2017年09月25日

CyberGun FN SCAR-H GBBR (Mk17 JPversion) FDE 比較&分解

以前、他のと一緒に購入したホロサイト装着。
ただ、トップレイルの付ける範囲が広すぎて、どこに付けるか迷う始末・・・。
後で3倍ブースター付ける事考えたら、あまり手前に付ける訳にもいかないので。



ホロサイトのサークルは、ホロサイト本体の位置に関わらず、射手から見える大きさが一定と言う仕組みになってる。
なので、離れるほど、レンズ面積に対してサークルが大きくなり、かえって見辛い。かといって手前過ぎると、ブースター付けれない。やはり、ブースター買ってから付けるべきかな?KRISS VECTORの時は、リアサイトのちょっと前に付けたら丁度良かったけど。


さて、WE SCAR-Lとの比較を。


SCAR-Hの刻印は実銃に忠実。口径も7.62mmと表記されてる。



WEはライセンス提携してないからか、FN刻印関連がばっさり。他は忠実。
B0897は共通なのかな?
セレクターの角度が45度違う。



ガスレギュレーター回すと外れて、先端にトルクスレンチ付いてるのは同じ。



ストック基部はちょっと違う。
リアサイトは同じピープ型だが、右のHはL型で、大きさ変更できる。



エジェクションポートは、Hの方が広くて長い。



ボルトから飛び出してるローディングノズルは実銃のボルトヘッドを模してて、リアル感ある。



WEの方は、隠れてる。また、形状も省略されてる。



マガジン無しの本体重量。
SCAR-Hは2810g。



WE SCAR-Lは2828g。Hより重いとは、正直予想外だった。
まあ、アウターバレル延長してるし、内部トリガーメカもBOX化されてて密度が高いので、総合的にちょっと重くなってしまったのかも。



テイクダウンは、どちらも同じ方法で簡単に出来る。
フロントピン抜いて後ろを支点に前を下に回転させる。アンダーレイルの下まで回転させたら前方に抜き取る。



SCAR-Hはホップ調整ダイヤルがアンダーレイル後端にある為、フレームを余計に動かす必要ある。はっきりきって、きつめ。
また、このダイヤルの回転がかなり渋く、素手では回らない。マイナスドライバー必要だが、溝が広めなので、大きめというか太めのマイナスドライバーが必要。左にほとんど動かなかったので、右に回すと少しは素手で回せるようになってきた。
取説はどっちに回すとホップ強くなるとかはっきりかかれておらず(というか言語理解不能)、出荷状態だとホップ最弱らしい。どうりで、プリンキングの時、たまに銃口から弾ポロリがあった訳だ。



(クリック拡大)
WEとの最大の違いは、内部のトリガー&ハンマーメカ。WEは同社M16/M4系と共通のユニット積んでおり、リアルさよりも安定した作動性とコスト削減を優先してる。CyberGun(VFC)は、リアルさに拘ってて、多少コストアップしてもユーザーが満足する製品造りをモットーとしてる感じがある。それぞれ、左がハンマーコッキング状態で、右がハンマーダウン状態。WEはハンマーコッキングでファイアリングピンロックが解除されるので、そのパーツはこの位置からは見えない。VFCはボルトが一定量後退すると、ファイアリングピンロック(バルブノッカーロック)が解除される仕組み。



(クリック拡大)
アッパーレシーバー比較。
カートリッジの長さ分、SCAR-Hが長いといった感じ。ボルトストロークもLより長い。



リアストックは、フレーム外した状態で下に押すと外れる。Hの方は固かったが、手で軽く叩きながら下げて行った。



WEの方はストック外すとボルトもすぐに外せるが、VFCの方は樹脂ガイド兼バッファーが邪魔しててボルト取り出せない。
左右のネジで固定されてるのかと思ってたら、取説に分解方法載ってた。



樹脂パーツを前にスライドさせて、広くなった部分から取り出す。



ボルト後退させて、コッキングハンドル外せば、ボルトアッセンブリが取り出せる。
リコイルスプリングは結構強め。



コッキングハンドル含めたボルトアッセンブリの重さは、278g。
以前、WE SCAR-Lのボルトの重さ量った時は、275gだった。あまり変わらない・・・。
でも、リコイルの感触は、同じ硬質でありながら、SCAR-Lを全ての点で上回る感じのリコイルだった。



ローディングノズル引き出して。
SR25/HK417のローディングノズルのピストン部分と比べて細く見える。ストロークは長そうだけど。



ローディングノズルはスプリングの力でちょっとだけ飛び出してて、ボルト前進すると押されて引っ込む。
実銃のボルトヘッドの動きを模してるのかも。



こちら側も、組んだら全く見えなくなる部分だけど、実銃のカムをモールドで再現。
性能には全く関係しない形状だけど、こういうのは、リアル派にとっては嬉しくなりますね。



