CATEGORY:PPS モシン・ナガン

2020年01月06日

PPS モシン・ナガン エアーコッキングボルトアクション 分解

PPS モシン・ナガン エアーコッキングボルトアクション 分解
こちらRedFire(ZETA-LAB)のモシンナガンのコピーなので、分解方法は全く同じ。
私が所持してるのはガスタイプだけど、ボルトのガス室以外は全く同じでした。
まずはハンドガードを外しておく。フロントサイトは外せないので、バンドは前方に集めておく。
リアサイトのピンは右方向に抜く。



PPS モシン・ナガン エアーコッキングボルトアクション 分解
ボルトエンドの取り外し。
柄が細いマイナスドライバーだとびくともしなかったので(一瞬、逆ネジかと思ったくらい)、柄がT字型のラチェットドライバー使用。
ドライバーの内部ラチェット機構が壊れました・・・。安物なので、ラチェット部分は亜鉛ダイキャストだったし。



PPS モシン・ナガン エアーコッキングボルトアクション 分解
車庫まで行って柄の太いドライバー召喚。
マッスルパワーでなんとか回せました。普段の筋トレ役に立ったかも・・・?
外してみたら、ネジ山にはネジロックがみっちりと。



PPS モシン・ナガン エアーコッキングボルトアクション 分解
(クリック拡大)
ボルトエンド外せば、後ろのレシーバー留めてるネジ回せる。
下のマガジン前方のネジと、左右貫通してるネジ(ラジオペンチで外す)を外せば、レシーバーがストックから分離出来る。



PPS モシン・ナガン エアーコッキングボルトアクション 分解
シアを外す為に、まずは給弾機構を外す。



PPS モシン・ナガン エアーコッキングボルトアクション 分解
レシーバー下部には、前後で同じ番号が彫られてた。パーツ合わせの為かな?



PPS モシン・ナガン エアーコッキングボルトアクション 分解
ネジ3本を六角レンチで外す(後ろ1本は、前2本より大きいサイズ)。



PPS モシン・ナガン エアーコッキングボルトアクション 分解
シアを外すと、シリンダーボルトを抜き出せる。



PPS モシン・ナガン エアーコッキングボルトアクション 分解
シリンダー先端。半透明の柔らかい樹脂が埋め込まれてる。
シリンダーヘッド外すにはこの樹脂が邪魔だが、半分ほど接着されてる。交換はするなって警告かな?
ちなみに、無理に剥がすと樹脂が千切れる。今の所パワーや作動に関して問題起きて無いので、このままで。



PPS モシン・ナガン エアーコッキングボルトアクション 分解
トリガーが重い原因はシアにあった。
押して見て分かったが、ガリガリ引っ掛かる感触がある。



PPS モシン・ナガン エアーコッキングボルトアクション 分解
シア分解。こちらもネジロックで固定されてたので、同様にマッスルパワーでネジ回す(中途半端なパワーだとネジの頭なめる)。



PPS モシン・ナガン エアーコッキングボルトアクション 分解
擦れる部分にはオイルが塗られてたが、接触面はネジロックが固まったかのような状態で、滑らかさとは対極の状態だった。



PPS モシン・ナガン エアーコッキングボルトアクション 分解
金属やすりとペーパーやすりで滑らかに仕上げる。
グリス塗ってから組み付け。



PPS モシン・ナガン エアーコッキングボルトアクション 分解
シアを組む際、ピストンスプリングが邪魔になる。
そこで、スプリング後端を前方に押し込んだ状態で横の穴からドライバー挿し込み、少し圧縮させた状態にしておく。
こうやって隙間開けておいて、シア組んだらドライバー抜く。
まあ、マウントベース外した状態じゃないと出来ないけど。



PPS モシン・ナガン エアーコッキングボルトアクション 分解
アウターバレルはリアサイトに隠れたイモネジ1本緩めると外せる。
ただ、リアサイトとフロントサイトが丁度合ってる場合は、後から直すのが面倒になるので、外さない方が良い。
ここのアウター外さなくても、インナーチャンバー&インナーバレルは取り出せるので。



PPS モシン・ナガン エアーコッキングボルトアクション 分解
アウターチャンバー下のネジ緩めて、全体を回すとレシーバーからチャンバー&バレル一式が取り外せる。
矢印の下のイモネジ1本外すと、インナー一式が取り出せる。
その後、ネジ3本緩めるとインナーバレルが取り出せる(今回はそこまでやってない)。



PPS モシン・ナガン エアーコッキングボルトアクション 分解
ホップレバーは金属製。チャンバーパッキンとの間に中空状のクッションラバーが入る。
ホップ調整はイモネジでレバー押し下げる形になるが、クッションラバーあるので安定感は増す。



PPS モシン・ナガン エアーコッキングボルトアクション 分解
赤いチャンバーパッキン。構造がRedFire(ZETA-LAB)と同じだとすると、マルイ電動用がそのまま使えるはず。
インナーバレルも同様。どうもインナーバレルは長過ぎな感じがするので、その内電動用でも組んでみたい。



