CATEGORY:CA M249 MINIMI Mk1

2018年04月29日

CA M249 MINIMI Mk1 フロントサイト作製

 
M249 MINIMIにドットサイト載せて覗くとフロントサイトが邪魔。なので、3Dプリンターで可倒式のを作成してみました。
右は元のフロントサイト、左が3Dプリンターで作成した物。フロントサイトポストは元のから移植。



 
元のフロントサイト、上面の穴の位置がずれてる・・・。



 
前方から。
右の作成した物は、可倒式にする関係上、一部の形状を変えて造形してある。



 
前方にここまで倒せる。
支点の位置や造形時の厚さの関係上、完全には倒せない(まあ、後ろの形状が迫り出すので、ここまでで十分なんだけど)



失敗例。
最初の1個目は上手く出来たが、上の穴開けで失敗して、最初から穴開いた形状で作成。そしたら、そこからプリント時に連続失敗。途中で剥がれる。
そこで、スライサーソフトで造形する位置を変えてみたら、途中で剥がれる事は無く成功するように。
どうやら、中央でばかりプリントしてた所為で、剥がれやすくなってたみたいで・・・。



 
フロントサイトポストの上下調整及び抜き出しツールも作成。
下の面積小さ過ぎると途中で剥がれるので、0.5mm厚の大きめの板を追加造形。
ウチのプリンターの性質にもよるが、家庭用3Dプリンターではあまり小物造形には向いてないようだ。
1/6の銃器とか、完全に無理っぽい・・・(出来てせいぜい1/2くらいまでかも)



 
ツールのミミの部分はハサミで簡単に切れる。



 
CA M249 MINIMI Mk1に装着。
嵌め込む部分の形状は現物合わせして決めて無かったので、若干余裕あった。なので、薄いプラ板貼り付けて、ガタ解消。



 
立てた状態では、このように視界の邪魔になる。
あと、フロントサイトが傾いてるのが気になる・・・。
造形は問題無かったはずだが。



 
倒すとこのように、視界がすっきり。
若干下に見えるが、純正の形状を踏襲してる為、これ以上は無理。まあ、ハイマウントのドットサイト載せれば済む事なんだけど。



 
改めて元のフロントサイトチェックしてみたら、下が斜めになってる。
下が真っ直ぐなのを組むと、傾く訳だ・・・。



その理由は、ここの形状。
おそらく、PL処理で削ってる時に傾いたんじゃないかと。
素人にディスクグラインダー持たせて、適当に加工させたかのような仕上がり。そんないい加減な仕上がりでも製品として出荷してるんだから、いかにクラシックアーミーの製品品質管理が杜撰なのかが分かると言う物。
二度とクラシックアーミーの製品購入したくないないですね。




ちなみに、以上の理由もあって、このフロントサイトの製作依頼は受け付けてません。せっかく作っても、付けたら曲がってました、使い物になりませんって報告来たら作った意味無いので。
このフロントサイトが嵌る部分の形状は、個体差がこれでもかってくらい、激しいと思うし。





同じカテゴリー(CA M249 MINIMI Mk1)の記事画像
Classic Army M249 MINIMI Mk1 AEG 小加工
Classic Army M249 MINIMI Mk1 AEG メカボ調整
Classic Army M249 MINIMI Mk1 AEG メカボ分解
Classic Army M249 MINIMI Mk1 AEG メカボックス取り出し
Classic Army M249 MINIMI Mk1 AEG キャリハン修理
Classic Army M249 MINIMI Mk1 AEG
同じカテゴリー(CA M249 MINIMI Mk1)の記事
 Classic Army M249 MINIMI Mk1 AEG 小加工 (2017-12-06 18:08)
 Classic Army M249 MINIMI Mk1 AEG メカボ調整 (2017-12-03 08:08)
 Classic Army M249 MINIMI Mk1 AEG メカボ分解 (2017-11-19 08:49)
 Classic Army M249 MINIMI Mk1 AEG メカボックス取り出し (2017-11-18 18:43)
 Classic Army M249 MINIMI Mk1 AEG キャリハン修理 (2017-11-17 06:42)
 Classic Army M249 MINIMI Mk1 AEG (2017-11-16 12:21)

Posted by Timm_MK2  at 04:56 │Comments(2)CA M249 MINIMI Mk1

COMMENT
こんばんは(^_^)
3Dプリンター、楽しそうですね(^_^)
しかしいくら正確に作っても、装着の対象がダメではいかんですね(゚-゚)
昔、ミニミの軽量化を考えたことはありましたが、当時は3Dプリンターなんてなかったからなぁf^_^;
リアルとかはともかく、使いやすいミニミが欲しかったなぁ(゚-゚)
Posted by roadbuster at 2018年04月30日 00:08
roadbusterさん、おはようございます。

当初、元のフロントサイトをカットして可動式にしようかと考えてましたが、結構大変なので、3Dプリンター導入まで頓挫してました。昔ならプラ板積層で作る所ですが、今は3Dプリンターありますので、プラ板積層よりずっと簡単&正確に作れるようになりましたね
個人的には、あまり軽いとリアルじゃないので、実用性よりも雰囲気重視の方が好みです(リアル重量のM82A1とかも欲しいし)。
Posted by Timm_MK2Timm_MK2 at 2018年04月30日 04:55
コメントは、承認後に反映されます。書き込んでから反映されるまで、暫くお待ち下さい。誹謗中傷は固くお断りします。
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。