内部のレールはアルミそのままなので、作動に伴ってボルトキャリアーと擦れる部分がちょっと摩耗してた。



チャンバー側は、さすがにロッキングラグまでは再現されてない。
ただ、ホップ調整が下にあるので、余計なパーツが無くてシンプル。



コッキングハンドルは右に付け替える事も可。但し、元の箱に仕舞えなくなるので、保管時は別なケースに入れるか、剥き出しのままにするしか。



アッパーにフレーム組む時、そのままだと引っ掛かってピン穴が合わない。フルオートシアとボルトが干渉してる為。
ちょっとボルト後方に押すと、フルオートシアとの干渉が外れるので、ピン穴位置まで押し込める。




次回、実射編。
  


Posted by Timm_MK2  at 21:22CyberGun FN SCAR-H GBBR

2017年09月24日

CyberGun FN SCAR-H GBBR (Mk17 JPversion) FDE

昨日、やっとCyberGun FN SCAR-H GBBRが届きました。
ストライクアームズに昨年11月に予約。その後、年末に1stロットが少量出回ったらしく、所々でレビューが。2ndロットはかなり遅れたのか、その後音沙汰無し。で、今年7月に再度ストライクアームズより、予約の確認メールが。予約段階より本体価格が値下げした事もあり、予約続行と同色のスペアマガジン1本追加予約。一昨日、入荷しましたってメールがきて、速攻振り込み。その日の内に発送されて、昨日の午後に到着したという次第です(夕方まで仕事してたので、帰宅したら玄関に置かれてた)
パッケージは、表がFDEで裏がBK。



内部はブリスターパックの簡易仕切りで、ビニールに包まった本体とマガジン、BBローダーと取説。梱包には、コストかけてないようだ。



取説は2枚折りの4ページ仕様(開封してないので、表面のみで判断。裏面は無いかも)
ホップ調整方法や通常分解方法が詳しく載ってる。



同時注文のスペアマガジンは、ブリスターパックの裏側に入ってた。



パッケージ写真は、ほぼ実物大。



SCAR-Hを手にした感想は・・・。想像してたより軽い、そしてSCAR-Lにそっくり(当たり前)
マガジンウェルの大きさで、Lとの違いがはっきり分かる。ただ、ストックはまんま同じじゃなんじゃないかと。



アウターバレルとフラッシュハイダーは磁石がくっ付く。但し、ハンドガード内側のアウターバレルはアルミ製。



ボルトリリースとマガジンキャッチも磁石がくっ付く。



SR25用マガジンと比較。表面塗装は、SCAR-Hの方が分厚い。また、マガジン着脱も渋め。
SR25のマガジンは軽く着脱出来る。



ガス入れた状態で計測。438g。その後、ガス入れて無いスペアマガジン量ったら、430gでした。
以前量ったSR25マガジン(ガス無し)は412gなので、マガジンバンパー分、こちらが重い。



(クリック拡大)
WE SCAR-L GBBとの比較。アッパーレシーバーの長さは、WEがちょっとだけ短かった。幅はほとんど同じ。
色はWEの方が全体的に薄い。


詳しい比較は次回で。






(クリック拡大)
本日午後、仲間内での秋の屋外プリンキング開催。先週は台風直撃だったが、今週は鮮やかに晴れ渡った。ちょっと日差しがきついくらいだけど。風があるので、日陰だと涼しい(閉め切った車内だと、真夏と変わらない暑さ)
参加者は、私を含めて4人。
私が今回持参したのは、この4挺。最近入手した電動で思いっきり撃ってみたいのと、ブログに先駆けて仲間内でのSCAR-H GBBのお披露目。ハンドガンは、同じFN繋がりでFNX-45をチョイス。

ARES L1A1は撃ってる内にセレクターが回らなくなるという不具合発生。よく見たら、セレクターのプランジャー留めてるピンが緩んで飛び出してて、プランジャー出っ張り過ぎてグリップとフレームの間に引っ掛かってた。押し込んで直したけど、後で瞬接かネジロックで固定しとかないと。
Avalon Leopardは、その性能の良さと撃った時の音の大きさに、皆さん驚いてました。



