CATEGORY:S&T 三八式歩兵銃

2019年02月21日

S&T 三八式歩兵銃 マガジンのフェイクウッド化

S&T 三八式歩兵銃 マガジンのフェイクウッド化
ダ〇ソーと同じ100円ショップのセ〇エで、木目シート買ってきました。
セリ〇は〇イソーほど規模は大きく無いけど、小物の種類が豊富。なので、近くを通ると大体寄ってます。
2種類買ってきて、現物合わせ。質感や木目は30x30のウッドパターンシートの方が良いけど、色合いはリメイクシートの方が近い。



S&T 三八式歩兵銃 マガジンのフェイクウッド化
という訳で、マガジンにリメイクシート貼り付け。
木目は、なるべく疎らになってる部分を選んだ。



S&T 三八式歩兵銃 マガジンのフェイクウッド化
横からだと、あまり違和感無いですね。
マガジンのフェイクウッド化出来ました。
あ、マガジン中央の合わせ目が若干盛り上がってて、シート貼っても目立つので、ペーパーで均してから貼り付けた方が良いです。



S&T 三八式歩兵銃 マガジンのフェイクウッド化
前回の記事最後に追加で記述した、マズル磨き上げてのブルーイング。
この他にも、その都度気になる部分をちょこちょこ修整してます。



S&T 三八式歩兵銃 マガジンのフェイクウッド化
リアサイトスプリング留め兼リアサイトベース固定スクリューのヘッドが少しなめってたのを削って修整。
ハンドガードの横のピン、右側が左に比べて出っ張ってたので、ちょっと引っ込めてみたり。
ハンドガード横のピンは単なる飾りで左右貫通してない。それぞれ短い飾りピン打ち込んでるだけ。
強く押し込むと引っ込み過ぎるので、その際は裏側から穴開けて押し出す(引っ込み過ぎた為)。
まあ、このピンの出っ張り具合は個体差によって違いが大きいので、他の個体だと打ち込む必要無いのもあるかも。



S&T 三八式歩兵銃 マガジンのフェイクウッド化
タンジェントサイトストッパーのスクリューヘッドもなめってて、ハンドガードにちょっとだけ傷付いてたので



S&T 三八式歩兵銃 マガジンのフェイクウッド化
こちらもヘット削って磨いて仕上げ直し。



S&T 三八式歩兵銃 マガジンのフェイクウッド化
木目シート買ったついでに購入した、鉄板風シート。30x30cmなので、ハンドガンなら大体収まる。
銃写真の背景用にと購入。ポリエチレンなので実際の鉄板と違い、プラの銃に傷付く心配無し。




S&T 三八式歩兵銃 マガジンのフェイクウッド化
アップにしたりトリミング加工したりで、ちゃんとした背景に。



S&T 三八式歩兵銃 マガジンのフェイクウッド化
同じサイズのカーボン調シート。
真上ならともかく、こういう角度によっては、ちょっと縁が見えたりする。



S&T 三八式歩兵銃 マガジンのフェイクウッド化
また、ハンドガンでも、ボーチャードのような長いのだと、全体が収まらない。



S&T 三八式歩兵銃 マガジンのフェイクウッド化
なので、部分アップ用。



S&T 三八式歩兵銃 マガジンのフェイクウッド化
45x90cmの木目調シートだと余裕で収まる。が、角度によっては反射で木材っぽくない質感に。



100円で背景探すのも面白いですよ。まあ、ブログにアップする写真用なので、ブログやってない人には無縁かも知れませんが。
あと、スマホよりもズーム機能付いたデジカメの方が、フレーム内に綺麗に収まりやすいし、角度によっては焦点距離によるパースサイズの変化もあるので。いくらスマホのカメラ機能が進化しても、デジカメほどの自由な撮り方出来ませんので。            





同じカテゴリー(S&T 三八式歩兵銃)の記事画像
S&T 三八式歩兵銃 エアーコッキング ライフル 一部仕上げ直し
S&T 三八式歩兵銃 エアーコッキング ライフル 分解
S&T 三八式歩兵銃 エアーコッキング ライフル
同じカテゴリー(S&T 三八式歩兵銃)の記事
 S&T 三八式歩兵銃 エアーコッキング ライフル 一部仕上げ直し (2019-02-18 08:08)
 S&T 三八式歩兵銃 エアーコッキング ライフル 分解 (2019-02-17 07:19)
 S&T 三八式歩兵銃 エアーコッキング ライフル (2019-02-16 12:26)

Posted by Timm_MK2  at 20:58 │Comments(2)S&T 三八式歩兵銃

COMMENT
こんばんは。
良さそうな物が見つかりましたね!
以前より違和感が無く収まってます。
マズルの仕上げが綺麗です・・・次の品物が届くまでに、
全てに手が加わりそうですね。目が離せません!
Posted by 松本市在住 at 2019年02月22日 18:48
松本市在住さん、こんばんは。

ホームセンターとかで探すと1000円前後はいくので、100円で済んでラッキーでした。
金属パーツは全て磨いてブルーイングしたいですが、そこまで時間掛けられそうにないですね。特にバレルはアルミなので、どうしても亜鉛との色合いが違ってきますし。
三八式歩兵銃用のスチールバレルとかあったら、重さも見た目もリアルになりそうですが、出ないでしょうね。

この銃、手を加えてから増々お気に入り度が増して、PCのすぐ傍に置いてしょっちゅう手に取ったり構えて空撃ちしたりしてます。やはり、鉄砲の原点とも言える木と鉄の組み合わせ(亜鉛ダイキャストだけど)が個人的にツボに嵌ってて。入手前は、ここまで気に入るとは思ってませんでした。S&Tの割には、出来が良いですし。

現在予約中で一番早く来そうなのは、STEN MKⅡ GBBですね。2次ロットがいつ入荷するのか不明ですが・・・。
Posted by Timm_MK2Timm_MK2 at 2019年02月22日 20:52
コメントは、承認後に反映されます。書き込んでから反映されるまで、暫くお待ち下さい。誹謗中傷は固くお断りします。
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。