2014年08月29日

GHK AKM GBB その1

以前からずっと欲しくて、でもイマイチタイミングが合わずに入手出来なかったGHKのAKM GBB、この度やっと入手出来ました。
まあ、最後の一押しは、お座敷GUNのオフ会で触らせて貰った、塔四朗さんのAKMがきっかけだったんですけどねー。ストックやハンドガード、グリップは実銃用に換装されてて、本体のバトルダメージ処理も相まって、これ実銃隣に置いたら見分け付かないんじゃね?っていうくらいリアルな仕上がりでしたので。
あと、時期もあって作動がめっちゃ快調、リコイルも想像以上に強かったってのも。



コイツの前に入札したのは39Kまで上がって掻っ攫われました(38.5Kまで入札した後、出掛けたので)
そっちはAKMNという、スコープマウントが付いてるタイプ。
こちらは、マウント無しの普通のAKM。但し、RA-TECHの木製グリップと、純正の内部スペアパーツが少々付属。43Kスタートで他入札無くてそのまま落札。
かなり綺麗な状態で、ほぼ新品同然。前のオーナーは部屋で少し空撃ちした程度だったそうで、作動痕以外の傷は皆無。

このGHKのAKMとKSCのAK74M、どっちにしようかずーっと悩んでました(両方一遍に買う予算は無い)
でも、銃の基本形である鉄と木の組み合わせはGHK側だし、それにリアルな外観と綺麗な木製ストックは飾ると物凄く映えるので、やはりGHKのAKMは押さえておくべきかとw。マウント付きじゃ無いけど、その内KSCの買って、ダットやグレネードランチャー付ける予定なので、AKMはアクセサリー無しでも良いかな~っと。こういうシンプルなのも、AKの特徴だしw。



パッケージ。
リアルな電動ガンで有名なLCTと提携し、ガワを提供されてる。
初速は十分規制値内。
以前、旧型に相当するAKS74U(本館記事参照)を買った時、短い銃身長にも拘らず初速が異常に高かった事あったが、こちらは内部機構も変更されてるので大丈夫っぽい。



開封状態。
エコパッケージというか、ほとんど段ボールで構成されてる。



本体、マガジン、取説、BBローダー。



取説には、あまり細かい事は書かれて無く、最低限の説明のみ。



出品者が集めたらしい、スペアパーツ。予備のノズル、マガジンリップ、パッキン、純正ハンマー。
そして、元々付いてた樹脂製グリップ。



RA-TECHのグリップも、合板を加工して作られてる。
この、木製グリップがあるからこそ、ちょっと高めでも入札したんだし。



銃身の下にクリーニングロッドが付いてるのがAKシリーズの特徴。
後端にはネジが切られてるが、取り付ける物は無し。
ストック後部には、おそらくクリーニングキットが入るであろうスペースが。カバーはスプリング仕込みで、押してる間だけ開いてる。



斜めにカットされてる特徴的なフラッシュハイダーは、スチール削り出し。
フロントサイトは鋳物だが、亜鉛ダイキャストではない。
アウターバレルはアルミ製。なので、マガジン無しだとフロントかなり軽く感じる。



合板を加工した、綺麗な木製ストック。
ロシアでは木材は貴重なので、端材使って合板にするのが一般的なようです。それでこのようになったっぽいですが、無垢の木材とは違った美しさがありますねー。ホームセンターにあるベニヤ板とは大違いw。
あと、木材削り出しよりも合板の方が強度があるみたいだし、銃のストックとしては理想的なのかも?



ハンドガードも同様に、合板加工。
本体はスチールプレスで、WEのように黒塗装じゃない、普通に鉄用の処理されてる。



ハンドガードの上側は、実銃のパーツと同じく合板を曲げながら接着して、曲面出してる。
リアサイトとベースブロック部分は鋳物。リアサイトの文字にはホワイト入り。

木製パーツ、遠目や写真だと綺麗に見えるが、間近でよ~っく見ると結構雑な仕上がりしてるw。
内側は結構仕上げ荒いし。
本体の鉄パーツも、トイガンの綺麗な仕上がりとは違う。全体的に実用性重視の、正に工業製品といった感触。
今まで触れたトイガンとは全く別次元の存在感。
WEのドラ子もかなり荒々しかったが、それでもトイガンの域からは出て無かった。コイツは余裕で逸脱してる。実銃と同じ工場で作ってるんじゃね?と勘繰りたくなるくらい、リアルな仕上がりw(リアルソードの電動SVDも同じ雰囲気)