(クリック拡大)
FN繋がりのツーショット。カラーも同じ。
SCAR-Hはマガジン温めておいたって事もあるが、リコイルめちゃめちゃ強い!ガツンッ!とダイレクトで重いリコイル。SR25のバッファー介した重いリコイルとは質感が違う。そしてフルオートもきっちり作動する。1マグ一気撃ちとかはしてなく、4~5発ずつといった感じだが、リコイル強すぎて長時間撃てない。ストックに頬付けすると、頭が揺れて厳しい・・・。それだけ、リコイルが強い。VFCのHK417は撃った事無いが、フルはこっちの方が安定してるんじゃないかと思う。
マガジンは、SR25用を主に使用。全く問題無く撃てた。



(クリック拡大)
奇しくも、R氏がマルイの次世代電動SCAR-Lを持参してきてたので、比較。ちなみに、私がこの日SCAR-Hお披露目する事は、誰にも言ってません。
比較すると、WE以上にマルイのアッパーレシーバーが短かった。メジャーで測って無いのではっきりとは言えないが、感覚的にマルイはかなり短く感じたので。あと、グリップがマルイは太い。まあ、これはモーター入ってるから仕方ないとも言える。カラーは、マルイの方が濃い。

ちなみに、Avalon Leopardのグリップの細さに対しては、皆さん絶賛してました。



刻印比較。マルイの刻印はかなり忠実。セレクターの角度も一緒。
この後、マルイのを撃たせてもらったけど、Avalonに慣れたせいか、レスポンスが遅く感じる。まあ、初期の次世代だし、最新のと比較するのは酷かも。セミで撃ってた時にリコイルがあまり無かったので、最初次世代だと気が付かなかった。R氏がフルで撃ってるのを横で見て、あ、コレ次世代だったんだと気が付いた次第で・・・。



D氏はハンドガン祭り。その中のG19が素晴らしかった。これはKSCのG19 スライドHWでフレームがABS樹脂のもの。
HWスライドの質感が素晴らしく、リコイルも重くて手応えあり、マルイのグロック系のスピードリコイルとは感触がかなり違う。命中精度も素晴らしく、ターゲットに真っ直ぐ飛んで行く。予算があったら是非買いたいですね。今年は使い過ぎたので、もう何も買えないけど・・・。マルイからG19が出たら、是非比較してみたい!


マルイのV10とG19は一体いつになるのやら・・・。
  


Posted by Timm_MK2  at 20:37CyberGun FN SCAR-H GBBR

2017年09月18日

高木型 弐〇壱九年式 爆水拳銃 通常版 ポリスチレン製 ウォーターガン 塗装

 
デッカードブラスター型水鉄砲の塗装が完了しました。



本体塗装はステンレスシルバー下地に、スモークベースで調合した塗料上塗り。
部分的にシルバー残したり、艶消し黒混ぜた塗料塗ったりして質感変えてます。



塗装前にグリップ分離。
部分的にがっちり接着されてて、特に強く接着されてた矢印の部分は破損したので修復。
グリップ後ろ側はダボで嵌められてただけなので、ダボ残して綺麗に取れた。



左グリップは所々接着剤(おそらく瞬接系)が塗られてて、ダボ全て破損しながら分離。
グリップ自体は破損・割れ無く分離出来た。
グリップ分離後は、左右貼り合わせ部分に瞬接盛り付けて水漏れ防止対策を。
完全に乾くまで数日間放置(というか、手がけてる暇無かった)
金属やすりやペーパーやすりで合わせ目消して、全体をペーパーで磨き上げてから塗装。



インジケーターは、シルバー下地にエナメルのクリアー塗料上塗り。



一部シルバー残してるのは、画像検索でこういう仕上げ行ってる方のを見て、別パーツ感あって良いんじゃないかと採用。
モデルガンだと、レバー部分も本体と同じ色合いになってたし。



