、シアとのリンクを絶つ。
スライド後退時にトリガーバーが押し下げられて、シアとのリンクを絶つのも同じ仕組み。


レバー下げてフルオートポジション。
セフティ時よりも更に下に下げられて、シアの下の出っ張りとリンクする。
トリガーバーとスライドは一切接触しておらず、トリガー引いてる限り常にシアが引かれた状態。
セミオートのみとフルオート版の違いは、追加パーツの他にもシアやトリガーバーの形状の違いも含まれてる。


左セレクターレバーの取り外しはイモネジ外すだけじゃ無理で、位置ロックを兼ねたキックバネを外さないと取り出せない。


ハンマーユニットはネジ2本外すと左右に分割出来るが、先にフルオートシアを外さないと前側のネジが外せない。
フルオートシアの軸はスチール削り出しらしく、かなり高精度。フルオートシアそのものは亜鉛ダイキャスト製(ハンマー、シアも同様)


強過ぎるハンマースプリングのテンション下げるべく、スプリング掛かる部分を削る(以前、同社XDMコンパクトやフル刻印版SVxBKに行ったのと同じ)


インナーバレル先端の雑な仕上げを綺麗に均し、黒染め。

リコイルスプリングはそのまま。ハンマースプリングのテンション下げただけでも効果が高かったのか、箱出し直後よりも作動が良くなってる。あまりマガジン温めなくてもホールドオープンするし、暫くはこのままで。

さて、以前VFCのM&P 9cにハンマースプリング移植したマルイG26、交換以降作動が極端に悪くなったので、ハンマースプリングのテンション下げて組み上げ。撃ってみたら・・・、ほとんどスライド後退せず。仕舞にはガスブシュー!現象が(スライド後退せず、生ガスだけ噴き上がる)
で、ノズル見たらシリンダーバルブ(ノズル内部でガスルート切り替える役目)の動きが極端に悪い。シリンダーバルブはその昔、カスタムパーツの効力確かめる為に組んだ、FIREFLY製ロケットバルブ。もう10年以上昔の話w(本館の実験レポ参照。ホムペ始めたばっかりの頃なので、拙い記事ですw)


そこで、WEドラ子にロケットバルブ組んだ時に余ったWE純正のシリンダーバルブを組み付けたら、見違えるような作動性に。
というか、そこまでコピー精度高かったのか、って方が驚きw。
ちなみに、この銀色の小さいパーツがロケットバルブ。他のは先端が一段細くなってるのに対し、こちらは段差無し。
でも、当時組んだ時は特に作動悪くならなかったんだけど、やはり経年劣化か?よ~っく見ると、肉厚薄い部分が歪んでる気がするしw。
G26、現在はめちゃくちゃ作動が良くなり、ビシバシリコイルが来る。これが本来の動きだったようで、改めて惚れ直しましたw。

あと、この外したロケットバルブの近くにたまたま磁石置いたらピタッと。あれ?これってアルミじゃなくステンレス削り出し?ずっとアルミだと思ってたw。



動画は後ほど。






同じカテゴリー(WE M&Pコンパクト セミ/フル)の記事画像
WE M&P コンパクト3.8 セミ/フル BK メダル作成
WE M&P コンパクト Fサイトの集光サイト化
パーツ交換 WE M&Pコンパクト セミ/フル版 及び StarkArms S19
WE M&P コンパクト3.8 セミ/フル BK その5
WE M&P コンパクト3.8 セミ/フル BK その3
WE M&P コンパクト3.8 セミ/フル BK その2
同じカテゴリー(WE M&Pコンパクト セミ/フル)の記事
 WE M&P コンパクト3.8 セミ/フル BK メダル作成 (2014-01-26 17:26)
 WE M&P コンパクト Fサイトの集光サイト化 (2014-01-11 19:28)
 パーツ交換 WE M&Pコンパクト セミ/フル版 及び StarkArms S19 (2014-01-03 18:57)
 WE M&P コンパクト3.8 セミ/フル BK その5 (2013-12-23 20:02)
 WE M&P コンパクト3.8 セミ/フル BK その3 (2013-12-20 16:44)
 WE M&P コンパクト3.8 セミ/フル BK その2 (2013-12-18 13:57)

Posted by Timm_MK2  at 19:58 │Comments(6)WE M&Pコンパクト セミ/フル

この記事へのコメント
魂が揺さぶられる記事、ご苦労様です。自分のはセミバージョンなんですがハンマースプリングのテンションを同じ方法で下げたら快調に♪以前は直ぐにシアーがなめてしまいフルオートに、、。ハンマー、シアーのカスタムパーツ出して欲しいー!
Posted by soulsoul at 2013年12月21日 21:46
soulさん、こんばんは。

グロック系と違ってXDM系はハンマー側削らないといけないので、作業し辛いですよねー。強過ぎるハンマースプリングそのままで使い続けると、柔らかい金属の亜鉛はすぐなめてしまうようで・・・。
グロック用内部パーツは結構出回ってるんだけど、XDM用ってどのパーツメーカーも出してないような?マルイ用が使えそうだけど、純正パーツの注文、マルイは面倒くさいしw。
あ、ハンマースプリングはナインボールのがありましたね。WE純正よりは柔らかいかも?
Posted by Timm_MK2Timm_MK2 at 2013年12月21日 21:54
こんばんわ~。

メカが気になってましたが、こんな感じでしたか。
フルオートシアは、XDMのリアシャーシにG18Cの物を何とか組み込み
ましたって感じですね~。
場所や、働きは正にG18Cって思いました。

これでフル刻印版ならかなり欲しいです(笑)
Timm_MK2さんは勿体無いから2個1はやらないでしょうが、私なら
やっちゃいそうです(笑)
Posted by とも at 2013年12月21日 22:49
ともさん、どうも。

私も、バラして動き確認して、やっと理解しました。つか、考え方はマルイG17→G18Cを踏襲してるけど、パーツ共通化させて上手く纏めたって感じで感心させられます。セレクターの耐久性がちょっと心配だけどw。

私が入手したフル刻印版は綺麗すぎるので、撃ちまくるフルオート化はしませんよーw。万一破損したら立ち直れそうにないしw。その点、無刻印版なら、どうとでも出来るというかw。
WE純正パーツをいくつか交換するだけでセミ/フルに出来ますが、問題はハンドガンのパーツが入手出来るかどうかw。長物なら、代理店経由で入手可のもあるんですが。
Posted by Timm_MK2Timm_MK2 at 2013年12月21日 23:20
こんにちは。

自分はマルイにパーツ取り寄せが面倒なので部品取りにもう一丁買ったり香港マニアやガントとかのパーツ売りを利用しますw
Posted by a.z.d at 2013年12月22日 10:52
a.z.dさん、こんにちは。

>香港マニアやガントとかのパーツ売り

おおっ、情報ありがとうございます。でも、グロック用ハンマースプリングやリコイルスプリングは無いですねw。ハンマースプリングは強化タイプなら見かけるけど、それ海外純正と変わらない気がするしw。
Posted by Timm_MK2Timm_MK2 at 2013年12月22日 11:11
誹謗中傷は固くお断りします。
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。