とにかく、外観に関しては150%満足です。
次回は、軽く分解とかを。






同じカテゴリー(GHK AKM GBB)の記事画像
GHK AKM GBB ファイアリングイピン交換
GHK AKM GBB 各種調整
ProWin GHK AKM GBB用マガジン
GHK AKM GBB その3
GHK AKM GBB その2
同じカテゴリー(GHK AKM GBB)の記事
 GHK AKM GBB ファイアリングイピン交換 (2015-12-02 22:24)
 GHK AKM GBB 各種調整 (2015-02-20 11:58)
 ProWin GHK AKM GBB用マガジン (2014-10-14 20:20)
 GHK AKM GBB その3 (2014-09-01 20:50)
 GHK AKM GBB その2 (2014-08-31 20:06)

Posted by Timm_MK2  at 19:46 │Comments(6)GHK AKM GBB

この記事へのコメント
AKM!
これは判らなかった。
なんかスーパーリアルというか
凄い質感、(*o*)

鉄の匂いがこちらにまで伝わってきそう・・。(笑)
Posted by soul at 2014年08月29日 21:33
soulさん、こんばんは。

GHKのAKM、凄く存在感あります。
塔四朗さんのは、ウェザリング施されてて、更にリアルですよー。
実際に手にしたら、欲しくなる・・・かもw。
Posted by Timm_MK2Timm_MK2 at 2014年08月29日 22:51
GHKのAKシリーズは最高ですよね~(・∀・)
AK-74MもKSCと言わずGHKで良いんじゃないでしょうかwww
KSCは作動性は最高レベルですけど外観が綺麗過ぎてコレジャナイ感が凄い・・・・・。
そういえばGHKのAK74は標準でスチールバレルですよ!(悪魔の囁き)
Posted by 大英帝国のジャムおじさん at 2014年08月30日 20:12
大英帝国のジャムおじさん、はじめまして(ですよね?)。

確かにGHKの新AKシリーズ、最高ですよねー。旧型のAKS74U持ってるけど、雲泥の差w。

他ブログとかでKSCのAK74見ると、作動性はかなり良さそうなんですよねー。ただ、BB弾が無くなった時にノズルをフォロアーにぶちあてて止める方式ってのが気に入らなくて・・・。
GHKのは、BB弾無くなったらハンマーを止める機構が搭載されてるんですよねー。次回、分解編で説明する予定。
Posted by Timm_MK2Timm_MK2 at 2014年08月31日 00:57
こんにちわ~。

オフ会で欲しくなったとの事でしたから、GHKのAKだろうな~とは何となく
思ってましたが、やはりそうでしたか~。
造りも良いし、作動性もかなり良いモデルですから、AK好きにはGHKの
ヤツはかなり魅力的でしょうね。

いや、私って何か昔からAK系に魅力を感じないんですよね...
H&K G3系か、COLT AR15系がアサルトライフルではやはりこの2機種は
私の中では別格で。
あ、例外としてドラグノフだけはWEのが今でもめっちゃ欲しいです!
が、安かった時には資金が無く買えず、今もお金ないのに更に高くなって
ますから余計に買えない...orz
これはある程度のクォリティのスコープもセットで何ぼだと思うので、そうなる
と全く手がでない金額に...

某オフでSEIJIさんが持参されたドラを初めて空撃ちさせて頂いた時の衝撃
は、未だに鮮明ですね~。
その当時、WAのM4がガスブロ長物ではやっぱり上位のリコイルでしょう?
みたいに思ってたので、1発撃った時のあのリコイルは目が点になりました。
『全くの別物じゃん!!』みたいな。
国内ガスであそこまでのリコイルのドラちゃんには、オフ会以来更に憧れの
対象に昇格して、オクで出品されるとウォッチはするんですが、開始早々
l高額になってもう良いやみたいな...

って、話が脱線しましたが、オフ会場主の方はメカ的なものは苦手なよう
ですので、メカマニアのTimm_MK2さんの続報を楽しみにしております♪
Posted by とも at 2014年08月31日 15:04
ともさん、こんばんは。

まあ、オフ会参加された方なら、気が付くでしょうねー。塔四朗さんから借りてAKM弄ってる時の私の表情が別物でしたからw。
現在出回ってるAK系のトイガンの中では、文句なしにNo.1です。ガワだけは電動にもリアルなのがあるけど、内部機構や撃ち味はガスブロには敵いませんからねーw。

ドラグノフ、外観だけはリアルソードの電動に劣りますが(実銃っぽいという意味で)、WEのはほんと素晴らしいです。というか、アルミフレームで耐えられるのか?っていうくらい、強烈なリコイルですからねー。
ヤフオクの方も、結構上がりますから、ショップの流通在庫探すとか。
スコープだけは、1万前後の安物は避けた方が良いです。せっかくのドラグノフがチープ化しちゃいますからw。
まあ、ご希望なら、次のオフ会にウチのドラ子を持参しますのでw。
Posted by Timm_MK2Timm_MK2 at 2014年08月31日 20:24
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。