側面のインジケーターは金型の関係で分厚く、先端のみ塗装した。



マズルは無塗装。
マズルキャップも透明感残しておいた。



グリップはそのまま。接着せず、簡単に外れるようにしている。



水タンク部分は塗装せず、残り水量が分かるように。
こちらのグリップはダボが全滅してるので、薄い両面テープで固定してる。



塗装しただけなので、重さは変わらず。



水をほぼ満タンにした状態。約120g入る。



若干スペースあるが、銃口下に向けると先端から水が流れ出すので。
この状態でグリップからの水漏れ無し。


実際に外に向かって撃ってみたが、射程は最大5mといった感じ。しかも、トリガー重め。ゆっくり引くとほとんど飛ばず、一気に引く必要ある。ある意味、指の力がそのまま飛距離になる感覚。
最初の1~2発はあまり飛ばないが、それ以降の圧掛かる状態だと5mほど飛ぶ。ただ、射線が左にずれてる・・・。針挿して向き変えたけど。
トリガーの構造上、ピストンをストレートに押す事が出来ず、それがトリガー重めな原因なんじゃないかと。
幸い(?)、トリガー二つあるので、右で後ろ、左で前トリガー同時に引くと、しっかり飛ばせる。
燃費はかなり良く、200発撃ってもちょっとだけ残ってた。指がかなり疲れたけど・・・。
水鉄砲の遊び方としては、2人以上で撃ちあうのが定石だが、片手だとトリガー重く、子供向けとは言えない。
トリガー破損確率も上がるし。
なので、この銃は対戦遊び用よりも、観賞目的が多いような気もする。普通の水鉄砲よりも、造形が優れてるので。
まあ、ネタ銃としては面白いかも。特に塗装した物は一見水鉄砲には見えないし、そこでいきなり水発射したらウケると思うので(親しい知人限定。見知らぬ他人に発射すると、無害な水でもトラブルの原因になります。場合によっては軽犯罪法に触れる事も)
  


Posted by Timm_MK2  at 12:26その他

2017年09月12日

VFC Avalon Leopard CQB AEG (Red) フォアグリップ 続き

ヴァーサタイル・タクティカル・サポート(VTS)の役目を、完全に勘違いしてました。
フォアグリップの前に付けてガードの役目するものと思ってましたね。

フォアグリップのみ付けて左手で握ると、親指が安定しない。そこで、付属のキーモッドレイルを左側面に付けたら、良い感じに固定出来る。で、考えて、あれ?ココにVTS付けたら良いんじゃね?と。そういえば、アマゾンレビューでもこの位置にVTS付けてたっけ。



フォアグリップを指4本で覆うように握り込んで



親指でVTSを押さえ付ける感じ。こうすると、銃のフロントがもの凄く安定する。フルオート時の強烈なリコイルを制御出来るようになります。
・・・まあ、スタンダート電動なので、ほとんど意味ないけど。次世代や、ガスブロならかなり効果ありそう。



ついでなので、反対側にもレイル取り付け。今の所、こちら側に付けるアクセサリーの予定無し。



という訳で、今度こそ完成形に。
横の出っ張り量増えたけど、蓋を無理やり閉じる感じでケースになんとか収まる。
内部スポンジへの負担が大きいので、長期保存時にはVTS外した方が良さそう。
まあ、お気に入りなので、暫くはケースから出して手元に置いときますけどね。



この銃、ピストンヘッドがアルミな所為か、フルオート時には結構震動する。
で、空撃ちで感触楽しんでたら、イモネジがポロッと。
どうやら、このマガジンキャッチのイモネジらしく、緩く入れてフルオートで撃つと、ちょっとずつ緩んで飛び出して来る。
知らずに外で撃ってたら、イモネジ行方不明になる所だった・・・。ネジロック付けて、しっかり締めておきました。
フルオート時の震動はそこそこあるので、ネジ類はしっかり締めておく必要ありますね。
  


Posted by Timm_MK2  at 18:51Avalon Leopard AEG

2017年09月11日

VFC Avalon Leopard CQB AEG (Red) (DX/Japan Version) フォアグリップ

フォアグリップ無いと不便なので、アマゾンで安いの物色して注文。

FAB DEFENSE型PTKエルゴノミクスVTSアングルフォアグリップ



ヴァーサタイル・タクティカル・サポート(VTS)と、エルゴノミック・ポインティング・グリップ(PTK)。
共に樹脂製で、バリ多め。
固定スクリューヘッドは六角レンチ対応で、それ用の六角レンチも付属する。



Avalon LeopardはCQBタイプ選んだのでハンドガードが短めで、VTSは付きそうにない。



銃に付属のキーモッドレイルは短めで、3穴分しか無い。
最初、この位置に付けたが、フォアグリップもうちょっと下げたかったので



一穴ずらしてこの位置に。



フォアグリップ装着。
レイル自体が短いので無理やり挿し込んでもそんなにきつくないが、アマゾンレビューだとフルレイルはかなりきついらしい。なにせ、このフォアグリップの内側はバリまみれなので・・・。



ぎりぎり蓋が開けれる位置。これより後退させると、蓋の摘まみに触れられないので。
内部は空洞で、小さめのボタン電池程度なら入る。2032とかの大きめのは入らなさそう・・・。



アングルタイプなので、付けたままでもケースに収納出来る。
これがナイツタイプのような直立タイプだと、外さないと入らない。



(クリック拡大)
という訳で、大きめ画像で。
かなり構えやすくなりました。
近々行う予定の屋外プリンキングで、使い心地を他の人にも聞いてみる予定です。



  


Posted by Timm_MK2  at 19:49Avalon Leopard AEG