PPS モシン・ナガン エアーコッキングボルトアクション 分解
バレル周りは位置決め用のダボが無く、イモネジの痕を頼りに角度決めていく。



PPS モシン・ナガン エアーコッキングボルトアクション 分解
マガジン前方の固定用ネジ取り付け穴、レシーバーのネジ穴との位置が微妙にずれてて、斜めのままネジ込まれてたようだ。
ここをちょっと削って、真っ直ぐネジ込まれるようにしておいた。



PPS モシン・ナガン エアーコッキングボルトアクション 分解
組み終わってから気が付いた、トリガーリターンスプリング組み忘れ。
しかし、無くても不都合無い事が発覚。むしろ、リターンスプリングのテンション分、トリガーが軽くなるというメリットも。
トリガーはシアに軽く接触してる状態なので、シアのリターンスプリングがそのままトリガーリターンにもなってる。
遊びはほんのちょっとだけあるが、Kar98kのモデルガンよりも少ない。
また、シアの動きを滑らかにしたおかげで、トリガーの引きは劇的に改善された。
もしPPSのこの銃を購入して、トリガーの重さに辟易してる方いらっしゃったら、分解してシアを磨き上げてみたら良いかと。
但し、分解は自己責任で。あと、ネジロックで固定されてるネジは、回すのにかなりの力を要します。



PPS モシン・ナガン エアーコッキングボルトアクション 分解
クッション増やそうと、イモネジとホップレバーの間に3mmのゴム板追加。
しかし、結論から言うと、入れない方が良い。中でグチャグチャになってしまうので・・・。



PPS モシン・ナガン エアーコッキングボルトアクション 分解
この製品、外装にも鉄パーツが使われてたりする。
クリーニングロッド以外にも、リアサイトが鉄だったり



PPS モシン・ナガン エアーコッキングボルトアクション 分解
マガジンボトムプレートとバットプレートも鉄。



PPS モシン・ナガン エアーコッキングボルトアクション 分解
まあ、組み立て途中でハンドガードの金属パーツがポロリする場面もあったけど・・・。
接着されてるだけなので、外で撃つ時は注意。
まあ、金色部分は目立つので、サバゲーで使う場合は、ポロリしやすい金色部分をテープで覆い隠すとか(脱落防止も兼ねて)。


0.25gで外に向かって撃って見ました(外は吹雪の真っ最中)。
なんかホップが弱い。最大にしてみても、30m飛ばずにすーっと落ちて行く。
0.2gにしてみたけど、やはりホップが弱い。



PPS モシン・ナガン エアーコッキングボルトアクション 分解
ホップ調整用イモネジ。かなり締め込んでるが、これでもほとんどホップ効いてない。



PPS モシン・ナガン エアーコッキングボルトアクション 分解
そもそも、ネジ短過ぎなのでは?M5のイモネジなので、ホームセンターで買ってこないと。



PPS モシン・ナガン エアーコッキングボルトアクション 分解
あと、室内アイアンサイトでの射撃時、かなり下に着弾する。フロントサイトポストが上に出過ぎなのでは?
一見、サイトフード上の穴からツール挿して、上下調整出来るように見えるが、ドラグノフのと違ってツール噛ませる部分が無く、細い円柱部分のみ。



PPS モシン・ナガン エアーコッキングボルトアクション 分解
パーツリスト見ると、ベース留めてるネジが確認出来る。で、フード横から挿して、フロントサイトポスト上から挿して固定してる感じ。
サイトポストはネジ込んでるんじゃなく、そのまま打ち込んでるだけなのでは?



PPS モシン・ナガン エアーコッキングボルトアクション 分解
初速は0.2gで78~80m/s。この前にも一度測ったが、もっとバラつきあった。
こちら、バレル内部をクリーニングロッド通して清掃した後(銃身下に付属の鉄製じゃなく、マルイ電動用の樹脂製)。クリーニングロッドに巻き付けたテイッシュ片はかなり汚くなってたので、入手した方は、まずバレル内部を綺麗にした方が良いかも。



まだまだ弄れる余地のある、まさしく海外製といった感じのモシンナガンでした。
やはり、箱出し無調整で使える海外製品ってのは中々無いものですね・・・。
今の時期は吹雪いてる日が多く、外で撃つ機会はほとんど無いけど、春になったら外で撃ってみたいですね。
それまでにホップの安定性をアップさせないと。






同じカテゴリー(PPS モシン・ナガン)の記事画像
PPS モシン・ナガン エアーコッキングボルトアクション チャンバー
PPS モシン・ナガン エアーコッキングボルトアクション スコープ付き
PPS Mosin-Nagant M1891/30 Spring Bolt Action with Scope
同じカテゴリー(PPS モシン・ナガン)の記事
 PPS モシン・ナガン エアーコッキングボルトアクション チャンバー (2020-01-07 09:45)
 PPS モシン・ナガン エアーコッキングボルトアクション スコープ付き (2020-01-05 09:18)
 PPS Mosin-Nagant M1891/30 Spring Bolt Action with Scope (2020-01-04 21:55)

Posted by Timm_MK2  at 20:56 │Comments(0)PPS モシン・ナガン

コメントは、承認後に反映されます。書き込んでから反映されるまで、暫くお待ち下さい。誹謗中傷は固くお断りします。
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。