CATEGORY:マルイ G19

2018年11月02日

マルイ GLOCK19 寸法比較

前回、スライド幅測定したが、マルイの従来のグロックシリーズは実銃用ホルスターに入らないと言う点で違和感が。
きついんじゃなく、入らない。コンマ数ミリなら、きつい事はあっても入らないって事は無いんじゃ・・・。実銃用ホルスター持ってないので、確認しようがないんですが。
で、18Cと19眺めてたら、ある部分の長さが違うように見える。



正確には、矢印の部分の上下幅が違う為、長さが違って見えてた。
この部分、シリアルプレート直後からスライド上面までの長さを計測してみると。



G18C、38.7mm。



G19、36.7mm。
約2mm違う。なるほど、これじゃあ実銃用ホルスターに入らない訳だ。
マルイのG18Cは、電動のメカボックス入れる為にちょっと太らせて、ガスブロと外寸の金型共通化してコストダウンした結果、実銃用ホルスターに入らなくなったんじゃないかと。実銃用ホルスターまで気が回らなかったとか(そもそも、当時のマルイは実銃と同じ寸法にする事を重要視してなかった気も)
現在は、ユーザーの目が肥えてるし、海外シェア拡大の為にも実銃用アクセサリー装着できるってのが重要視されてるようなので。



参考までに、VFCのを。
上のはVFC製G18C。かなり前に、ある方から譲り受けた物で、アウターバレルがプラ。マガジン挿した本体のみ譲り受けたので、箱も取説も金属製アウターバレル(この製品に付属してたかどうかは不明)も無し。
初期の、マルイのG18Cをフルコピーした製品のようで、マルイのにそっくり。



VFC G18Cの上下幅。38.7mm。マルイのG18Cと同じ。



VFC G19は36.2mm。この頃になるとリアルさを売りにした製品造りするようになったので、実銃に近い寸法になってる。



フレームの横幅。若干テーパー掛かってるので、スライドロックの前の部分で計測。



マルイ G18C、29mm。



マルイ G19、29.5mm。ちょっとだけ太い(後で測り直したら、29.2mmだった)



VFC G18C、29mm。



VFC G19、28.8mm。
まあ、多少の誤差もあるし、これはほぼ同じかと。



マルイ G18C用のストライクフェイス。アンダーレイル部分に取り付けるもので、G18Cにはすんなり入る。



G19には全く入らなかった。



比較すると分かりやすいが、レイルの谷側の幅も違う。



ちなみに、VFC G18Cには、ちょっときつめだったが入った。



VFC G19には全く入らない。
まあ、このストライクフェイス自体、17や18Cのようなフルサイズ用なので、もし入ったとしてもスライドとの隙間大きくて不恰好になる。



SUREFIRE XC1タイプ レプリカ、問題無く装着できる。
しかも、まるで19専用じゃないかと思えるくらい、ぴったり。
横のレバーも問題無く操作出来ます。



幅もご覧の通り。
ただ、装着状態では元の箱に収まらないので、箱から出したままになりますが・・・。








同じカテゴリー(マルイ G19)の記事画像
マルイ GLOCK19 3rd Generation 続き
マルイ GLOCK19 3rd Generation
同じカテゴリー(マルイ G19)の記事
 マルイ GLOCK19 3rd Generation 続き (2018-10-30 22:17)
 マルイ GLOCK19 3rd Generation (2018-10-29 23:06)

Posted by Timm_MK2  at 20:36 │Comments(0)マルイ G19

コメントは、承認後に反映されます。書き込んでから反映されるまで、暫くお待ち下さい。誹謗中傷は固くお断りします。
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。