CATEGORY:M1911系WEスライド+マルイフレーム

2020年03月04日

WE V10スライド + マルイフレームカスタム

WE V10スライド + マルイフレームカスタム
WE V10スライド専用フレームを作製しました。
マルイ デザートウォーリア4.3の中古をヤフオクで落札。そのフレームの前と下をカット、TANカラーをシルバーに塗り替え。
余ってた1911コンパクト系実銃用グリップ(金属製)組み付け。



WE V10スライド + マルイフレームカスタム
サムセフティ右はMEUと同じハンマーピンで固定する方法なので、グリップにセフティ用の溝が無くても問題無い。



WE V10スライド + マルイフレームカスタム
作業途中の様子。グリップの短縮は、内側のラインに沿って下のグリップスクリューナット周りをカット。ナットの位置は、実銃グリップ当てがって裏から接着。ある程度固まったら、表側にもがっつり瞬接盛り上げる。
また、メインスプリングハウジングはWAの1911系コンパクトのを使用。たまたま、ヤフオクに出品されてて、無事落札出来たので。
もしコレが無かったら、デザートウォーリアのを加工するつもりでした。加工するのはちょっと大変なので、丁度入手出来てラッキーでしたが。



WE V10スライド + マルイフレームカスタム
フレーム加工するついでに自分好みにカスタム。トリガーガード付け根削ってハイグリップ仕様に。



WE V10スライド + マルイフレームカスタム
マルイV10用マガジン挿して握ると、3本の指が丁度収まる。
握り心地はマルイV10よりも良い。



WE V10スライド + マルイフレームカスタム
マガジン及びWAのハウジングに合わせてフレームの長さ決めてるので、マルイV10よりもちょっとだけ長い。
マルイV10はグリップとほぼ面一なので。
ハウジングを合わせるのはちょっと苦労しました。カットした後に上の方に新たに溝掘らないといけないし、幅はともかく、前後厚が合わないので削ったり、ピンの穴も少し後ろに広げたり(WAとマルイはピンの穴位置合わない)、このハウジングは下のピン横がちょっとカットされてたのでフレームの切れ端接着して塗装したり等々・・・。



WE V10スライド + マルイフレームカスタム
マガジンボトムプレートとフレームの切り欠きは、ぴったりになるよう加工してある。



WE V10スライド + マルイフレームカスタム
この金属製グリップ、組み付けたらちょっとだけ浮く。マルイのスクリューナットの広い部分の高さとグリップの凹みの深さが若干合わないようだ。ちなみに、マルイV10に付けた実銃用樹脂グリップは隙間無し。



WE V10スライド + マルイフレームカスタム
グリップは金属製で重さがあるが、更に鉛板をフレームに合わせてカットして貼り付け。薄い板を5層重ねてる。



WE V10スライド + マルイフレームカスタム
マルイV10用マガジン込みで773g。
マルイV10のメーカー公表値は709gなので、マルイよりも重く仕上がった。



WE V10スライド + マルイフレームカスタム
V10用マガジンは抜き差しがちょっときつく、マガジンキャッチ押しただけだと落ちて来ない。
インナーシャーシと擦れてるようで、ちょっとだけ擦り傷付いてた。
デザートウォーリア用ノーマルマガジン(MEU用と同じ)は軽く抜き差し出来、マガジンキャッチ押せばするっと落下する。V10の方が少し太めなのかも。
また、容量の関係か、V10用よりノーマルマガジンの方がブローバックの勢い強く感じる。



WE V10スライド + マルイフレームカスタム
マルイV10と。
マガジンは1本しか無いので、マガジン抜きで。



WE V10スライド + マルイフレームカスタム
マルイV10はセフティのアンビ化と実銃用グリップ装着で、元とはちょっと違う。
ちなみに、マルイV10スライド一式を元デザートウォーリアフレームに載せ替える事は出来ません。チャンバー下側の形状が違うので。



WE V10スライド + マルイフレームカスタム
並べてリアビュー。
グリップセフティのビーバーティルの形状も、若干違う。V10は短くて太い。



WE V10スライド + マルイフレームカスタム
フレーム側面の塗装被膜のクローズアップ。こちらV10。
塗料の金属粒子は粗めで、強めの遠視じゃない限り、粒子がはっきり判別できる。



WE V10スライド + マルイフレームカスタム
こちら、塗装したデザートウォーリア。元の塗装の上から黒塗装し、更にシルバー塗装してある。
仕上げずに重ね塗りしたので、表面がちょっと荒い。でも、塗料の粒子は肉眼では判別しにくいレベル(頑張れば見えるかも)。
シルバー塗料はスーパーファインシルバーを使用。金属粒子がかなり細かく、レベリング薄め液とエアブラシ塗装で、メッキに近い質感が得られる。今回、気温が低めと言う事もあって、普通の薄め液使用。
メーカー塗装でここまでのレベル求めるのは酷だろうか・・・?コスト嵩むし量産スピードも落ちるし、結果的に価格に反映しちゃうでしょうね・・・。



WE V10スライド + マルイフレームカスタム
トリガーとマガジンキャッチは、元の被膜剥いでブルーイング。特にトリガーは分厚い黒塗装だったので、入念にペーパーでそぎ落として染めました。
写真だと分かり難いけど、ヌルヌルと光ってます(染めた後、シリコンスプレー塗布)。



WE V10スライド + マルイフレームカスタム
作動は問題無し。
マルイV10ほど寒さに強く無いが、マガジンを触っても冷たく無い程度まで温めておけば、しっかりブローバックします。



WE V10スライド + マルイフレームカスタム
自分好みにカスタムしたので、お気に入り度はマルイV10以上。
時期的に、外で撃つにはまだ早いので、春になったらプリンキングで使ってみたいと思います。




タグ :マルイWEV10

同じカテゴリー(M1911系WEスライド+マルイフレーム)の記事画像
WE Springfield Armory タイプスライド+マルイフレーム
マルイ コルトガバメント + 記念スライド 2挺目
マルイ コルトガバメント + 記念スライド
同じカテゴリー(M1911系WEスライド+マルイフレーム)の記事
 WE Springfield Armory タイプスライド+マルイフレーム (2020-02-08 22:56)
 マルイ コルトガバメント + 記念スライド 2挺目 (2019-10-22 19:51)
 マルイ コルトガバメント + 記念スライド (2019-07-24 17:34)

Posted by Timm_MK2  at 21:24 │Comments(0)M1911系WEスライド+マルイフレーム

コメントは、承認後に反映されます。書き込んでから反映されるまで、暫くお待ち下さい。誹謗中傷は固くお断りします。
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。