CATEGORY:EMG SAI BLU

2018年04月22日

EMG SAI BLU Glock GBB

 
EMG SAI Official Licensed BLU Training Weapon GBB Pistol (Black)

SAIオフィシャルライセンスのトレポンハンドガン。海外ショップでチェックしてたが、海外通販は送料高いので躊躇してました。この度、Yahooo!ショッピングのweb shop アシュラから予約販売され、販売価格もそれほど高く無かったのでカートIN。昨日到着しました。

購入価格は21060円+送料1000円(東北なので必ず送料掛かる)。海外ショップだと$170~$200に送料$30~$40くらい加算される(これ単品のみの場合)。Yahoo!ショッピングだとポントが結構付くので、結果的に海外ショップよりも大分安くなった。



 
パッケージはシンプルそのもの。



 
初速表。



 
開封。ライセンスプレートと銃本体とマガジン。他の付属品は無い。取説も無い。



袋から出した状態。



 
正式ライセンスのシールには、擦れて剥げた跡が・・・。



 
箱出し直後で作動前だけど、チャンバーにはすでに擦れた跡が。
メーカーでの作動チェックで角が剥げたのか。



 
スライド前方にも、僅かに剥げた跡が。



 
マガジンガスケットはフラットで、マルイとの互換性は無い。
おそらく製造はWE。マガジンガスケットをWEのに替えれば、マルイのグロック用マガジンが使える・・・かも知れない(実は試した事無い)。



マズルにはアダプターが挿し込まれてて、マズルキャップ外すと14mm逆ネジが露出する。このキャップはスチール製で、アダプターとアウターバレルはアルミ。
各種サイレンサーが装着可能。ただ、アウターバレルがちゃんとショートリコイルする仕様なので、サイレンサー付けてアウターバレル全体の重さが増えると、作動に影響する場合も。



 
基本、マルイのグロックのコピーなので、マニュアルセフティも完備。ただ、このセフティめっちゃ固い。ONは良いけど、OFFにするのが固すぎて、ドライバー必須。爪でやろうとすると割れる可能性が(爪が)。



 
前後サイティング。フロントのみ集光タイプだが、狙いやすい。



 
刻印は深く目立つ。あちこちにSAIのマークが入ってる。



 
マガジンベースとフレームの刻印。



マガジン含めた重さ。
約844g。



 
マガジン単体では286g。
ただ、ガスが少量入ってたらしく



 
空撃ちしたら勢いよくブローバックした。
この後、ガスが無くなるまで空撃ちしたら、マガジンの重さは279gに。



箱は紙のみで構成されてるし中は薄いブリスターパックだが、妙に重いので測ってみた。
558gと、結構な重さ。
紙と言ってもかなり厚さがあり頑丈そうなので、その分重いのかも。



 
全体像。
全体はマットブラックで、マガジンキャッチとバックストラップのゴールドがアクセントになってる。
このゴールド部分、金属では無く樹脂に塗装。その内剥げそう・・・。



 
別角度より。
スライドのセレーションがスパルタンな印象を受ける。



 
WEグロック用ロングマガジン。基本的に、WEのグロック用マガジンは、短いタイプを除いて普通に使える。



 
汎用サイレンサー装着。



 
前後サイトはローマウントタイプなので、サイレンサー付けるとフロントサイトが隠れるが



集光タイプなのでしっかり見える。丁度の高さで、両目ならなんとか狙えるレベル。





次回は、分解・調整・実射編。




タグ :海外製GBB

同じカテゴリー(EMG SAI BLU)の記事画像
SUREFIRE XC1タイプ レプリカ フラッシュライト
EMG SAI BLU Glock GBB 調整と実射
同じカテゴリー(EMG SAI BLU)の記事
 SUREFIRE XC1タイプ レプリカ フラッシュライト (2018-04-26 20:09)
 EMG SAI BLU Glock GBB 調整と実射 (2018-04-23 20:10)

Posted by Timm_MK2  at 05:38 │Comments(0)EMG SAI BLU

コメントは、承認後に反映されます。書き込んでから反映されるまで、暫くお待ち下さい。誹謗中傷は固くお断りします。
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。